手相

陰徳線の見方|特徴別に解説するビジュアル手相占い

陰徳線という手相をご存知ですか?陰ながら人のために善い行いをしている人に現れる手相で、とても運勢の良い相を表しています。見返りを求めずに尽くせば尽くすほどその人の徳は積まれていき、手相もどんどん良い相へと進化していきます。また、線の上に現れる特殊紋の種類によっても、いろいろな意味を持ちます。現れた特殊紋によって、この手相がもたらす吉運が上がったり下がったりと全く違う意味を表すのです。ここでは、陰徳線についての詳しい説明とより吉運に進化させる方法、そして特殊紋との相乗効果などその全てをご紹介いたします。

陰徳線の見方|基本的な位置と意味

陰徳線は手のひらの親指の下あたりの盛り上がった部分に、縦方向に伸びる2本以上の線のことを指します。親指の下の盛り上がり部分は細かく薄い線がたくさんあります。その中で「濃く」「長い」「複数」の線かどうかが陰徳線を見分けるチェックポイントです。陰徳線はその名前の表す通り、その手相の持ち主が「陰ながら徳を修めている人格者」であることを表します。匿名で寄付をしたり、見返りを求めない奉仕活動をしている人の手に現れる非常によい手相です。

短い線・長い線の意味

陰徳線の長さはその人がどれだけ陰ながら徳を修めているかを量るバロメーターになります。善い行いをしていても、それが公の活動であったり無償のサポートではなかったりすると線は短いままになってしまいます。見返りを求めない善行を積み重ねていくことで、線は長く伸びていきますので心配はありません。落ちていたゴミを拾ったり使った後の公衆トイレを掃除して出るなどの身近なことから始めていきましょう。自分の利益を求めず陰ながら善い行いを続けていくことが大切です。小さなことの積み重ねが、陰徳線を長く伸ばしてくれますよ。

陰徳線がない時の意味

もし今、手のひらに陰徳線が現れていなくても心配はありません。陰徳線は日々の行いによって手のひらに刻まれていきます。まずは、家庭や身近な場所で見返りを求めない手助けをしてみましょう。家で家事を率先してやるとか職場や学校で気が付いたところを掃除するなど、自発的に人のための善行を行ってください。人のために行動を起こすということが普通になってくると、見返りを求めない奉仕という考え方が自然に身についてきます。そしてその行動の積み重ねにより、いつの間にか陰徳線があなたの手のひらに現れてくるでしょう。日々の陰ながらの善行の積み重ねがあなたの手相を吉相へと導いてくれるのです。

濃い・薄い時の意味

では、親指の下の盛り上がり部分に薄い線しかない時は何を意味するのでしょうか。線が薄い場合は「陰ながらの奉仕」がまだまだ足りていないということを表しています。自分の義務としての活動はするけれども、完全に無償の奉仕をすることには抵抗があるという時には線は濃くなってきません。家庭を支える専業主婦の方は、喜んで家事をしている場合は線が濃くなりますが嫌々している場合は線が薄くなります。自分の喜びとして、人のために働ける人に陰徳線は現れてきます。「情けは人のためならず」ということわざの通り、人のためにした働きが吉相となって自分自身に幸せを運んできてくれるのです。

2本ある陰徳線の意味

短い線が2本ある時は、特別に「カリスマ線」という名前で呼ばれることがあります。この線は統率力があり多くの人を指導していく力を持っていることを示しています。この線を持つ人は特別な雰囲気を持ち、多くの人に慕われたり尊敬されたりする特徴があります。組織や団体の中で中心的な役割を担い発展や成功に導く役割を持っている人徳者ですが、他人への奉仕という意識が足りません。カリスマ線を陰徳線に成長させるには自分の成果より他人の手助けを優先するように心がけましょう。
カリスマ性に奉仕の心を持つ人間性が加わることで、あなたの魅力が倍増し吉運を引き寄せてくれます。

島がある陰徳線の意味

手相において線の上に島がある時は、その線の持つ良い運気を滞らせてしまうという意味があります。陰徳線の上に島がある時は、奉仕のつもりの行動が「ありがた迷惑」だったり、「陰ながら」ではなかった可能性があります。「誰かに認められたい・褒められたい」などの欲望から行動していなかったかを振り返ってみましょう。この場合は、人間関係にトラブルが生じたり、物事がうまく進まなかったり突然だめになるなどの障害が現れたりします。もし陰徳線上に島があったら、自分が人のためと思ってしていることが本当に見返りなどを求めていないかを見直してみましょう

枝分かれしている陰徳線の意味

手のひらの陰徳線の枝分かれの位置を見た時に、手首側が分かれているか手のひら側が分かれているかでその意味が違ってきます。・手首側の枝分かれの意味人のために役立つ活動をしたいと思っていても、他人の目が気になってすぐ行動に移せないことが多いことを表しています。しかし、人に評価されなくても行われる善行にこそ価値があることを忘れないでください。・手のひら側の枝分かれの意味手のひら側の枝分かれは陰徳線の本数が増えていっていると考えられます。つまり、あなたの陰ながらの善行が多くの人の幸運につながっていることを示しています。

三又に分かれている陰徳線の意味

手相において、線の先が三又に分かれている時はその線の意味が最大限に引きあがります。濃く三又に分かれている陰徳線は、今まで陰ながら行ってきた善行が多くの人の幸せに繋がっているということを示しています。
このまま、無償の奉仕の気持ちで善い行いを続けていきましょう。しかし、この三又の線が薄い場合は奉仕の気持ちが少し不安定だということを示しています。心から無償の奉仕をしている時と誰かに認めてもらうために奉仕をしている時のばらつきがあるのではないでしょうか。線が薄くても、あなたが見返りを求めない善行を続けることでだんだん濃くなってくるので心配はいりません。

スター(星)がある陰徳線の意味

短い3本から4本の線が交差してできた特殊紋はスターと呼ばれ、突然手のひらに出現する吉相です。スターはスター性の発現や人気運の上昇を表す幸運の相です。この特殊紋が陰徳線の上に現れる時は、恋愛運や愛情運が急上昇する前触れとなります。陰徳線の現れる親指の下のふくらみは愛情運を表す場所です。ここにスターが出現した時は、あなたの奉仕的な活動を認めてくれて好意をもってくれる人が現れることを示しています。親指の下がしっかり盛り上がっているほど、スターの効果は発揮されます。新しい出会いがあったり、現在の人間関係に発展があったりするでしょう。

クロス(十字)がある陰徳線の意味

クロス(十字)は、×や+のように2本の短い線が交差してできた特殊紋です。この線は障害線とも言われ、少しの例外を除き凶相とされています。陰徳線の上に出現した時は、愛情面でのトラブルが起こる可能性があります。特に、カリスマ線上に現れた場合は組織の中で浮いてしまったり衝突してしまったりという人間関係のトラブルを示しています。手のひらの親指の下部分がしっかり盛り上がっていない時は、愛情面においてこのクロスの凶相が強調されてしまいます。この場合、失恋や離婚など大切な人との別れを暗示しているとも言えます。陰徳線上にクロスが現れた場合は、相手のためと思ってしている行為が本当に相手のためになっているのかを顧みてください。

フィッシュがある陰徳線の意味

フィッシュは手のひらに現れる魚のような形をした特殊紋で、突然出現する吉相です。
めったにない吉相で、フィッシュが濃く現れた時はもうすぐ大きな幸運が訪れる予兆と言えます。フィッシュは出現した手のひらの盛り上がり部分の表す運気を強調して向上させるという働きがあります。フィッシュが陰徳線の上に現れた時は、愛情面でとても大きな幸運がやってくることを示しています。ずっと片思いをしていた相手と結ばれたり、思いがけない良縁で結婚が決まったりということが起こるでしょう。カリスマ線の上に現れた時は、大きな仕事が舞い込んだりこつこつやってきたことが評価されて昇進したりという幸運が訪れます。

グリル(格子紋)がある陰徳線の意味

グリル(格子紋)とは何本もの縦線と横線が格子状に交差した特殊紋のことです。一般的にはグリルの下の線の意味をマイナスにしてしまう凶相と言われていますが、現れる場所によっては吉相の場合があります。陰徳線上にグリルが現れた時は、グリルは家庭円満を表す吉相となります。親指の下のふくらみがしっかりとしていてグリルが現れている場合は、愛情深い家庭人ということを表しています。この相があるということは、持ち主の家族全員がお互いを思いやり団結しているということです。ただし反面、家族の絆が強いため親離れ・子離れのタイミングが難しいという面もあります。

スクエア(四角紋)がある陰徳線の意味

スクエアとは4つの短い線でできた四角(□)や格子(#)の形の特殊紋です。スクエアは一発逆転のように運勢を大きく転じるという意味があり、現れる場所によって吉となったり凶となったりします。陰徳線上にスクエアが現れた時は、恋愛や愛情面での危機において最悪のパターンを免れることができることを示しています。ライバルが現れたり相手が心変わりしたりしても、最終的にはあなたの元に戻ってくるという結果になります。また、親指の下のふくらみは身内を表していますので、ピンチの際に家族や身内が力になってくれるということも表しています。

切れ切れになっている陰徳線の意味

手相において相が切れ切れだということは、その線の意味が弱まって不安定になっていることを表します。陰徳線が切れ切れの時は、陰徳の積み方が不安定だということが考えられます。相手のためだと思っていることが相手の負担になっていたり、心の奥底で奉仕が認めてもらえないと不満をもっていたりしませんか?また、切れ切れの陰徳線は愛情不足も表しています。損得勘定で愛情を量ってしまい、与えることも受け取ることもできないような状態の時も線は切れ切れになります。家族や恋人などに見返りを求めず愛情を注ぐように心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?陰徳線は日々の陰徳の積み重ねによって、誰の手のひらにも現れる可能性のある吉相です。そして、陰徳を積み重ねることで陰徳線はどんどんその吉運を進化させていきます。損得勘定の無い無償の奉仕によって徳を積んでいくことで、結果として運勢が上昇して幸運が自分のもとにやってくるのです。陰徳線がどのような状態で手のひらにあるかを見ることで、自分の日頃の心の在り方や行動について客観的に知ることができるとも言えます。ぜひ自分の心のバロメーターとして、こまめに陰徳線をチェックしてみてくださいね。

合わせて読みたい