星座占い

蟹座と蟹座の相性|2人の恋愛はうまくいく?恋愛相性や付き合いの秘訣

蟹座と蟹座の基本的な相性をまるっと解説![相性占い]

蟹座同士の相性は、同じ星座同士のためよく理解しあい、基本的には良い相性です。同じ星座のため、蟹座の性質が相性でもより強く出てきます。蟹座は水のエレメントで、感情がとても豊かです。同情心が強く、子供や動物を育てるなど母性も強い星座です。弱い立場のものを守ろうとする本能が強いため、蟹座といると癒されると感じることが多いのです。ただし、身内とそうでない人を分ける癖があり、家族や友人など親しい人はとことん守り、そうでない人には冷たくなる性質もあります。これは自分やその仲間を守ろうとする際に一番強くなります。蟹座同士の相性は、こうした蟹座の性質から、仲良くなるとどこまでも親しくなりますが、家族のように親しくなりすぎて境界線を引きにくい部分があります。またお互いの関係に満足して、他の関係が閉じてしまうこともあります。その結果、二人の間には新鮮さがなくなって、たとえ二人は満足していても周囲の関係から浮いていたり、取り残されていると見えることもあるでしょう。好き嫌いも激しくでる性質があるので、自分たちだけの世界に埋没しすぎず、周囲の交友や新しい状況を受け入れられる広がりがあるならば、とても安心して付き合える相手です。

[恋愛]蟹座と蟹座のカップルの相性を解説!

蟹座同士の恋愛の相性は、同じ星座のためお互いのことがよく理解できて、良い相性といえます。水のエレメントの蟹座は情緒が豊かで、共感力も強く、相手の気持ちがよく理解できます。恋愛でも、お互い相手のちょっとした心の動きに敏感で、相手の気持ちもよく推測できます。また蟹座は家族を表す星座でもあるため、恋愛関係の頃からまるで家族のように振舞います。それがとても自然で、恋愛というよりも愛しい家族のように感じます。その結果、二人の相性が良いなら、自然と結婚に至ることもあるでしょう。お互いが家族ような関係を求めているなら、恋愛もとてもよい相性ですが、刺激的な恋愛や、自分にないものを持っている相手を望んでいると、相手に不満を持つこともあるでしょう。それでも新しい関係を自ら探すのが苦手な蟹座のため、すでに出来上がった二人の関係に安住しやすいのです。お互い受動的なので、どちらかが相手をリードすることもしずらく、いつも「二人で一緒」に歩んでいる印象です。こうした仲良しの関係を望むなら、蟹座同士のカップルはとても満足のいく関係が築けます。

蟹座同士のカップルの相性

蟹座同士のカップルの相性はあまりよくないかもしれません。お互い引っ込み思案な面があるのでなかなか先に進むことができません。片方が勇気を出してアプローチをしていかない限り、なかなかうまくいくことは難しいでしょう。良い点を挙げるとしたら包容力がある二人なのでお互いの悩みを相談しあうことで仲良くなれるかもしれません。お互いに安心感を感じながら会話することができるので居心地が良い関係になれる可能性はあります。

蟹座と蟹座のカップルがうまくいく秘訣

蟹座と蟹座のカップルがうまくいくためには、相手に尽くして優しく受け入れ、居心地の良い環境を作るように心掛けます。蟹座は、周囲の人に対して心配りができ、大切にします。面倒見の良さを活かして愛情を絆を深めていきます。お互い目立つことは苦手ですが、優しい気持ちで包み込むことができます。そのため、人当たりの良さから居心地の良さを感じ、お互いを求める関係になります。誠意を尽くした関係を築いていくことで、包み込まれるような愛情を感じられるようになります。

[友情]蟹座と蟹座の二人は仲良くなれる?

蟹座同士の相性は、同じ星座のため、相手のことがよく理解できるという点で良い相性です。水のエレメントの蟹座は感情的に繊細で、相手の感情もよく汲み取ります。お互いが相手の気持ちを思いやるため、勘違いや行き違いということはほとんどなく、情緒的には一番満足できる相手でしょう。一方、蟹座は自分がよく知っている慣れた環境は人間関係を好む傾向があり、冒険を嫌います。そのため、心地よい蟹座同士の関係ばかりになると、自分の世界や交友関係が閉じてしまいます。二人だけの関係で満足していても、外からみると、二人だけで孤立しているようにさえ見えることも。蟹座同士が一緒にいると、なんとなく他の人たちは間に入りにくいと感じるのです。また蟹座は一見やさしそうに見えても、感情的には起伏が激しいところがあります。もし何かの原因で二人が喧嘩をしてしまったら、それがとても重大な事柄だったら、お互いにささりと水に流すのが難しいでしょう。せっかくの良い相性を悪くしないためにも、二人以外の交友関係も広げて、二人っきりにならないようにすると、二人の良い関係にも新鮮さが保て、長続きするものになるでしょう。

合わせて読みたい