夢占い

食べ物の夢は【疲れ】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

食べ物の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

夢占いにおいて食べ物の夢が持つキーワードは「疲れ」です。何も食べ物を食べていないと力が湧いてこないですよね。また昔から腹が減っては戦はできぬ、というように食べ物には人の疲れを回復させてくれる効果があります。そのため食べ物の夢を見ると疲れを暗示するようになりました。

また食べ物の夢には「欲求不満」という意味もあります。人の3大欲求の一つでもある食欲。食べ物の夢は人の本来もっている欲求を表しているのです。そのため食べ物が足りていないと欲が満たされていないことを示します。

他にも食べ物の夢は「活力」を表します。食べ物をたくさん食べることで力が湧いてきますよね。逆に食べ物が足りていないと「不足」を表す意味にも。

食べ物の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

ここまで食べ物の夢の基本的な意味についてみてきました。次は食べ物の夢を見た時に感じた印象について深く知ることが、夢を読み解くための重要な要素です。

食べ物の夢を前にして気持ちが沈んでしまうほど、自身がエネルギーに満ち溢れていることを表します。気持ちが沈んでしまうため、ネガティブな夢だと勘違いするかもしれません。しかし実際はエネルギーが満タンであるため、これ以上食べ物の力が必要ないことを表しているのです。

反対に気持ちが明るくなるほど、自身のエネルギーが足りていない証。一度休みを取るなど回復するように心がける時期です。

食べ物の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

食べ物の夢を紐解くために重要な要素の一つが場面です。どんな場面で食べ物の夢を見たのか思い出してみてください。

夢の中で出てきた食べ物が多ければ多いほど、疲れが溜まっていて活力が必要な状態にあることを表しています。何か思い当たる点はありませんか?一度エネルギーを補充することに意識を向けてみることが必要です。

また夢の中で出てきた食べ物が大きければ大きいほど、欲求不満を感じていることの暗示です。どんな欲求に対して不満を感じているのか理解する時間が必要になります。

食べ物の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

最後に食べ物の夢に出てきたキャラクターに注目してみます。

食べ物の夢と一緒に出てきた人の数が多ければ多いほど、人間関係に疲れを感じていることの暗示です。日頃の人間関係がうまくいっていないことを表しているので、解決するためにも友人に相談をしてみることがポイントになります。

また食べ物の夢と共に知らない異性が出てきたのなら、異性に対して欲求不満な状態でいることの暗示となります。新たな恋をしたいという強い思いが夢に現れたのです。

合わせて読みたい