夢占い

桃の夢は【恋愛運】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

桃の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

桃の夢のキーワードは「吉兆」「体力」「恋愛運」です。

中国では昔から桃は縁起が良く邪気を払ってくれる食べ物とされており、万能薬・不老長寿の食べ物として語られてきました。中華街などで桃饅を見かけたりしますよね。それくらい縁起の良いものとして扱われてきました。桃は吉兆のシンボルなのです。

他にも、桃の夢はあなたの体力を反映していることがあります。邪気を払い体を元気にしてくれる食べ物なので、体力自体にも関連付けられているようです。

そして桃は傷みやすく繊細な様子が女性を、みずみずしさが若い男性をイメージさせるため、恋愛運も象徴しています。結婚願望や妊娠願望が高まっているときにも桃の夢をよく見るようです。

桃の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

桃への印象は、あなたの運気を反映しています。

夢の中の桃に、食べたくない・触りたくないなどの気がかりな印象を抱いたときはあなたの運気が下がっている暗示です。邪気を払ってくれるはずの桃自体が良くない雰囲気をまとっているので、良くない出来事に気をつけなさいという警告夢になります。

逆に食べたい・触りたいなど桃に対してポジティブな印象を抱いたときは、あなたの運気が上昇傾向にあります。障害や敵に出会わなかったり、うまく乗り越えられたりするでしょう。

桃の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

食べた桃の味がしなかった・食べてみたら腐っていたなど思わず眉をひそめてしまうような場面の場合、その夢はあなたの体が疲れやすくなっていることを暗示しています。年齢やあなたの体力に見合わないようながんばり方をしていないでしょうか?今一度、自分が無理をしていないかどうか振り返ってみましょう。

熟した桃を食べてとてもおいしかった・きれいな桃をたくさん収穫したなど満足感のある場面なら、あなたがやる気に満ちている暗示です。体力・気力ともに十分で、特に心配すべきこともないでしょう。

桃の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

桃の夢に出てきた人は、あなたの恋愛運にかかわりがあります。

異性が出てきたら、あなたが現実世界で誰かに好意を持たれている暗示です。心当たりがあり、いやな気分もない場合は積極的にアピールしても良いでしょう。心当たりがない場合は、相手からのアプローチを自分磨きをしながら待つと良いです。

同性の人が出てきたら、恋愛トラブルに巻き込まれることを警告しています。思わせぶりな態度をとって三角関係に…。なんてことにならないように、普段の言動に十分気を付けた方がよさそうです。

合わせて読みたい