夢占い

火の夢は【激しい感情】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

火の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

夢に出てきた火は、「激しい感情」や「情熱」を象徴しているシンボルと考えられています。
燃え盛る炎は熱い闘魂のシンボルとされることがありますよね。火というものは熱いという特徴を持っています。そこから激しい感情や情熱を暗示するようになったのです。
また火には「エネルギー」という意味も持っています。火は私たち人類が発明した偉大な文明の一つ。火の恩恵を受けることによってここまで発達することが出来たといっても過言ではないないでしょう。そのため火は多大なエネルギーを秘めているものの象徴になりました。
他にも火は「幸運」を示すものとしての意味もあります。火によって暗闇を照らすことから、どんな状況でも道を照らせる幸運を意味するようになったのです。

火の夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

はじめに夢に出てきた火に対して、あなたが抱いた印象や感情から夢を読み解いていきましょう。
夢の中の火に対して恐れの感情を持つほど、置かれている状況があなたにとってよくないことを示しています。火は幸運の象徴。それにもかかわらずネガティブな印象を持ったのです。今の状況を劇的に変化させるような思い切った行動が開運につながることでしょう。
また反対に、夢の中で火をみたとき心地の良い感情が浮かんでくるほど、あなたが精神的に充実している事を暗示しています。現実世界において、順風満帆に物事が進んでいくことを暗示しているのです。

火の夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

つづいては夢の中に火が出てきた場面から、夢の意味を紐解いていきましょう。
燃え盛るように激しい火であるほど、あなたの今のエネルギーの充実度を表す吉夢になります。火が強ければ強いほどあなたの力が大きく湧いていることを示しているのです。
また燃え上がれば燃え上がるほど、現在取り組んでいる物事に対して情熱を注いでいるというサイン。
反対に火が小さければ小さいほど、あなたのエネルギーが下降していることを表しています。火が大きく燃えるためには酸素が必要です。焦ってしまうことが出てきたのなら、大きく息を吸って深呼吸を忘れずにいることが大切になります。

火の夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

最後に火の夢に出てきた登場人物から紐解いていきましょう。
夢の中で現れた人が多くいればいるほど、これからの支えてくれる仲間の数を表しています。火はあなたのエネルギーを表しているのです。そのエネルギーにつられて大勢の仲間が一緒に協力してくれることを夢が教えてくれています。
また夢の中で見えた人が激しく感情を表しているほど、あなたの心も激しくなっていることを暗示しています。出てきた人の感情はあなた自身の感情を投影したものなのです。一度心を静められるように、客観的に自分を見つめ直す必要があります。

火を消す夢の意味

気力ややる気が低迷していくサインです。
夢に登場する火はその者の気を司ります。
それが消えるという事で、モチベーションが低下する何かが起こる可能性があります。
また、自ら消す場合は何らかの原因を自らもっているが故に、やる気を下げてしまうという読み解きが行えます。
原因が解決したり、問題がなくなっていけば、再度気力は湧き上がってくるでしょう。
ですので今は無理に行動せずに、時間を待っていた方が良いでしょう。

火をつける夢の意味

物事に対するやる気が湧いてくるサインです。
火はそのひとのやる気や活力を示します。
自ら着火させるという事で、ヤル気を増強させることが起こると読み解けます。
ですが、それと同時に火は感情的になる事を示唆する部分があります。
ヤル気の上昇と共に血の気が盛んになることがあるので、注意が必要です。
夢でつけた火が想像以上に燃え上がっていた場合、何かと敏感になり、癇癪を起こしかねない程と読み解けます。
感情と活力のバランスをとりながら、過ごしていくことが大切です。

火をつけられる夢の意味

誰かの言動がきっかけでヤル気が湧いてくるサインです。
ヤル気・活力を司る火を誰かにつけられるため、そう読み解きが行えます。
夢で火をつけた方がキーマンとなり、自らの活動に関係するでしょう。
知っている方であれば、目標や活動のヒントを与えてくれる可能性があります。
日頃より目標や活動について話をすると、ヒントを与えてくれる頻度が高くなります。
また、ヤル気だけではなく怒りとして、湧いてくる場合もあります。
火をつけた人物が嫌いな方である場合、怒りの原因を作る場合があるので注意が必要です。

火が消えない夢の意味

モチベーションが高い状態で保てているサインです。
火が消えないことに嫌悪感を抱いていないのであれば、ヤル気がみなぎっているというサインです。
ですが、火を消したいのに消えないのならば要注意です。
この場合はヤル気ではなく、抑えたい感情があるのに抑えられないサインと変化するからです。
その感情は怒りに属する感情であることが多いです。
怒りの原因や根元を取り除くよう取り組んでみましょう。
すると、過ごしやすくなったり、目標への進み方が今よりも楽になっていくでしょう。

火から逃げる夢の意味

目標と距離を置きたかったり、達成に向けての活動が辛いと感じているサインです。
なかなか目標が達成されなかったり、理想的な成果が挙げられていない時にもよく現れます。
そのひとの力が不足しているから達成されないとうよりも、今はまだ達成のタイミングではないという事の方が当てはまります。
ですので、自分を責めるのではなく、タイミングを見計らった活動へと変更すると良いでしょう。
焦らずにじっくりと鍛錬を続けながら、タイミングを見ていましょう。

コンロの火が消えない夢の意味

継続してヤル気・モチベーションが高まっているサインです。
このヤル気は仕事や目標に対するものであることが多いです。
夢の中でコンロの火が消えなくて困惑していたとしても、今の状態は良い状態であると言えるでしょう。
効率よくヤル気を具体的な力に変えるため、改めて仕事や目標について考えてみましょう。
何をしたら効率が良くなるかを考えてみると、それに関連する協力を仰げるようになっていきます。
良い流れも作れるようになっていくので、どんどん活動を行なっていきましょう。

台所から火が出る夢の意味

突然、問題がが起こる暗示となります。
特に、自分の感情が原因となり大きな問題に発展するケースが多いです。
火がどんどん燃え広がっていたら、原因となりうる感情が強まっているとみて大きな間違いはないでしょう。
速やかにその感情を特定し、抑えるようにすることが大事です。
普段ならば感情的にならない事でも、この夢のあとは過度に反応してしまいます。
心身のリラックスはもちろんですが、感情的になるものから離れることも大切です。

コンセントから火が出る夢の意味

活動の進め方があまりよくなかったり、思うように物事が進んでいないサインです。
現実でコンセントから火が出る事はなかなかありません。
そのことから、夢の世界でもコンセントから何かが発生する場合は、予期せぬ事態が起こる象徴となります。
火は感情的になる象徴でもあるので、予想していなかった状態になり感情的にもなると読み解きができます。
欲望ばかり先行してまうことも起こりうるので、あまり人に自分の言動を押し付けないよう心がけましょう。

布団に火が付く夢の意味

パートナーとの間に何か問題が起こるサインです。
特に相手を疑ったり、ありもしない事を追求してしまうと、大きな喧嘩に発展するようです。
浮気や仲が良い異性について言及しないように努めましょう。
また、過度にヤキモチを焼くことも基本的にはよろしくありません。
そういった言動を起こすのも、自分に自信がないから起こすことが大半です。
自信をつけるための活動を行うと、相手との状態もより良くなっていきます。
磨くべきものを見定めて行動をとるようにしましょう。

電子レンジから火が出る夢の意味

家庭の問題や環境が原因で、抑圧されているものがあるというサインです。
やりたいのにできないものがあったり、我慢しているものが自分を押し殺す寸前にあるようです。
家庭が原因でやりたいことができなかったり、満足がいかない状態が続いている時も同じです。
今の状態を放っておけば、崩壊をしてしまう可能性も考えられます。
そういった抑圧から身を守る手段を考えましょう。
今の状態は良くないということを忘れないことが大切です。

ストーブの火をつける夢の意味

ごうごうと燃え上がっていた場合、モチベーションがとても高い状態にあるというサインです。
自然に有利な立場にもっていけるようになったり、楽に目標の達成がなされるように向かっていきます。
反対に火が徐々に消えていく、弱まっていくのならばモチベーションが低くなっているサインとなります。
しかし、モチベーションが低くとも、活動を行うことが可能ですし、状態をよく保つことも可能です。
夢に左右されずに、進むべき道を進むようにしましょう。

ライターの火をつける夢の意味

この場合は蓄えに関するサインとなります。
ライターの火が都合の良いように燃えていたら、将来への蓄えがこれからたまりやすいようになっていくでしょう。
ライターは手段であり、道具です。
それをうまく使えていたのなら、やりやすいように変化をしていきます。
ですが、うまく火がつかない場合は注意が必要です。
力を入れるべきところに力が入っていないとか、力を入れるべきではないところに力が入っている可能性があります。
もう一度、何に力を入れるべきか確認をしましょう。

煙草に火をつける夢の意味

長年親しんできた教えや習慣が原因となり、身動きができない状態であることを教えてくれています。
特に不安を感じるものが、力を制限していることが非常に多いです。
解放されるのであれば、力の発揮が行いやすくなったり、生活がしやすいと感じることが触れていきます。
古い習慣が今の生活に合っているかどうか、改めて確認をしてみましょう。
時に、それがしがらみとなり、自由に振る舞えなくなっている可能性があります。
今一度、不要な習慣があるかどうか確認をしてみましょう。

神社で火を見る夢の意味

人生で一番大きな目標に向かっているサインです。
それは今まで挑戦してことがない目標であるのですが、立ち向かえるほどのモチベーションが備わっていることを意味しています。
この目標に向かって進んでいくことで、大きな成長が見込めます。
達成できた暁には、名声や願っていたものが手に入るでしょう。
だからこそ、目標に対する準備を確実に行いましょう。
夢の実現まで非常に近い距離にあります。
念には念を入れて、最悪を想定した行動の取り方が成功への近道となるでしょう。

ペットに火が付く夢の意味

穏やかな時間や癒されたい気持ちがあるサインです。
嫌なことがあったり、意図しない活動をしなければならない時に出現をする夢です。
焦りが強く、何から手をつけたら良いかわからない状態にも同様によく登場をします。
現在の状態から焦りが発生するのにも理由があります。
その理由はわかっていれば、対処をするための行動が必要です。
夢の中でペットに火がついた後に、火消しができていれば落ち着いて判断することで、状況は改善されると読み解けます。
火が消えないままであれば、しばらく落ち着かない状態が続くでしょう。

うさぎに火が付く夢の意味

恋愛や愛に関する力が上昇していくサインです。
それだけではなく全体的に状態が良くなっていく場合もあります。
総合して良い流れになっていく前に、うさぎに火が付く夢が登場します。
神の遣いとして崇められているうさぎに火がつくので、良くない意味と感じる醸しませんが、吉夢ですので安心しましょう。
この夢の前後は、何かとバタバタと落ち着かなくなるかもしれません。
しかし、それは上昇していく前にいらないものを放出するために行われている掃除のようなものです。
これを機に断捨離をすると、さらに上り調子になっていくでしょう。

背中に火が付く夢の意味

心の重荷が原因で、感情が爆発するかもしれません。
それを教えてくれているのが、背中に火が付くという夢です。
火が付く夢は、感情・ヤル気・活力の象徴となります。
そのため今回は、人体の一部である背中に火が付いているので、その人の背負う物、トラウマ、重荷と読み解く事ができます。
基本的にハプニングが起こると読み解きもできますが、そのハプニングがあまり良い物ではないのが特徴です。
事の発端が何気ない他者の一言である可能性が高いです。
穏やかさを保てるよう、注意しておきましょう。

服に火が付く夢の意味

社会に関して感情が揺れたり、ヤル気が出てくる意味合いを持つサインです。
このサインは火が消えたかどうかによって変化します。
服についた火が最終的に消えたのならば、仕事や社会に貢献する活動のヤル気が溢れてくるサインになります。
至って冷静に行動もできるので、この夢の後には活躍できるようになっていくでしょう。
火が消えずに燃えていた、もしくは火が大きくなっていった場合、社会に対して不信感を抱いていると読み解きができます。
大きな問題へと発展する前に、感情を処理する場や逃げ場を作っておきましょう。

線香に火をつける夢の意味

すんなり線香に火が付いたのであれば、活動がスムーズに進んでいくサインとなります。
特に、目標に対しての進み方がトントン拍子になっていくでしょう。
しかし、簡単に火が付かなかった場合は、読み解きの内容が変わります。
この場合は、目標への動きが鈍くなったり、結果が伴わない活動をしてしまう暗示となります。
スムーズにことが運ばないので、苛立つ時間が増えたり、本当にこれで良いのかと悩んでしまうでしょう。
やり方に変化を加えることで、状況が良くなっていくことがあります。
新しい手段を考察の上、取り入れてみると良いでしょう。

暖炉に火をつける夢の意味

今後、自分に愛情を向けられたり、愛が集中的に集まっていくサインです。
夢の中で暖炉につけた火が燃え続けていたら、望み通りの愛情を受けられるようになっていくようです。
好きな方と愛情に溢れる時間を迎えられたり、愛が受け入れられる事も起こり得ます。
ですが、暖炉につけた火が消えてしまった場合、意味合いが変わります。
自らの愛が受け入れられなかったり、予想外のハプニングにより、予定が狂ってしまう恐れがあります。

頭から火が出る夢の意味

知に関しての良い欲求が上昇しているサインです。
火が燃え続けていたのならば、今の状態は勉学の吸収力が高まっている状態です。
学びたい事があったり、これから取得すべき知識に心当たりがあれば、着手してみましょう。
しかし、夢の中で出現した火があっさりと消えてしまえば、状況が変わります。
やりたくてもやれない勉強が出てくるというサインになってしまうからです。
避けられるのであれば、邪魔をするハプニングや状況を回避するようにしましょう。
かわす事ができたならば、未来に必要な知識を手にいれられるようになっていきます。

カーテンに火が付く夢の意味

自ら火をつけたかどうか、そして火が消えていったかどうかによって読み解く内容が変化します。
火を自分からつけたのであれば、不安や恐れが蓄積しているサインです。
自分以外の原因で火がついた場合、他者が原因で怒りや不安を感じる出来事が発生するサインです。
また、火が消えていった場合、最終的に一度燃え上がった気持ちは安定していくでしょう。
火が消えずに燃えていたのならば、気持ちが高ぶっていく暗示となります。

車に火が付く夢の意味

進んでいる計画へのエネルギーがなくなっていくサインです。
近頃何もしなくてもエネルギーの消費を感じていたのであれば、要注意です。
それはヤル気といった精神論だけではなく、行動をする上で必要なエネルギーがもうすぐなくなってしまう事を意味しています。
食事や睡眠といった部分に過不足がないか確認をしましょう。
活動を遂行する上で、何かを犠牲にしていた可能性が高いです。
少しの間、エネルギーの貯蓄するタイミングとして、お休みを挟むと良いでしょう。
すると再度、リズムよく活動ができるようになっていくようです。

火でやけどをする夢の意味

目標や活動に向けてのヤル気が著しく上昇しているサインです。
時に、それが過度に高まりすぎて、空回りしてしまう事があるほどです。
精神面の状態がすこぶるよくなっていくようなので、これを弾みに目標達成に向けての準備を確実にしていきましょう。
やけどの度合いが大きければ大きいほど、ヤル気の高まりを示唆しています。
そのヤル気とスマートな行動とのバランスを取れるよう、自らの舵をしっかり取っていきましょう。
悪い夢ではないので、気を落とさずにポジティブな気持ちでいましょう。

熱くない火を触る夢の意味

想像していなかった結果に見舞われるというサインです。
火は熱く触れるのであれば、やけどを負ってしまう場合もあります。
その火が熱くないという事で、意に反した出来事が到来すると読み解きを行います。
夢で触れた火が大きいものであったら、意に反した出来事の驚き度は高まっていきます。
その出来事が良いものか悪いものかは、夢の中で熱くない火に触れたときに感じた感情が鍵を握ります。
その時に感じた感情と似た感覚を得る出来事が到来するでしょう。

合わせて読みたい