夢占い

婚約の夢は【恋愛関係】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

婚約の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

夢占いにおいて婚約の夢を見た時に、その夢が表す意味とは「恋愛関係」です。婚約者がいるといわれれば誰でもその人には恋愛関係の相手がいると分かりますよね。婚約というのは男女二人が、将来は夫婦になろうと誠心誠意誓い合ったことを表しています。つまり夢占いのとおり恋愛関係を示しているのです。

また婚約の夢には「現在の環境への不満」といった意味も持ち合わせております。婚約して将来は結婚を考えているということは、今の自分の環境を変えてしまうということ。他人と共同生活するというのは大きな変化です。そこから現在の環境への不満が溜まっており、変化を起こしたい心理を表しています。

他にも実は「警告夢」を暗示しています。マリッジブルーと呼ばれる現象のように、将来を共にするということは大きな決断が必要です。そのため本当にその相手と婚約してもいいのか再度確認しなさいという警告夢にもなるのです。

婚約の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

夢を理解するうえで重要な要素の一つになるのが、自分の思いです。

婚約の夢を見た時に気持ちが明るくなるほど、今恋人がいる人は素敵な関係性を築けている暗示になります。何も問題なく将来も幸せな未来を順調に引き寄せられる夢なのです。また今恋人がいない人は、今後素敵な相手が現れることを暗示しています。結婚を前提とした素敵な恋愛を始められるのです。

反対に気持ちが暗くなるほど、恋愛関係に陰りが見え始めている暗示になります。何か思い当たる点がないか考えてみましょう。友人に相談してみることが解決の糸口です。

婚約の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

婚約の夢を見た時、どのような場面だったでしょうか?

婚約の夢が穏やかな場面であるほど、未来が期待に満ち溢れていることを示唆しています。同じ調子を維持しながら迷わず前へ進んでいくことが大切です。

反対に婚約の夢が緊迫した場面であるほど、現状に強く不満を抱いており早急に変えたいという心理を表しています。何か思い当たる点はありませんか?すぐにこれまでとは違った行動を取ってみるなど、新しい取り組みをして環境を変えてみることが大切です。

婚約の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

最後に婚約の夢には誰か人物は現れていませんでしたか?

夢占いにおけるキャラクターがどのような意味を持つのか見ていきます。

婚約の夢の中に出てきた人物が知らない異性である場合、現在パートナーがいる人は現状の恋愛関係に不満を感じていることを表しています。本当にこの人と一緒にいてもいいのか懐疑的になっている証なのです。話し合いを重ねてみることが二人の仲を深めてみる鍵となります。一方で現在想い人がいないシングルの方は、今後素敵な相手が現れることの暗示です。身近な女性に紹介してもらえると一歩前進できます。

また夢の中に出てきた人の数が多ければ多いほど、人との接し方に戸惑っていることを表しています。一度整理してみて、何が自分にとって大切か改めて見直してみる必要があります。

合わせて読みたい