手相

KY線の見方|特徴別に解説するビジュアル手相占い

最近注目を浴びた相として「KY線」がありますが、文字通り空気が読めなく自分勝手で天真爛漫というイメージが強いです。しかしこの線が持つ意味には悪い相というよりもむしろ良い面の方が多くあり、その特徴を活かすと幸せを引き寄せることができます。
空気を読まずに、言動をおこしたり、突拍子もない行動もとるので、捉え所のない人ですが、それ故に大きな成果も挙げていくのです。ここではこの相の基本的な位置やその意味と、他の線との関りを詳しく説明していくので、じっくりとご覧になって下さい。

KY線の基本の位置と意味|見るべきポイントを解説

基本KY線とは線の名前ではなく、線の状態のことを言い、一般的にはくっついている頭脳線と生命線の端が離れている状態のことです。この状態の相の人は他の人が理解できないような行動をとったり、自由で天真爛漫な生き方をする人になります。
KYとは”空気読めない”の略であり、パッと見イメージが良くない感じがしますが、悪いことばかりではなく良い面も多くあります。ただ少し前と全く意見が変わったり、考えより先に行動してしまう性格に周りが振り回されることとなるのも事実です。

線の位置と一般的な形状・長さ

多くの場合は第一火星丘あたりでくっついてはじまる頭脳線と生命線ですが、ここが離れている状態がKY線と言われるものとなります。意味や役割として自由であり天真爛漫ということや、場の雰囲気よりも自分の考えや行動を優先するという特徴があります。
生命線の状態や濃さや形状、頭脳線の状態や濃さや形状により、意味合いや役割が変化しどのようなことを示しているかが変わります。その役割でなぜ回りの空気や雰囲気を読まず、自分勝手な行動をとるのかに様々なパターンがありそれによって対処法が違います。
また離れている間がどのくらい広いかにより、頑固さやどのようなバランスで自分に重点を置くかを見ることができます。そのネーミングからネガティブに捉えられがちですが、好奇心旺盛であり、自分の信じた道を突き進むことが出来る良い面があります。

線の見方|長い場合・短い場合

KY線とは線の名称ではなく、線の状態のことをいうので他の手相の線ではあるような長さや短さの観念はありません。頭脳線と生命線の端がどのくらいの隙間があるかである程度の判断をしていき何を示しているかを見るようにします。
この隙間が長いほど、より自我が強く、自分中心の行動や言動が多くなり、短いほど回りに配慮できる行動が取れるということです。多くの場合は意識的に空気を読まないのではなく、無意識のうちにそのような行動になる特徴がありますが、短いと多少は意識できます。
組織や集団では、上手く行かないことこもありますが、マイペースな性格や個性的な性格はある種、武器でもあり才能です。それを生かすことが出来る環境に身をおいたり、作り上げることができると一気に頭角を現し成果を手に入れることが出来ます。

線の見方|線が濃い場合・薄い場合・ない場合

濃さ薄さはどちらの線の濃さ薄さがあるかでその意味は変わりますが、基本的には頭脳線と生命線の見方をすれば良いでしょう。基本線なのでほとんどの場合無いということは少ないですが、状態や運気の流れが良くない時には薄くなります。
頭脳線が薄い場合に考えられるのは、精神的や身体的な負担で思考が鈍くなっている可能性などを示唆しています。仕事で体力的に厳しい状態であったり、ストレスなどが大きく負担になっていてそれが負担の原因となっています。
生命線が薄い場合も同じく、なんらかの原因により生命力が落ちていることが考えられるので早急に対処が必要になります。こういった低下は、現実的に上手くいかなくなるだけではなく、悪運を引き寄せやすい状態になるので注意が必要です。

線の見方|右手と左手の違い

一般的に手相では利き手で現在と未来の状態や何を示しているのかを判断し、利き手とは逆の手で過去や潜在的なものを見ます。利き手がこの状態の場合は、現在の自身の状況がそのような状態であることを示しており、周囲にもそのように思われています。
逆の手だけこの状態の場合は、潜在的に頑固な面を持っていますが、ある程度の調和を図ろうとするためストレスが多くなります。この場合、どちらが自分にとって良い状況を生み出すかの判断は難しいところになりますが、ある程度の自己主張は必要です。
自己実現の為にはある種の頑固さやわがままさも必要な時があり、周りを気にしすぎると自己をつぶしてしまうことになります。そのきっかけとなる性格や人間性は持ち合わせているので、才能や運を活かして幸福を引き寄せてほしいところです。

KY線が両手にある時の意味

KY線の状態が両方の手の場合は、周囲に変わったキャラクターと思われるような人間性となり、自由奔放な生き方をしています。とても偏った性格の場合が多く、とても頑固で状況を無視した行動や言動が多くなるので、少し生きづらいと感じる場合があります。
また自身の考えや行動が、急激に変化することがあるのも特徴で、それに伴い行動も派手になることがあります。たとえば日本の文化を愛している人が急に欧米文化を取り入れたり、極端なミニマリストになったりなどが挙げられます。
このように両極端であったり、変化が急激なので、周囲がついて行くのは大変ですが本人にとってはあまりその意識はありません。しかし、一見このようなことはネガティブに感じますが、その行動から大きな発見をし、それが才能を開花するきっかけにもなります。

kY線を両手に持つ確率ってどれくらい?

KY線の状態になっている人の割合はおよそ5人から6人に一人位と言われており、確率でいうと2割くらいです。これが両手となるとさらにそこから約6人から7人に一人位といわれ全体から見ると3%から4%位と言われています。
片手となれば結構見ますが両手の場合は珍しい希少な部類に入るものであり、あまり見る機会が多くないといえるでしょう。どちらかというとそのネーミングからネガティブなイメージを持たれやすいですが、突出した才能を持つ場合も多くあります。
特にアスリートでは大勢の中から抜きにでるような才能を持つ人が多く、芸能関係やアーティストにも見られる傾向です。またその性格から、一つのことに集中して取り組むようなストイックさを見せて大きな成果を達成することが多く見られます。

KY線が切れ切れになっている時の意味

これは生命線と頭脳線のどちらが切れ切れになっているかでその意味と役割は変わり、どのようなことを示しているかになります。KY線の人は生命線が切れ切れになっている場合が意外と多く、その意味はあまり良くない暗示なので気をつけなければいけません。
一番懸念されるのは健康上の不調で、ストイックな性格故に心身ともに大きな負担がかかりそれが原因となっています。大事になる前にしっかり対処することが必要であるので、休息をしたり必要であれば病院へいくなどが必要です。
頭脳線が切れ切れになっている場合は、ストレスなどが原因となり精神が不安定になっているということを示しています。同じく休息をとることが必要であり、場合によっては脳の病気などの可能性もあるので、心配であれば診断してもらいましょう。

KY線とますかけ線が両方ある時の意味

希少であり大吉線である、ますかけ線とKY線の状態が共存する場合は、悪い相ではありませんが、激しい人生になりやすくなります。とても強運を持つのは間違いないですが、その反面運気の変動が激しくなり不遇な時期があることも多くなります。
またKY線の人が持つ、少し頑固で変わった性格などが災いとなり、一気に不幸な状態に陥ることもあるのです。しかしその境遇を乗り越えるだけの運や力はもっているので、辛抱して努力すると道は開けてくる場合がほとんどです。
このような場合は、人生が一変するような状況や環境になり、その反動で得た良運の助けもあり一気に成果を上げていきます。この二つの相がある場合は、どんなことがあっても自分を信じて地道に努力を重ねてじっと我慢することが大切となります。

島があるKY線の意味

生命線に島ができた場合は、生命力を司る運気の流れが非常に滞っているので健康や病気に関することに注意が必要です。せっかく持っている才能である集中力やストイックさが十分生かされず、せっかくの運気を逃してしまう可能性が出てきます。
現在異変を感じていなくても流れは悪くなっていることは確かなので、予め対処しておくなどが必要となってきます。頭脳線に島がある場合は思考や想像力が乱れてきていることを示していて、リラックスや休息が必要な示唆になります。
人とは違う唯一無二の想像力や、現状を打破するアイデアが生まれてきにくかったり、思考停止の状態になりやすくなります。原因はストレスや身体の疲れがあるので、一度普段とは違う状況をあえて作りリフレッシュと休息を考えて下さい。

枝分かれしているKY線の意味

生命線が二股に分かれている場合は、自身の行動や思考が、現実とチグハグになっていることを示してています。また良くない出来事が訪れる前兆でもあるので、心構えや事前の対処が必要であり、できればそうなる前に防ぐことが必要です。
その原因が自身の態度や行動、言動が原因と考えられるならば、それを改めることが悪い出来事を防ぐことになります。頭脳線の方が二股の場合は、現在の自分の生き方や考え方に迷いがあることを示唆しており、まだ成長途中ということを示しています。
自分を中心にして物事を考える性格ですが、他との関わりがきっかけとなり自問自答している状態ともいえます。しかしこの状態は良い運気になるステップといえる場面になるので、多少苦しいこともありますが是非乗り越えて下さい。

三又に分かれているKY線の意味

生命線が下向きに三又に分かれている場合は、体のエネルギーが足りていないことを示しており、SOSを発しています。孤独を感じることも多い性質があるので、人間関係のストレスに原因があるかもしれませんし、体力的なことの可能性もあります。
上向きの場合は精神の充実があり、エネルギッシュになっていることを示しているので、一気に行動を始めると成果がでます。頭脳線のほうが三又に分かれている場合は、複数の意味と役割を持っていますが、それぞれメンタル面の示唆になります。
現在の生活環境や仕事などで、たくさん興味がある項目があり、全てにおいて自分に取り入れたい状態になっています。またこの相がになっている人は多くの種類の才能を持つことを示しているので、ピンと来たものには挑戦するのも良いでしょう。

スター(星)があるKY線の意味

スター(星)がある場合には、良い出来事が舞い込む印になり、近い将来良い運気の流れになる前兆の手相です。特に一風変わった人間性やキャラクターを持っているので、その個性が認められて何かしらの結果を生み出します。
またこの時期に浮かんだアイデアや行動は、結果に直結しやすいので積極的に物事を考えたり行動すると幸運が舞い込むでしょう。意図していない幸運や、意識していなかった良運や仕事なども舞いこんでくる可能性もあるので、積極的に外へ出ると良いです。
頭脳線に出ていると、直観力が冴え渡っていたり、物事を吸収するには最高のタイミングと言えるので是非活用しましょう。習い事を始めたり、資格に挑戦するなど頭を使うことを始めると、さらに運気の流れが良くなり幸運を引き寄せることができます。

クロス(十字)があるKY線の意味

クロス(十字)は凶暗示の相となり、何かしらのトラブルを示すことになりますが、場所によっては良い解釈をすることもあります。頭脳線上に現れている場合は、判断力や想像力が働いていないことを示しており、良い面が埋もれている状態になっています。
慎重に行動したり、周りや自分と向き合うことも大切になるので、一度立ち止まり落ち着くことがとても大切になります。また頭や脳のケガ、病気に注意が必要ということを暗示しているので、心配であれば対処することが必要となります。
生命線上に出ている場合は病気やケガ事故などに注意することが必要なことを示しているので、落ち着いた行動をしましょう。また生命線下部の頭脳線との間のクロスは奉仕十字となり、慈愛の心や人のために活動する人が持つ相になります。

フィッシュがあるKY線の意味

あまり目にする機会が少ないといわれるフィッシュですが、大吉相となり現れると幸運の印となる相になります。また人生の転機となる時に現われやすく、ここで起きた出来事は必ず良い影響を及ぼすことになり、流れが良い方向に向かいます。
それは人との出会いかもしれませんし、仕事での出来事かもしれませんし、収入につながることかもしれません。それがどのようなことであれ、人生が幸福に向かっていくことになるので大いに期待して行動しても良いでしょう。
ただ全てが実感できるようなことというとそうではなく、気がついたらこの時の出来事がきっかけになったということもあります。よくよく考えてみるとこれがきっかけになり、物事が好転したとということも考えられるので何もおきなくても大丈夫です。

グリル(格子紋)があるKY線の意味

一部の位置を除いて凶暗示になるグリル(格子紋)が現れた時には、様々な面で慎重にならなければいけません。頭脳線上に現れた時には周囲からの妨害により、良さの一つである想像力や集中力が発揮できない状態になってしまいます。
その原因として自身にある場合と、周囲からの一方的な妨害が考えられますが、どちらにしても出来る対処を行いましょう。生命線上に現れている時は、何らかの出来事や周囲の妨害等で、自由な行動を阻害されることを示唆しています。
いつものように気にせず過ごしていると良運が離れていき、悪運の流れを引き寄せてしまうので慎重に対処する必要があります。それが過ぎれば自然とグリルは消えるので、そうなれば今まで通りに振舞ったり行動しても問題はなくなります。

スクエア(四角紋)があるKY線の意味

スクエア(四角紋)は転換、変化を意味しており、一時的な災いが起こりそれが転じてよい出来事を引き寄せるという暗示です。この相が現れた場合は、一時的に低迷する出来事やハプニングが起こりますが、それが転じて良い方向に流れが変わります。
つまり一度ネガティブな出来事が起こる可能性がありますが、落胆する必要はなく、乗り越えなければいけない壁と思ってください。KY線を持つ人は自由奔放さや頑固さが災いして、一時的に孤独になることもありますが、こういう時こそ自分が成長します。
どんな出来事が起きても、しっかりと状況を見極め、落ち着いた行動をとることが出来れば必ず道は開けてきます。そうすることができて、困難を乗り越えることができれば必ず運気は良い流れになり、幸運を運んできてくれることになるでしょう。

ky線を持つ芸能人・有名人

KYというとネガティブなワードに感じてしまいますが、成功を収めた、芸能人・有名人にはこの相を持つ人が多くいます。主に芸能界では「陣内孝則」氏「IKKO」氏「坂下千里子」氏、政界では「小泉純一郎」元首相「管直人」元首相です。
一見個性が強そうで、真の強さが感じられ、空気など読まず一つのことに直進するような人ばかりですが、見事な成果を挙げています。共通するのは、そのような強烈な人間性や特徴の中にも、周囲とバランスをとったり冷静な判断力を持つことです。
アスリートで有名なのは「浅田真央」選手が挙げられますが、KY線の持つ特徴が見事に結果に結びついたと言えるでしょう。まだまだ、多くの芸能人や有名人がこの線を持っていますが、その特徴を活かし見事に成果を挙げて幸福に結びつけています。

まとめ

KY線が持つ意味とその役割を紹介しましたが、その意味がわかると最初に持っていたイメージとは違う感覚に気付いたはずです。良い面も多くあり、自分で幸福を掴みにいくような場面ではむしろ有利になる特徴を持っているのがおわかりいただけたと思います。
もちろん、集団やチームなどの中に入るとその性格や人間性で浮いてしまいますが、それが個性であり武器でもあります。また経験や年齢を重ねるとバランス感覚がよくなり、欠点が少なくなる特徴もあるので、若い時期よりも中年期以降はさらに良いです。
また、一つのことを極めるようなことにはめっぽう向いているので、スポーツや芸能の世界では大きな魅力となるでしょう。物事には全て陰と陽のように全て二面性があり、そのバランスで成り立っているのでそのことを理解し、是非幸せを掴んで下さい。

合わせて読みたい