手相

気付き線の見方|特徴別に解説するビジュアル手相占い

手相は常に変化し、色々な線が消えたり増えたり、薄くなったり濃くなったりしますが、そのひとつに「気付き線」があります。人生は経験を積んだり学習を重ねると、答えを出す為の感じ方や考え方にも深みが増しその行動も変わっていくものです。
経験を増やしたり知識を増やし、幅広い判断や適切な答えを導き出すことが出来るようになるとこの線は自然と現れてきます。この線の場所や形状、意味やポイントなどを説明するので、ご自身や周りの手相を確認しながらご覧になってみて下さい。

気付き線の基本の位置と意味|見るべきポイントを解説

この線の基本の位置は、薬指と小指の間の根元辺りから直線で斜めに親指に向かって延びていく線になります。それまでは全く出ていなくても経験を重ねたり知識を増やすことによって後天的に出来る線になり、長さや濃さが変わります。
基本的に経験や知識が増えたことにより、ある種悟りを開いたような状態になると表れ、人間性を表す線ともいえます。そのため他の人が気付かないような小さなことに気付いたり、物事の本質を捉えるのがとても上手い人になるのです。

線の位置と一般的な形状・長さ

線の位置は薬指と小指の間の根元辺りから斜めに延びる直線で、親指に向かって一本の線で伸びる線になります。間違いやすいのが丸みを帯びた曲線になると意味合いは変わり、一般的には一本の直線になるのが特徴になります。
一般的な長さは薬指と小指の間の根元辺りから延びた線が感情線に重ならない程度の場合が多いですが、状態によって変わります。それまでになくとも後天的に表れる手相であり、その人の状態により長さや濃さ、形状が変わりやすい線でもあります。
また濃さや薄さで種類が違う手相にもなり、その意味合いが変わってくることにもなるので解釈には注意が必要です。フィッシュやクロス、島が重なったり、他の線に重なった時には、何かの前触れや印になるので細かい観察も必要になります。

線の見方|長い場合・短い場合

線の長さで一般的に多いのは、感情線に届かない程度の長さですが、手のひらを横切り親指に到達するほど長くなることもあります。意味としてこの線が出た場合は、経験や知識を積み様々なことに気づくことが出来る状態になった時に出てくる線です。
長ければ長いほどその悟りの領域や深さが深く、より多くの答えや真理、気付きを導き出せる状態といえるでしょう。特に人生経験が豊富になると長くなる傾向があるので、苦労の末成功している人や下積みが長い人はそのようになります。
短い場合は劣っているのかというとそうではなく、答えを導くための直観力が優れている状態と解釈することができます。簡単に言うと、長い場合はその答えの根拠がわかり、短い場合は根拠や理論よりも直感が鋭くなるイメージになります。

線の見方|線が濃い場合・薄い場合・ない場合

この線はそれまで全くない場合でも。経験を積み、いろいろな知識を得てその真理に近づいた時に表れる線です。そのため将来的に出てくる可能性もあるので、ないからといって落胆する必要はなく努力を重ねていけば自然と表れてきます。
しっかりと濃い場合は、それだけこの線が持つ意味が色濃く出ていると解釈して問題なく、自信をもって大丈夫です。薄い場合もその性質が成長している途中ということなので、さらに精進し努力すれば結果として表れてくるはずです。
またあまりにも薄く弱々しい線の場合は「未練線」と呼ばれる手相なので、その意味合いが大きく変わってきます。恋愛や結婚などでパートナーと別れた時に相手にまだ未練があったり、その思いが強いと表れる手相になります。

線の見方|右手と左手の違い

基本、手相を見るときには、現在や未来の状況を利き手で判断し、過去のことや資質を利き手とは逆の手で判断していきます。右手が利き手の方は、未来や現在の状況を右手で判断し、先天的な性質をを左手で判断します(左利きの場合は左右逆で見る)
右手に気付き線が出ている時の解釈は、これまでの経験や学んできたことが、自分のものとしてその力が発揮できる状態にあります。左手に出ている場合は、元々そのような資質や性格を持ち、ある種悟りを開くことが運命付けられていると判断できます。
両手に出る場合もあり、その時は自分の資質や才能が努力により良い流れで発揮出来て、結果や成功が近いことを示唆しています。どちらにあっても広い視野があったり、本質を見極める才能は高いので、失敗が少なく幸せに近い線といえるでしょう。

二重になっている気付き線の意味

線が一本ではなく二重に、つまり2本ある場合は大きく意味合いが変わり、一般的には「不思議ちゃん線」と呼ばれています。周りからは天然キャラに見えて、フワっとした雰囲気や個性的な性格が多くの人から愛され人気も高いのが特徴です。
突拍子もない言動や行動を繰り返し、ファッションなども一風変わっていますが、「この人ならしょうがない」と許される人です。多くの場合は人柄が良い方向に向きますが、TPOをわきまえないと空気が読めない人と思われるので注意が必要になります。
ただ人よりも感性が鋭い一面を持ち真理を見極める能力は持っているので、最悪の状況にはなりにくい特徴を持っています。年齢や経験を重ねてバランスが取れるようになると意外な能力を発揮してあっと驚く成果を成し遂げることがあります。

切れ切れになっている気付き線の意味

線の長さや濃さを問わず切れ切れの線になっている時には少し注意が必要になり、適切な対処が大切になってきます。線が切れ切れになっている時には自分の中に迷いがあったり、自信が持てなくなっている時の状態を表しています。
大きな決断をしなければいけない時にこの状態の時は、一旦立ち止まり、今一度判断を見直してみるのも良いでしょう。また身体的な問題や過度の精神的なプレッシャーを感じている時にも切れ切れになりやすくなるので、ケアをしっかりして下さい。
しかしあまり悲観することはなく、さらに経験を積んだり真理を追究するチャンスのタイミングと考えることもできます。すでに多くの経験や知識を得て一度真理に近づいているので、落ち着いて対処できればさらに幸福が近づくはずです。

直線になっている気付き線の意味

気付き線は薬指と小指の間の根元辺りから直線で斜めに親指に向かって延びていく線になり丸味を帯びている線は他の相です。近くに出る線で同じ直線の線である、太陽線や財運線と見間違いやすいので注意が必要でこちらは斜めではなくまっすぐの線です。
同じ場所で丸味を帯びた線は、金星帯の一部や相続線の可能性が高く、気付き線の意味とは違ってきます。直線で真下に複数本短く伸びている場合は医療線と呼ばれる手相で、医療関係で従事する人に表れてきます。
また、手のひらの真ん中を大きく縦に横切る直線になっている線は運命線であるので、気付き線ではありません。運命線は仕事や天命に関わる意味を持ち、太くしっかりしている場合は充実感を感じる人生を送ることが出来ます。

太陽線と交差する時の気付き線の意味

金銭的な運勢や社会的成功を表す手相である、太陽線がありますが、これが気付き線と交差する時には新たな意味を持ちます。太陽線とは薬指の付け根から手首に向かっていく線で、まれに若くして出ますが一般的には後天的な手相として晩年に線が現れてきます。
気付き線とは近い位置に現れる線になりますが、線が長く伸びていき、太陽線と交差した時は、人生に充実感を感じている時です。また近い将来、将来の安定を感じるような良い出来事や結果を得ることが出来る前兆ともなり、期待してその結果を待っても良いでしょう。
それは宝くじやギャンブルなどで得られる幸福ではなく、自身の努力や成果によって得られる幸福になります。すでに多くの努力や知識で、その本質や真理を掴んでいるはずですが、それが形となって表れる日が近いことを示しています。

島がある気付き線の意味

手相の線に水滴のような小さな線が出来ることがありますが、これを島や島紋といい、良くないことがおきる凶暗示を示します。これが気付き線に出来た場合も同じく、凶相であったりネガティブなことの前兆となるので注意が必要になります。
自身の気づきによって導かれた言動や行動により、良くない結果を引き寄せその結果、不幸なことを引き寄せてしまいます。また組織などの中で自分の考えや答えが賛同を得られず、孤立してしまう状況やそこから外される状況になることが考えられます。
原因や要因は外部にあることも考えられますが、内面的に乱れていたり、迷いが多い時にもこの線は現れてきます。もし自身の中に問題がある場合は早めに対処し、一度冷静に立ち止まり、周囲をじっくりと見渡す行動も必要です。

クロス(十字)がある気付き線の意味

手相の中に2本線で×印や+印の線が現れるとそれはクロス(十字)と言い、出る場所により様々な意味や解釈があります。凶暗示の意味になることが多いですが、場所によっては吉暗示になることもあり、解釈や見方が少し難しい線です。
また線が2本ではなく3本で星型になっているのはクロス(十字)ではなく、スターになり全く別の線になるので注意が必要です。残念ながら気付き線上の真ん中にある場合は、吉相ではなく凶相になり、自身の考えや行動に迷いが生じています。
それまでは確固たる自信を持ち、その真理に近づいていたと感じていましたが、それが揺らぎ立ち止まっている状態です。そのままで進むと、思うような結果にならなかったり、これで良かったのかと後悔が生じるので、改めて答えを考えてみましょう。

フィッシュがある気付き線の意味

手相にフィッシュと呼ばれる魚紋が出た場合は吉相となり、良いことが起こる前兆の印となる特殊な線になります。気付き線にフィッシュが現れた時の意味は長年の経験や積み重ねた知識が花開き、成果を挙げる前兆となります。
心身共に充実もしていて、仕事もプライベートも好調であり、不安や揺らぎがない状態を維持することが出来ます。自身のやってきたことが認められて何か良い知らせが舞い込んだり、功績が認められ周りから評価を受けることにもなります。
その結果、良い変化や良い流れになり今までの苦労が報われ状況が一変するような幸運が舞い込むことも出てきます。今まで考えてきたことや努力や頑張りが、間違いではなかったということを感じることが出来る時がもうすぐ起こるということです。

気付き線と未練線の違い

前記もしましたが、気付き線とよく似た線で未練線があり、見分け方は線の濃さや強さで判断するので見極めが難しくなります。見極めるのに一番簡単な方法は、自身に何か心残りのことがないか自問してみることが違いを判断する最良の方法になります。
普段と同じように過ごしていても、深層心理では気付かずに心に引っかかっていることがないかじっくり自分と向き合いましょう。特に忙しい毎日を過ごしている場合はそれとは気付かずにいることもあり、そのことが足かせになることもあるのです。
線だけで判断するには線の濃さを見ることになりますが、薄い線で弱々しく斜めに延びる線は未練線であることが多くなります。未練線が出ている場合は、引っかかっていることをそのままにせず一度じっくりと消化してから改めて過ごすことが大切です。

まとめ

知識や経験はその人の力となり深みになりますが、それが周囲に影響を与え、どのような形であれゆくゆくは自分に返ってきます。この線が出ている人は、ある種真理に気付き到達出来た人でもあるので、それは周りにも良い影響を与えていくでしょう。
ある種余裕も持っているので、人が目に付かないようなことでも気付いてしまいおせっかいを焼いてしまうこともあります。それが良い場合もありますが、伝わらずに良い印象を持たれにくいのが少しネックですのでそこは注意が必要です。
とはいえ、この線が現れる人は哲学的でもあり、スピリチュアル的ともいえるので魂の部分で高みに上り詰めた人でもあります。広い視野を持ち、色々なことを気付けるのはそれだけでも素晴らしい能力ですので、是非それを生かして更なる幸運を引き寄せて下さい。

合わせて読みたい