夢占い

面接の夢は【自信がない】ことの暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断


面接の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

面接の夢が意味するシンボルとは「自信がない」状態です。面接はありのままの自分を審査されるということ。そのため面接に対して明るい印象を抱いている人は、よほど自分に自信がない限りあまりいませんよね。そこから面接の夢には自信がないという状態を表す意味に。

また面接の夢は「評価」を意味します。先ほど同様、面接というのは審査される場でもあります。そこから評価される象徴にとしての意味も持つように。

反対に評価されるという意味から面接の夢には「自己承認欲求」の暗示でもあります。自分を認めてほしいという強い思いが面接となって人から評価される夢に現れたのです。

他にも面接で人から厳しい目で見られることから「周囲の目」という意味も表しています。

面接の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

次に面接の夢をより深く理解するためには印象や感情を知ることが大切です。夢を見た時にどのような感情や印象を抱きましたか。

面接の夢を見た時に抱いた感情が明るいものであるほど、自分に対して自信があり自己承認欲求が強くなっていることの暗示。この時期は何でも良い結果に繋がりやすいので積極的な行動がカギを握ります。

反対に面接の夢を見た時に抱いた感情が暗いものであるほど、自分に対して自信を失っており周りの目を気にしてしまっている状態の暗示です。自信を持てるように小さな成功体験を積み重ねてみることが大切です。

面接の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

面接の夢をより深く理解するためには面接の夢を見た時に遭遇した場面について注目してみることです。

面接の夢を見た時の場面が静かであるほど、周囲の目が気になっている状況の暗示です。あまり他の人が考えていることを気にし過ぎないようにすることが、日頃のプレッシャーを減らすことに繋がります。

また面接の夢が閉鎖的であるほど、現在の置かれている状況に対して息苦しさを抱いていることを表しています。周囲の目を気にしたり、他人の評価を気にしたりするあまり息苦しさを感じているのです。

面接の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

最後に面接の夢をより深く理解するために密接に関わってくるのが誰がでてきたのかということ。面接の夢の中に出てきた人物について思い返してみましょう。

面接の夢に出てきた人物が厳格な人であるほど、自分を正当に評価してもらいたいという思いの表れです。仕事などで正当な評価を受けていないという思いが夢の中に厳格な人と面接として出てきたのです。

また面接の夢と一緒に登場した人数が多ければ多いほど、周りの目を気にし過ぎている状況を暗示。周りの目を気にし過ぎても疲れが溜まるだけ。自分の信じる道を思い切って進んでみることが開運の鍵になります。

合わせて読みたい