手相

二重生命線の見方|特徴別に解説するビジュアル手相占い

生きるためのパワーやバイタリティを表す生命線は全ての手の平に刻まれます。太くてくっきりした線が手の平に走るのは、健康に恵まれ、肉体・精神ともに頑丈で容易にへこたれないタイプ。自ら選択した生き方を貫くパワフルパーソンです。
生命線は1本のみ有るのが普通と皆さん思いますよね。しかし、手の平に2本の生命線が走る人も実は存在します。「二重生命線が有る人」です。大抵の人には無い2本目の生命線を「副生命線」と称し、1本目の生命線と区別するのです。
これは滅多にお目にかかれぬと同時に、尊ばれるめでたい相です。2本目の生命線は手の平のどこに出るの?生命線が2本も有るのはどういう占い結果になるの?そんな疑問を感じたのなら、どうぞこの記事で答えを見つけて下さい。

二重生命線の見方|基本的な位置と意味

生命線から遠からぬ場所に、生命線と似たようなカーブで走る目立つ線が無いか探してみます。もしも見つかったのなら、その線は副生命線です。もっとも、見つかる事は滅多に無いでしょう。非常に珍しい手相だからです。
生きるためのパワーが非常に強く、常人二人分に匹敵する程であるとさえ言われています。手の持ち主は病気知らずの健康体で、仮に病気になったり怪我をしたりしても、周囲が驚く程の回復力で前線復帰するのです。
立派な体格を備えたタイプが多いようですが、たとえ小柄でも、その外見ではほとんど想像もつかぬ程に心身そろって丈夫です。その上、身体能力が抜群に高く、周囲を圧倒します。スポーツ等で優秀な成績を収める事が多いでしょう。

短い線・長い線の意味

生命線で年齢を読み取り、人生の転機が何歳で訪れるかおおまかに予測出来るってご存知でしょうか。生命線の出発地点を0歳、先端つまり手首の側を100歳と捉えます。そのちょうど真ん中あたり、つまり二分の一の地点を40歳と読みます。
副生命線が長くなく、たとえば0歳地点より遠からぬ辺りにだけ出るのは、幼少年期又は青年期を精力全開、エネルギッシュに過ごせると占います。逆に生命線の中間より下の方に副生命線が出ているのは、中年期以降にアクティブに人生を楽しむ期間が到来するのを示すのです。つまり、生涯の一期間にパワーが漲って張り切って活動するのです。
パワフルなのは期間限定か、と落胆せずとも大丈夫。青年期に爆発的に頑張って結果を残し、あとは落ち着いた生活を送る。逆に、青年期に力を溜めておき中年期以降に成果を挙げる。どちらも素敵な生き方です。
さて、0歳地点から100歳地点まで到達するかと見える程に長く副生命線が走る人はどうかと言うと、幼少時より飛び抜けてエネルギッシュで明るく、年をとってもそのパワーを維持し続けるという事になります。

二重生命線がない時の意味

気にする必要は皆無です。手の平に二重生命線が有る等という事は滅多に起こらないものです。無い事がむしろノーマルです。自分の肉体を厳しく鍛えるアスリートや忙しく働く人に、気づかぬうちに副生命線が出てくるケースも無い事も無いとはいえ、まず起こり得無いと考えてよいでしょう。それくらい珍しい特徴なのですから。
スポーツで素晴らしい成績を残したいと考える人、しゃかりきに仕事を仕上げて、好成績を挙げようと考えている人。二重生命線が有れば良いのにと残念に思うかもしれません。
しかし、生命線がくっきりと出ていれば、健康体に恵まれている証拠なのだから、その一点を十分に喜んでよいのです。二重生命線の有る無しにだけ注目すれば、正しく占えません。手の膨らみや指の長短・手の色等を含めたトータルを見て判断すべきなのだから、全体をじっくり観察しましょう。

濃い・薄い時の意味

生命線及び副生命線、双方がくっきりと手の平の上で存在感を放っている時は、自他共に認めるパワフルパーソン。常に明るく前向きで、自分の意思を通すタイプです。
逆に生命線がぼんやり目立たない、又は副生命線がぼんやり目立たない(後者のケースがほとんど)時は、まだ思い通りの結果を出せていない状態。高い潜在能力を秘めつつも、心か体の一方又は双方に課題を抱えているのでしょう。
薄かった線がくっきり存在感を発揮してきたなら、心身共に充実してきたサイン。仕事がのっていたり、趣味のスポーツで実力が発揮出来たりするのはこの期間です。多少の無理がきくので、今まで興味はあったが実行をためらってきた事に挑戦するのもおすすめです。特に、スポーツ等に挑戦すれば、予想以上に上達して充実感を得られる事でしょう。

二重生命線の外側の線の意味

生命線の、お父さん指から遠い側、つまり手の平の中心に近い側に副生命線が走る人が稀に居ます。二重生命線の走る手の平自体、ちょっとやそっとの手相占い体験では出会えません。お父さん指から遠い側に副生命線が出ている手の平は希少な存在と表現するしかないでしょう。
この手の平を持つタイプはずば抜けてパワフルで長寿です。エネルギッシュに生涯を駆け抜け、しかも年をとってもエネルギー切れせず、若者をしのぐ勢いで活躍します。圧倒的なパワーで周囲を引っ張るのです。
お父さん指から遠い側に出る副生命線は、運命線と混同される事が有ります。運命線は手首を出発してお兄さん指に向けて走る縦の線です。分岐した運命線の先が副生命線に成ったり、1つの線が運命線と副生命線を兼ねたりするのは、自分の運命を貪欲に切り開く吉相です。

二重生命線の内側の線の意味

先程のケースとは逆に、副生命線が生命線よりお父さん指に近い側、つまり金星丘辺りに走るケースです。二重生命線が有るといえば一般的にこちらのタイプとなります。
先程の項目の該当者と比べるとパワフルさこそ劣るとはいえ、周囲と比べれば断然エネルギッシュです。尚且つ常識的で、家族や仲間と上手に協調出来るタイプといえます。まっすぐな性格で、脇目も振らずに一事に集中して取り組み、成果を上げていきます。
仕事やスポーツに限った話では無く、人間関係においてもまっすぐです。相手の世話を焼きながら信頼関係を築きます。ただし、世話焼きの度が過ぎる事もしばしば。相手があなたのパワーに圧倒されて萎れない程度に距離を保った方が良いかも知れません。

枝分かれしている二重生命線の意味

それが生命線で有ろうと副生命線で有ろうと、枝が伸びるように線が別れる手の平には、以下で説明する2つのいずれかに該当すると考えて下さい。
1つは、別れの生じた箇所の示す年齢でパワーが落ちる暗示です。生命線の末端近くで別れる事即ち、さすがの頑丈な肉体も晩年に衰える事を示します。
残り1つは、旅行や放浪の暗示です。生命線から細く短い線が別れていたら、旅行好きでか放浪癖が有るという事。別れた線が太く力強く、勢い良く月丘に流れ込むのは、単なる旅行好きに留まらず、日本を離れた海外での活躍を予告しているのです。
どのケースに該当するやら判断するには、線の流れを良く観察しましょう。別れた先もくっきり濃い線が流れるのなら、心身のコンディションを案ずる必要は有りません。逆に別れた先の流れがければ、若年時から摂生しましょう。

三又に分かれている二重生命線の意味

先程のケースより更に複雑な、三又に別れるケースが有ります。これも線の流れによって占いの結果は異なるのです。
三又の生命線の分岐が大きく、三又の線の全て力強くてよく目立ち、先端に向けてすっきり伸びる。これは多方面で華やかに活躍し続ける手相です。世の中のあらゆる事が興味関心の対象で、どんどんチャレンジしサクセスを収め、生活を多角的に経営出来る能力に恵まれます。
次に説明するのは、三又の分岐が大きいが、線がぼんやりしており目立たないケースです。移り気にあれこれ手を出すけれど、優柔不断でどうも結果を残せぬ予告です。決断力を高め、自信を持って行動していけば、運気は好転するでしょう。
分岐が小さく、手の平でほとんど目立っていない三又は、疲労線と呼びます。これは心身共に疲れを溜めた証拠。いくら日頃タフでパワフルな事を自慢していても、時々ゆっくり休んで下さい。

スター(星)がある二重生命線の意味

3本の線が交差した物をスター(星)と呼びます。稀に子どもの一筆書きの如き星が手の平に描かれているのを発見しますが、それもスター(星)の一種と捉えます。
これはチャンス到来のサイン。迷う感情が消え、自分自身で選んだライフプランを力強く進む事が出来るのです。スムーズに進まずこれまでは困惑するばかりだった事柄が一挙に解決します。
星は手の平のどの場所に出てもラッキーの印と捉えて尊ばれますが、その場所が生命線だったのなら、暗示の内容は重大です。
生命線は生きるためのパワーやライフスタイル、ライフプラン、むしろありのままを反映する、手相の中でも特に大切な線。ここに星が出るのはあなたの心身や思考が大きく変化する事を予告しているのです。恐れずに新たな自分を受け入れてごらんなさい。きっと思いがけない幸せが訪れる事でしょう。

クロス(十字架)がある二重生命線の意味

生命線の上に×のようなクロス(十字架)が有るのは、良くない兆候です。先程説明した、3本の線が交差したスター(星)と似ているがゆえに吉相だと糠喜びすることも有るのですが、ご用心を。生憎ながら真逆の占い結果と成ってしまうのです。
例えば、十字架が出るのが生命線のみで、副生命線は十字架無しですっきりと流れている。これは副生命線が運勢をサポートする事を説明しており、深刻な心配は無用です。生命線と副生命線の双方に十字架が乗る、あるいは双方にまたがる十字架が出る時は要注意。病気知らずで通ってきたのに、急に体調を崩す、思わぬ怪我をするのがこの期間です。
常人離れしたパワーを生まれもって授かっているとはいえ、無茶が過ぎたり、度の過ぎた不摂生な生活を続けたりしたら、さすがの体も悲鳴を上げるでしょう。この期間を1つの転機と捉えて、オーバーワーク気味の心身をゆっくり休ませてあげましょう。

フィッシュがある二重生命線の意味

逆向きに膨らみを持つ2本の弧を合わせると、魚(フィッシュ)の形になりますね。二重生命線にお魚さんがついているのは、いずれ訪れる大きなチャンスを教えてくれています。
魚の出る場所で幸運期を特定出来ます。生命線の2分の1辺りの位置に魚がくっつけば、40歳頃にラッキーに出くわすでしょう。
この期間は心身共に尚一層強靭になります。パワーアップの結果、予想外のラッキーな事件にぶち当たる好循環に突入します。戸惑う事や立ち止まる事無く行動して、生涯における大きなチャンスをモノにして下さい。驚く程の成果が返って来ます。

グリル(格子紋)がある二重生命線の意味

二重生命線の上に網目模様のグリル(格子紋)が乗っかるのは残念ですが良くない兆候です。格子紋は線の持つパワーをマイナスに転換する働きが有ります。普段いくらパワフルでエネルギッシュでもこの期間には思わぬ不調が浮上します。
格子紋の登場は、身体面・精神面の双方に負担を強いられる事を予告します。有り余るパワーで課題をクリアした実績の有る自信家も、この期間は無理を避けるのが安全です。心身の不調以外に、これまで難無く進められた事柄が滞り始める等、嬉しくない事に見舞われます。
格子紋の出る場所によって生涯のどの段階でこの難局が訪れるかを察知することが可能です。とは言え、例えば生命線のみ格子紋が乗っかり、副生命線はくっきり美しく走っていれば、副生命線が運気を支えてくれる証なので、安心して下さい。

スクエア(四角紋)がある二重生命線の意味

線の途中に四角形や井の字が乗っかる・線に四角形や井の字がくっつくのを見かける事が有ります。この四角紋は、吉相と言えば吉相、凶相と言えば凶相、一概に断定出来ぬ性格です。この相が出る期間はピンチに見舞われるものの、危うくそれを乗り越えられる事を予告しています。
定期検診で病気が見つかったが、早期発見だったために助かった等をこの期間に経験するやも知れません。また、体調が一時的に悪化したけれど、それが日頃の生活を反省する契機になるケースも有るのです。
頑丈な体を過剰に自慢する事無く、自らを顧み、他者を思いやる心を持てる事となるのが四角紋の出る期間ではないでしょうか。
四角紋の場所によってピンチの到来が予測可能です。普段の実力を発揮出来ない試練の期間を忍耐強く乗り切って下さい。

まとめ

二重生命線の有る手の平にはほとんどお目に掛かれません。常人離れしたエネルギーが有り、心身共に強靭です。潜在能力フル稼働で、しゃかりきに生涯を突っ走り成果を挙げます。
だからと言って無理し過ぎるのは良くないのです。十字架や格子紋が線に乗っかったら、一旦立ち止まって、しばし休む事をおすすめします。普段は病気になりにくいからこそ、いざ病を得た際の対処法がわからないものです。病気になる前の段階で小休止すれば、持ち前の回復力でパワーはすぐにチャージされます。再び走り出すのはその後で良いのです。
ひたむきで前向き、積極的なあなたは世の中を明るくします。自分の力を信じて、自分だからこそ出来る事を成し遂げていって下さい。

合わせて読みたい