夢占い

ひまわりの夢は【自信】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

ひまわりの夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

ひまわりの夢を見たときのキーワードは「自信」「気持ちの明るさ」です。ひまわりといえば、いつでも太陽の方を向いて大きく花びらを開いて咲いている姿を思い出します。その姿は自信にあふれているような明るさがありますよね。そして、いつも太陽の方を向く姿は太陽に強く憧れているようでもあり、「目標」というキーワードも象徴しています。

こんなふうに明るい感じのひまわりの夢ですが、自分の内面や感情について何か思うところがあるときに見ることが多いようです。

あなたの夢に出てきたひまわりは何を教えてくれているのでしょうか。印象・場面・登場人物の3ポイントから夢の内容を深く掘り下げ、いっしょに読み解いていきましょう。

ひまわりの夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

明るいイメージのあるひまわりなのになんだか暗い印象を抱いたとき、その夢はあなたが今ポジティブな気持ちを持てないでいることの表れです。以前の自分ならもっと楽しめていたのに、もっと明るくいられたのに、という戸惑いがあるのではないでしょうか。無理に明るくふるまわず、自分が落ち込んでしまうことも受け入れられるようにしましょう。

ひまわりに対して綺麗・美しいなどの明るい印象を抱いたなら、あなたが今の人生をめいっぱい楽しめている暗示です。

ひまわりの夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

ひまわりがとても大きい・とてもたくさん咲くなど圧倒されるような場面であるほど、あなたが目標やゴールに対してしり込みしていることを暗示します。目標を達成することに自信が持てないことの表れです。目標の達成に対して、困難だという先入観を抱いているだけの可能性もあるので恐れずチャレンジしましょう。

逆にひまわりがとても小さい・ちょっとしか咲いてないなどがっかりするような場面なら、あなたは今の目標にやりがいを感じられていないようです。

ひまわりの夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

夢に登場した人はどんな人だったでしょうか?

ひまわりに関心を示さない人が夢に出た場合は、あなたの目標を一緒に達成してくれる人や応援してくれる人が少ない、もしくは現れないことを表します。孤独な戦いや地道な努力が必要になるかもしれないけれどくじけないで、というメッセージです。

反対に夢に出た人がひまわりに関心を示すほど、あなたは目標を共に達成する頼もしい仲間を得られるという暗示です。人との関わりを増やすことで成功しやすくなる運気です。

合わせて読みたい