動物占い

動物占いひつじ|基本的性格と相性ランキング

[ひつじの性格]特徴や長所はどんなとこ?気をつけたい短所も解説!

動物占いでひつじの人の特徴と言えば、人の良い平和主義者です。自分のことよりも相手の気持ちや立場を考えて行動します。孤独が苦手で人との繋がりをとても大事にする、繊細で優しい心の持ち主です。友人やグループで仲良く過ごすことが、なによりも喜びます。
ひつじが群れで生活する動物のように、羊の人も集団行動を好みます。孤独が苦手な寂しがりやなので、人と一緒に居ると安心できる人です。仲間意識が強く、集団の和を乱す人は許せません。この時ばかりは柔和な羊の人も正義の鉄拳を振り下ろします。
ひつじの人は積極的に人と関わることを好む性格で、人脈作りと情報収集が得意です。パーティや勉強会、セミナーなどに参加して、積極的に交流し情報収集します。お喋りが大好で初めは人見知りをしますが、慣れるのも早く持前の気遣いの良さで誰とでも仲良くなれる人です。
集めた情報を人のために役立てたいと常々考えていますが、集めた達成感で満足してしまうこともあります。
ひつじの人は頼りにされる事や相談される事が好きです。人の役に立つことに喜びを感じるタイプなので、相談されると自分のこと以上に親身になって問題解決に取り組みます。悩みを共有することで、相談者とひつじの人双方に信頼関係が芽生えるでしょう。
反面、どんな頼み事にも断れない性格をしています。相手を思いやって行動するタイプなので自分も嫌だけど、相手が困っているのだからと頼まれごとを受けてしまいます。
ひつじの人は仲間外れが嫌いです。自分だけ誘われなかったことがあると大変傷付きます。クールな雰囲気を持っていますが、寂しがりやです。冗談やサプライズのためだったとしても悲しい気持ちになります。
あまり本心を出さない性格です。平和主義者で人との和を大事にしているので、自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先します。時に自分の意見と合わないことがあっても、みんなの意見を尊重して自分の気持ちを後回しにします。
但し、みんなの意見が間違っている時には、ハッキリ自分の意見を言います。正義感が強いので、曲がったことは許しません。

動物占いでひつじの人の長所は、情報収集能力の高さです。集めた情報を分析して質を高めることが得意です。そのため些細な内容の情報でも大事にし、知識として蓄えていきます。
集めた情報を人のために役立てたいと常々考えていますが、集めた達成感で満足してしまいます。

動物占いでひつじの人の短所は、ネガティブ思考に陥りやすい傾向が有り、愚痴を言うところです。溜め込み過ぎは良くないので、適度に発散すると良いですね。

恋愛観や特徴を総ざらい!ひつじのモテポイントとは?

動物占いでひつじの人は、寂しがりやのため、こまめに電話やメールなど連絡をしてくれる人と相性がいいでしょう。控えめで本音を言えない性格です。自分を理解してくれる人や、何も言わなくても気持ちを察してくれる人を求める傾向があります。
恋愛に慎重なタイプで、自分のペースについてきてくれる人か趣味が合うかなど、客観的に相手を観察します。愚痴を聞いてくれる人や相談に乗ってくれる包容力が高い人とも上手くいきますよ。相手のことを考えすぎて、他の人にチャンスを奪われてしまうこともありますので注意が必要です。
恋愛でも得意な情報網を駆使してベストなアプローチ方法やタイミングを計ってアピールすることが得意です。相手の反応を見ながら慎重に行動し、粘り強く積極的にアピールを続けます。
お付き合いが始まると、相手の気持ちに寄り添って尽くしてくれます。良く尽くしてくれるのは、自分も相手から尽くしてもらいたい、愛されたい気持ちの表れでもあります。自分が尽くした分、相手からも甘えさせてもらいたいと考えるタイプです。
動物占いでひつじの人のモテポイントは相手に尽くすところです。相手の気持ちに寄り添って情報を駆使して、至れり尽くせりと尽くしてくれます。

人と関わる時の性格や傾向は?人を惹き付ける魅力は何?

動物占いでひつじの人は、1人でいることが嫌いでみんなと楽しく過ごしていたいタイプです。仲間想いで自分のことよりも、相手を気持ちや立場を考えて行動します。居心地の良い環境が作られるので、自然とひつじの人の周りには人が集まってくるのです。
人の役に立ちたい願望が強く、頼まれたら自分を犠牲にしてでも親身になって協力します。義理人情に厚く、人から頼られることで頼った側も、頼られたひつじの人も厚い信頼関係を築くのです。
グループで過ごしていると、時には仲間同士での衝突がありますが、和を大切にするので仲裁役を買って出ることが多いです。双方の気持ちを汲んで納得のいくまで話し、解決策を探します。慎重な性格ですが、状況を分析して行動する決断力と行動力が備わっているのです。
あまり自分の主張をしないひつじの人ですが、出さないだけで内心は感情的で熱い人です。人の好き嫌いもはっきりしていて、自分の想い通りに行かないと怒ってしばらく引きずります。あまり長く放置されるのも嫌なタイプなので、頃合いを見てさり気なく話しかけてあげましょう。

動物占いでひつじの人の人を惹き付ける魅力は、グループの和を大事にするところですね。「みんな違ってみんないい」と言われますが、その中にグループがバラバラにならないように考えてくれる人がいるからです。

ひつじに秘められた才能とは!開運の秘訣も大公開!

動物占いでひつじの人は情報収集能力に長け、更にお金の管理も得意です。マネープランを考えることや情報を分析して投資をすることに才能を発揮できるでしょう。情報を鵜呑みにせず、確信を得てから取引をするのでリスクは犯しません。
それ故にタイミングを逃し、思ったほど成績が伸びない場合があります。稀に冒険する時は、消えてもいいと思える少額で行うため、失敗した時のリスクも少ないですが成功した時の利益も芳しくありません。

動物占いでひつじの人の開運の秘訣は、お墓参りです。人間関係の基本は家族からと言っていいでしょう。お墓参りをすることで自分のルーツでもあるご先祖様を敬い、今一度、家族との仲を密にすると運気が上がります。

[相性占い]ひつじと他の動物との相性ランキング

[1位]子守熊(コアラ)|お互いに世話好きで仲睦まじい関係

ひつじの人は寂しがりやのためいつも集団で群れることを 好みます。傷つくことが怖いので、トラブルにならにように 周りにいる人には情深く接しています。 コアラの人は楽しいことをいつも求めています。仕事も遊びも 「楽しくしなくては」と全力投球です。そして一緒にいる人にも 楽しませたいという気持ちを持っています。相手が自分の 気持ちを理解してくれるとさらに喜ばせたくなります。 ひつじとコアラはお互いに世話好きなので仲睦まじい関係に なるパートナーといえます。

[2位]虎(トラ)|情に厚く親分肌な虎が寂しがり屋のひつじをフォロー

ひつじにとって虎は寂しさを包容力で包んでくれるようなとても頼もしい存在です。親分肌で安心感があるように見られる虎は、常に困った人を助けたいという気持ちがあります。ひつじと虎は、なんとなくお互いに思っていることを自然と汲み取ってしまうので、ひつじの寂しさに気付いた虎は、面倒見の良い性格からなんとか寂しさを取り除こうとしてくれることでしょう。甘えたい羊にとって、とても安心感のある存在となります。そんな虎に対して思いやりを忘れてしまうと、とたんに居心地の悪い関係になってしまうので、初心を忘れず思いやりを持って寄り添うことを意識しましょう。

[3位]ゾウ|有言実行で義理堅い同士、和の心にあふれる関係に

ひつじとゾウは好相性です。調和のとれた穏やかな関係を築くことができます。
ひつじは大のさみしがり屋で、ひとりぼっちや仲間はずれがとても苦手。だからこそ相談を親身になって聞いたり、揉め事が起きないように気を配ります。そしてゾウはというと、一度やると決めたことはやり抜く信念を持っています。その信念を貫くために周りと協調することも忘れません。
調和を大切にする者同士、ひつじとゾウは思いやりに溢れた平和な関係を築けます。

[4位]ライオン|引っ張るライオンと支えるひつじの良好な関係性

ひつじと4番目に相性が良いのは、ライオンです。ライオンは群れでボスを決め、行動します。群れのボスとなったライオンはリーダーとして周りを引っ張って行く力を持っています。一方ひつじは、協調性に長けていて相手の気持ちを察し、空気を読む優しさがあります。グイグイと引っ張って行くライオンを支えるひつじは、とても良好な関係を築けることでしょう。また、ライオンは寂しがり屋で甘えん坊な一面もあります。そんな時もひつじのあたたかく包むような優しさは癒しを与えます。更に、周りが見えないようにライオンが暴走してしまったときには、ひつじは冷静な判断でアドバイスができます。まさに長年連れ添った夫婦のような阿吽の呼吸です。

[5位]ひつじ|スキキライがはっきり分かれてしまう相性

ひつじ同士はお互い同じ性質を持っている為、相性は良いです。お互いにとてもさみしがり屋で一人でいるのが苦手なので、どんなに長く一緒にいても基本的には苦になることはないし、自分と同じような相手を見て好意を持ちやすくなります。しかし、争いを嫌うひつじは、不満をため込む性質がある為、相手の嫌なところがあって、心の中で嫌だなと思っていたとしても、よっぽどのことがないと口に出すことはありません。群れるのが好きと言っても、自分がないわけではないので、この人苦手だなと思ったら距離を置く傾向にあります。そして不満が我慢できなくなり爆発した頃には、もう修復不可能になってることも少なくないので、ため込まずに小出しに伝えることを心がけましょう。

[6位]こじか|うまく打ち解け合えることで良縁に

ひつじとこじかはお互いにものすごく寂しがり屋なので、打ち解けられればかなり良い相性といえます。お互いにずっと人と一緒にいたいタイプです。打ち解けてしまえばよいのですが、どちらも受け身な性格の為、仲良くなるには少々時間がかかるかもしれません。お互いに警戒してしまうのです。コミュニケーションを怠らずに根気よく信頼関係を築いていけば、こじかはひつじに心を開いてくれます。勇気を持って積極的に会う機会を増やすようにしてみましょう。また、自分の気持ちを伝えるばかりではなくて、相手の気持ちになって物事を考えてみると、さらに良好な関係が築けるようになります。

[7位]猿(サル)|温度差は出やすいが良好な関係

ひつじと7番目に相性が良いのは、猿(サル)です。とても冷静で温厚、その場の空気を読むことができるひつじは、好奇心旺盛でまるで子供のような猿(サル)をあたたかく見守ることができるでしょう。陽気で楽しいことが大好きな猿(サル)は、ひつじにとって太陽の存在になるのではないでしょうか。ただ、ひつじは集団生活を好むものの、猿(サル)の陽気なテンションとは少し温度差がある部分は出てしまいます。温度差はあるものの、ひつじにとってこの温度さは、不快なものではなく、陽気になりすぎミスをしてしまった猿(サル)でも、あたたかくフォローしながら、良い関係を築くことができるでしょう。

[8位]黒ひょう|障害があるほうが燃える相性

ひつじと黒ひょうは、障害があるほど燃え上がりやすいです。共通点は元々少ない方ですが、一度好意をもつと情熱的な恋愛へと発展します。黒ひょうは好きになったら自分からどんどんアピールしてきてくれますが、ひつじが自分に気持ちはないと判断すると、執着心はあまりない為あっさり離れて行ってしまうので、障害がある中でも、黒ひょうへのアピールはしっかりするように意識してください。黒ひょうが落ち込んでいるときに優しい言葉をかけてあげたり、慰めてあげると、黒ひょうは自分のことを思ってくれてるんだなとさらに好意を持つようになります。

[9位]ペガサス|直観で通じ会える相性

ペガサスの男性と女性の組み合わせの場合は、自由奔放なペガサスの男性をひつじの女性が束縛せずに尊重できるかどうかが大切になります。居心地がいい場所が好きなペガサスの男性なので、ひつじの女性に対し不満がない限り一旦どこかへ羽ばたいて飛んで行ってもひょこっと戻ってくる可能性があります。ペガサスの女性の場合でも同じで、ひつじの男性が彼女のペースを尊重してあげることが大切です。ひつじの男女は不満などをため込むところがあり、連絡が途絶えると不安になるので連絡はマメに入れるようにすることで安定した付き合いができます。自由なペガサスと安定をもとめるひつじなので、合わなさそうに見えますがお互いに持っていないものを持っているため惹かれ合うことが多いようです。

[10位]チーター|恋に落ちやすいが長続きするには努力が必要

ひつじから見たチーターは行動力があり、決断力がある魅力的な相手です。お互いに自分にない部分を持っている為、そういうところに惹かれ恋愛に発展しやすい関係といえます。チーターがリードし、ひつじがサポートするような支え合っていく関係を築いていくでしょう。しかし、ひつじが気を許すようになると、ネガティブな愚痴をこぼしがちになるので、愛想を尽かされてしまわないよう愚痴はほどほどにしましょう。また、チーターは諦めやすい性格なので、一度関係がこじれると修復しようとするよりも別れを選んでしまいがちです。そうならない為にも、お互い日ごろから本音で話すようにして、相手を思いやり、理解する努力が大切です。

[11位]たぬき|ひつじが追いかけることで良い関係に

ひつじと11番目に相性が良いのは、たぬきです。群れで行動することを好み、仲間との協調性を大切にするひつじ。賑やかな場所を好む社交的なたぬき。ひつじとたぬきの周りにはいつのまにか、たくさんの楽しい仲間たちが溢れていることでしょう。たぬきは、ちょっとおっちょこちょいな部分がありますが誰かに頼られたいと思うタイプです。ひつじは、普段気配り上手でお世話好きですが、たぬきに甘えることも大事です。しっかりものの、ひつじは社交的でおちょこちょいなたぬきを温かく見守りながらついて行くと心地の良い居場所を作ることができることでしょう。

[12位]狼(オオカミ)|打ち解けるには時間がかかる二人

群れをなして行動したいひつじと、一人で行動したい狼。誰が見ても正反対な性格な為すれ違いも多くあり、お互いを理解するのには少し時間がかかりそうです。なので、出会った直後に恋に落ちるような一目ぼれタイプの恋愛になることはありませんが、時間がたつにつれ、お互いのよさを知り、気付いたら好きになってる、といった恋愛に発展していくでしょう。正反対なお互いの性格を尊重し合えば、より良い信頼関係を築くことが出来、良好な関係でいられます。ひつじは極端に寂しがり屋なところがありますが、たまには一人で気ままに行動したい狼のきもちも尊重してあげると良いでしょう。

[2020年運勢]ひつじの今年の運勢

「ひつじ」にとって2021年は、幸せへと繋がる変化に恵まれる年です。普段とは違う出来事が度々起こるため、ビックリしないように今から心構えをしておきたいですね。

変わったことがあったとしたら、それは運命がより素晴らしい方向へと動き出したという証です。ですので、一時的に思わしくない展開が招かれてしまったとしても冷静に対処していきましょう。

とはいえ、もともとどっしりと運命へ向き合える「ひつじ」ですから心配はいりません。日々をあなたらしく過ごしていれば、やがて運命の追い風が吹き始めるでしょう。

流れが向いてきたと感じたら、そこで初めて急ぎ足になれば大丈夫です。慌てずに「果報は寝て待て」の精神で日々を過ごしたいですね。

ただ、どうしても心穏やかにいられない時期もあります。そんな時期に備えて、ストレス解消の手段をちゃんと用意しておくようにするのがベストです。

ここでオススメしたいのは創作活動ですね。感性豊かな一面を持つ「ひつじ」ですから、物作りに勤しむと本来の自分をすぐ取り戻せます。

この年以外でも役立つ開運法ですので、ぜひとも覚えておくようにしましょう。メモの端にちょっと落書きする程度でも大丈夫ですよ。

そうやって自分を大事にしながら進んでいけば、自然と道は開けていきます。さらに素晴らしい未来が顔をのぞかせる日が訪れますよ。