夢占い

喪服の夢は【過去に囚われている】ことの暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

喪服の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

喪服の夢が意味するものとは「過去に囚われている」象徴になります。

喪服の夢はあまり気分がいいという感情を抱くものではありませんよね。喪服を着るということは誰かが亡くなったということ。そのような悲しい夢を見てしまうということは、亡くなった誰かを忘れずにいたいという気持ちの表れ。すなわちいまだに過去に囚われている状況を表しているのです。

また喪服の夢には「冷静欠如」という意味もあります。親しい誰かが亡くなったのなら、冷静でなんかいられませんよね。喪服の夢にはそのような心理状態を夢として表しているのです。

他にも喪服の夢は「克服」という前向きな意味を持つ夢でもあります。つらい経験を乗り越えて前を向く姿勢を表しているのです。

喪服の夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

続いては夢に対して感じた印象を見ていきましょう。

喪服の夢に対して慌ただしさが感じられるほど、冷静でいられなくなっている状態を表しています。この夢を見たのなら落ち着く必要があることの証です。一度ゆっくり時間を取ってみると気分を切り替えられます。

反対に喪服の夢に対して落ち着きが感じられるほど、自身が冷静であることを表しています。喪服という誰かが亡くなった場においても冷静でいられるので、現実でも間違いなく冷静になれるのです。

喪服の夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

次に喪服の夢を見た時の場面を知ることが、夢の持つ意味を正しく受け取るためにも大切になります。

喪服の夢の場面が賑やかであるほど、気分を切り替えられている心を表しています。喪服という悲しい場面であっても賑やかに振舞えている様子が、現実でも失敗したとしても切り替えられることを表しているのです。

反対に夢の場面が静かであるほど、まだ落ち込んだ状況から立ち直れていない様子を表しています。失敗したとしても反省点を見直して、次のための経験と捉えることが大切です。

喪服の夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

最後に喪服の夢の中で見えた人が誰だったか思い出してみてください。

喪服の夢と共に出てきた人物が知らない異性であるのなら、新たな出会いを示唆しています。失恋から立ち直ることができ、より素敵な異性との出会いを表しているのです。

また夢の中で喪服とともに現れた人の数が多ければ多いほど、冷静さを取り乱していることの暗示になります。喪服という場で把握しきれないほどの人が冷静ではないことを表しているのです。この夢を見たのなら、落ち着くことを心がける必要があります。

母親が喪服を着る夢の意味

母親が喪服を着る夢は自立したい気持ちの現れです。喪服は過去に囚われていることを表し、母親への深い愛情を持っていることも分かります。母親に甘えたい気持ちもありますが、このままだと大人になりきれていないという焦りがあります。母親への甘えは誰しもありますが自立するためにも良い距離感を意識するようにしましょう。少しずつ自立を意識しながら行動することで自分の満足する距離感を保てて自分自身に自信が持てるようになります。この夢を見たときは母親が悩みを抱えている場合もあります。何か困っている感じがあるならばゆっくり話を聞いてあげて下さい。

親戚が喪服を着る夢の意味

親戚が喪服を着る夢の意味はあなたが「近い人の過去に囚われていて身動きできない」ことを暗示しています。 喪服を着るのは親戚など近い人に不幸が合った場合のみです。 そして必ず葬儀に出席することになります。 また、喪服を着た親戚とも否応なく顔を合わせることでしょう。 そして葬儀は厳粛な場ですから身勝手な行動は決してできません。 このように喪服が出てくる夢は思うようにいかない現状を象徴しています。 そして、その原因が喪服を着ている親戚にあると心の奥底であなたは考えているのです。 同時にこの問題は避けて通ることができないとも感じているはずです。 閉塞感のある現状を打破するためには夢に出てきた親戚との関係を改善する必要があるでしょう。

亡くなった人が喪服を着ている夢の意味

「亡くなった人が喪服を着ている」夢はあなたが過去の習慣や伝統に囚われない人間に生まれ変わりたいと願っていることを暗示しています。亡くなった人が夢に登場するというのは何かが消え去ることを暗示しています。そして喪服の夢は過去に囚われていることを暗示していますので、この夢は過去の習慣や伝統に囚われている今までの自分の考え方を消し去って、もっと素直に自分の考えに従って生きて行きたいということの暗示になるのです。過去の習慣や伝統にはもちろん良いものもありますが、中には首を傾げたくなるようなものも多いのでしょう。素直な気持ちでご自身を見つめ直し、好い部分は残しつつも悪い部分は改めていくのがよいでしょう。

友達が喪服を着る夢の意味

友達が喪服を着ている夢は「友達との過去に囚われている」ことを暗示しています。
喪服を着ていた友達のことを思い出してみてください。その友達との過去で何か引っかかっています。それが今の自分の行動の足かせになっています。前に進んだり、新しいことをしたいと思っているときはその友達とは距離を置いたり、その友達の言動は忘れて自分を信じて行動することが大事です。
また、予知夢の可能性があります。もしその友達となかなか連絡を取っていなかったら、相手があなたにすごく会いたがっています。夢の状況、景色などを思い出せばヒントが見えます。

他人が喪服を着ている夢の意味

自分や親戚ではなく、他人が喪服を着ている夢は「過去に囚われている」ことの象徴です。過去のトラブルが思い出されたり、その人に対して苦手意識や違和感を感じている気持ちの表れです。不安な気持ちを無視せず、その人ときちんと向き合うことがトラブルの解消に繋がります。また、自分の葬式で他人が喪服を着ていた場合は過去を乗り越えて新しい自分に向き合おうとする気持ちの表れでもあります。辛い思い出から逃げたくなっていますが、逆に立ち向かいたいという気持ちが自分の中でせめぎ合っています。前向きな気持ちを意識してみましょう。新しい自分が見えてくるかもしれません。

喪服を見る夢の意味

あなたの現在の心境を暗示しています。もしこの夢を見たのなら、あなたはまだ過去に縛られている証となります。故人との別れや卒業などの印象が強く、現在をポジティブに楽しめないという心境が見て取れます。一方この夢には、心機一転したいとの意味も含まれています。過去に囚われるだけではなく、先に進みたい感情が芽生えてきている構図です。もっとも、思いを振り切るにもより前向きに頑張るにも、明確なビジョンと積極性が不可欠です。それらの要素をうまく自分のものにして、さらには他の人への配慮もできるようになれば、従来よりさらに高い評価に到れるでしょう。

喪服を買う夢の意味

喪服を買う夢は「過去の束縛に囚われている」ことを表しています。
喪服の黒色は、束縛や苦悩を表しています。過去の束縛から逃れたいのにもかかわらず、自分自身の何か囚われている目の前ない障害のせいで過去の気持ちをずっと引きずっています。そのままでは前に進めません。自分自身その環境に慣れてしまっているようです。悲しみに浸らず、そこから解放される方が自分自身変わるきっかけになります。
また、自分自身の不規則な生活によって何かしら体調を崩すきっかけになっています。悪い習慣を早く見つけてすこしでもよくなるように心がける方が良いです。

知人が喪服を着ている夢の意味

知人が喪服を着ている夢は、「その人との過去での出来事に囚われていること、そしてその人との関係性の変化の兆し」を暗示しています。 その人との間に何か過去の出来事で自分にとって良くない事が起きたのではないでしょうか。あなたはその悪い出来事からまだ立ち直れておらず、喪服はそんな過去にあなたが未だに囚われている事を示します。そして、あなたはそれに対して思い悩み苦しみ続けることで、その事から逃れたい、忘れて、新しい自分へ生まれ変わりたいと考えています。 思い切ってその知人と話してみてはどうでしょうか。それが無理であれば、何故自分がその人に対しやましい感情が残っているのか、この夢をきっかけに過去の自分を見つめ直すきっかけにするのも良いかもしれません。

葬式で喪服を着る夢の意味

葬式で喪服を着る夢は、囚われていた過去からの回復や、新たな始まりを象徴するものです。 この夢を見たあなたは、何らかのつらい記憶や忘れられない経験をお持ちなのかもしれません。しかしこの夢は、そんなつらい過去をバネにして、あなたが新たな一歩を踏み出し再出発できることを暗示しています。 またこの夢は、囚われていた過去を清算できる予兆かもしれません。ぜひ過去に一区切りをつけ、新たな一歩を踏み出してみてください。葬儀に喪服という内容からは少し意外に感じられるかもしれませんが、この夢は大変ポジティブな吉夢なのです。

祖母が喪服を着ている夢の意味

祖母が喪服を着ている夢は、「あなたが祖母との過去の関係に囚われている」ということを暗示しています。 もしも祖母が故人である場合には、お墓参りをして祖母との昔の出来事を思い出してみると良いでしょう。 そこから、思わぬ気付きを得られて、自分の考え方が良い方向に変わる可能性があります。 もしも祖母が健在ならば、2人でゆっくりと昔のことを語り合ってみると良い結果が得られます。 幼い頃には分からなかった祖母の一面が見えてきて、今現在の自分にとって参考になる話を聞くことができます。 長い人生の中で得られた祖母の豊富な経験が、あなたにとっては大きな財産となるでしょう。

喪服を忘れる夢の意味

喪服を忘れる夢を見た場合の意味は「囚われていた過去からの解放」を意味しています。 長いこと、あなたにとって辛かったり、思い出すと不快になるような過去の呪縛について、あなた自身が知らないうちに、たいしたことではないと思えていたり、乗り越える力をうちに秘めているのではないでしょうか。 また、その時にあなたがどのように喪服をきる必要があったかに注目してみましょう。周囲にたくさんの人がいる状況の場合、多くの人との触れ合いの中で傷が癒えていることでしょう。一人、あるいはごく少人数の場合は、自分のうちに秘めた力で自然と成長したことでしょう。

喪服を探す夢の意味

喪服を探す夢を見た場合の意味は「あなたが囚われている過去が何なのか探している」ことを暗示しています。現在のあなたが何かうまくいかないこと、苦しんでいることの原因に、自分でも気づいていない過去のことがあります。それに囚われているため、身動きが取れないのです。だから、自分が一体どんな過去に囚われているのか、よく考えることです。今困っていることに関連して連想を進めていきましょう。そうすると、記憶の底に沈みこんでいた過去の思い出がよみがえってくるはずです。それを思い出すことは苦痛を伴いますが、しっかりと向き合うことで現状を打破するきっかけになります。

合わせて読みたい