夢占い

仏壇の夢は【家族関係】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

仏壇の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

夢の中の仏壇は「家族関係」「幸運」「先祖からの守り」などの象徴となります。仏壇と言うと亡くなった家族や先祖に関係する場所ですから、家族が関わることを象徴することが多いんですね。特に先祖というと、「守ってくれる」というイメージも強いのではないでしょうか。ですから「先祖からの守り」というイメージは自然に感じられるでしょう。夢の中に仏壇が出てきた場合、どんな場合でもそれは家族や先祖に関わることを表しています。たとえ「幸運」という意味だったとしても、それが先祖が見守ってくれているからもたらされたものだと読み解くんですね。しかし仏壇の夢の意味は夢の内容によって異なります。ここからは仏壇の夢を詳しく読み解くポイントをご説明していきます。

仏壇の夢を読み解く3つのポイント(1):印象・感情

仏壇の夢を読み解くには、まず夢の印象や仏壇に対して湧いた感情に注目してみましょう。たとえば仏壇が光り輝いていたり、派手だったりという印象を抱いた場合には、先祖からの守りを大きく受けていることや、それによって幸運がもたらされていることを意味します。逆に暗い印象だったり、寂れた感じがしたなら、先祖からの守りがないことや、あなたが家族をないがしろにしていることを意味するのです。仏壇に対して感じた感情は、そのままあなたが家族に対してどう思っているのか、家族関係がどうなのかを投影しています。

仏壇の夢を読み解く3つのポイント(2):行動・場面

2つ目のポイントは、仏壇の夢の中で取った行動やどんな場面だったのかということです。その夢の中であなたは仏壇に対して何をしていたでしょうか。例えば仏壇を掃除したり拝んだりする夢は、あなたが家族や先祖を大事にしていることを意味します。それによって、先祖からの加護を存分に受けられるでしょう。ですから逆に仏壇を捨てたり、汚したままにしたり、放ったらかしになっていた場合は、家族や先祖を蔑ろにしていることになるのです。

仏壇の夢を読み解く3つのポイント(3):登場人物

最後に仏壇の夢に出てきた登場人物にも注目してみましょう。その夢の中で家族の誰かが出てきたりはしたでしょうか。もしも家族が出てきた場合は、その夢はその家族との関係やあなたがその家族に対してどんな態度を取っているのかを示す夢となります。もしも他人や知らない人が出てきた場合は、その人物が印象的だった場合、あなたの家族関係に対して何らかの影響を与える人物を象徴しています。全体的に良いことを意味する夢なら良い影響で、悪いことを意味する夢なら悪い影響ということになります。

怖い仏壇がでてくる夢の意味

怖い仏壇がでてくる夢を見た場合、それは「ご先祖様を畏れる気持ち」を表しています。 夢において仏壇は、ご先祖様からのメッセージや、精神的な世界を象徴しています。いずれもあなたにとってはあまり身近ではなく近寄り難いもののようです。夢の中の仏壇に恐ろしいとか怖いなどの印象を持った場合、ご先祖様や霊的なものへの畏れや敬いの気持ちを表しています。もしくは「ご先祖様に申し訳ない」と思わせるような罪悪感や後ろめたさがあり、その気持ちがあなたに怖さを抱かせるのかもしれません。 心当たりがあれば、その罪悪感の原因と向き合い、根本から解消することが必要でしょう。

仏壇が光る夢の意味

仏壇が光る夢を見た場合の意味は、「先祖によって、守られている」ことを、暗示しています。自分の身に、先祖の加護が降りかかっている状態です。この加護によって、災いや厄介事から、身を守ってくれることを、表しています。この場合の先祖の加護は、直感という形で、現れます。現実世界において、何かを選択する時、決断を下す時は、自分の直感に従うと、良いでしょう。直感によって選んだ道が、どれだけ困難に見えたとしても、結果として、それが最善の道になります。厄介事や問題を回避することができ、最終的には、良い結果が齎されるでしょう。

仏壇と猫がでてくる夢の意味

仏壇と猫がでてくる夢を見た場合、それは「家族間にトラブルが起こる可能性」を暗示しています。 夢において仏壇は家族関係や、故人そのものを象徴しています。そして猫は夢において女性を表しますが、高慢・嫉妬・嫌がらせなどネガティブな意味を持っています。したがって、仏壇と猫がでてくる夢は家族関係にトラブルをもたらすような女性の存在、または生前、そのような女性と故人が関わりがあった可能性を暗示しています。夢全体に不吉な、暗い印象を受けた場合、特に注意が必要です。 しばらくは、家族関係や家族に接触してくる人に注意を払った方が良いでしょう。

仏壇にお線香をあげる夢の意味

仏壇にお線香をあげる夢を見た場合の意味は、「先祖を敬う気持ち」を、暗示しています。自分自身の先祖を大切に思っていて、その思いに先祖も応えてくれることを、表しています。もしも、何か苦しいことがあったとしても、先祖の力添えによって、周囲からの協力を、取り付けやすくなっています。周りの人に、素直に助けを求め、意見を聞き入れれば、突破口がすんなりと見つかるでしょう。ただし、周囲に助けてもらった場合は、それに対して、感謝を伝えることが、大切です。周りの人だけではなく、先祖に対しても、感謝する気持ちを、今まで通り持ち続けていれば、これからも先祖は力を貸してくれるでしょう。

仏壇に手を合わせる夢の意味

仏壇に手を合わせる夢は、あなたの心理状態を暗示しています。もしあなたが、真摯な気持ちで手を合わせていたのなら、平和な家族関係を望んでいる意味合いになります。誠実な思いを、近しい人にこそ示していきましょう。一方あなたが悩みを抱えた状態で仏壇に手を合わせていたのなら、他の人からの力を頼んでいる暗示です。自力ではどうにもならないと認識しているからこそ、周囲からの協力を得たくなっている構図があります。とは言え、家族や先祖を愛する気持ちは本物ですので、悪い流れを呼び込んだりはしません。穏やかに日々を過ごすことで、より充実した運気を享受することができるでしょう。

合わせて読みたい