夢占い

崩れる夢は【人間関係の危機】の暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

崩れる夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

崩れる夢が象徴するのは「人間関係の危機」です。

崩れるという現象の前提として、形作られた「何か」があります。その「何か」は今まで築き上げてきたもの、すなわち人間関係が崩れることを意味することが多いです。崩れていくものを食い止めるのは困難な場合が多く、その意味で「崩壊しても仕方がない」と、今の人間関係にうんざりしきっている、関係の危機を受け入れている心理状況を反映した夢と捉えることもできます。

ただし、「人間関係の危機」というとネガティブなことを連想するかもしれませんが、危機と崩壊の先に希望が見えることもあります。崩壊しリセットされた後にまた築き上げたものが自分の追い求めるものだった、というパターンの解釈もできます。

崩れる夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

崩れる夢を見てあなたはどんな印象を抱いたか、どんな気持ちになったかを思い出してみましょう。

怖い、残念だといったマイナスの印象、感情が強ければ強いほど、今自分に襲いかかっている人間関係の危機を受け入れがたいものと感じる気持ちが強い証拠です。

逆にすっきり・爽快な印象を抱いた場合は、人間関係を一旦ゼロからやり直したいと思う気持ちを反映しています。少々強引で痛みを伴う形でも、現状を打破したい思いが強まっていることの暗示です。

崩れる夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

崩れる夢の中であなたがとった行動や、どんな状況の夢だったかに注目すると、夢の意味を深く理解することができます。

崩れる様子をただ眺めていた、被害を免れようと逃げていた場合は、人間関係の危機から目を背けている証拠です。逆に崩壊を食い止めようとしたり、崩壊に備えて何か対策を取ろうとしていたならば、人間関係の危機に立ち向かう前向きな意思を抱いていることの暗示です。

頻繁に利用する場所が舞台であればまさにその場所において、身に覚えのない場所の場合は思わぬところでの人間関係の危機を暗示します。

崩れる夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

崩れる夢に出てきた人物に注目してみましょう。

自分だけが出てくる夢だった場合、人間関係において四面楚歌の状態になっていること、あるいはこれからそうなってしまうことの暗示です。

周りにたくさんの人がいた場合、複数の解釈が可能です。自分と関係の深い人の場合、その人たちとの関係が悪化している現状の反映、あるいは悪化していく予兆と捉えることができます。全く知らない人が周りにいた場合は、漠然と人間関係の危機に不安を抱いている気持ちの表れです。

合わせて読みたい