夢占い

風俗の夢は【自信過剰】の暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

風俗が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

風俗の夢のキーワードは「自信過剰」です。

風俗はお金を払ってサービスを買う場所です。お客様は神様、といった態度で利用する人も中にはいるでしょう。そうしたイメージから、風俗の夢は自分の身の丈に合わない自信を持ってしまっている現状を反映していると解釈できます。また、風俗ではお店側と客というだけでなく行為の上でもどちらかが必ずイニシアチブをとることから、他人を見下す心理を反映しているとも言えます。

夢の中で、自分が主導権を握っている側であれば、シンプルに自分自身が自信過剰だと解釈できますが、そうでない場合は自信が失われつつあるという逆の意味を示したり、あるいは自信過剰なことを自覚していて、改めなければいけないという強い気持ちが見せている夢と捉えることもできます。

風俗の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

風俗の夢の印象や、見た後の感情に注目してみましょう。

場の雰囲気が明るい、楽しいといった心地良い印象や感情が強ければ強いほど、現実の生活において気持ちが浮ついていたり、慢心から軽率な行動をとっていることを暗示します。逆に暗い印象が強かったり、つまらないと感じる気持ち、後悔の念が強く印象に残る夢であれば、自信を失いつつある現状を反映しています。

風俗の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

風俗の夢の中で、あなたがどんな行動をとっていたか、あるいはそれはどんな場面だったかに注目すると、意味をより深く理解することができます。

お店の人に対して威張った態度で接していたり、自分の意見ばかり押し通すような行動をしていた場合は、現実でも自信過剰になっているためにそうした横柄な振る舞いをしていることを暗示します。

逆に、親切で丁寧なやり取りしていた場合は、自分に自信がないために卑屈な振る舞いをしている現状を反映していると解釈できます。

風俗の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

風俗の夢に出てきたのは、あなた一人だけだったでしょうか、それとも他人も一緒に夢に出てきましたか?

あなた一人だけで風俗に行く夢だったならば、自信過剰で他人の意見やアドバイスを聞き入れることをしていない現状を反映しています。

逆に複数人で風俗に行く夢の場合、ただ単に自信過剰なのではなく、他人と比較して、根拠のない自信を持っている可能性があります。特に、その人物が現実でもよく知る人物だったならばその人が判断基準になっていると解釈できます。

合わせて読みたい