動物別の占い

守りの猿|基本的性格と相性

【性格診断】守りの猿の性格・特徴[動物占い]

好奇心旺盛で社交的な「守りの猿」は、とても明るい性格です。 人の気持ちをくみ取ることができ、愛想が良いので、周囲からの人気はとても高いです。 さわやかな外見で、いろんな世代の人と分け隔てなく付き合うことができ、とにかく周りの雰囲気を明るくすることができます。 しかし、内面には闘志と強い負けん気を秘めています。 合理的な冷静さで損得勘定を優先させることもあり、実は腹を割って話をすることが苦手なのかもしれません。 その結果、表面的な付き合いに終わってしまうこともあります。 背伸びしがちでかなりの自信家でもあります。元来コツコツ頑張ることが苦手なので、思わぬ障害に出くわすと、あっさりと投げ出してしまうことも見られます。
守りの猿は、シンプルです。明るくさわやかな性格で、考え方もシンプルです。正義感が強く、弱い者いじめなどは嫌います。人間関係でも、他人の失敗を笑って受け流すなど、小さな事にはこだわらない太っ腹な面も持っています。しかし、わりと好き嫌いは激しくて、嫌いな人と話をしていても、内面では複雑な思いで動揺しています。社会の中では、人の上に立つよりも、補佐役として陰から盛り立てていくほうが性に合っています。人の心理を読むのは苦手ですが、無駄に気分を害させない、無難な付き合いを心得ています。感情に流されることなく、物事を淡々と割り切って考え、不満があってもガマンしてしまいます。堅実で常識的な考えをする人で、あまり浮き沈みのない人生を歩むでしょう。
守りの猿は、とても魅力的です。明るくさわやかで、人を惹きつける笑顔を持っています。周囲からは、頭脳明晰で上品な人だと思われています。事実、服装や外見などは若々しく、年齢に関係なく、気持ちだけは夢を追いかける若者のような雰囲気を持っています。そんなオーラが、周りの人を惹きつける魅力的な人物となっているのでしょう。負けることがイヤなので、周りから遅れないように日々の努力を惜しまない面もあり、何かを始めたら途中であきらめることなく、最後までやり遂げる根性も持っています。ただ、目先のことにとらわれ過ぎて、先を読むことが苦手なので、ツメが甘くなりがちです。また、不必要に知ったかぶりをしてしまい、背伸びをするクセもあります。しかし、基本的に真面目で、地に足を付けた慎重な人生を歩む人です。

守りの猿に秘められた能力とは?開花させる秘訣

守りの猿は、年齢に関係なく大志を抱き続けるタイプです。明るくさわやかで、人を惹きつける笑顔の人が多いです。実際に、服装や外見なども若々しく、年齢に関係なく、いつまでも気持ちだけは大きな可能性を信じる青年のような人です。世話好きで、周りの人からも頼りにされています。感情に流されず、物事を淡々と割り切って考えていく性格で、打算的な面も見られます。趣味や教養を磨くための活動も、利益があるかどうかを計算しながら進めていくところがあるのです。結果が約束されれば、努力をすることをいとわない一面も持っています。どんな苦労や努力も続けていくことができるのです。不満があっても我慢してしまう性格で、堅実・常識的な人が多いでしょう。あまり浮き沈みのない安定した人生を歩んでいきます。社会の中では、人の上に立つよりも、補佐役として裏方のような立場に身を置いたほうが、生き生きと活躍できそうです。人の心理を読むことは苦手ですが、無難な付き合い方のコツを知っています。周囲から認めてもらいたくて、がむしゃらに頑張りすぎてしまうクセがあります。何もかも抱え込んで身動きが取れなくなる前に、たまには肩の力を抜いてみましょう。気楽に考えてみれば、人生はもっと楽しくなるはずです。

恋愛の時の性格や特徴とは?相性がいいのはどんな人?

守りの猿は恋愛に関しては奥手で苦手です。普段は同性異性問わずに、仲間たちとワイワイ騒ぐのが好きなタイプですが、こと恋愛になると、奥手でなぜかシャイになってしまいます。アプローチするのもされるのも苦手で、好きな人がいても、どうしていいか分からず、チャンスを逃してしまうことも多そうです。また、映画やドラマのようにロマンチックな純愛に憧れを持っています。少々幼い恋愛観で、現実が伴っていません。子どものように無邪気でかわいく、見るからに善良なタイプで、男女問わずに基本的にモテます。しかも、さりげなく周りでの気づかいができる性格です。結婚でも常識的な人を選び、しっかりと安定した生活を求めます。お見合い結婚も相性が良さそうです。自分が信頼する親戚や知り合いなどが太鼓判をを押した相手ならば、自分で選ぶよりも納得できるという傾向があります。もともと良識ある人なので、結婚後は必ず立派な夫や良妻賢母となるでしょう。守りの猿は、頼りにされると力になりたくて、頑張った後に疲れがどっと出てしまうような人です。強そうに見えても、実は周りに振り回されてしまうことが多いのです。恋愛に関しても、張り切って無理をしてしまうことがあります。まずは、精神的にリラックスさせてあげることでしょう。笑わせ、甘えさせてあげることが、心を開いてくれる第一歩です。

周りからどう見られてる?周囲からの評価と隠れた魅力

守りの猿は周りから上品な人と思われています。 その所作はすべて美しく上品に整えられており、何をするにも動きのひとつひとつに気配りが行き届いています。 人に向き合う態度についても、当然のことながら丁寧で礼儀をわきまえた振る舞いをするため、他人に与える印象も良いものとなります。 それができるのは、自分の振る舞いが他人に与える影響について冷静かつ客観的に考えられるだけの知性を備えているからです。 一方でプライドの高さゆえに目標を高く設定するところがあるため、平凡な結果では満足しない厳しさを持っています。 ですが、他人に対して厳しく接するかというと、そのようなことはなく、他人がミスをしたとしても腹を立てて叱責することはせずに受け流して見せるだけの度量の広さを持っています。 それゆえ、プライドの高さが悪いかたちで表に出ることはなく、人との関係に悪い影響を及ぼすことはありません。 それができるのも、プライドの高さにふさわしい大きな自信があるからです。 自分の力を強く信じるがゆえに自分に厳しいものの、他人にはおおらかに振る舞うことができるので、人を助け導くことが得意です。 そのため、周りの人たちからはいると助かる人物として重要視されているのです。

【相性占い】守りの猿と相性がいい動物TOP5!

[1位]大器晩成のたぬき|お互い腰を据えることのできる関係

守りの猿と最も結婚の相性が良いのは大器晩成のたぬきです。お互いにじっくりと腰を据えてつきあうことができるので素晴らしい関係を築くことが可能です。猿は縁の下の力持ちとして力を発揮するタイプなので、たぬきの努力家な性格との相性は抜群です。共に高め合いプラスの効果を発揮する最高のパートナーとなることができます。負けず嫌いな性質も、たぬきのマイペースさに感化されて精神的にも安定した日々を過ごせるでしょう。甘えんぼうで愛されたがりなところも、たぬきの持っているおおらかな包容力で安心させてくれるので、幸福が実感できます。

[2位]感情豊かな黒ひょう|コントロールしできるパートナー

「守りの猿」と「感情豊かな黒ひょう」の相性は良好です。お互いをコントロールし合えるパートナーです。感情豊かな黒ひょうは、芸術的なセンスに優れています。鋭い感性と知性を武器に物事を対処し、あらゆる面で才覚を現わします。一方で気分屋な一面を持ち合わせているため、飽きっぽかったり、気分にムラが生じてしまうため、集団の中で行動することには苦労してしまいます。周りをよく見ているあなたはそんな相手のちょっとした気持ちの変化にも敏感に気が付いてあげられます。人付き合いに関しては上手にサポートしてあげてください。その代わり、あなたのプライドが高く時に傷つきやすい弱さは、相手の元来の明るさが落ち込んだ気分を上向きにしてくれます。

[3位]強い意志を持ったこじか|奥手だからこそ堅実に過ごせる

“守りの猿と強い意志を持ったこじかが結婚した場合、堅実で穏やかな生活を送ることが出来ます。 気まぐれな部分がある強い意志を持ったこじかは、恋愛に関しては意外とサポートタイプな面があります。 常に愛を感じていたい守りの猿にとって、いつも自分を支えてくれる強い意志を持ったこじかは人生にとって欠かせないパートナーとなります。 強い意志を持ったこじかのわがままな部分が出たとしても、守りの猿の愛嬌の良さとサポート能力の高さがあるので全く問題になりません。 2人とも恋愛には奥手ですが、結び付いた後はお互いを大切に思いあえる、強い絆を持ったパートナーとなります。”

[4位]面倒見のいい黒ひょう|自立した大人同士の関係

守りの猿と4番目に相性がいいのが、面倒見のいい黒ひょうです。人懐っこい性格で、だれとでも仲良くなれる守りの猿は、顔が広く、てきぱきと自分の意思をしっかり持って行動している面倒見のいい黒ひょうと相性がぴたりです。守りの猿は人から面倒を見られ愛されることが好きで、反対に面倒見のいい黒ひょうは相手の面倒をみてかわいがることがとても好きで得意なので、いい関係を築くことができます。面倒見のいい黒ひょうのおかげで、お互いがそれぞれ相手に依存することなく自立することができるので、二人はとても良い大人の関係となるでしょう。

[5位]チャレンジ精神旺盛なひつじ|スキンシップ好きな関係

守りの猿と五番目に相性が良いのはチャレンジ精神旺盛なひつじです。野心家でいつも新しいチャレンジをし続けている守りの猿は、同時にかなりの負けず嫌いな性格です。そして、チャレンジ精神旺盛なひつじは、一見クールですが守りの猿と同じくらい負けず嫌いで、情熱的なところがあります。そんな二人は、目標に進んでいく力をお互いの存在で増幅させることができ、とても良いパートナーになれるでしょう。また、守りの猿の寂しがりやな部分に関しても、ロマンチストで温かな性格のチャレンジ精神旺盛なひつじはバッチリ対応可能。スキンシップ多めの素敵な二人になれそうです。

【2019年運勢】守りの猿の今年の運勢を全部解説!

守りの猿の2019年は、自分を表現することが楽しい一年となります。 それまではあまり自分を表現していなかったとしても、身の回りのモノやコトをよく観察する中で、自分なりにいろいろな考えを蓄えてきています。 観察力が普通の人より優れているので、そこから生まれる考えは他人には真似のできないものです。 そういった他の人にはない考えを積極的に表現すれば、周りの人を驚かせ、感心させられるくらいの新たな魅力が現れてきます。 自分の考えていることを表現して、それが他人から高く評価されるのは楽しいことです。 独創的な表現そのものが他人に魅力を感じさせるだけでなく、楽しげに自分を表現をする姿もまた他人にとって魅力的に見えてきます。 自分の考えを表現せずに隠している人よりも、隠さず表現する人のほうが個性をつかみやすく親しみを覚えやすいので、積極的に自分を表現するほうがより魅力的なのです。 新たに発揮される魅力によって周りの人たちに支持されるので、周りの人たちを引っ張っていく役割を求められることになりますが、周りの期待に応えられるだけの観察力と独創性を確かに備えているわけですから、自分の意志で決定することを恐れる必要はありません。

[恋愛運・結婚運]今年はどんな恋をする?

守りの猿にとっての今年の恋愛運は、どちらかというと大きな展開は無さそうです。 これまでアップダウンの激しい恋をしていた人も、ちょっと小休止の安定がもたらされます。 今年は恋愛よりも友人関係の縁が深まっていくという年周りになるでしょう。 つまり友との絆を強くすることが大きなポイント。 情熱を傾けたくなるような、人生を賭けるような異性との出会いはありませんが、その分大きく傷ついたりすることも無い穏やかな恋愛運です。 今年は友達を大切にして自分勝手な行動を取らないように気を付けることで、その後の恋愛運により大きな実りがあるという暗示。 身近な友達とのフレンドリーな関係が新しい恋を生むきっかけになるということもあります。

[仕事・金運]今年は恵まれる?飛躍の秘訣も大公開!

守りの猿の今年の仕事・金運は、自分自身を大事にすれば吉です。責任感が強く、能力以上の仕事を抱え込みそうなこともあります。認められたくて、がむしゃらに頑張りすぎてしまうのです。そんなときも無理をせず、まずは自分を大事にしましょう。肩の力を抜いて「気長に取り組もう」くらいでいいのかもしれません。もともと、明るくさわやかで、魅力的です。また、生来の人懐っこさで、仕事相手の懐に素早く入り込み、交渉を有利に進めることも得意です。しかし、仕事面では「正義の人」となります。周りの雰囲気に気を使いながらも、間違ったことには「違う」と、はっきり指摘できる人です。自分で決めたことを最後までやり抜くことは得意ですが、最後の最後でツメが甘くなることもあります。計画的で規律ある行動を意識しましょう。しっかりと最後まで考えて動けば、持ち前の能力が発揮できるでしょう。

合わせて読みたい