夢占い

小学生の夢は【不満】の暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

小学生の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

小学生の夢は「不満」を表しています。
小学生はまだまだ幼く成長前なので、コミュニケーションが稚拙で相手へ自分の考えが上手く伝えられないことがよくあります。体も小さく、経済力もないため不満を解消する術がありません。おもちゃ屋さんで「あれ買って~」と号泣する小さい子を、皆さん一度は目にしたことがあるでしょう。自分も昔そうだったという人も少なくないはずです。
加えて、まだ自分ひとりでは出来ることが少ないため、自分の欲求を不満としてしか発散させることができません。小学校、そしてクラスで同級生と過ごすことによって、幼い頃には無かった様々な感情が生まれてくることが反抗期に繋がるのです。
このことから小学生は夢占いにおいて「不満」の象徴とされます。

小学生の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

小学生の夢に対して抱いた印象や感情は、あなたが不満を感じた時の捉え方を暗示しています。
小学生に対して、騒がしいなどマイナスの感情を持ったとすれば、あなたは不満をネガティブに捉える傾向にあるということの表れです。あなたはその場の雰囲気を和ませるのが得意なようです。そんなあなただから自分が不満を言ったら雰囲気が悪くなってしまうと不安なのでしょう。
逆に、小学生に対して元気いっぱいなど、プラスの感情を持っているのであれば、あなたは不満があってもそれをポジティブに考える傾向にあることを表しています。

小学生の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

小学生の夢の様子や場面はあなたが今何に不満を感じているかを表しています。
例えば、小学生と遊んでいる場面を夢に見たのなら、最近疲労が溜まってきているという ことを表しています。仕事や責任が無い小学生と一緒に遊んでいるのは、自分も休みたいという気持ちの表れです。
他に、自分が小学生になっている夢だったのなら、自分の力を存分に発揮できていないと感じているということを示しています。周囲を気にして自分らしさを出せない状況に不満を感じて、周囲を気にせず好きにやれていた小学生の頃を回顧しているのです。

小学生の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

小学生の夢に誰が登場していたのかということは、不満を解消する方法を示しています。
登場人物が自分の小学生の頃の知り合いだった場合、過去が鍵を握っているということです。昔、同じような状態に陥ったことがあるのかもしれません。
逆に今の知り合いが出てくる夢だったのなら、既に不満を解消するための方法はあなたの中にあるということです。今あなたがやりたいことをやれば良いのです。自分の心の声に耳を傾けてあげましょう。

合わせて読みたい