夢占い

喪服の夢は【過去に囚われている】ことの暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

喪服の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

喪服の夢が意味するものとは「過去に囚われている」象徴になります。

喪服の夢はあまり気分がいいという感情を抱くものではありませんよね。喪服を着るということは誰かが亡くなったということ。そのような悲しい夢を見てしまうということは、亡くなった誰かを忘れずにいたいという気持ちの表れ。すなわちいまだに過去に囚われている状況を表しているのです。

また喪服の夢には「冷静欠如」という意味もあります。親しい誰かが亡くなったのなら、冷静でなんかいられませんよね。喪服の夢にはそのような心理状態を夢として表しているのです。

他にも喪服の夢は「克服」という前向きな意味を持つ夢でもあります。つらい経験を乗り越えて前を向く姿勢を表しているのです。

喪服の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

続いては夢に対して感じた印象を見ていきましょう。

喪服の夢に対して慌ただしさが感じられるほど、冷静でいられなくなっている状態を表しています。この夢を見たのなら落ち着く必要があることの証です。一度ゆっくり時間を取ってみると気分を切り替えられます。

反対に喪服の夢に対して落ち着きが感じられるほど、自身が冷静であることを表しています。喪服という誰かが亡くなった場においても冷静でいられるので、現実でも間違いなく冷静になれるのです。

喪服の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

次に喪服の夢を見た時の場面を知ることが、夢の持つ意味を正しく受け取るためにも大切になります。

喪服の夢の場面が賑やかであるほど、気分を切り替えられている心を表しています。喪服という悲しい場面であっても賑やかに振舞えている様子が、現実でも失敗したとしても切り替えられることを表しているのです。

反対に夢の場面が静かであるほど、まだ落ち込んだ状況から立ち直れていない様子を表しています。失敗したとしても反省点を見直して、次のための経験と捉えることが大切です。

喪服の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

最後に喪服の夢の中で見えた人が誰だったか思い出してみてください。

喪服の夢と共に出てきた人物が知らない異性であるのなら、新たな出会いを示唆しています。失恋から立ち直ることができ、より素敵な異性との出会いを表しているのです。

また夢の中で喪服とともに現れた人の数が多ければ多いほど、冷静さを取り乱していることの暗示になります。喪服という場で把握しきれないほどの人が冷静ではないことを表しているのです。この夢を見たのなら、落ち着くことを心がける必要があります。

合わせて読みたい