夢占い

会う夢は【メッセージ】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

会う夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

会う夢は「相手とつながっている」「メッセージ」を象徴しています。
会うという行為は何か理由あってのことです。確認したいことがあるから、一人だと寂しいから、時にはただ会いたいという気持ちそのものが理由になることもあります。
どんな理由にせよそこには、相手と通じたいという気持ちが多かれ少なかれあります。そのことから夢占いでは会うという行為は「相手とつながっている」ということの象徴とされます。
また、会って相手に何かを伝えたいという思いも、会うという行為には含まれますのでそれを夢に見るということは何かのメッセージであることもあります。それは天からのお告げかもしれませんし、あなたを密かに思う人からの念かもしれません。

会う夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

会う夢に対して抱いた印象や感情は、あなたの人間関係を暗示しています。
誰かに会っている夢に対して、めんどうくさいなど、マイナスの感情を持ったとすれば、あなたは人間関係に疲れてきているのかもしれません。会うのが嫌と夢の中で思っているのであれば、相手とつながっていることが嫌と、あなたが感じていることがそのまま夢の中に表れているのです。
逆に、会う夢に対して楽しみでワクワクするなど、プラスの感情を持っているのであれば、今のあなたはアクティブで人間関係を深めるには良い時期だということを表しています。

会う夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

会う夢の様子や場面は、メッセージを表しています。
例えば、待ち合わせなどをしていてあなたが待たされている場面を夢に見たのなら、あなたが誰かからのメッセージを心待ちにしていることを表しているのです。
それは仕事の連絡かもしれませんし、好きな人からの返事かもしれません。夢に見るまでに強い思いを抱いているということなので、対処が必要でしょう。
逆にあなたが誰かを待たせている夢だったのなら、誰かがあなたからのメッセージを待っているということを示しています。
もし片思いをしているのなら、その相手はあなたの思いに薄々気付いているのかもしれません。この夢はあなたからのメッセージを待っているという暗示ですので、勇気を持って関係を進展させるチャンスというお告げです。

会う夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

会う夢に誰が登場していたのかということは、   を示しています。
あなたがよく知らない相手と会っている夢であったのなら、あなたは最近軽率になっているというお告げです。今の人間関係を大事にした方が良いということです。もしあなたが今の環境を苦手と思っていても目を向け直せば、良いところが見つかるかもしれません。
逆によく知った、仲が良い相手と会っている夢だったのなら、今のあなたは順風満帆ということです。
また、大人数で会っている夢であったのなら、今のあなたは恋愛運よりも友情運がアップしてきているというお告げでもあります。

合わせて読みたい