夢占い

神様の夢は【チャンス】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

神様の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

神様の夢を見た時は「チャンス」がキーワードになります。チャンスの神様は前髪しかないという言葉があるように、神様はチャンスと密接な関係性にいるのです。そのため神様の夢を見た時は好機であることを表します。積極的な行動が吉となるでしょう。

また神様の夢は「幸運」を意味します。お正月には神社に行き神様に無病息災などのお願いごとやお祈りを捧げますよね。このように神様は幸運をもたらしてくれる存在として人々に広く親しまれています。そこから幸運を意味するようになりました。

他にも「恋愛運」や「仕事運」の上昇を意味します。神様には幸運の意味があり、そのほかの運も嬉しい結果が出やすくなっているのです。

反対に神様の夢には「精神的不安定」という意味も。神頼みしなくてはならないほど自身の精神が不安定でいる状況から、神様の夢を見てしまっているのです。

神様の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

神様の夢を見た時に抱いた印象を覚えていますか?その時に感じた印象や感情が夢を読み解くためには必要なのです。

神様の夢を見て気持ちが明るくなるような感情を抱いたのなら、幸運が到来することを暗示しています。今まで上手くいかなかった出来事が好転したり、急に何もかもが思うように進んだりと感じるようになるのです。

反対に神様の夢を見て気持ちが暗くなるような感情を抱いたのなら、好機を逃してしまっていることを示唆しています。今は何か大きな決断などをしないようにいることが大切です。

神様の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

神様の夢を見た時に遭遇した場面を覚えているでしょうか?夢占いでは夢の場面に注目してみることが大切なのです。

夢の中に出てきた神様が大きければ大きいほど、大きな好機が到来することを表しています。チャンスは神様の前髪しかないといわれるように、だと思ったらすぐにでも行動することが重要です。

また神様の夢が和やかな場面であれば、幸運の前触れを表しています。焦らずに落ち着いてしっかりと好機をつかむようにしましょう。

神様の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

最後に神様の夢を見た時に誰がいたか覚えていますか?夢に現れた登場人物を知ることが必要な要素の一つです。

神様の夢と一緒に出てきた人物がゆがんだ性格をしているほど、自分の精神が不安定であることを表しています。何が原因か探ってみて解決すると安定した神様の夢を見ることになるでしょう。

また神様の夢に現れた人の数が多ければ多いほど、多くのチャンスが到来していることを暗示しています。この夢を見たのなら幸運が到来しているとともに、多くの友人にも恵まれることを表しているのです。

合わせて読みたい