夢占い

昔の友達の夢は【対人関係のトラブル】の暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

異性の昔の友達と会う夢の意味

異性の昔の友達と会う夢を見た場合の意味は、「身近にいる異性との関係に悩んでいる」ことを、暗示しています。今、自分の身近にいる異性との接し方について、悩みがあることを、表しています。夢に出てくる異性の昔の友達は、自分にとって、理想的な異性との関係を、築くことができていた相手です。昔の友達が、例えば、恋愛要素なく一緒に騒いで遊んだり、色んなことを相談できる相手だったのなら、身近にいる異性とも、一緒に騒いだり、相談したりできる関係になりたいと、思っています。しかし、昔の友達と、今すぐ傍にいる異性は、当然、別の人間です。ならば、まったく同じに接することはできないことを、理解しましょう。自分がこうしたいと思っても、相手もそれを望んでいるとは、限りません。まずは、相手のことを思いやりながら、相手のことを知ることから始めましょう。

昔の友達に連絡する夢の意味

対人関係への変化を暗示しています。もしこの夢を見たなら、確かなものだと思っていた人間関係が変わっていくという兆しです。特に、友人や仕事上の付き合いなど、古くからの関係への変化が見て取れる状況です。一方この夢には、対人関係への不安といった暗示も含んでいます。変わる予兆を感じているからこそ不安になってしまう構図があります。いずれにせよ、現在信頼できる関係であったのなら、ただ変化を待つことはありません。心配なら夢と同じように連絡を取ってみると良いでしょう。旧交を温め、信頼を回復できたのであれば、基盤のある間柄ですので、人間関係は大きく改善していきます。

昔の友達と食事する夢の意味

昔の友達と食事する夢を見た場合の意味は、「不安や迷いを解消したいという気持ち」を、暗示しています。今、ひどく不安を感じたり、思い悩んでいて、なんの心配もなかった昔に戻りたい、という気持ちが、この夢を見させているのです。思い悩みすぎて、心が内に内にと向かってしまい、このままでは、解決したくても、解決できない状態になってしまいます。一人で考えるのはやめて、親しい友人や、信頼できる上司や同僚に相談して、第三者としての意見を言ってもらいましょう。建設的な意見や、アドバイスがもらえて、悩みの解消に、一歩近づくでしょう。

昔の友達と遊ぶ夢の意味

昔の友達と遊ぶ夢を見た場合の意味は、「人間関係で孤独を感じている」ことを、暗示しています。今の自分には、一緒に遊んでくれる相手がいない、孤独な状態にあることを、表しています。孤立している、というよりも、仕事や日々の生活が忙しかったりして、親しい人達と疎遠になってしまっている状態です。自分自身は、親しい人と会って話をしたり、遊んだりしたいけれども、そんな暇がないので、夢の中で思うように遊べないストレスを、発散しているのです。忙しくて、会ったり、遊んだりする時間が取れないというのなら、少しの時間だけでも、友達に電話して、話を聞いてもらうと良いでしょう。それだけでも、十分に心は安定するでしょう。

昔の友達と電話する夢の意味

あなたの現在の心境を暗示しています。もしこの夢を見たなら、昔の友達に対して伝えたいことがあるという証になります。それも、日常的な連絡ではなく、本心から重要なことを伝えていきたい心境が見て取れます。またこの夢は、友達の側があなたに何かを伝えたいことを暗示している場合もあります。電話が先方からかかってきたなら、その傾向は特に顕著と言えます。いずれにせよ、疎遠なままでいる特別な理由がなければ、連絡を取ってみると良いでしょう。もちろん、いきなり大事なことを話すのは難しいですが、旧交を温めることにはつながります。良いタイミングを見計らって話を切り出せば、良い反応が得られるでしょう。

昔の友達が結婚する夢の意味

昔の友達が突然夢の中に現れるのは、周りの人との間にトラブルや関係への迷いがある時だということを暗示しています。昔の友達が夢で結婚をしていたら、それは対人関係への不安や周りの人に対する嫉妬心を現わしています。しかし、結婚の夢事態は物事が良い方向へ向かうことのしるしであるので、現在対人関係で問題や悩みがあったとしてもいずれは改善や解決へと向かうことでしょう。また、実際に結婚に対する興味や期待が上がっていることを意味している場合もあります。出会い運や恋愛運がアップしている時でもあるので積極的に行動を起こしてみましょう。

昔の友達の親と会う夢の意味

自分の親でも他人の親でも、夢に親という存在が登場したのなら、それはあなたが何か重大な決断を下さなければいけない時に来ていることを現わしています。夢の中に登場した親という存在が昔の友達の彩であった場合、この意味も少し変わってきます。夢の中の昔の友達は、人現関係のトラブルや問題点、不安などを現わしています。自分で周りの人との関係にトラブルや問題を実感できていてもいなくても、自分の意志で何らかの決断を下さなければいけない時に来ていることを暗示しているのかもしれません。また、その昔の友達の親がすでに亡くなっている場合は、現在の人間関係に何らかの変化が訪れることを現わしています。

昔の友達と再会する夢の意味

昔の友達と再会する夢は、現状への不安を暗示しています。特に、現在の交友関係に嫌な感情を抱えているという意味合いがあります。過去を懐かしむだけでなく、時には周りに対して積極的にアプローチしていきましょう。一方この夢は、より無根拠な不安感を暗示してもいます。不安を強く感じているからこそ、昔の交友関係に逃げたくなっているという構図があります。いずれにせよ、現在の友達や同僚としっかり向き合って、局面を打開していくべき状態と言えるでしょう。その上で、かつてのような気安い関係を築いていければ、対人運も一気に改善していきます。

昔の友達が死ぬ夢の意味

しばらく会っていなかった友達が夢の中で死んでしまったら大きなショックを受けますし、実際にそうであるのかもしれないと心配になってしまいます。夢の中で昔の友人が死んでしまったなら、それはあなたの現在の人との関係が改善されることを暗示しています。周りの人たちとの関係が良くなることの現れでもありまますし、夢に出てきた友達との関係が復活することの暗示でもあるかもしれません。また生前の友人の性格や言動は、日ごろ自分でも気づいていなかったようなあなたの言動を端的に表していることもあります。もし気になるところがあったのなら周りとの関係を見つめ直すきっかけにしてみると良いでしょう。

昔の友達と付き合う夢の意味

あなたの人間関係への本音を暗示しています。もしこの夢を見たなら、新たな人間関係を築くことへの不安がある証です。本来であれば一歩を踏み出したいのに、なかなかそうすることができない本音が見て取れます。一方この夢には、あなたの迷いも暗示されています。現状のままでいいのかという葛藤が見える構図です。旧友に特別な印象を持っていなければ、実際の交際と結びつける必要はありませんが、対人関係を見直す必要はあるでしょう。尻込みしてしまっているなら、勇気を出して一歩を踏み出すことも重要です。本音をうまく表現できるようになれば、周囲からの評価も一気に改善していくでしょう。

昔の友達と喧嘩する夢の意味

昔の友達と喧嘩する夢には「対人関係のトラブル」の暗示があります。これは自信が孤立していることであったり、相手への信用を失う出来事や自分がミスを認めなかったりしたことが背景にあります。現在ではトラブルがありつつも周りからのフォローで成り立っている側面があり、それが未来で様々なところで充実する結果となる事になりますが、相手に負担をかけていることに気付いていない為問題につながることも示唆しています。注意すべき点としては相手のフォローに胡座をかかない事と、思いやりを持って相手に対応し過去の信用をなくした点を取り返す行動が必要です。

昔の友達に嫌われる夢の意味

昔の友達に嫌われる夢は「コンプレックスを抱えていること」を暗示しています。 夢の中で「暗いから」「優柔不断だから」など嫌われる理由がはっきりしていましたか?それがそのまま自分自身のコンプレックスにあたります。今あなたは人間関係において、コンプレックスが障害になり積極的になれないのではないでしょうか。 この夢を見たあなたは、おそらく今の自分を変えたいと思っているでしょう。しかしコンプレックスは素晴らしい長所にもなり得ることを忘れないで下さい。あなたが自分を卑下せず前向きな気持ちさえ持てば、コンプレックスを克服し生まれ変わることも、受け入れて対人関係に活かすことも、いずれも可能なのです。

昔の友達と偶然再会する夢の意味

昔の友達と偶然再会する夢を見た場合、それは「問題解決の糸口が見つかること」を暗示しています。 あなたは今、対人関係において悩みやトラブルを抱えているようです。この夢は、思わぬところから問題解決のヒントをもらえることを表しています。ただしあくまで「偶然・バッタリ再会する」というシチュエーションがポイントとなります。 偶然会った友達が、あなたにはない明るさや前向きさを持つ人だったら、その姿勢を見習うことであなたが抱えている問題の解決が早まるかもしれません。この夢を見たら、懐かしい友達の良いところをたくさん思い出してみてください。

嫌いな昔の友達が出てくる夢の意味

嫌いな昔の友達が出てくる夢は、「あなたの精神的な成長」を暗示しています。 夢の中でその人と和やかに接していたら、その人との嫌な思い出も完全に過去の出来事として断ち切っており、今のあなたが嫌いな人ともうまくやれる精神的な余裕を身につけているということを表しています。いっぽうその人に対し不快な印象を持ったなら、まだわだかまりが残っているのかもしれません。 後者だったとしても気に病む必要は全くありません。あなたは前を向き、今の人間関係を大切にしてください。現在の人間関係が充実していれば、何よりそれがあなたの精神的成長を物語っているからです。

同性の昔の友達がでてくる夢の意味

あなたの現状への認識を暗示しています。もしこの夢を見たなら、今置かれている状況に満足行っていないとの証になります。とりわけ、友人との関係や、交友関係に不満があり、改善したいという思いが見て取れます。一方この夢には、現実への不安や迷いが暗示されてもいます。どうするべきか結論を出せないから、昔の友達に思いを巡らせている構図です。もちろん、過去の楽しい思い出を振り返るだけでは根本的な解決にはなりません。不平を人にぶつけるのではなく、積極的に周囲との交流を深めていきましょう。相手への真摯な思いを持ち続けていれば、不安が解消するほどの良い関係を築けるでしょう。

昔の友達と仲良くしている夢の意味

昔の友達と仲良くしている夢を見た場合、それは「現在の人間関係への不安」を暗示しています。 一見良い夢に思えますが、実はこの夢、あまり前向きな意味を持ちません。今あなたは自分を取り巻く人間関係に不安や迷いを抱えているのではないでしょうか。昔の友達は現在のあなたを知らないわけですから、今抱えているコンプレックスや不安を包み隠して、表面上は笑い合っていられるのです。しかしあなたが現在の自分にきちんと向かい合わない限り、状況は何も変わりません。 現在の自分を変えたければ、勇気を出して自分から心を開いてみましょう。きっと今の環境でも充実した人間関係を築くことができますよ。

昔の友達を助ける夢の意味

昔の友達を助ける夢を見た場合、それは「あなた自身が誰かに助けてもらえること」を表します。 あなたはいざという時、自分の損得関係なく誰かを助けることが出来る優しさを持っています。現実でも昔の友達が苦境に陥っていたら、おそらく助けに入るでしょう。この夢は、あなた自身が困難に陥った時、周囲の誰かが援助してくれたり協力してくれることを意味します。 現在1人では解決が困難な問題を抱えているのではないでしょうか。誰かに助けを求めたい気持ちがこの夢を見せたのでしょう。たまには自分から人を頼ってみても良いのでは。あなたの周囲の人はきっと快く応じてくれるでしょう。

昔の友達と旅行にいく夢の意味

あなたにとっての影響力の強さの暗示です。もしこの夢を見たなら、夢に出てきた友達から、強い影響を受けている証となります。現実的には疎遠になっていても、行動や思想などに関しては影響されている現実があります。一方この夢には、現状の人間関係への不安も暗示されています。信頼し切れていないからこそ、過去の経験にすがる構図があります。もちろん、影響を受けていること自体は悪くはありませんが、依存し過ぎると結局は自分の可能性を狭めてしまいます。場合によっては区切りをつけることで、自分の新たな可能性を見出していけるでしょう。

昔の友達に会いにいく夢の意味

昔の友達に会いにいく夢を見た場合は「対人関係の不安に向き合おうとする姿勢」を暗示しています。 あなたは、自身が抱えている対人関係の問題を、どうにか解決したいと考えているという心理が現れています。 しかしながら、どのように解決すれば良いのかわからないと迷っているのではないでしょうか。 そんな時は夢で現れた昔の友人に、現実世界で会いに行き相談するする事で、なにか改善策が見えるかもしれません。 また、夢の中での友人の様子や会話にも着目しましょう。今の自分も気づいていない解決策が見つかるかもしれません。

昔の友達に同窓会に会う夢の意味

あなたの人間関係の実情を暗示しています。もしこの夢を見たら、対人関係はかなり良好という証になります。依存し過ぎることなく、かと言って疎遠にもならない、絶妙なバランス感覚を発揮できていると見て取れます。また、この夢は、新たな出会いの暗示を含んでもいます。不安や迷いがないからこそ、人と接することができる構図があります。非常に運気としては良い流れにあるので、水を差さずに継続していきましょう。かねてから親交のあった人との距離を縮めるにもベストな状況と言えます。親しい中でも礼儀を忘れることがなければ、対人関係はますます豊かなものになっていくでしょう。

昔の友達とデートする夢の意味

交友関係の過去と現状を暗示しています。もしこの夢を見たなら、あなたはその友達に対して、強い思いを残しているとの証になります。単なる友好関係ではなく、恋愛に近い感情を持っていたと見て取ることができます。ただ、その一方で将来への懸念を示す夢でもあります。不安があるからこそ、昔の未練にすがってしまう構図です。もっとも、旧交を温めるのは悪いことではありませんし、思いにフタをする必要もありません。将来に目を向けることも重要ですが、未練が残っているようなら改めて思いを口にしてみても良いでしょう。いずれにせよ、相手への真摯な思いがあれば、良い結果に近付くことができるでしょう。

昔の友達とキスする夢の意味

過去に対する出来事についての暗示です。もしこの夢を見たら、あなたは過去に、何らかのやましいことをした記憶があるとの証です。昔のことだからと公言もできず、できれば黙っていて欲しいとの思いが見て取れます。またこの夢は、現状の不安も暗示しています。露見するのが怖いからこそ、口止めに走ってしまう構図があります。もっとも、自分だけでなく他人までが知っていることを、完全に隠し通すのは簡単なことではありません。口止めをしてもうまくいくものではないので、堂々としていた方が賢明でしょう。潔く、過去と向き合う態度を示すことができれば、長期的には周りからの評価の向上にもつながっていくでしょう。

昔の友達と性行為する夢の意味

あなたの現在の心境を暗示しています。もしこの夢を見たなら、現在の人間関係の行き詰まりの証となります。そのために、かつて親しくしていた友達から、活力や頑張れる根拠をもらおうという心境が見て取れます。一方この夢には、今後に対する懸念の暗示もあります。懸念があるために、かつての親しい相手に依存してしまう構図があります。とは言え、関係は常に変わっていくものですから、特定の人にすがってもメリットは多くありません。精神的に自立できるだけの強さが重要になってきます。力強さを前面に出していけば、周囲からの高い評価を得られるでしょう。

昔の友達に告白する夢の意味

あなたの本当の思いを暗示しています。もしこの夢を見たなら、本心ではその旧友のことを心底から好きだったという証になります。しかし、恥ずかしかったりで言い出せなかったことを、公開していると見て取れます。一方この夢には、感情的なぶつかり合いも暗示されています。本心を述べなかったことで、わだかまりが残ってしまった構図があります。もっとも、少し関係が遠くなり、しがらみがなくなったことで、本音を自由に述べられる部分もあります。遠慮する必要はありません。少々タイミングが遅れたとしても、素直な思いを口にすることができれば、より良い人間関係のきっかけになるでしょう。

昔の友達に無視される夢の意味

他者との関係への印象を暗示しています。あなたは対人関係にかなりの不安を抱えている証となります。根拠のない不安が夢になって現れるほど、明確になっていると見て取れます。一方この夢には、人間関係が好転していく暗示が含まれてもいます。特に疎遠だった人との仲が深まる構図が見えます。とは言え、状態としては良好ですから、不安に振り回される必要はありません。かつての交流を復活させるなど、小さなきっかけからでも、一つ一つ丁寧に段階を進めていくことができれば、予想以上の素晴らしい人間関係を築くことができるでしょう。

昔の友達に叩かれる夢の意味

過去の友達の変化を暗示しています。もしこの夢を見たら、あなたが接してきた友達に変化があるとの兆しになります。あなたとのトラブルなどがきっかけで大きく成長し、見違える状態になっていることが見て取れます。一方この夢には、今後の付き合いの不安も暗示しています。かつて問題が起きたことが、心に引っかかってしまっている構図があります。もっとも、トラブルをバネに成長していることは間違いないので、それに伴って関係も変化させていくことができます。成長した相手への敬意を忘れなければ、お互いを認め合う、理想的な間柄になれるでしょう。

昔の友達が笑顔な夢夢の意味

昔の友達が笑顔な夢を見た場合、それは「現在の人間関係が好調であること」を表しています。 夢の中に出てくる人の笑顔が印象的なのは、あなたが心身ともにコンディションが良く、前向きであることを示します。昔の友達が夢に登場する場合、現在の人間関係を象徴しているので、今あなたは人間関係に満足し、毎日が充実しているのでしょう。もし、今対人関係でトラブルや多少の不安要素があっても、状況が好転し、問題が解決に向かうことを、この夢は暗示しています。周囲の人を大切にし、感謝を忘れなければ、良い運気がずっと継続するでしょう。

昔の友達が泣いている夢夢の意味

昔の友達が泣いている夢を見た場合の意味は、「人間関係で辛い思いをしている」ことを、暗示しています。今現在、人間関係が原因で、悲しい思いをしたり、辛い気持ちになっている状態を、表しています。このまま、一人で深く思い悩んでいると、自分を追い詰めて、ますます辛い状態になってしまいます。精神的な辛さは、いずれ体調面にも影響を与えてしまいます。この手の、人間関係の問題は、一人でどうにかしようとするよりも、その問題とは全く無関係の人に相談したほうが、突破口を見つけることができるでしょう。問題を静観している友人や知人に相談し、問題の解消に努めましょう。

昔の友達が有名人になる夢の意味

昔の友達が有名人になる夢を見た場合の意味は「他人に負けることの不安」を、暗示しています。成功したいという気持ちが、非常に強い状態です。野心が強く、なんとしてでも成り上りたいと思っており、それ故に、周りが自分に追いついているのではないか、あるいは周りに負けてしまっているのではないか、と不安を感じているのです。しかし、周囲のことを気にしすぎて、自分のペースを乱しています。ライバルがいることで、やる気が出てくる、ということは、確かに良くあることです。ですが、今の自分は、負けることを気にしすぎです。気にしすぎて何も手がつかなかったり、逆に頑張りすぎて体を壊してしまうことも、考えられます。自分のペースで、しっかりと努力をしましょう。

合わせて読みたい