夢占い

パンツ(下着)の夢は【本音】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

パンツ(下着)の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

夢占いにおいてパンツ(下着)の夢が意味するシンボルとは「本音」です。パンツの夢と聞いてあまりいい印象を受ける人はいませんよね。パンツは汚れているもの、または人には見せないものとして人に身につけられています。しかし夢占いではパンツは思わぬ吉夢としての役割を果たしているのです。パンツとは漢字からも分かるように下に着ているもの。そこから普段人からは見えない心の内側、つまり本音を表す意味を持ち合わせます。また似たような意味として「隠れた才能」を表す夢にも。パンツは普通人からは見えないもの。才能もまた人からは直接見えないもの。その共通した点から隠れた才能を表すようになりました。他にも「秘密」を意味することも。他の二つの意味と同様に隠された内側、すなわち自身が抱えている秘密の象徴にもなるのです。

パンツ(下着)の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

パンツの夢を見た時に明るい気分になることなんてあまりないですよね。しかしそんなパンツを見て前向きな印象を受けるほど、あなたの隠された意外な才能が見つかることを暗示しています。パンツを見て才能につながるとは思いにくいですよね。ただその意外な才能はあなたの人生において度々助けてくれる必要不可欠なものとなるでしょう。まずは身近な人に自身の幼少期に夢中になっていたものなどを聞いてみることが、才能発見の第一歩になります。一方でパンツをみて不安な気持ちになるほど、自身が隠してきた秘密がばれてしまうことの暗示です。ばれてもいいような秘密なら気にすることはありませんが、ダメな秘密なら細心の注意を払う必要があります。

パンツ(下着)の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

夢の中で見たパンツのサイズが大きいほど、人には言えないような大きな悩み事の存在を示唆しています。一人で抱え込んできてしまったがために、パンツという本音の部分がどんどん大きくなってしまったのです。この夢を見たのならこれ以上一人で抱え込まずに、心を許した人に相談してみると心が軽くなります。また夢の中で出てきたパンツの数が多ければ多いほど、あなたの魅力がたくさんあることを暗示しています。あなた自身もまだその魅力に気づいていないがために、大量のパンツとして夢の中に現れたのです。まずは身近な人に自身の魅力について聞いてみるといいでしょう。

パンツ(下着)の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

最後にパンツと一緒に出てきた人は誰ですか?
夢の中でパンツとともに知らない異性が現れた場合は、恋愛したいという強い思いの暗示になります。人には言えないような恋愛に興味があるため、夢の中でパンツと一緒に知らない異性が現れたのです。自分と似たような趣味趣向を持つ人と、出会えるような場に行ってみることから始めてみましょう。また夢の中でパンツと一緒に登場した人物が自分よりも年上の人であるほど、今行き詰っている状態を暗示しています。自分よりも経験豊富な方に自分の隠された才能を発見してもらいたいがために見た夢なのです。才能は他力本願な気持ちだけでは見つかりません。自分から興味を持ったことに対して何でも試してみる姿勢を持つことが大切なポイントになります。

合わせて読みたい