夢占い

店の夢は【自己顕示】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

Contents

店の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

店が出てくる夢は、「自己顕示」や「欲求」を象徴としています。
自己顕示とは、自分の存在を必要以上に他人に目立つようにすることをいいます。
夢の中に出て来た店で売られているものは、あなたが無意識に求めているものや必要であるものを意味しています。
多くの客でにぎわっているような繁栄している店であれば、あなたが多くのひとから注目されたいという自己顕示のあらわれです。
あなたは自分に対して自信があるのでしょう。しかし、本当に実力があるのかどうか振り返る必要があるようです。
反対に、お客がいなくて静まりかえっているような店であれば、人間関係で悩みやトラブルがあることを意味します。
自分に対して自信を失ってしまい、ネガティブ思考になっているようです。
このままではせっかくのチャンスも逃してしまいかねません。物事を前向きに考えるように意識してみましょう。
それでは、店の夢を読み解くポイントを紹介していきましょう。

店の夢を読み解くポイント?:印象・感情

店の夢を見た時に、あなたが受けた印象や感情に注目してみましょう。
夢の中に出て来た店の印象が新しいと感じられる場合は、あなたが自分の本当の魅力や才能に気付く必要があることを示しています。
誰かのマネではなく、あなただけの良いところを積極的に伸ばしていくと良いでしょう。
反対に、古くなってきた店を改装しているような夢であれば、あなたの欠点を克服するチャンスがきています。
過去の失敗やあなたが抱えているコンプレックスを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

店の夢を読み解くポイント?:行動・場面

二つ目のポイントは、店であなたがとった行動やどのような場面で登場したのかです。
店の中であなたが安定しているような夢であれば、自分のやりたいことが見つかる暗示です。
安定しているほどあなたの才能をいかすことができ、大きなチャンスにつながる可能性があります。
逆に不安定であるほど、自分の欠点に気が付いていないことを意味しています。
ものごとが上手くいかないのは、自分のやり方に問題があるのかも知れません。

店の夢を読み解くポイント?:登場人物

三つ目のポイントは、店に出て来た登場人物です。店に誰かが出てこなかったでしょうか?
誰が何を売っていたかによって、あなたの望んでいる物をあらわすことが多いので注目してみましょう。
店に関係している人が勧める商品の中にあなたが気に入ったものがなかった場合は、ないものねだりをしていることを意味します。
あなたと親密な人に高望みをし過ぎてはいませんか?相手の長所にも目を向けるようにすると良いでしょう。
また、身近な人が夢に出て来たのであれば、その人があなたの望みをかなえるキーパーソンになるかも知れません。

店が閉店する夢の意味

店が閉店する夢は、自分の中の欲求が叶えられるのは、まだまだ先であるということを暗示しています。その欲求は、欲しいと願っているものであったり、こうなりたい、と思っている状況であったりしますが、どちらも、手に入れるには時間がかかるようです。原因は、自分自身の努力不足の場合もありますし、周りの環境による場所もあります。もし叶えたい欲求のために、行動を起こそうとしているなら、それは今ではありません。この夢を見たことで、がっかりするかもしれませんが、時期が早いという暗示なので、叶わないわけではありません。今まで通りに過ごして、叶うときを待ちましょう。

店がオープンする夢の意味

店がオープンする夢は、自分ではまだ気づいていない、長所や魅力を持っている、ということを表しています。夢占いにおいて、店は欲求の象徴です。自分の潜在能力や、隠れた魅力をもっと引き出したい、自分自身で認めてほしいという、深層心理からの欲求を意味しています。自分への評価が低かったり、自分に自信がないと感じているかもしれませんが、まだまだ出せる力はあります。今まで経験したことのない分野へチャレンジしてみたり、苦手だと思っていることでも、挑戦してみましょう。新しい自分を発見することができ、自分に自信が持てるようになります。自分に厳しく接するのではなく、大きな心で前向きに接することも大切です。

店が潰れる夢の意味

現状の自分に対して、駄目な奴だと失望感を抱いている事を示しています。もっとも今の自分に諦めの気持ちがありやる気がなくなっている一方で、こんなはずじゃないという諦め切れない欲求も持ち合わせている際に見てしまう事が多い夢です。だからこそ、まずは自分を過小評価せずに信じてあげる気持ちをもっと強く持つ事が大事だったりします。同時に駄目だからと諦めずに、やれる事からコツコツと始める事がおすすめです。表面上では諦めていても気持ちの奥深くでは、自分はやれると信じている部分があるので、動き出しさえすれば駄目な現状を打破する事も期待出来ます。

店で怒る夢の意味

店で怒る夢は、強い欲求を暗示しています。自己アピールしたいことが多分にあり、感情を抑えきれなくなりつつあるとの意味合いがあります。冷静な自分を常に意識し、気持ちが暴走することを極力防いでいきましょう。一方でこの夢は、欲求そのものが高まっていることを暗示してもいます。目指すレベルが高いからこそ、多くの不満が噴出してしまうという構図があります。もっとも、欲求を抱くことは悪いことではありません。丁寧な言動や明確なビジョンにしたがって動いていくことが重要です。その上で他者への配慮を保つことができれば、人間関係は改善していくでしょう。

廃墟のような店にいく夢の意味

「廃墟のような店へいく」夢を見た場合の意味は、ある人間関係、または物事を終わらせたい欲求を象徴しています。 現実世界で何か終わりを考えている、終止符を打とうとしていることがあるのであれば、目を背けずに自分の中で答えを導き出しましょう。そうすることで新しいスタート、新しい出会いを受け入れることができるようになるでしょう。また、「廃墟」という場所は「過去から学ぶ」という意味もあります。そのため、もし終わりを迎えたいことについて悩みや不安が伴うようであれば、一度自分の過去を振り返ってみると、現状に生かせるものが見つかるかもしれません。

店が移転する夢の意味

店が移転する夢は「近いうちにあなたの生活に変化が訪れること」の暗示です。お店が印象的な夢はあなたが誰かに認められたいという願望の表れです。そのお店が新しい場所で再スタートを図るということは、現実世界でもまた新たに誰かに認められる必要があることを象徴していると言えます。この夢はそれ単体で良い意味も悪い意味も持ちません。生活や人間関係の変化はいつかは必ず訪れるものですし、大切なのは新しい環境で頑張りたいという気持ちです。この夢をきっかけに心も新たにして環境の変化を楽しんでいきましょう。そうすれば、あなたの誰かに認められたいという想いも自然と満たされていきます。

好きな人が店にいる夢の意味

好きな人が店にいる夢を見た場合の意味は、「好きな人に、自分を見てほしいという欲求」を、暗示しています。自分だけを見てほしい、自分にかまってほしい、という欲求が、深まっていることを、表しています。好きな人が恋人だったのなら、二人の仲を深めたい、もっと二人の時間を増やしたいと感じています。片想いの好きな人が出てきたのなら、片想いの相手の視線を、もっと自分に向けたい、という願望が、これまで以上に、強まっているのです。ただし、どんな場合であれ、相手に対しての欲求が強すぎます。気を付けないと、自分の気持ちを押し付けたり、相手の気持ちや行動を、束縛してしまうことになるでしょう。自分の気持ちを満たすことばかり考えず、相手のことを慮ることが、大切な時期です。思いやりを忘れないことを、意識して、心がけましょう。

行く店を迷う夢の意味

行く店を迷う夢は、あなたの決心のほどを暗示しています。大きな問題にぶつかっていて、何とか自分の心のうちを周りに示そうとしているとの意味合いがあります。もちろん、単に自己主張するだけでなく、周囲の理解を得ることが重要です。一方この夢は、欲求の強さをも暗示しています。求めるところが非常に大きいために、相手に対して受け入れられようと頑張ってしまうという構図もあります。独りよがりになることなく、丁寧に相手に気持ちを伝えていきましょう。その上で心からの誠実さを示すことができれば、対人運も大きく好転していくでしょう。

店で食事をする夢の意味

店は普段でも多くの要望を叶えてくれる場所ですが、夢に出てきた場合は自分の中にある願望や承認されたいという欲求の現れという意味を持ちます。夢で店でごはんを食べていたら、それはあなたの人間関係に関する願望や希望を現わしていることになります。一緒に食事をしているのが友人や知人ならもっと人との関わりを持ち交友関係を広げたいと思っていることを現わし、一人で食事をしているなら、交友関係を広げることに消極的になっていることを現わしています。また、知らない人物と食べている場合はこの後人間関係が大きく広がっていくことを暗示しています。

服の店に行く夢の意味

服の店に行く夢を見た場合は「【自己顕示】【欲求の象徴】のためにあなたの外見を変えること」を暗示しています。 現実世界に於いて、あなたが実現したいことやあなたの欲求はいろいろあると思います。その中には内面的なもの、外見的なもの、メンタルなもの、身体的なものなど様々あるでしょう。今回はその中でも「服」という一種外見的なものの欲求の実現を示唆することになりますがあなた自身の立場を意味している場合もあり売ます。服と言ってもその色、スタイルにも注してみてください。服によってあなたの希望がその程度実現できるか変わってくることも考えられます。

店が見つからない夢の意味

店が見つからない夢を見た場合は「「自己顕示 or 欲求の象徴 」がうまく定まらない」ことを暗示しています。 現実世界において、あなたはいろいろな希望、欲求を持っています。そしてそれらの欲求や希望は時として変わります。今一度、あなた自身の希望、欲求を自分自身で見つめなおしてみてはいかがでしょうか。その為には自分自身の立ち位置、状況をもう一度客観的に見ることも大切です。また周りの人との関わりにおいてもあなたの欲求は変わってくるかもしれません。周囲の人の意見も含め、あなた自身をもう一度見つめる良い機会かも知れません。

店を探す夢の意味

夢の中の「店」は、自身の自己顕示欲や欲求を象徴しています。あなたがそれを探しているということは、自分が本当はどうしたいのか、何を望んでいるのかをはっきりさせたいと感じているのかもしれません。現状を変えたいという願望、もしくはすでに周囲が変わってきていることを暗示しているので、目標を意識して行動を起こすには良いタイミングだと言えるでしょう。もしもその夢で、探していた店が無事に見つかったのであれば、現実世界でのあなたの現状が好転していくことを暗示しています。見つからずに探し続けている場合は、感情の整理が付かずに、少し焦っている状態なのかもしれません。

店が暗い夢の意味

「店が暗い」夢は、あなたの自己顕示欲の良くない側面が出てきていることを表しています。周囲に無用な自慢話をしすぎるということはありませんか。またSNSなどで承認を求めすぎる傾向があるということはありませんか。問題はあなたの自慢に対する周りからのリアクションにあなたが振り回されているということです。それは自分でも内心気づいているはずです。自己顕示欲は虚栄心と紙一重です。中身がなければ満たされることはありません。他の誰に承認されることがなくても肯定できるような、確固たる自信を自分の中に築き上げましょう。必要なのは現状の見直しと地道な努力です。

アクセサリーの店に行く夢の意味

「アクセサリーの店に行く夢」は、あなたの自己顕示欲が強くなり、他者に対してそれを強く主張したい、見せたい、という欲求がよく表れています。店にあるアクセサリーが大きければ大きいほど、あなたの自己顕示欲は高まっているといえます。なお、お店にあるアクセサリーの種類にも意味があります。ピアスなど耳につけるアクセサリーは、あなたの自己顕示欲が強くなっていることを表し、ネックレスは魅力の象徴とみることができます。ブレスレットは秘めたる力が増していることを表し、指輪は愛と約束の象徴となります。いずれにせよ、あなたの自己顕示欲が強く表れている夢なので、場合によっては気を付けたほうがいいでしょう。

友達の店に行く夢の意味

友達の店に行く夢を見た場合の意味は、「自己顕示欲の強い友人」を暗示しています。自己顕示欲の強い友人に対して、今後の付き合い方に悩んでいるのではないでしょうか。自己顕示欲の強い人というのは、承認欲求が強く寂しがり屋な傾向があります。本当は気が弱く繊細であることも多く、それを隠す為に自分を大きく見せようとして自慢話や自己主張を強くするのです。そういう人と付き合うのは精神的に疲れてしまうので、あまり関わらないようにうまくかわすのも良いでしょう。しかし実は人と仲良くしたいのに不器用なだけなのかもしれないので、思い切って相手の気が済むまで話を聞いてあげるのも良いでしょう。仲良くなれば意外と仲間思いで、良い関係を築けるかもしれません。

店を掃除する夢の意味

店を掃除する夢を見た場合の意味は「整った自分を他人に見せたい」という欲求の表れを暗示しています。現実世界のあなたは、考えや身なりなどを整えた自分を他人に見せたい気持ちが高まっているはずです。 夢の中で、掃除をしていた理由も思い出してください。例えば大好きな人が来るから掃除していたのであれば、現実世界でも思いを寄せる人のために変わりたいと思っているのでしょう。また、大切なお客様が来るという理由で掃除していたのであれば、仕事の商談を成功させるために、自分がスマートになる必要があると潜在的に考えているはずです。

店でトラブルが起きる夢の意味

訪れている見せでトラブルが起きる、というのは現実でもヒヤッとすることですが夢の中でもハラハラしてしまいます。店が夢の中に出てきた場合、それは自己顕示欲などの欲求を現わします。その店でトラブルが起こっている夢は一体どんな意味を持つのでしょうか。あなた自身がお店の人や客に対して怒ったりクレームをつけている夢なら、現実の状況にあなたが怒りや問題を感じていることを意味します。他の登場人物がお店の人や来客に対して怒ったりクレームをつけているシチュエーションなら、あなたが現在の状況や環境に納得がいっていないことを現わしています。

店を改装する夢の意味

店が改装している夢は、自分の中の改善点を見つけてほしいという、深層心理からの欲求を表しています。普段の考え方や振る舞いに、何か問題があるようですが、自分では気づかずに過ごしています。まだ特に問題は起きていませんが、放っておくと、何か影響が出てくる、ということを暗示しています。何もトラブルが起きていないのに、自分の悪いところや、問題点を見つけることは難しいかと思いますが、今一度、自分を見つめなおしてみましょう。また、自分の言動に対する周囲の反応に注意してみてもいいでしょう。自分の何気ない行動が、トラブルの基になるかもしれません。

店を買う夢の意味

「店を買う」夢を見た場合、新しい価値観を欲していることを表しています。現状維持ではなく、自身の中で何か変化を求めているようです。今まで興味がなかったものや、昔に苦手意識を持ったまま嫌厭していたことに目を向けてみるのも良いでしょう。また新たなコミュニティに加わることで自分とは違う価値観を持った人達と話をすることが出来、今までにない発見をすることがあるかもしれません。更にこの夢には隠された真の欲求という意味もあります。そのため新たに行動を起こすことが難しい場合には、本当に自分がしたいことは何なのかを考えてみると良いでしょう。

ラーメンの店に行く夢の意味

ラーメン屋さんに行く夢は、「自身のエネルギッシュな姿をアピールしたい(もしくはエネルギッシュな人物になりたい)」ことを暗示しています。 実生活において、あなたは周りの人よりも活力にあふれていることが誇らしい(もしくは他の人や過去/理想の自分と比較して「○○のように活動的になれたら……」と思っている)のかもしれません。どちらの場合でも、気づかぬうちにがんばりすぎていないか、困りごとを抱えすぎていないかチェックし、リラックスできる時間を確保したり、誰かに相談して問題を小さくしていきましょう。自分のエネルギッシュさを見せつけたいという欲求があるならば、自分の態度や行動によって他者を辟易させていないか、振り返ってみましょう。

店で待たされる夢の意味

店で待たされる夢を見た場合の意味は、「願望や欲求が、しばらくは叶わない」ことを、暗示しています。今、手掛けている計画などが、停滞して、思うように物事が進まないことを、表しています。問題が発生することも考えられますが、計画や物事を見直す機会が、与えられることも意味しているので、悪いことだけを、暗示しているのではありません。 また、待たされている時の自分の気持ちは、今後の先行きや、それに対して、自分がどうすれば良いかの、ヒントになります。不愉快だったり、嫌な気持ちだったなら、現実世界では、焦っても意味がないことを、示唆しています。一度、計画や自分の考え方の、見直しをするように、忠告されています。逆に、心が浮足だつような、楽しい気分だったなら、停滞した分だけ、結果が良いものになっていくことを、示唆しています。計画が停滞したとしても、できることを一つずつこなすことで、それが最終的に、大きな成果へと結ばれるでしょう。

お店に強盗が入る夢の意味

お店に強盗が入る夢を見た場合の意味は「自己顕示をしたいが、それに葛藤を感じている」ことを暗示しています。夢にでてくる「お店」はあなたの自己顕示をあらわしています。それを強盗が揺らがすというのは、自分の自己顕示をしたいという欲求にためらいや迷いがあることを表しています。もし、強盗により物を奪われひどい被害が起こる夢であればあなたの自己アピールが元で対人トラブルが発生する予兆をあなたが無意識に感じ取って警告している夢です。逆に強盗があらわれても、隠れてやり過ごすことで無事に逃げられる内容の夢であれば、あなたが自慢ととれる行動を控えることでトラブルは回避できることをあらわしています。

お店が混雑している夢の意味

お店で過ごしている夢は、自分と周囲の人たちとの関係に対する願望を現わしているとも言われています。夢の中で訪れたお店がとても繁盛していて混雑していた場合、それはあなたの将来の人間関係や交流の様子が良い方向に向かうことが暗示されています。混雑するほど繁盛しているお店、それと同じようにあなたの元にはたくさんの人との交流の機会が訪れ、対人関係が今後大きく発展していくことでしょう。新しい出会いはもちろん、懐かしい人との再会なども期待できますから、この夢を見たらしばらくの間は周囲の環境に目を配ってみてください。

香水のお店にいく夢の意味

香水のお店に行く夢は、あなたの異性関係が幅広いということを表しています。香水のお店のように、香水が2本とかではなく、たくさん出てきた場合は異性関係の多さの暗示です。たくさんの異性と同時に交際しているなどの心当たりはないでしょうか?複数の異性と交際していることは、基本的には良いことではありません。そのためこの夢をきっかけに、複数の異性とのお付き合いはいつかバレてしまうものなのだと考える必要があります。今はバレていなくとも、今後恋愛に関係するトラブルが起こってしまうかもしれません。自分の異性関係を見直してみましょう。

お店を経営する夢の意味

お店を経営する夢は「自己顕示欲が強くなっている」ことを暗示しています。あなたの今までの努力が報われ、高まる自己顕示の欲求が満たされる時が近づいています。面談のような、自己表現を要求される場面では、自分の魅力を上手にアピールすることができるでしょう。また、経営しているお店がどのような状態だったかを思い出してください。お客さんが並んでいたり、繁盛しているお店であれば、運気が上昇する兆しといえます。一方で、お店を経営し、働いている自分が印象的な夢であれば、職業に関する転機が近いことを暗示しており、転職や就職しやすいタイミングが巡ってきていると考えられます。

お店が火事になる夢の意味

お店が火事になる夢を見た場合の意味は「自己顕示の願望がかない、周囲に認められる」ことを暗示しています。火事の夢は運気の上昇を意味します。「店」はあなたの自己顕示の欲求を意味しているので、激しく燃え盛っている火事の夢であればあなたの自己顕示の願望は、勢いよく叶い、あなたの能力や魅力は周囲に認められるサイン。思い切って自己アピールをしてみることでチャンスをつかめるでしょう。火事の状態でも結果は変わってくるので思い出してみましょう。火よりも煙が目立つ火事の場合は残念ながら逆に運気は下降気味。いまはチャンスがつかみにくい時機と考え、心穏やかに過ごすようにしましょう。また、火が出ないで煙のみの火事の場合は、認められる時が来るのに時間がまだかかることを意味しています。

鞄のお店にいく夢の意味

鞄のお店にいく夢を見た場合の意味は「自己顕示の願望が叶う」ことを暗示しています。夢の中で「店」はあなたの「自己顕示や欲望の象徴」を意味します。また鞄は運気の向上を意味しているので、鞄を買おうとお店にいくのであれば、あなたの認められたいという自己顕示の願望や欲望はが満たされる、またはそれに協力してくれる人物が現れることを意味しています。やり遂げたいことがあるならば動き出すときでしょう。また鞄の状態が運の様子を表しているので、ピカピカの新品の鞄を手にする夢であれば運気はかなり高まっている状況。逆にボロボロの鞄を手にしているのであれば思うように行かない、協力者とトラブルになってしまうことをあらわしています。お店で自分が見ている鞄がどんなものであったか思い出してみましょう。

チョコレート店にいく夢の意味

チョコレート店にいく夢は「恋愛欲求の象徴」を暗示しています。恋をする心の準備は整っているですが、片思いの相手に振り向いてもらえない、現在の恋人が冷たいなどの理由で、恋愛欲求が満たされていない状態です。そのため自分を知って欲しいという自己顕示欲が強く表れています。また夢の中で、チョコレート店にいってどのような行動をしていたかにも注目してください。チョコレートを選ぼうとしている夢ならば、恋愛対象を一人に絞り切れていない状態です。一方で、チョコレートを購入したのであれば、今後恋愛や人間関係が良好になっていく予兆です。自分の魅力を発信し続けていきましょう。

いったお店が休みだった夢の意味

いったお店が休みだった夢は、自己顕示や節目を意味します。 これまでの色々な事に対して、一度区切りがつくことを伝えていますよ。 新しいスタートを切る時期の訪れを告げているので、それに 向けて準備を整えましょうという暗示です。 目まぐるしく環境が変化していくので、覚悟や精神力を高め、 その時を万全の態勢で迎えましょう。 また、助け舟を表します。 行き詰った時に手を貸してくれる人物が現れることを 知らせていますよ。今まで悩んでいたことも、的確にアドバイスを くれるので、思っていたよりも早く片付き、気分が楽になるでしょう。

夜にお店にいく夢の意味

夜にお店にいく夢は、自己顕示欲や運気の回復を意味します。 長い間苦しい環境が続いていた方は、これから少しずつ上向きに なっていくことを伝えていますよ。計画の見通しが立ったり、 将来設計に希望が見えたりと良い事が続くと示しています。 それにより活力も沸いてくるので、色々な発想が生まれ 次々に実行していけるでしょう。 また、願いが叶うと告げています。 ずっと願い続けている夢が実現する時期が近づいていると 知らせていますよ。 これは諦めず歩み続けてきたことが成果として表れるという意味なので、 自分を精一杯褒めてあげましょう。

お店に行列ができている夢の意味

お店に行列ができているを見た場合の意味は「自己顕示欲の高まり」を暗示しています。 現実世界で、「人に認められたい」「褒められたい」という欲求が反映されている夢です。ついつい自己主張が強くなりがちな状況も暗示しているので、周りの人に対して強引になってしまっていないかを冷静に考えたほうがいいでしょう。 また、お店の種類にも注目してください。レストランであれば、人とのコミュニケーションの中で認められたいという暗示でしょう。一方で、デパート等の複合施設の場合は、仕事や学校で自身の能力を認められたいという欲求を表しています。

お店から追い出される夢の意味

お店から追い出される夢は、自己顕示や依存心からの解放を意味します。 これまで依存していたものから解き放たれることを伝えていますよ。 精神力が高まり、自力で立ち上がろうと奮闘していることを示しています。 今のあなたはそういった意味ではターニングポイントにいるので、 是非この機会をチャンスだと思い、自身の成長のため努力していきましょう。 また、気力の増加を意味します。 さまざまな事柄に対し、頑張りたいという強い思いが沸き出していますよ。 それによりどんなことでも率先してやり遂げる強さが備わってきて いると示しているので、この勢いを忘れずに歩みを進めましょう。

お店でクレームを言われる夢の意味

お店でクレームを言われる夢は、自己顕示欲や対人運の低下を意味します。 噂話や大きな揉め事に巻き込まれ、被害が降りかかると知らせていますよ。 この状況ではあなたが疲弊してしまうので、まずそういった人たちと 向き合い話し合う事が必要だと示しています。時間をかけて対話を続ける 事で、大きな問題にならず収束していくでしょう。 また、優先順位を間違っています。 物事を進めていくにあたり、優先的にこなさなければならない ものの順序を間違えてしまっていると伝えていますよ。 順調に進まないと感じているのであれば、見直してみると 良いでしょう。

店主が出てくる夢の意味

店主が出てくる夢は、自己顕示欲や希望を意味します。 これから先の事について、大きく前進できていると知らせていますよ。 やりたい事や目標が定まったことで、希望が持てるように なっていると示しています。 とても前向きに物事を捉えられているので、冷静に何が一番 最善かを嗅ぎ分けていく能力も高まり、着実に進み続けていけるでしょう。 また、実力を発揮すると示唆しています。 環境が合わず、なかなか活かせなかった能力を 思いっきり出し切れる場所が見つかると暗示していますよ。 それにより勢いや自信がつき、すごいスピードでさまざまな事を 成し遂げていけるでしょう。

店員の態度が印象的な夢の意味

店員の態度が印象的な夢は、自己顕示欲や誤解を意味します。 本来の良さを出す事が出来ず、誤解されてしまいそうですよ。 心をなかなか開けず疑心暗鬼になっており、 素直さが無くなっていることを示しています。 もう少し気軽に接していくと本当の良さを分かってもらえますし、 価値観の似た仲間にも巡り会えるでしょう。 また、人との関係の複雑さを表します。 しがらみが多く、派閥争いなどに巻き込まれる危険が高まっていますよ。 どちらに身を置くのがベストなのか困惑した状態だと 示しています。激化を防ぐのであれば、どちらにもつかず おさまるまでは静観しましょう。

合わせて読みたい