星座占い

さそり座(蠍座)|男性女性別の性格や恋愛傾向<2019年版>

さそり座(蠍座)の基本的な性格や特徴・傾向

さそり座の性格は一言で言うと「職人気質」で、他の人には真似できないような真面目さ、慎重さ、集中力と忍耐力を持っています。例えば、何か1つ課題や目標があったとしたら、さそり座は自分の納得のいくまで力を尽くし、最高の結果を残したがります。
その課題が困難で周囲の人が諦めるような状況でも、中途半端で投げ出すことを嫌うので、断念することはないでしょう。そうした苦境にあっても、精神力と忍耐力が強いため、自分の苦しみを表に出して周りに気遣わせるようなことはありません。
完成した課題も、手本があるようなものであれば、細部までキッチリと同じ出来栄えに仕上げるのがさそり座のポリシーです。また、自分の力量にかかってくるようなものであれば、深く研究を重ねて内容が掘り下げられた逸品を作るでしょう。
このような目標に向かって一途で真面目な性格は、裏を返せば「頑固」とも「融通が利かない」ともとれます。表だって主張はしませんが、自分の中に確固たる思いがあり、譲ることができない為、周囲と合わせることは難しくなりがちです。
真面目な性格ゆえ、スマートな社交辞令やその場しのぎの嘘で上手く世渡りすることはできませんし、したくもないのでしょう。ネガティブ思考も加わり人間関係で上手くいかず落ち込むことも多いですが、職人気質を活かして改善に向けて何度でも尽力します。

さそり座(蠍座)男性の性格や特徴・傾向

さそり座の男性は不器用な面があります。愛情深い性格をしているのですが、それを相手に上手く伝えることが苦手です。照れ隠しで思っている事と逆の行動を取ってしまう事もあります。そのせいで自己嫌悪に陥ってしまいがちですが、意外なことに周囲からは好意的に見られていることが多いです。それは周囲が本質である愛情深さに本人以上に気付いているからです。そのため、自分の不器用さを必要以上に意識しすぎないことが、自分を追い込みすぎないうえで大切です。また、さそり座の男性はパワフルな面も持ち合わせています。精神的な意味でもタフなので非常に頼りになるケースが多いです。仕事などでミスを犯してしまってもへこたれずに進んでいけるパワフルさを持っています。

さそり座(蠍座)女性の性格や特徴・傾向

さそり座の女性の魅力的な点として、セクシーな所があります。挙動の一つ一つにセクシーさが含まれているため、本人も知らないうちに男性を魅了している可能性があります。特に派手な露出の多い服装を好むというわけではありません。このセクシーさは身に付けようとしてそうなったのではなく、その人が元来持っている天性のものであると言えます。また、ミステリアスな雰囲気を持ち合わせていることも魅力の一つであると言えます。プライベートでは誰も知らない隠された素顔があると思われているため、謎の多い女性という評判が広まります。ある特定の相手にしか素顔をさらけ出さないため、非常に周りは興味をそそられる存在であると言えるでしょう。

実は○○?意外な才能や資質

さそり座はすさまじいほどの集中力を発揮して、1つの物事をどこまでも深く掘り下げて調べたり、考え続けることが得意です。妥協することなく努力し続ける為、知識量も自然と多くなり、特定の分野のプロフェッショナルとして活躍している方が多くいます。
科学者や心理学者など、多数の分野の研究においても成果をあげますし、陶芸や工芸といった伝統美術の継承者となるのも適任です。また、慎重で根気強いため、医師や看護師、薬剤師などのミスが許されないような職業も向いているでしょう。
同様の理由で経理や総務事務、金融関係のお仕事でもいかんなく力を発揮し、周囲の尊敬を集めることは間違いないはずです。反して、臨機応変に行動することは苦手な為、ある程度仕事の内容が一定しているような職種が良いでしょう。
また、1対1の人間関係が得意で複数人数と1度に付き合うことは苦手なので、少人数の部署や職場が過ごしやすいはずです。一見地味な長所ばかりに見えますが、努力や継続ができる事ほど大きな才能はなく、それに付随する人からの信頼も得難いものです。
信頼してくれる仕事仲間と末永く仲良く働けるよう、時には自分のこだわりを抑えて、周囲のアドバイスにも耳を傾けましょう。

さそり座(蠍座)の恋愛傾向

何事も突き詰めて行動するのが好きなさそり座は、恋愛面でも同様で、とても情熱的な恋愛をする傾向にあります。相手の全てを手に入れ愛しぬくというのが恋愛の流儀で、それが叶わないのであればもう愛さないという極端さがあります。
「オールオアナッシング」の考え方は確かに極端ですが、その分、さそり座が相手に注ぐ愛情は大きくて深いです。相手の愛情がさそり座と同等である場合は、全てを愛される喜びで満ち、幸せな恋人関係・夫婦関係を築くことができるでしょう。
しかし、相手がクールで恋愛に重きを置かなかったり、よそ見しがちなタイプである場合、寂しく物足りない気持ちになります。そして、相手が浮気や嘘といった信頼関係を崩す行いをした時には、情熱が全て嫉妬や怒りへと変わる為、辛い事になるでしょう。
そのため、さそり座と相性が良いのは同じ情熱量がありそうなさそり座同士と、誠実で浮気の心配がないかに座です。一途で相手を大切にすることは美徳ですが、あまりに愛情が大きすぎると相手に重いと感じられてしまうこともあります。
「愛している」が「束縛している」に変わらない、適度な距離感を保つようにすることがさそり座カップルの長続きの秘訣です。

自分がさそり座(蠍座)の時の恋愛必勝法

自分がさそり座(蠍座)の時の恋愛必勝法は、「愛情深い」ところにあります。何においてもやると決めたことに徹底的に取り組むさそり座の性格は、恋愛の仕方においても同じ。一度好きになった人のことは大変一途に、深く愛します。一途に、まっすぐに自分を愛してくれるあなたに、健気でいじらしい魅力を感じてくれる方もいるでしょう。たとえ周りに反対されるような恋であっても、自分の愛だけを信じて突き進みます。浮気や不倫をするようなことはほとんど無いので、お付き合いする方にとっては信頼できる相手となるでしょう。ただ、愛情が行き過ぎると、ヤキモチを焼いたり嫉妬深くなってしまうことも。自分の気持ちだけが先走ってしまうことないよう注意が必要です。相手の気持ちに耳を傾け、歩幅を合わせて行くのが上手な恋愛の育て方です。

相手がさそり座(蠍座)の時の恋愛必勝法

蠍座は情熱的で独占的が強いのですが一見クールにみえるのも特長で何を考えているのかわかりにくいミステリアス。相手が蠍座女性の場合、なかなか内面をみせず、心を開かない一面もありますが一度心を開き好きになると、とことん一途になります。心の底ではちやほやされたい、もてなされる事を好んでいます。会う時は2人で少しずつ魅惑的に時間を過ごすうち打ち解けていくでしょう。相手が男性の場合、自分を立ててくれる相手を選ぶところもあり例えば、大人数や何人かでいる場合話はしなくても横に常にいたり控えめな感じを好みます。そして心が開くまで時間がかかるので間接的に自分自身が好意を持っている事が伝わるよう友人などから良い情報が流れるようにするのも効果的。好き嫌いもはっきりしているのでしつこくするのはNGです。相手の好みに合わせるところから興味を持ってもらい2人きりで過ごしまずは友人として懐に入りましょう。駆け引きなども嫌い、感も鋭いので気持ちはストレートに伝え蠍座男性からの行動はなかなかおこさないので直球でいくのがおすすめです。

さそり座(蠍座)の2019年運勢

2019年のさそり座は様々なことの整理を行なうべき年で、今まで迷って先延ばしにしてきたことに今こそ取り掛かりましょう。仕事運は後半にドッと忙しくなるので、前半のうちに作業工程の見直しや職場環境・賃金に関してこれでいいのか考えてみましょう。
新しい職場を探すことでも、今の職場の改善をはかることでも、どちらでも後半のお仕事をスムーズにさせるには役立つでしょう。恋愛面では、パートナーのいない方は出会いの場に出ていくよりも、相手に求める条件について見直してみるのが良い時期です。
今まで恋愛対象と見ていなかった身近な人物が案外自分に合っているのではないかと気づくこともあるでしょう。パートナーのいる方は、これまでに相手に貯めてきたモヤモヤした気持ちを1度話し合ってリセットすることが必要です。
伝え方を気を付けることは必要ですが、このままの状態では辛いですから、きちんと話し合い、二人の仲を更に深めていきましょう。金運も収支の見直しが必要な時期、将来に備えて必要な金額を計算し、貯蓄額をアップさせることで来年につながっていきます。
1度に色々なジャンルの整理に取り掛かると大変ですから、時期を決めて少しずつ、今年中に目途がつくようにしておきましょう。

合わせて読みたい