高次元の存在

宇宙連合の司令官アシュタール!その活動と交流方法3選

アシュタールは、11次元にいる光の存在です。11次元はアセンドマスターが到達する次元であり、その次元にはキリストや仏陀などもいます。

アシュタールは「スター・オブ・アシュタ−ル」と呼ばれる宇宙船の艦長であると同時に、地球外の存在や人間で組織された「宇宙連合」の司令官でもあります。

今回は、謎に満ちたアシュタールの正体や、アシュタールと地球の関係、アシュタールの活動、アシュタールと交流する方法について解説します。

アシュタールは宇宙連合の司令官!地球との関わりは?

アシュタールはかつて、金星に住んでいました。しかし、環境破壊により太陽光線を遮る大気圏が破壊され、熱すぎて住めなくなってしまいました。そのため、アシュタールは仲間と共に宇宙船に乗り、金星を脱出しました。

他の星に移住する仲間もいましたが、アシュタールは宇宙船に残りました。そして宇宙連合を立ち上げ、宇宙に愛と平和をもたらすべく活動しています。宇宙連合は、様々な星の宇宙人やマスター、天使などで組織されていますが、中には人間に転生しているメンバーもいます。

アシュタールは、遠い昔から地球が金星と同じ運命を辿る可能性があることを予測していました。そこで、地球が滅亡の道を歩むのを防ぎ、無事にアセンションできるよう様々な支援をしています。

アシュタールの使命は?宇宙に愛と平和をもたらすこと

アシュタールの使命は、宇宙に愛と平和をもたらすことです。現在、地球は愛と平和に満ちた星とは言えないのに加え、たくさんの核兵器まであります。もし核爆発が起きれば、その影響は地球だけにとどまりません。

世界的に有名なエンジェルセラピストのドリーン・バーチューは、「地球で核戦争が起きれば、宇宙にも悪影響が拡散してしまう」と語っています。また、カナダの元国防相大臣ポール・ヘリヤーも、「宇宙人は我々が再び核兵器を使用しないか心配している。なぜなら宇宙はすべて繋がっていて、核兵器は他の惑星にも影響を与えるから」とマスコミの取材に回答しています。

そのこともあり、アシュタールは地球のアセンションを成功させることに注力しています。

なお、アシュタールのチャネラーであるテリー・サイモンは、「日本人は地球のアセンションを促してゆくリーダーとして、真の愛を広めてゆく役目を担っている」と語っています。

アシュタールとスターシードが約束したこととは?

「スターシード」とは、地球のアセンションを手助けするため、様々な星から地球に転生してきた魂たちです。

アシュタールは、遠い昔から地球が金星と同じ運命を辿る可能性があると予測していました。そこでアシュタールは、プレアデスやシリウスなど様々な星を訪れ、地球のアセンションを手助けしてくれるよう依頼したのです。

多くの勇敢な魂たちがアシュタールの呼びかけに応え、地球に転生しました。ヒーラーなどになり地球で活躍しているスターシードがいる一方、地球に馴染めず苦労しているスターシードもいます。

大抵のスターシードは、地球より精神的に進んだ平和な星に住んでいました。そこから戦争やイジメなどが蔓延する地球に転生したのですから、馴染めないのも無理はないでしょう。

しかし、現在はアセンションの影響で地球の波動も上昇しているため、スターシードが本来の使命を果たしやすい時代になりつつあります。

世界に約100万人いるとされるスターシードですが、日本には特に多く、約24万4000人いると言われています。

アシュタールの仕事は?主に行っている3つの活動

アシュタールは、宇宙に愛と平和をもたらす活動の一環として、地球のアセンションを手助けしています。

アシュタールの地球での活動は、大きく分けて二つあります。一つは「地球人の目覚めを促すこと」、もう一つは「闇の勢力から地球を守ること」です。宇宙には、地球のアセンション失敗を望む闇の勢力もいるため、アシュタールはそうした存在の影響力を抑える活動も行っています。

ここでは、アシュタールが行っている活動を3つご紹介します。

アシュタールの活動①メッセージを送る

アシュタールは地球人が無事にアセンションを実現できるよう、チャネラーを通してメッセージを送っています。

アシュタールのメッセージは、チャネラーのブログやYouTubeにアップされています。ただし、そのすべてがアシュタールからのメッセージとは限りません。闇の存在がアシュタールを騙っている可能性もあるのです。

実際、アシュタールのチャネラーであるミナミAアシュタールは、次のようなアシュタールからのメッセージを伝えています。

「アシュタールのメッセージだから良いメッセージだろう、という姿勢で聞かないでください。そうした姿勢でいると、ネガティブな存在からのメッセージに翻弄されてしまいます。メッセージに託されたエネルギーに愛があるか、しっかり自分の心で見極め、受け取るか受け取らないか決めてください」

読んで心が温かくなったり、良い気分になるメッセージはアシュタールからのメッセージだと考えられますので、参考にすると人生が良い方向に向かうでしょう。

アシュタールの活動②スターシードに点火する

世界各地にいるスターシードに「点火」するのも、アシュタールの役割です。

地球を救うために地球に転生したスターシードですが、3次元のルールにより、転生した瞬間にその使命を忘れてしまいます。そこでアシュタールは、スターシードに「星の種(スターシード)」を埋め込みました。

アセンションの時代に地球が滅亡の危機に瀕したとき、チャネラー等を通じてアシュタールと会うことで、使命を思い出せるようにしたのです。アシュタールは、その作業を点火と呼んでいます。

なお、スターシードは、元々14万4000人だったと言われています。しかし、現在に至るまでアシュタールが各星に協力要請を続けており、また元は一つだったスターシードの魂が枝分かれして増えたこともあり、現在では世界中に約100万人いるとされています。

日本は「精神性が高かったレムリアのエネルギーが残っている土地であること」「人に貢献するよう教える文化があること」などの理由から、スターシードが多く存在しています。

アシュタールの活動③地球を守護する

アシュタールやバシャールなど、地球のアセンションを成功させようと援助する光の勢力がいる一方、アセンションの失敗を望む闇の勢力もいます。

なぜ闇の勢力がアセンションの失敗を望むかというと、闇の勢力は人類の怒りや不満、恐怖、絶望といったネガティブなエネルギーを食料にしているからです。

グルジェフは、人間を「月への食料を提供する家畜」と表現していますが、これは比喩ではありません。伊勢白山道は、「月には人間のネガティブなエネルギーを集める機能があり、それを定期的に闇の存在が摂取している」と語っています。

闇の勢力は、人間にはいつまでも食料を提供する家畜でいてほしいため、地球上のあらゆるところでネガティブなエネルギーを生み出すべく活動しています。

アシュタールは、大天使ミカエルやセント・ジャーメンなど他のアセンドマスターたちと協力して、こうした闇の勢力から地球を守っています。

ちなみに、伊勢白山道は「闇の勢力にとって感謝のエネルギーが一番不味い」とも語っています。普段からなるべく多くのことに感謝すれば、闇の勢力を遠ざけることになり身を守れます。

アシュタールと交流する方法!誰でも交流できる?

宇宙に愛と平和をもたらす活動をしているアシュタールとの交流は、人生に愛と平和をもたらす手助けになります。

インターネットでアシュタールのチャネリングメッセージを読むことが、一番手軽にアシュタールのメッセージを受け取る方法です。しかし、それは一般向けのメッセージです。

知りたいことが書いていないこともありますし、アシュタールに質問することもできません。

そこで、ここではアシュタールと交流する方法を3つご紹介します。

アシュタールと交流する方法①チャネリングする

チャネリングは、誰にでもできます。感謝できることを連想して波動を高めた後、アシュタールに意識を向け、「光を選択して表現しているアシュタールのみ私に接触できる」と宣言すれば、アシュタールと交流できます。

しかし、アシュタールは高次元の存在のため、受け取ったメッセージを顕在意識がキャッチできない可能性があります。また、後述のとおりチャネリングには危険もあります。

ですから、無理にアシュタールと対話しようとするより、たんに「愛と平和に満ちた人生になるよう導いてください」とお願いしたほうが良いかもしれません。

ドリーン・バーチューは、次のようなアシュタールからのメッセージを伝えています。

「あなたが必要であるならば傍に来ます。私はあなたを外部の悪影響から守りぬくことをお約束します」

意識では気づかなくても、願えばアシュタールは人生が好転するよう導いてくれるでしょう。

アシュタールと交流する方法②個人セッションを受ける

アシュタールのチャネラーを通じて、アシュタールからメッセージを受け取ることもできます。アシュタールと繋がりのあるチャネラーからメッセージを受け取った方が、個人でチャネリングするより安全でもあります。

グループセッションもありますが、聞きたいことがたくさんある場合は個人セッションがオススメです。

アシュタールのチャネラーは世界各地にいますが、有名なのはテリー・サイモンでしょう。フルトランスの状態でチャネリングを行うため、明確にアシュタールのメッセージを伝えられると言われています。

日本では宇咲愛やミナミAアシュタールなどが、アシュタールのチャネラーとして活動しています。

アシュタールと交流する方法③ジュエリーを身につける

アシュタールと繋がりを持ちたい場合は、「ライト・オブ・アシュタール」を身につけるのも一つの方法です。

ライト・オブ・アシュタールとは、洋子ヤマグチがアシュタールと協力し製作したジュエリーです。洋子ヤマグチがベランダで瞑想中、「あなたが作りなさい」とアシュタールからメッセージを受け、作ることになりました。

このジュエリーは、貴重なクリスタルをベテラン職人が加工し、1ヶ月かけて浄化した後、洋子ヤマグチがアシュタールと繋がって製作します。

今までに発見された石とは波動の次元が違うと言われる「ディバイン・クォーツ」など波動の高いクリスタルに、アシュタールが高次元の波動を付与しているため、理想の自分に進化する手助けをしてくれると言われています。

ライト・オブ・アシュタールは、決して安くはありません。貴重なクリスタルを素材に使い、一流の職人が手間暇かけて作っているからです。しかし、高次元のアシュタールのエネルギーを身近に感じられることから、多くの人々を魅了しています。

アシュタールのメッセージを受け取るときの注意点は?

アシュタールのメッセージに限りませんが、読んで心が温かくなったり、良い気分になるメッセージのみ受け取ったほうが良いでしょう。

なぜ感情で判断するかと言うと、「感情は魂の言語」だからです。読んでいてポジティブな気分になるメッセージは魂が喜ぶメッセージなので、魂が喜ぶ人生を送る手助けをしてくれます。

なお、個人でチャネリングをするときは注意が必要です。人外と交流するチャネリングに危険はつきものですが、アシュタールとのチャネリングも例外ではありません。アシュタールと交流するのが問題なのではなく、「アシュタールを騙る闇の存在」と交流する可能性があるのが問題なのです。

とはいえ、必要以上に心配するのは逆効果です。なぜかというと、闇の存在を怖れるネガティブな波動でチャネリングすれば、波長同通の法則によりネガティブな存在を引き寄せてしまうからです。

個人でチャネリングする場合は、「部屋にある不用品を処分して掃除する」「川のせせらぎや鳥のさえずりなど高周波が含まれた自然音を流す」「精霊が宿るとされる石油無添加のアロマオイルを焚く」「感謝できることを数個思い出す」などして、なるべく波動を高めた状態で行ったほうが良いでしょう。

まとめ

以上、アシュタールの正体や、アシュタールと地球の関係、アシュタールの活動、アシュタールと交流する方法について解説しました。

アシュタールは、地球がアセンションして愛に満ちた平和な星になることを願っています。ですから、アシュタールのメッセージには、人生に愛と平和をもたらすヒントがあります。

なお、アシュタールに願えばアシュタールは人生に愛と平和をもたらすよう手助けしてくれますが、願わなければ何もできません。アシュタールに限らず、いかなる存在も自由意思を侵害することは許されていないからです。ですから、はっきりと手助けしてくれるよう、お願いする必要があります。

アシュタールは高次の存在のため、一度にたくさんの人と繋がり、手助けすることができます。また、人類を手助けして地球に愛と平和をもたらすことは、アシュタールの願いでもあります。ですから、気兼ねなくアシュタールに手助けを求めてみてください。

合わせて読みたい