夢占い

買い物の夢は【順調な関係】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

買い物の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

買い物の夢は「順調な関係」「精神的な依存」を表しています。
買い物とは生きる上で必要な行動です。生活する上で必要なものを必要な量だけ購入する夢であれば「順調な関係」を表しています。買ったものを使い、使った分また買うというサイクルが守られているのであれば、順調な暮らしと言えるからです。
しかし、そのサイクルが守られない買い物はあまり良いものとは言えません。人は疲れを感じている時にリフレッシュしたいと考えます。買い物はそのリフレッシュに選ばれやすいですが、使えば使うほど鬱憤は晴れるかもしれませんが、それは一時的なものです。特にクレジットカードやアプリ決済などキャッシュレスが進み、お金を使う実感が希薄になってしまった現代では、お金が原因の身の破綻も考えられます。そのことから「精神的な依存」を象徴することもあります。

買い物の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

買い物の夢に対して抱いた印象や感情は、順調な関係が今後どうなるかを暗示しています。
買い物に対して、出費が嵩むなどマイナスの感情を持ったとすれば、順調な関係が崩れかけているという暗示です。あなたの方が関係を続けていく気力を欠いてきているようです。
逆に、買い物に対して楽しいなどプラスの感情を持っているのであれば、今後もその関係は順調なままでしょう。順調すぎて調子にのるということだけ無いように気をつけましょう。

買い物の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

買い物の夢の様子や場面は、あなたの精神的な依存度合いを表しています。
例えば、スーパーで野菜などの食材を購入している様子を夢に見たのであれば、あなたは充分に自分を律していると言えます。
逆に、ブランドものなど生活に必要ないものを買っていたり、必要以上の量、購入していたりする自暴自棄な様子を夢にみたのであれば、あなたは疲弊しているという表れです。
疲れているので誰かに寄りかかりたいという気持ちが生まれ、その延長線上で精神的に依存してしまうのです。

買い物の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

買い物の夢に誰が登場していたのかということは、あなたと深い関係を築く相手のことを示しています。
登場人物がよく知っている相手だった場合、もうその相手はあなたの近くにいることを表しています。その人物はあなたのことをよく知っているので、あなたが弱っている時でもあなたの自立が保てる範囲で助けてくれるでしょう。
逆によく知らない相手が出てきた夢であるのなら、深い関係を築く相手とはこれから出会うことを示しています。順調な関係が築けるか、精神的に依存してしまうかは出会った時のあなたの状態にかかっています。

コンビに買い物に行く夢の意味

コンビニに買い物に行く夢は「割り切った人間関係や手抜き」を暗示しています。

友達や恋人など、誰かと一緒にコンビニへ買い物へ行く夢の場合、あなたはその相手と割り切った関係を望んでいることを暗示しており、さらにその関係性が順調に進んでいることを表しています。あなたに自覚がないとしても、無意識にそのような関係性を望んでいるのかもしれません。

一方、一人でコンビニに買い物に行く夢は、あなたが日常生活を送るうえで料理や掃除などの家事を手抜きしていることを暗示しています。これを機に、ご自身の生活を見直してみてはいかがでしょうか。

親と買い物に行く夢の意味

親と買い物に行く夢は「コミュニケーションによる順調な人間関係」を暗示しています。

あなたが現実世界において親と仲が悪い場合、良好な人間関係を構築するためにコミュニケーションが重要であることを意味しています。逆に、あなたが親と仲が良い場合はトラブルを解決する際に周囲と協力することの重要性を暗示しています。

また時には、親と仲が良すぎることが原因で夢にまで影響を与えているケースも存在します。そのような場合は、親との距離を見直すことや、親離れの時期であることを暗示した夢であると言えます。あなたと親との関係性を考慮したうえで夢の意味を考える必要があります。

買い物で後悔をする夢の意味

買い物で後悔をする夢の意味は、「大切な人との順調な関係が続く」ことを暗示しています。

買い物とは新しいモノを手に入れる行為であり、モノを人に置き換えた際に「新たな出会い」と捉えることもできます。新たな人との出会いは、あなたが長年付き合ってきた親しい友人や、恋人の大切さを思い出させます。夢では、新たなモノにばかり目がいってしまい、もともと自分が持っていた大切なモノを忘れてしまったことに、後悔の気持ちが出ているようです。

最近、交友関係・恋愛関係においてあなたに新たな出会いがあったかもしれません。新しい人との出会いも大切にしつつ、親しい友人や恋人の大切さに改めて気づくことで、これからも安定的に大切な人との順調な関係が続きそうです。

買い物するために銀行に行く夢の意味

買い物するために銀行に行く夢の意味は、「まめな行動で関係が順調になる」ことを暗示しています。

銀行に行くという行為は少し面倒くさい行為です。しかし、毎回買い物に必要な分だけを銀行で用意するというように、日々の一つ一つの行動をまめに行ってみると、あなたの周りの人たちとの関係が円滑にいくことでしょう。

また銀行へはどのように行ったでしょうか。のんびり歩いて行った場合は、準備や行動が前もってしっかりできているため、心にゆとりがある証拠です。反対に走って行った場合は、行動が少しギリギリになっているようです。また、自転車や車など、スピードの速い手段であった場合は、現在の行動を効率化する努力をしてみることをオススメします。

買い物で横取りをされる夢の意味

買い物で横取りをされる夢を見た場合の意味は「順調な関係への警告」であることを暗示しています。

買いたかったものを手に取った、あるいはかごに入れているのに、横取りされた、ということは、順調だと思われた人との関係が、誰かの手によって崩されるかもしれません。
または、そういったことが起こるかもしれないという不安の表れであることもあります。

横取りされたショックが大きければ大きいほど、より大切な人との関係が崩されてしまう可能性があります。
一方、それほどショックでもなければ、ちょっとした邪魔が入る程度で済むでしょう。

異性と買い物に行く夢の意味

彼(彼女)との距離が縮まってきていて、2人の関係が順調であることを教えてくれています。
ただ、そんな大事な時期だからこそ一歩立ち止まって自分を見つめ直すチャンスです。相手への想いが高まりすぎて自分を見失いがちになってしまう可能性もあるので、押し付けがましいことをしないよう慎重に行動することを忘れないようにしましょう。
買い物の夢占いはあなた自身の運気が上がっていることを示しています。この夢を期に、お互いの親密度がグンと上がることでしょう。相手をしっかり見つめ、良いところや悪いところも受け入れられるようになるといいですね。

買い物を頼む夢の意味

買い物を頼む夢は、あなたが信頼し、順調な関係を築いている人たちに助けを求め、頼りにしていることを意味しています。1人で抱え込まず、人に頼ることも必要です。
また、逆にあなた自身がやりがいのある仕事やものごとを頼まれる暗示でもあります。
それほどあなたが信頼され、頼りにされている証拠です。
周りの人たちとよい関係が築けているのでしょう。

一方で、頼み事を断られていたら、あなたたちの信頼関係を壊そうとする邪魔ななにものかがひそんでいることを暗示しています。
部外者に振り回されず、信頼しあっている人たちを大事にして毎日を過ごしましょう。

欲しくないものを買う夢の意味

欲しくないものを買う夢は、順調な関係に翳りがさし、あなたの思い描いたとおりに物事が進まないことを暗示しています。
希望のものが手に入らなかったのか、見つからなかったのか、いずれにせよあなたが現実世界で、周りの人たちとの関係や取り組んでいる物事にうまくいかず、妥協した、諦めたことを意味しています。
自分のことをわかってくれない、などとあきらめずに、相手を理解し、分かり合えるよう対話を続けてみましょう。

また、現金が足りずにほしいものが買えなかった、よってほしくもないものを買った
という場合は、自分に自信をなくしている証拠です。
代替品で満足せずに、自分を信じて自信を持って生きていけるよう努力してみましょう。

爆買いする夢の意味

爆買いする夢を見た場合の意味は、「沢山の人と順調な関係を結べるチャンスが訪れている」事を表しています。

まずは、最近初めて出会った人を思い出してみましょう。第一印象の好き嫌いに関わらず、記憶に残っている人をピックアップする事が大切です。あなたにとっての損得勘定はひとまず置いておきましょう。

また、以前から知り合いだった人で「もっと親しい仲になりたい」と思い続けていた人へのアプローチのチャンスでもあります。同性異性を問わず、自分からコミュニケーションを取ったり、久しぶりの連絡をしてみたりという積極的な行動で新たな展開も期待できます。

買い物かごが壊れる夢の意味

買い物かごが壊れる夢を見た場合は、「あなたが順調な関係を保っている人との結びつきが不安定になっている」ことを暗示しています。

あなたが親しいと思っている人で、最近直接会っていない人を思い浮かべてみてください。
こころの距離感覚がいつの間にかズレてしまうということは気付きにくいものですよね。
相手の表情を見ながら話す機会も大切にしてみましょう。

また、あなたに何かを話したり、相談したりすることであなたとの絆を確かめたいと思っている大切な人もいそうです。何かの受け売りではなく、相手のためを思う自分の言葉でのコミュニケーションを積極的に取ってみましょう。

欲しかった物を買う夢の意味

欲しかった物を買う夢を見た場合の意味は「周囲の人達との順調な関係」を暗示しています。

自分の欲求が満たされる、願望が叶うという最高の状態です。
買って満足している夢なら、自分の周囲の人達からの信頼や援助を得られて、やりたかったことがスムーズに進んでいきます。始めたいと思っていたことがあるなら今がチャンスです。

買ってはみたものの満足できなかった夢なら、自分の思い描いたとおりにはいかないかもしれませんが、周囲の協力は得られますので、信頼を大切に、あせらずに進めばOKです。

いずれにせよ吉夢なので、前向きに行動しましょう。

お菓子を買う夢の意味

お菓子を買う夢は、「恋愛に発展しそうな順調な関係」がすぐ身近にあることを示しています。甘い関係を象徴するお菓子を手に入れるのは、ハッピーな出会いのチャンスが近づいている証拠。何となく気になっている人や恋愛感情を抱く相手と進展する可能性があるのです。チョコレートやクッキーなど贈り物に使われやすい種類であれば、はっきりとした恋人候補がすでに現れているでしょう。甘味や糖分の少ないもの、あるいはフルーツなどを使った酸味のあるお菓子の場合、はっきりと意識してはいないものの淡い期待を感じる相手に思い当たるかもしれません。

買い物で何も買わない夢の意味

買い物で何も買わない夢を見た場合の意味は「周囲との順調な関係に関する警告」を暗示しています。

買いたいものがあって出かけたけれど、欲しいものがなかった場合は、周囲との関係がしっくりいかなくなるかもしれません。
買いたいものが多くて目移りしてしまい、結局買わなかった場合は、自分の意志が明確でないために、周囲に影響を与えてしまうことも。
買いたいものが見つかったけれど、高くて買わなかった場合は、自分の目標と周りの環境にギャップがあるのかもしれません。
なんとなくふらっと出かけて何も買わなかった場合は、周囲との関係改善のチャンスを逃してしまうかも。

食べ物を買う夢の意味

食べ物を買う夢は、身近なひとたちと順調な関係が築けており、あなたの運気もよい方向に向かうことを意味しています。
食べ物は私たちが生活するにおいてとても身近で重要なものです。生きていくための活力です。
夢の中できちんと買うことができ満足していれば、現実世界においても順調で円滑な人間関係を作れている証拠です。
恋人との関係もうまくいき、順調にものごとが進むでしょう。

もし夢の中でその食べ物を食べておいしいと感じていたら、さらによい関係が築けるサインです。あなたの人生にとって新しく有益な情報を得ることができるでしょう。

買うものを探す夢の意味

買うものを探す夢を見た場合の意味は「大切な相手と順調な関係を築くための手がかりを求めている」ことを表しています。

この場合の大切な相手とは「あなたにとって長年の付き合いがある人」、「これからこころの距離をもっと縮めていきたい人」どちらにもあてはまるのですが、今トピックス的に一番気持ちを通じ合わせたい人を第一に思い浮かべて下さい。

何をする事が正しいのかという自分自身の行動のあり方も重要ですが、今は相手への誠実な気持ちがどの程度伝わっているかを相手の立場で考えてみてください。相手の微笑みが浮かぶような態度や言葉をイメージすると、今のあなたがどのように振舞うべきか?のヒントになります。真剣にというよりも、ふっと思いつくアイデアを大切に。

好きな人と買い物に行く夢の意味

好きな人と買い物に行く夢は「その人と順調な関係が築けている現状」を表しています。

買い物に行く夢は、誰かと共通の欲求を満たす行為と捉えられます。楽しい買い物になったのであればその人と順調な関係を築けている証拠です。

夢占いにおいて買い物に行くという行為は相手との順調な関係を意味します。誰かと一緒に買い物に行くということは、共通の欲望や欲求がありそれを満たすことができる、という解釈になります。好きな人と買い物に行く夢を見た場合は、共通の目標や将来の夢などがあり、それについて順調な関係を育んで行けている現状を表しています。

雑貨ばかりを買う夢の意味

雑貨ばかり買い求めている夢は、物事がスムーズに進む暗示を表しています。喜びが倍増される意味が込められていて、今思い描いている夢が明日にでも実現しそうな力強さが表現されています。「叶えたい目標があるとき」「成功させたい夢があるとき」「失敗したくない出来事が待っているとき」見やすい夢になります。ポジティブで前向きな気持ちを抱いている時に登場しやすい夢のため、衝動買いしている夢を見たら、気持ちが良い方向に向いていると前向きに捉えること。今のままで進めば、良い未来がきっと待っているはずです。自信を持つことで、さらなる飛躍が期待されていきます。

洋服を買いに行く夢の意味

洋服を買いに行く夢を見た場合の意味は「周りの人との順調な関係」を暗示しています。

洋服は周りの人に見せるということから、周りの人との関係を表します。

自分の好きな洋服が買える夢なら、現在周りの人との関係は良好といえます。中でも高級ブランドの服なら、ワンランク上の出会いも期待できるかもしれません。

自分の好みの服が見つからなくても、これから見つかるのかもしれません。今、何かしら周囲の人間関係に不安を持っていたとしても、近い将来に改善する余地はあります。

行っても何も買わなかった場合は、現状として周囲に不満がないということになります。

外国で買い物をしている夢の意味

外国で買い物をしている夢の意味は、「家族関係が順調である」ことを意味しています。

「家族」とは切っても切り離せない大切な存在ですが、友人や恋人よりも距離が近い分、時にギクシャクしてしまうこともあります。そんな時、あなたは少し離れたところに行き、買い物という息抜きを行うことによって、常に家族に対して思いやりを持って接することができているようです。

家族に対して疲れを感じた時は、少し離れて自分のために時間を使うことで、この先も家族関係が順調に続くことでしょう。この夢の通り、思い切って外国に買い物を行ってみるのも良いかもしれません。大切なことは、あなた自身がハッピーでいることです。

友達と買い物に行く夢の意味

夢の中で友達と買い物をしていたら、その相手との関係が良好であることを意味しています。価値観が合うと互いに感じており、順調に友達関係を築くことができています。もしも困ったことがあったとしても、真っ先に助けてくれたり、信頼し合うことができる相手となります。
この人といると安心できる、信頼して何でも話すことができると感じ合っている状態です。
相手のことを大切に思えば思うほど、相手も大切な存在として、互いの絆を深めていくことができるため、この関係というのも大切にすること、仲が良いからといって安心するのではなく、きちんと大切に感じていることを態度で示すことも大切です。

コンビニで買い物をしている夢の意味

朝日に手を合わせる夢は、運気上昇や願望成就を表します。 叶えたい夢が近々成就すると知らせていますよ。 長い間一生懸命に頑張ってきたことが報われたり、小さいころからの 夢を実現するというメッセージです。 ここから先は無限に可能性が広がっていくので、更に高みを目指し それに向かって頑張っていきましょう。 また、落ち着きを取り戻そうとしていることを示唆します。 心の中の葛藤や、高ぶる欲求を鎮めようという意思を 投影していますよ。 制御がきかなくなるとあらゆる所に問題が生じる危険があるので、 穏やかな気分になれるよう意識して過ごしましょう。

高価なものを買う夢の意味

高価なものを買う夢は、恋人と順調な関係を築き、さらに信頼しあえる関係になることを意味しています。高価なものは恋愛を象徴しています。
あなたが憧れていた人、好きな人、恋人、思いもかけない異性の存在など、あなたがもっと深い仲になりたいと想い描いてる人たちと距離を縮めることができ、素敵な関係へと発展していくでしょう。結婚を考えている相手がいれば、決断するのは今です。

また、手に入れたものに対して思い入れが強く、とても喜んでいる夢であれば、あなたの運気がさらに上昇気流にのっていることを暗示しています。強く願えば現実世界でもよりよい関係が築け、さらなる道が広がっていくでしょう。

水を買いに行く夢の意味

水を買いに行く夢を見た場合の意味は「穏やかさの必要性」を暗示しています。

今よりも少し穏やかになれば、あなたの人間関係が良好で順調なものになるかもしれません。そのチャンスが来ていることを示しています。これをいい機会とし、おおらかさや受動的態度を意識して生活してはどうでしょうか。水のように、流れに身を任せるイメージです。

夢の中で、あなたは買った水を飲みましたか?飲んだ場合は、ちょっと頑張りすぎているのかもしれません。精神的に思い切った脱力が必要とされています。人と関わる上では、多少の隙や受け止める態度があったほうが、順調に付き合っていけるものです。

パン屋に買い物に行く夢の意味

パン屋に買い物に行く夢というのは、身近な人との関係が順調に発展していくことを表しています。友達であったり恋人、好意を寄せている相手、または家庭がある人は家庭運の高まりも意味しています。たくさんのパンを買っていたら、それは多くの人との関係性が順調であることを意味しており、後輩などができる可能性も暗示しています。
ただ待っているだけではなく、自身で周りの人に愛情を注いであげることによって、より良い関係性となっていきます。自ら積極的に周りの人のことを大切にするということを意識することが必要となっています。

元恋人と買い物に行く夢の意味

「買い物」は「順調な関係」という意味を持ちます。つまり元恋人と買い物に行く夢を見た場合は、「元恋人と復縁に近づく」「元恋人とヨリを戻す」ことを表しています。
あなたが今、元カレや元カノと復縁を望んでいるのでしたら、それが叶えられるかもしれません。
例えば向こうから連絡が来るかもしれませんし、あなたから連絡をした場合は良好な内容の返事が返ってくる可能性があります。それがきっかけでヨリを戻すかもしれないのです。
また夢で買い物をしていた場所や、買ったものにも縁があると思ってよいでしょう。
それらがあなたの復縁の手助けになってくれるかもしれません。

布を買う夢の意味

運勢が良好な状況になっていることをあらわしています。仕事や恋愛、さまざまなことがらが良い展開をみせていくことでしょう。自分をアピールできるいい機会でもありますので、逃がさぬよう自分の良いところを売り込んでいくといいです。しかし、夢の中で、どの布を買ったらよいのか、逡巡しているような状態であったなら、自分の判断力や決定する気力が弱まっていることを示しているので、注意が必要です。せっかくの良い気運も台無しにしてしまうことを意味してしまうので、自分はどうしていきたいのか、日ごろから確認しておきましょう。

深夜に買い物に出かける夢の意味

深夜に買い物に出かける夢は「スリルを求めている」ことを暗示しています。

よりによって暗闇の中買い物へ出かけたあなたは、ほどよいスリルを求めています。本格的に困ってしまうような状況は望んでおらず、あくまで適量適切のスリルと付き合っていきたいと感じています。今までよりも生活にハリが欲しいと感じている暗示です。

過剰な危機感はあなたの神経を疲れさせるでしょう。しかし何もない生活は精神を錆び付かせます。このどちらも回避したいがために、あなたはこの夢を見たのです。未知の場所に出かけることをお勧めします。アウトドアも良いでしょう。この適度なスリルとの付き合いを続けることで、いきいきとした生活が送れるでしょう。

種を買う夢の意味

夢の中で種を買っていたのであれば、それは仲良くなりたい、もっと分かち合える関係を築きたいと感じている人との関係性が順調であることを意味しています。これまではあまり親密ではないなと感じていた相手ともこれまで積み重ねてきた努力によって、着実に望んでいた関係性へ近づいています。
それは家庭であったり、友達や上司との関係性であり、自分から相手に歩み寄ることによって、望んでいた関係性へと近づくことができます。明確にその人とどのような関係性になりたいのかを望むことや相手のことを理解するように心がけることも必要です。”

合わせて読みたい