星座占い

蟹座(かに座)|男性女性別の性格や恋愛傾向<2019年版>

蟹座(かに座)の基本的な性格や特徴・傾向

蟹座は、四元素でいうと水です。
水の性質を持っている人は、情緒的で、人との繋がりを大事にするので、自分に共感してもらえないといじけてしまう可愛らしいところがあります。

優しくて、母親のように献身的で、愛情深いのが特徴的です。
一度こころを許すと、家族のように大事にするのも蟹座の特徴で、仲間意識が強く、困っている人には手を差し伸べるボランティア精神が高いのも蟹座の特徴です。

蟹座は粘り強く、決して途中で諦めることはせず、中途半端に投げ出したりすることもありません。
周囲が諦めてしまうことも、最後まで踏ん張りを見せ弱音を吐かず、やり遂げる強い精神を持っています。

何事も全力で進めていくタイプですが、夢中になって感情的になることで後悔することもありますが、それだけ一生懸命なのが蟹座の特徴です。

かに座(蟹座)男性の性格や特徴・傾向

かに座(蟹座)の男性の性格は、「内向的」、「世話好き」、「デリケート」。積極的に外に出て知り合いを増やしていくよりは、自分自身と向き合う時間を優先したいタイプ。そして、近くにいる人達をとても大切にします。人に対して情が厚いので、家族や友人に頻繁に連絡を取ったりいつも気にかけています。何か困っていることがありそうだったら、すぐに手を差し伸べるなど気配り上手なのです。世話好きなので、大切な人が喜ぶためにあれこれ考え振る舞います。ただ、世話好きが行き過ぎて、たまにおせっかいになってしまうことも。そして、大きな器と広い心の持ち主。反面、とても繊細で傷つきやすいところもあります。敏感な心を持っているからこそ、人の痛みにも優しく手を差し伸べられるのがかに座の男性なのです。

かに座(蟹座)女性の性格や特徴・傾向

かに座(蟹座)の女性は、「情に熱い」、「のめり込む」、「尽くす」性格。人と仲良くなるまでに時間がかかるタイプですが、一度関係を築けたら、細やかな気配りと思いやりで末永く関係を築いていけるでしょう。裏切りや嘘が嫌いで、約束事はきちんと守り、誠実に接してくれます。何事にも一度ハマったらのめり込見ます。趣味や仕事においても、決めたことにはとことん力を尽くすのです。成果が出るまでコツコツと努力をしていく忍耐強さもあり、周りからの信頼を得やすいのもかに座の女性の特徴。また、情に熱いので、人の期待を裏切ることを何よりも恐れます。なのであれこれとなんでも尽くしてしまうのですが、人知れずストレスを抱えて感情的になってしまうことも少なくありません。

実は○○?意外な才能や資質

親身に話を聞いてくれる存在で、よき相談相手として頼られる存在でもあります。
偏見を持たずに、じっくり話を聞いてくれるところがあり、人の繊細な部分を理解できる優しい性質を持っています。

蟹座は平和主義な性格なので、争いごとは嫌いです。
人との付き合いの中でもそれぞれの良い面を引き出し、平和な環境を整えようとするところがあります。
トラブルにも色々な側面から見て判断し、揉め事にならないように配慮することができます。

記憶力が抜群に優れているところがあります。
人前でプレゼンテーションをすることは苦手ですが、人とコミュニケーションを取ることは好きで、積極的に会話を楽しみ、話したことを忘れないのも蟹座の特徴です。

楽しい事が好きな蟹座は、ムードメーカー的な存在となり、場を和ませる才能を持っています。
人と人を繋げるのが上手なのは、蟹座の優しさや面倒見の良さからきています。

蟹座(かに座)の恋愛傾向

蟹座は、結婚したら何よりも家族のことを第一に考えるのが特徴的です。
その為、浮気や不倫などをすることにエネルギーは使わず、記念日や家族のイベントを優先にするところがあります。

独占欲が強く、嫉妬深いところがあるので、束縛してしまうところもあります。
友人よりも恋人との時間を優先するので、相手にも同じ価値観を求めてしまうところがあるようです。

広く浅く付き合うことができずに、一度付き合ったら結婚を意識します。
恋愛は数ではなく質を重視し、ルックスよりも性格を重視します。
押しに弱いところがありますが、真面目に付き合うタイプではないと判断すると恋人になることもありません。

蟹座は、パートナーの幸せが自分の幸せだと考えているので、とにかく尽くしてくれます。
パートナーの希望や、喜ばれるために色々なことを考え、配慮してくれるところがあります。
蟹座は、裏切らないという安心感を与えてくれるのも特徴的です。

自分がかに座(蟹座)の時の恋愛必勝法

自分がかに座(蟹座)の時の恋愛のコツは、「世話好き」な面を上手に活かすこと。好きになった人にはとことんのめり込むので、相手のことを良く観察します。好きな人のことをあれこれ考え、何か出来ることはないか、ととにかく手を差し伸べようと気配りをします。そうした気遣いが相手にとって心地良くうまくはまれば、いなくてはならない存在として愛されるでしょう。世話好きな一面は家庭的な部分でも発揮されますので、自分の得意なことをアピールするのも手です。ただ、シャイなので、自分から心を開くのに時間がかかります。ナイーブな性格なので、恋愛面で傷つくことを恐れているのです。自分に好意を持っていると確信できるまでは自分からアプローチすることはないでしょう。物にしたい恋愛の時は、いつもより少しだけ自信を持ってアピールしてみてください。あなたの温かな包容力を求めている人は多くいるはずですよ。

相手がかに座(蟹座)の時の恋愛必勝法

相手がかに座(蟹座)の時の恋愛必勝法は、「尽くす」がポイント。かに座のお相手は恋愛において好きな人に尽くすことを何よりの喜びとしています。自分の存在によって恋人が幸せになってほしい、という気持ちが強いのです。お相手にはあえて何か頼み事をしたり、自分の悩みを相談してみましょう。そして相手の存在によって「助かったよ」と伝えてみるのです。そうして信頼を築いていくことで、心の距離も縮まっていきます。恋人になったら一生懸命にあなたに尽くしてくれるでしょう。確かな心の繋がりを求め、相手のことを深く受け止めようと向き合ってくれます。ただ、少々束縛してくることも。人に裏切られるのが嫌いなので、浮気をされることをとことん嫌がります。お相手には誠実な姿勢を見せ、関係を築いていくようにしてください。

蟹座(かに座)の2019年運勢

今年は、プライベートの充実よりも仕事にエネルギーを使い、社会との関わり方に意識をする年になります。
開花するというよりは、種まきをする時期で、先々のことを考えて行動をする年です。

2019年は、仕事運や金運に恵まれますが、無理をし過ぎて体に影響を及ぼすことがあります。
心に余裕を持ち、落ち着いて取り組むことで安定する時期を迎えることができます。
可能な限り、自然に触れる機会を設けるとより安定した生活をおくることができます。

蟹座の性格は、つい周囲のことを優先にしてしまいがちになります。
しかし、2019年は、その優しさや思いやりを、外に向けるのではなく、内側に向けるように意識すると、これまで溜めていたストレスを手放すことができます。

2019年は後半にかけて、これまでセーブしてきたことを徐々に開放し、さまざまなチャンスが訪れます。
変化の波を上手に乗りこなすために、自分自身と向き合い、内なる声を信じてみましょう。

合わせて読みたい