手相

パートナー線(印象線)の見方|特徴別に解説するビジュアル手相占い

今現在のパートナーのこれからや、未来に出会うべきパートナーのことを見る手相に「パートナー線」があります。その人が持つ感受性や精神性にもその意味が左右される、大変解釈が難しい線としても知られており、見極めも難しい線です。
線自体も見分けが付きにくく、他の手相と見間違ったり判断したりするのが大変で、多少の知識も必要になります。パートナー線は印象線とも言われる線であり様々な意味を持つので意味を理解して是非、役立てて頂きたいです。

パートナー線の基本の位置と意味|見るべきポイントを解説

パートナー線(印象線)の基本の位置は生命線の内側に現れ、様々な形や長さ、意味を持つ後天的に表れる手相になります。大抵の場合は線は薄く出て、形状などが二重生命線など他の線と見分けにくいので見極めるには少し難しい線になります。
感受性が強い人や霊感のがある人などに表れやすい線であり、現実主義の人には全くでないこともあるという線です。恋愛や結婚について占う場合は生命線との関係性により、年齢や相手の気持ち、相性や充実度を判断していきます。

線の位置と一般的な形状・長さ

この線は生命線の内側に現れる線で、長さや形状によって自分の愛情や相手の愛情を計ったり、その深さを見ていきます。形状は少し丸味を帯びた線であったりしますが、ほぼ直線に近い線で生命線に近ければ愛情が深いことを表します。
生命線に近いと相手に対しての愛情が強かったり深いことを意味し、逆に離れている時はその気持ちが離れていることを示唆します。線の長さで相手との関係がどのくらい続くかを判断し、その強さや障害を乗り越える絆の深さを見ることができます。
基本的には薄く表れる線で、非常に見分けにくい線であるためにパッと見はわからないことが多く、判断に経験が必要です。また、島や二股に分かれる線、フィッシュなどを含んだ特殊線がある場合は、解釈や意味などが追加されてきます。

線の見方|長い場合・短い場合

線の長さは今もっている愛情がどのくらいの期間続くのかを見ることができ、パートナーとの関係を見ることができます。ただ線が長いと今の気持ちがどのくらい続くのかは判断できますが、どのような気持ちの変化が起こるのかまでは判断できません。
愛情の形は、時として憎しみなどネガティブな方向に変化することもありますが、それは気持ちの裏返しということもあります。それらを含めてそれがどのくらい続くのかを見るので、一概に長ければ長い期間、側にいることが出来るというわけでもないのです。
愛情を持つ気持ちの反対は無関心なので、相手に対する気持ちがどのくらい続くかを線の長さで見るようにします。恋愛感情が続いてお互いのことがわかると、尊敬に変わったりなど気持ちの変化が起こり、それが良い関係になることもあります。

線の見方|線が濃い場合・薄い場合・ない場合

この線は感受性が他の人より強かったり、霊感があったりなどスピリチュアルな要素がある人が出やすい線になります。どちらかと言うとこの線は出るのが珍しい線ですので、出ていなくても落胆したりする必要はない手相になります。
線がない場合は、現在パートナーと呼べる人が存在しない場合や、思いを寄せている人がいないということになります。逆にパートナーがいるのに線が出ない人は、関係性において感情や愛情よりも非常に現実主義な考えの持ち主になります。
この線は、見分けるのが難しい線であり薄いのが普通ですが、まれにしっかりとした濃い線になる場合があります。この場合は自分の気持ちよりも、相手に委ねてしまっている時に濃くなるので、自分の気持ちも尊重することが大事です。

線の見方|右手と左手の違い

右利きの人は右手が自分の相になり、左手を相手の相として見るようにします(左利きの人は左右逆で判断する)。なのでパートナーが感じている自分に対する印象や愛情を判断したい場合は左手のパートナー線の長さや濃さなどを見ます。
線が長ければパートナーの自分に対する愛情が長い間続くことを示唆していると判断し、短い場合は逆になります。線の濃さは薄ければ薄いほど、関係性を気持ちの面よりも非常に現実的に捉えていると判断することができます。
また、左右のパートナー線が、同じような長さや濃さ、同じ位置にある場合は、お互い同じ愛情があることを示しています。この場合は二人の関係性が相思相愛という印であり、深い絆で結ばれている関係を示しているということになります。

二重になっているパートナー線の意味

パートナー線は出るだけでも珍しい線であり、基本は一本の線になるので、ほとんどの場合は二重になることがありません。多くの場合は他の線を二重のパートナー線と勘違いしやすかったり一本の線から派生した線を見間違っていることが多いです。
一番多い見間違いは二重生命線で、この線の意味合いとは変わってくる手相で、生命力や健康に関する線になります。見間違いではなく、二重のパートナー線の場合は、その人の状況や状態によって解釈や意味合いが変わってきます。
この場合、同時にもう一人愛情を感じている人がいるとも考えられますし、愛情の器が広いというふうに判断することもできます。もしこの線が二重である場合は、じっくりと自分の気持ちと向き合い現在の気持ちがどのような状態なのかを見ることが必要です。

切れ切れになっているパートナー線の意味

線が切れ切れになっている時は、現在のパートナーとの愛情が途切れ、新しい出会いがあることを示しています。右手の線が切れ切れになっている場合は、自分の愛情が途切れて今の関係性が終わり新たな出会いがあるということになります。
左手の線が切れ切れになっている場合は、現在のパートナーの愛情が途切れてしまい、別な出会いが表れる示唆です。原因は様々考えられますが、線に島が出ていなければ死別や健康上の理由ではなく、気持ちの問題などが考えられます。
他の線や丘などとの関係性を見ると、家族や知人、仕事などが影響を及ぼしているかが判断できますが、解釈が難しくなります。この辺りは熟練の解釈が必要になるので、現在の愛情が終わり、新たな出会いがあるという解釈だけに留めて下さい。

生命線に合流するパートナー線の意味

パートナー線は他の線や丘の持つ意味に大きな影響を与える線でもあり、逆に影響を受けたとき大きな転機が訪れる線でもあります。生命線に合流する線になった時にはパートナーとの結婚が近いことを示していて、その気持ちの高まりも大きいことを表しています
ただ重要なのは合流している線になることが大事であり、線の先が生命線からはみ出してしまい横切るようになると良くありません。この場合はパートナーとの関係性や、気持ちの面が原因となり体調面や精神面で大きな負担を抱えてしまう危険性があります。
はみ出さず綺麗に合流していれば、結婚に伴う様々な行事や相手との家族、知人などの関係性も上手く行く印になります。結婚をすると家族や知人など周囲の影響も二人の愛情においてとても大切ですので、良い兆候といえるでしょう。

生命線から離れていくパートナー線の意味

手首に向かって徐々に生命線から離れていく場合は、徐々に愛情が冷めて気持ちが離れていくことを示しています。現在お付き合いしていたり結婚している場合は、喧嘩や別れが近いかも知れないことを覚悟するようにして下さい。
もし関係性を崩したくないのであれば、きちんと話し合ったりお互いの気持ちを尊重することが必要になります。なにか気持ちにわだかまりが出来た場合には、このような線の出方をするので、最悪の状態になる前に対処してください。

まとめ

パートナー線は必ず出る線というわけではなく、感受性の強さや、ある種神秘性の強さが関係する線になります。ですので、この線がなくとも心配する必要はなく、自分は地に足をつけて現実的に捉えることが出来る人と解釈して大丈夫です。
パートナー線がある人は、人とは違う物の見方や受け取る鋭さ、深さを持ち、感じる能力が高い人だと言えるでしょう。もしかすると霊感が鋭く、会って間もない人でもその人の内面やオーラを読み取れるような能力を持っていることもあります。
この線からは自分の愛情や相手に対する印象などを予め読み取り、どのような状態になるかを判断することが出来る線です。もしネガティブな状態になる事が予想できたら予め対処し、良い状態を示しているならさらに良い状態になるよう行動して下さい。

合わせて読みたい