動物占い

尽くす猿|基本的性格と相性

【性格診断】尽くす猿の性格・特徴[動物占い]

細かいことによく気が付く「尽くす猿」は、裏表がない性格を持っています。 物事を察する能力に長け、心からの配慮を忘れない正直な人です。さりげなく気配りができるタイプです。 円満であることを好み、トラブルを避け、敵を作らないように心がけています。そのため、めったに感情をむき出しにすることはありません。 常に最善を尽くし、裏でコソコソ動くということはありません。 しかし、過度に慎重で警戒心が強く、常識に縛られすぎて身動きが取れなくこともあります。いわゆる融通が利かない印象を与えることも。 神経が細やかなので、周囲に気を配りすぎるあまり、ストレスを溜めがちです。しかし、そのストレスも上手に解消できにくいタイプでもあります。
「尽くす猿」は知的好奇心が旺盛で、学習能力が実に高いです。 記憶力が良いとか、学歴が高いとかとは少し異なった、本質を理解することが出来るタイプの頭の良さを持っています。 興味を覚えたことに対しては、楽しみながら調べるのでどんどん知識が深まっ ていくでしょう。 学習したことを実践するためなら、恐れることなく困難にチャレンジすることが出来ます。 もちろん失敗することも多々ありますが、その経験すらも学習し今後の成功に繋げるチャンスと考えられることが大きな魅力の一つです。 しかし集中が高いので、一つの物事に熱中している時は他が目に入りにくい傾向があります。 恋人や友人の誘いよりもそちらを優先することで、変わり者扱いされている可能性も。時には知識欲を休憩させて気分転換も大事かもしれません。
「尽くす猿」はひたむきな性格を持っています。  ひたむきな性格な人というのは、いつでもどんなときでも前向きであり、常に一生懸命で毎日を過ごしています。  その姿を見て「頑張れ」そして自分自身も「頑張ろう」という気持ちになります。  そんな「尽くす猿」にはいくつか特徴があります。  常に前向きなのでつらいときでも前に進む強さがあります。 そして謙虚なのも特徴的です。 謙虚で強さも兼ね備えてるので周りからは一目置かれ、リーダータイプでもあります。 他人の見えないところでコツコツ努力を重ね、自分の決めた目標は何が何でもやり遂げます。 なので誰からも愛されます。 そして魅力は明るくてポジティブであるということです。しっかりと自分を持っていて周りの人からも好かれる、強い心を持っています。

尽くす猿に秘められた能力とは?開花させる秘訣

尽くす猿は、争いごとが大嫌いな平和主義者です。人間関係でもめるのは、自分のことでも他人のことでも大の苦手です。言動に裏表がなく、さっぱりしていて、とても付き合いやすい人です。誰に対しても礼儀正しく、思いやりを持って周りと接するので、多くの人からの信頼を得ることができるタイプです。その場その場にふさわしい、気の利いた行動がとれる人なのです。おっとりした印象ですが、実際はいつもこまめに働き、忙しく動き回っているでしょう。また、どんな分野でも、自分の中に取り入れる学習能力が非常に高い人です。また、シャイで内気な性格なので、嫌なことでもつい引き受けてしまう優柔不断な面も持っています。周囲との摩擦を避けるために思わず…なんてことが多そうです。しかし、何でも自分でやらないと気が済まない性格でもあり、目標に向かって頑張る忍耐力も持っています。穏やかに見えても、内面には激しい競争心を秘めています。自分の思う通りに物事を進めたいので、他人に任せることができない頑固な面も持ち合わせています。シャイな性格のため、あと一歩のところでためらってしまい、チャンスをつかみ損ねることもありそうです。自分の力を信じて、ときには積極的にアピールしてみましょう。大きな飛躍の波に乗れるかもしれません。

恋愛の時の性格や特徴とは?相性がいいのはどんな人?

尽くす猿の恋愛は、駆け引きができません。あらゆることに器用なわりに、恋愛に関しては、駆け引きが苦手なまっすぐなタイプです。ロマンチックなムードより、あちこちに出かけるアクティブで盛り上がるデートが好きです。一緒にワイワイ騒ぐ友達の延長のような付き合いになりがちです。尽くす猿の男性は、普段はオープンで気さくなのに、恋愛になると途端に奥手になります。好きな人ができても告白できずに、熱い思いを内に秘めて、勉強や仕事が手につかなくなることもありそうです。また、職業や家柄など女性の肩書につられがちなところもあります。尽くす猿の女性は、相手のために尽くすことに喜びを感じます。人前では半歩下がって、男性を立てる奥ゆかしさを持っています。尽くす猿は、気さくな性格が魅力なので、友達関係のままでも十分楽しく、強く思う相手に限って恋愛には進展しないことも多そうです。結婚生活に向いている性格で、日常生活の中に楽しみを見つける才能があります。夫婦の毎日の生活を大切にし、ワクワクする環境を築こうとします。また、尽くす猿はホメ言葉に弱いところがあります。いいところをオーバーにホメてあげると、「自分のことをわかってくれる」と、うれしくなってしまいます。恋人との精神的な結びつきや、お互いの成長をとても大切にします。友人関係から恋愛関係に発展することが多いでしょう。

周りからどう見られてる?周囲からの評価と隠れた魅力

尽くす猿は癒し系です。とてもおっとりとした性格で周りを和ませるのが得意です。平和主義で揉めることを嫌います。裏表がなく周囲からは性格の良い人という印象があり人気者です。気が利き優しく周囲からの信頼も厚く頼られることが多いですが、逆に頼ることを極端に嫌います。迷惑をかけたくないという思いが強く、何か困った時も一人で解決しようと思います。しかし周りはいつも頼ってばかりではなく頼って欲しいと思っているので、あまり一人で悩まず周りに相談することで周囲との関係が更に深くなるでしょう。とても頭の良いタイプで学習能力が高く一度失敗した事は基本的に繰り返しません。自らの失敗は反省と改善点を踏まえ、必ず同じことを繰り返さないように努力します。困難なことが待ち受けていても逃げる事はせず、必ず乗り越えようと行動します。このような性格が周囲からの信頼を得られるのでしょう。人見知りの一面もあり、初対面の人と話すのは苦手です。しかし気を利かせて笑顔で振る舞うので、人見知りだと周りは気づいていないでしょう。初対面の人には人見知りをしますが癒し系で和やかな雰囲気を持っているので相手が心を許し、仲良くなるまで時間はかかりません。

【相性占い】尽くす猿と相性がいい動物TOP5!

[1位]頼られると嬉しいひつじ|大きく飛躍できる関係

尽くす猿と結婚の相性が一番いいのは、頼られると嬉しいひつじです。勤勉で働き者の尽くす猿と、悠々と構えていて落ち着いた物腰の頼られると嬉しいひつじ。お互い結婚生活を大切にして絆を深め、幸せいっぱいの家庭をつくっていくことができるふたりです。尽くす猿は争いごとを嫌うので、ケンカになる前にうまくかわすか、率先して折れてくれます。頼られると嬉しいひつじも自分が家長だという責任感が強いですが、パートナーを尊重することも忘れない気配りのある性格です。夫婦としてのバランスは抜群です。

[2位]人間味あふれるたぬき|シャイで奥手でピュアな同士

奥ゆかしくおっとりした尽くす猿は、恋愛において友達の延長として付き合いを始めるタイプです。付き合うにも相手の事をよく知ってからという慎重さがあるため、一途でマイペースなたぬきとはペースが合っていると言えるでしょう。早い進展を望む相手からは積極性を求められたり奥手だと思われたりすることもある同士ですが、シャイでピュアなところのあるタイプ同士なので良い相性といえます。猿は忍耐強く裏表のないたぬきを友達付き合いの時点から好ましく思うことが多いでしょうし、たぬきも猿のおとりしたところに癒しを感じることでしょう。自分たちのペースで堅実で居心地のいい関係を作っていけるでしょう。

[3位]正直なこじか|寄りかかられても相性バツグン

正直なこじかは警戒心が強く、人見知りなところがあるため、最初から心を開くことは珍しい性格です。ただしそこに、尽くす猿のまずは友達からはじめるペースとおっとりしたところがマッチし、こじかにありがちな尻込みして逃げたくなってしまうような事態が起こりにくいでしょう。人見知りなぶん、いざ仲良くなってからのこじかは一生懸命尽くすタイプですし、相手に依存しがちでもあります。ただしそこは猿も尽くすほうであり、競争心も強いので、むしろ自分に向かって一途なこじかは猿の目にはかわいらしく映るでしょう。 お互いを思いやっていけば、お互いの恋愛感覚がピッタリとはまり、心地よい相性といえます。

[4位]無邪気なひつじ|世話焼きだけど本当は守られたい相手

無邪気なひつじは感情表現が豊かで、人付き合いが上手です。シャイで奥手なほうである猿から見て、はじめは心が強く自信家で積極的な相手に思えるでしょう。しかし仲良くなるにつれ、ひつじの実は寂しがり屋で浮き沈みのある性格が見えてくるでしょう。寂しい時や落ち込んだときに、だんだんと隠さず猿のおっとりしたところに頼りたがる面が出てくることもあります。猿は寄りかかられるのをそれほど苦手としないタイプなのですが、とはいえ疲れてしまわないように、好意はお互いにきちんと口に出すなど素直な関係を大切にするとよいでしょう。

[5位]束縛を嫌う黒ひょう|余裕ある大人の関係でいられる相手

黒ひょうは義理堅く品がいい魅力がありますから、奥ゆかしい猿から見ても軽さがなく好ましく見えることも多いでしょう。ただし黒ひょうは人に多くを求めがちなタイプなため、競争心が強く尽くすタイプの猿がつい熱くなってしまい黒ひょうの言うことをたくさん聞いてしまいがちというケースも中にはあります。黒ひょうは束縛嫌いなので、尽くすあまり相手の事を尋ねすぎる、連絡がまめになりすぎるのも時に気持ちがすれ違ってしまうかも。黒ひょうは理性的、猿はおっとりした長所があるので、相手の言動に一喜一憂しすぎず自分の時間を大切にする大人同士でいると良い関係でいられるでしょう。

【2021年運勢】尽くす猿の今年の運勢を全部解説!

「尽くす猿」にとって2021年は、気づいてなかった自分の良さに気づける年です。未来へと進むための力が見つかりますから、色んなあなたを見つけていきたいですね。

また「猿」にとってはダメ元でも上手くいきやすいタイミングですから、自分の中のイマイチな部分を諦めないでくださいね。今までの評価なんてものは、この一年の間で容易に変わっていきます。

微妙だと感じていたことでさえ、思わぬメリットが続々と見つかる場合もあります。何事も捉え方次第ですから、いっそ「自分は長所の塊だ!」なんて考えながら過ごすのが丁度良いですよ。

とはいえ、自分一人ではどうしても前向きに受け止められない部分もあるでしょう。そんなときは、周りの人たちを参考にしてみるのがオススメです。

自分の中でどうしても気になる部分が、他の誰かにとっては誰もが羨む取り柄だったりします。気づいていないだけですので、たくさんの人とコミュニケーションを取りつつ、自分と見比べるように心がけましょう。

みるみるうちに、よりいっそう魅力的なあなたになれます。そのときこそ、ちょっと無理そうな目標へダメ元で挑むようにしてみましょう。理想の幸せだって簡単にゲットできるようになりますよ。