夢占い

火の夢は【激しい感情】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

火の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

夢に出てきた火は、「激しい感情」や「情熱」を象徴しているシンボルと考えられています。
燃え盛る炎は熱い闘魂のシンボルとされることがありますよね。火というものは熱いという特徴を持っています。そこから激しい感情や情熱を暗示するようになったのです。
また火には「エネルギー」という意味も持っています。火は私たち人類が発明した偉大な文明の一つ。火の恩恵を受けることによってここまで発達することが出来たといっても過言ではないないでしょう。そのため火は多大なエネルギーを秘めているものの象徴になりました。
他にも火は「幸運」を示すものとしての意味もあります。火によって暗闇を照らすことから、どんな状況でも道を照らせる幸運を意味するようになったのです。

火の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

はじめに夢に出てきた火に対して、あなたが抱いた印象や感情から夢を読み解いていきましょう。
夢の中の火に対して恐れの感情を持つほど、置かれている状況があなたにとってよくないことを示しています。火は幸運の象徴。それにもかかわらずネガティブな印象を持ったのです。今の状況を劇的に変化させるような思い切った行動が開運につながることでしょう。
また反対に、夢の中で火をみたとき心地の良い感情が浮かんでくるほど、あなたが精神的に充実している事を暗示しています。現実世界において、順風満帆に物事が進んでいくことを暗示しているのです。

火の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

つづいては夢の中に火が出てきた場面から、夢の意味を紐解いていきましょう。
燃え盛るように激しい火であるほど、あなたの今のエネルギーの充実度を表す吉夢になります。火が強ければ強いほどあなたの力が大きく湧いていることを示しているのです。
また燃え上がれば燃え上がるほど、現在取り組んでいる物事に対して情熱を注いでいるというサイン。
反対に火が小さければ小さいほど、あなたのエネルギーが下降していることを表しています。火が大きく燃えるためには酸素が必要です。焦ってしまうことが出てきたのなら、大きく息を吸って深呼吸を忘れずにいることが大切になります。

火の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

最後に火の夢に出てきた登場人物から紐解いていきましょう。
夢の中で現れた人が多くいればいるほど、これからの支えてくれる仲間の数を表しています。火はあなたのエネルギーを表しているのです。そのエネルギーにつられて大勢の仲間が一緒に協力してくれることを夢が教えてくれています。
また夢の中で見えた人が激しく感情を表しているほど、あなたの心も激しくなっていることを暗示しています。出てきた人の感情はあなた自身の感情を投影したものなのです。一度心を静められるように、客観的に自分を見つめ直す必要があります。

合わせて読みたい