夢占い

吊橋の夢は【試練】の暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

吊橋の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

吊橋の夢は、「試練」や「不安」、そして「ラッキー」を暗示する夢です。
吊橋というと、ぐらぐらした橋だというイメージがないでしょうか。そんな吊橋を渡るのには少し勇気が必要な場合もあるでしょう。またそんな吊橋を渡りきれたらほっとしたり、ラッキーだと感じたりするかもしれません。
ですから、夢の中の吊橋にも、そうしたものに挑戦するという意味の「試練」やぐらぐらした土台に対する「不安」といった意味があるのです。吊橋を渡る時には、吊橋がぐらぐらすればするほど、不安を感じるのではないでしょうか。ですから吊橋が揺れれば揺れるほど、不安が大きいことや、試練が大きなものであるということを示します。
それでは吊橋の夢について、具体的にどのように読み解くものなのかを、ポイント別にご説明していきます。

吊橋の夢を読み解く3つのポイント(1):印象・感情

吊橋の夢を読み解くには、吊橋に対してどういう印象を持ったのか、どんな感情になったのかに着目してみましょう。
吊橋に対して、怖いと感じたり危なそうだと感じた場合は、あなたの目の前にある試練やあなたの抱える不安が大きなものだという意味になりますが、さらに渡れない気持ちになった場合は、その試練をあなたが乗り越えられないことや、不安が的中してしまうことを意味します。
しかしもしも安全そうだと感じたり、渡りたいと思った場合は、意外とあなたが試練を簡単に乗り越えたり、不安を払拭できたりすることを暗示しています。

吊橋の夢を読み解く3つのポイント(2):行動・場面

吊橋の夢での行動や場面も思い出してみましょう。
例えば吊橋を実際に渡る夢は、あなたが試練や不安にしっかり立ち向かおうとしていることを意味します。渡りきれた夢は、いずれはそれを乗り越えられることの暗示です。吊橋をかなり簡単に渡りきれたり、とても安定した吊橋だった場合は、あなたの身に何かラッキーなことが起こるでしょう。
また吊橋の位置が高かったり、どこか山奥だったりすればするほど試練が大きなものであることを意味し、低い吊橋や周囲に物がたくさんあればあるほど、試練がそれほどでもないことを意味します。

吊橋の夢を読み解く3つのポイント(3):登場人物

吊橋の夢を読み解く3つめのポイントは、周囲に誰かいたかどうかということになります。
もしも1人だった場合はあなたが試練や不安に1人で立ち向かわなければならないことを意味します。しかし周囲に誰かがいた場合は、周囲と協力して試練や不安を乗り越えることの暗示となります。
ただし吊橋の夢で誰かに吊橋を揺らされたり、落とされたりした場合は、誰かがあなたの行く道を邪魔をしてくるということになるので、注意が必要です。

吊橋から落ちる夢の意味

吊橋から落ちる夢は、あなたが試練を乗り越えられず挫折してしまうことを暗示しています。 現在あなたが目指していること、叶えたいことに対して自信を持てなくなっている状態。想像していた以上に苦しい試練や解決しがたい問題を抱えているでしょう。そうした現状に対して、意欲が薄れていることを意味します。 今はどうあがいてもあまり良い方に物事は進みません。一度、試練に向き合う自分の心の状態を整える必要があります。 しかし、吊橋から落ちて死んでしまった場合、再生のチャンスがやってきています。一度すべてをリセットし、最初からはじめてみることで、新鮮な気持ちでスムーズに進められますよ。

吊橋が壊れる夢の意味

吊橋が壊れる夢は、運気が停滞し、その末に大きなトラブルに見舞われることを意味します。 これまで築いてきたものが壊れたり、対人関係の縁が途切れることを暗示していますので注意が必要です。 特に大切な人との関係において、誤解やすれ違いから関係が悪化することも考えられます。関係悪化はあなたの何気ない言動やこれまでの行いが原因となりますので、特に注意しましょう。 今は運気も気分も重たくだるく感じます。自分を労わる時間を優先して作るようにしましょう。自分自身をメンテナンスして整えておくことで、トラブルはある程度回避でいます。

吊橋から飛び降りる夢の意味

吊橋から飛び降りる夢は、あなたに大きな決断が迫っていることの暗示です。その決断とは今後の人生をも左右するものであり、まさに試練そのものだともいえるでしょう。 運気はかなり良い状態にありますので、勇気ある決断の末に運気は上り調子へと変わっていきます。目を逸らさずに迫られた決断に真剣に向き合えば、あなたの思い通りに物事が運びやすくなります。 過去の自分に縛られず、今目の前にある物事の集中して全力で考えてみてください。過去を振り返るよりも、未来を見据えて希望ある選択をする方が、あなたの決断は良い結果へと繋がります。

吊橋から人が落ちるのを見る夢の意味

あなたの置かれた現状を暗示しています。この夢を見たら、あなたが今、かなり難しい状況に直面しているということの証です。客観視しようとはしているものの、それでも恐れを抱くほどに難しい状況と見て取れます、一方この夢には、チャンス到来の暗示も含まれています。南極を乗り越えれば必ずチャンスがやってくるという構図です。あらゆるところから情報を仕入れ、鋭敏に対処し、全力を投じていくことで、少しずつ目標達成に近付いていきましょう。そうすれば、実力がアップするのはもちろんのこと、今後もっとも重要な他者からの評価も得られるはずです。

吊橋を渡るときに人とすれ違う夢の意味

吊橋を渡る時に人とすれ違う夢を見た場合、その相手とあなたが疎遠になること、別れることを意味します。 友人や恋人など、あなたにとって大切にしたい相手とすれ違った場合、その方との縁が薄れることを暗示しています。現在あまり良好な関係を築けていない場合は、もう一度お互いのことを良く考え向き合う時間を作りましょう。 ただしここで意味する別れとは必ずしも悪いものではありません。例えばあなたの社会的立場の向上や、生活環境の好転をも意味します。自分自身の幸せと、大切にしたい人との幸せについて一度考えるべき時にいると言えます。

吊橋が工事中のままになっている夢の意味

吊橋が工事中のままになっている夢を見た場合、新しい幸運との出会いを意味します。 その幸せとはあなたにとってこれまで味わったことが無く、とても新鮮なもの。あなたに新しい世界を見せてくれる心躍る環境や、刺激的な人物との出会いを意味します。 また、そういった新しい物への興味がかなり高まっていることを意味します。探求心や知識欲が膨らんでいる状態です。興味があることにはどんどん取り組んでみることをお勧めします。行動的になることで自然と運気も上向きになるのに加えて、新しい人物や環境との出会いを呼び込んでいくことができます。

吊橋を引き返す夢の意味

吊橋を引き返す夢を見た場合、あなたの願望成就が志半ばで終わってしまうことを意味します。 現在うまく行かないことが続き、迷ったり悩むことが多いでしょう。あなたの環境ばかりではなく、気持ちや気分においても落ち込みがちになっている状態です。 しかし、今あなたに起こっている試練はこの先の未来をより確かなものとするためのものです。あなたを成長させる機会であることを知っておきましょう。 今は自分の知識を深めたり、能力を磨くことに集中しましょう。新しい情報に触れるなど、自分自身の力を高めていくことで、それはやがて自信となり、願いを叶える力となります。

吊橋を見上げている夢の意味

吊橋を見上げている夢を見た場合、現状への不満を抱えていることを意味します。 あまり人には言えない我慢を抱えていたり、漠然とした不安が大きくなっている状態です。 特に周りの人との温度差を感じているようです。期待に応えようと必死になり過ぎてしまったり、頼られることが多く疲れを感じていることと考えられます。 プレッシャーに押しつぶされてキャパオーバーになってしまうよりは、まずは自分のできる範囲を定めましょう。できないことをハッキリと断る勇気や、自分の意見を主張する強さが必要です。そういった心掛けは大切な自己管理の一つ。自分の力を十分に活かすために欠かせないことです。

吊橋が途中で切れる夢の意味

吊橋が途中で切れる夢を見た場合の意味は、「突然の試練や困難」を、暗示しています。順調に進んでいた物事に対して、何の前触れもなく、障害が発生するでしょう。突然のことなので、何の対策もないまま、対応しなくてはなりません。しかし、対応を間違えれば、今まで築いてきたことが、全部、台無しになってしまうことを、警告されています。 幸い、この夢によって、苦難が訪れることを、事前に察知できました。なので、今から試練に対して、備えをしておきましょう。日頃から、些細な変化やミスがないか、確認することが大切です。他にも、計画のバックアップや、何か起きた時のための回避策を、しっかりと立てておきましょう。

吊橋がぼろくて不安なの意味

現状への不安な気持ちが暗示されています。もしこの夢を見たら、あなたは相当難しいことに挑むことを余儀なくされている証と言えます。様々な問題が予想されるものの、目標のためにはクリアする必要があります。また、不安によってリスクが増しているという暗示も含まれています。肝心な時に消極的になってしまい、反射的な対応ができない構図があります。とは言え、乗り越える必要があるのならば、覚悟を決めて挑むしかありません。実際に命に関わるわけではないので、失敗しても良いと開き直ることで、良い流れを呼び込めます。また、苦労をしながら頑張る姿が、周囲の共感を呼び、高い評価にもつながっていくでしょう。

吊橋が揺れる夢の意味

吊橋が揺れる夢を見た場合、あなたが身近な人との関係に居心地の悪さを感じることの暗示です。 家族や友人、恋人などと気持ちがすれ違ったり、自分の考えを理解されず窮屈な思いを抱くことを意味します。普段通りに過ごしていたはずなのに、些細なことがきっかけで誤解を生んだり、心の距離を感じることになると考えられます。 もしもすでに心当たりがあるようなら、一人であれこれ考え込んでいても、状況は良くなりません。はっきりと自分の気持ちを話し、不安を解消することが必要です。腹を割すことでこそ、本当の意味で互いを理解することが出来るのです。

吊橋を1人で渡る夢の意味

あなたが社会的に置かれた状況の暗示です。もしこの夢を見たのなら、職場や組織で孤立している状態の証と言えます。しかも単なる仲間外れではなく、一人で難題に挑戦していかねばならない苦しい立場が見て取れます。一方、この夢には今後の幸運を暗示する部分もあります。難題をクリアできれば、多くの見返りがあるという構図です。とは言え、失敗した際のリスクも大きいので、最後まで一人で頑張り通すことはありません。むしろ積極的に協力を頼むことによって、課題の成功率を大きく高めていきつつ、さらには確かな人間関係を築いていくのが、今後に向けての優れた戦略だと言えるでしょう。

吊橋を渡れない夢の意味

試練を目前にしたあなたの現状の暗示です。もしこの夢を見たのなら、あなたは難題に挑んでいくだけの勇気を持てていない証となります。課題をクリアした際の見返りがあっても、勇気を出せない現実が見て取れます。一方この夢には、安全を確保するという意味合いもあります。危険を避け、リスクを取らずに済むという構図です。とは言え、成果を求めるなら、やはりどこかのタイミングで問題に向き合う必要が出てきます。個人の力で解決しようとするのではなく、極力周囲からの協力を仰ぎ、磐石の形を作った上でチャレンジするように心がけましょう。

合わせて読みたい