夢占い

知り合いの夢は【自分】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

知り合いが意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

親しい間柄や仕事上の関係など、どんな人にでも知り合いと呼べる人物がいるはずです。そんな知り合いや知人が夢に現れたなら、それは「自分の象徴」。つまり、あなたの行く末が知人に投影されている夢であり、あなたに訪れる変化や運気の流れを教えてくれているのです。
そして、知り合いにも同性や異性、関係の深さなどに違いがあるよう、現れた知人によって夢の意味も異なります。特に同性か異性かという部分が重要であり、夢の意味を理解する為には欠かせないポイントです。
また知り合いが抱いている「現状の感情」を暗示する事もあります。夢に現れた知り合いがあなたに対して、何らかのメッセージを送ろうとしているのかもしれません。その真意は夢を紐解く事で表れてくるでしょう。

知り合いの夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

知り合いの夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

夢の中で知り合いが取った行動や場面を思い出してみてください。また知り合いの喜怒哀楽はどうだったのかも重要。それらは将来に訪れる変化を予知し、あなたが迎える転機を詳細に伝えようとしています。
知り合いとの間に絆を感じる場面や行動は、あなたが良い変化を迎える為の助言であり、会話の内容が非常に大切。また楽しそうに話しているのであれば、より良い変化となりそうです。しかし、知り合いとの間に溝を感じる場面や距離を置くような行動は、運気の低下と共に周囲との関係も悪化。感情を抑える努力をしなければ、修復不可能な状態に陥ってしまうかもしれません。

知り合いの夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

知り合いと言っても性別や年齢、関係の深さや好き嫌いなど、現れた知り合いによって大きく異なるはずです。意味を大別すると、同性の場合が「自分の象徴」であり、将来に起こる出来事などの予知夢。異性の場合は、知り合いに抱くあなたの感情や想いを表しているのです。
例えば同性の知人や友人は対人運の上昇を暗示し、交友関係を広めていくことで運気も開かれていくことを告げています。積極的に活動の場に足を運ぶと良いでしょう。もし年上の異性が現れたのであれば、それは恋愛対象として願望を抱いているあなたの感情そのもの。または、その異性に対して恋愛感情を抱いているのかもしれません。

合わせて読みたい