夢占い

出血の夢は【生命力】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

出血の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

出血の夢は生命力の高まりを意味し、血の色が鮮やかであるほど激しい感情やエネルギーの高まりを意味する夢になります。
喜び、怒り、悲しみなど全ての感情において激しく心を揺さぶられる出来事が起こりますが、最終的には良い結果を迎えるでしょう。
抱えていた悩みや問題があなたの日頃の努力によって、近い将来に解決することを表しています。
また、恋愛面なら恋人と情熱的な関係が築けたり、今後とても心を惹かれる相手と出会うことを予知しています。
出血した血の色がどす黒かったなら自己犠牲を表し、あなたは誰かのためにやりたいことを我慢しているのでしょう。
心身ともに疲れている状態や金銭面でトラブルに巻き込まれる場合もあるので、注意が必要です。

出血の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

大量の血を流している夢は生命力の象徴で、あなたのエネルギーがどんどん高まっている状態をあらわしています。
とても意欲的で情熱もあるので、普段ならとても出来ないと思えることでも難なくこなしてしまうことでしょう。
出血を不気味に感じてしまう夢ならあなたが普段、我慢していることが何かのきっかけで爆発してしまう暗示があります。
自己犠牲を感じている場合、周りの人に自分の気持ちをうまく伝えてトラブルを回避するようにという夢からのメッセージです。

出血の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

出血が続きどんどん血が出ていくことを不安に思っている夢は、あなたの生命力が落ちていて気力が低下しているのをあらわします。
血がなくなると感じていたなら、体力の限界も近く早々に休息をとるなどして体を休めるようにしましょう。
出血の夢は金運を意味する場合もあるので、血がどんどん無くなる夢は実際に出費がかさんで経済的に苦しくなることを意味します。
出血で血まみれになるのは生命力の高まりと運気が上昇する吉夢となります。

出血の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

身近な人が出血している夢は血の色が鮮やかなら、その人のエネルギーが高まって仕事運が上昇していることをあらわしています。
血の色が黒ずんでいるなら、あなたがその人の健康を心配していたりトラブルを起こすことを懸念していることを示します。
知らない人が出血しているなら運気の低下を表し今、何か新しいことを初めてもうまくいかないことを意味します。
健康面や人間関係の予期せぬトラブルに巻き込まれる危険があるので、いつも以上に注意して行動しましょう。

合わせて読みたい