夢占い

面接の夢は【自信がない】ことの暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

 

面接の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

面接の夢が意味するシンボルとは「自信がない」状態です。面接はありのままの自分を審査されるということ。そのため面接に対して明るい印象を抱いている人は、よほど自分に自信がない限りあまりいませんよね。そこから面接の夢には自信がないという状態を表す意味に。

また面接の夢は「評価」を意味します。先ほど同様、面接というのは審査される場でもあります。そこから評価される象徴にとしての意味も持つように。

反対に評価されるという意味から面接の夢には「自己承認欲求」の暗示でもあります。自分を認めてほしいという強い思いが面接となって人から評価される夢に現れたのです。

他にも面接で人から厳しい目で見られることから「周囲の目」という意味も表しています。

面接の夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

次に面接の夢をより深く理解するためには印象や感情を知ることが大切です。夢を見た時にどのような感情や印象を抱きましたか。

面接の夢を見た時に抱いた感情が明るいものであるほど、自分に対して自信があり自己承認欲求が強くなっていることの暗示。この時期は何でも良い結果に繋がりやすいので積極的な行動がカギを握ります。

反対に面接の夢を見た時に抱いた感情が暗いものであるほど、自分に対して自信を失っており周りの目を気にしてしまっている状態の暗示です。自信を持てるように小さな成功体験を積み重ねてみることが大切です。

面接の夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

面接の夢をより深く理解するためには面接の夢を見た時に遭遇した場面について注目してみることです。

面接の夢を見た時の場面が静かであるほど、周囲の目が気になっている状況の暗示です。あまり他の人が考えていることを気にし過ぎないようにすることが、日頃のプレッシャーを減らすことに繋がります。

また面接の夢が閉鎖的であるほど、現在の置かれている状況に対して息苦しさを抱いていることを表しています。周囲の目を気にしたり、他人の評価を気にしたりするあまり息苦しさを感じているのです。

面接の夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

最後に面接の夢をより深く理解するために密接に関わってくるのが誰がでてきたのかということ。面接の夢の中に出てきた人物について思い返してみましょう。

面接の夢に出てきた人物が厳格な人であるほど、自分を正当に評価してもらいたいという思いの表れです。仕事などで正当な評価を受けていないという思いが夢の中に厳格な人と面接として出てきたのです。

また面接の夢と一緒に登場した人数が多ければ多いほど、周りの目を気にし過ぎている状況を暗示。周りの目を気にし過ぎても疲れが溜まるだけ。自分の信じる道を思い切って進んでみることが開運の鍵になります。

アルバイトの面接を受ける夢の意味

実際にアルバイトをしているかどうかによって、読み解きが変わる夢です。
現在アルバイトをしている場合、今の職場や将来への不安が募っているかもしれません。
何かを変えたくてもなかなか動けずにいる場合にも現れます。
今、アルバイトをしていないのであれば、アルバイトをしていた時に自信を失う何かに遭遇していたかもしれません。
それがトラウマ化し、それが動きたくても動けない原因となっていると読み解けます。
過去を振り返り、自信を取り戻すように取り組んでみましょう。
この取り組みがこれからの繁栄に欠かせないものを取り戻す第一歩です。

就職活動の面接を受ける夢の意味

就職や職業に対して自信がない時、不安な気持ちが高まっている時に登場する夢です。
生活のために今よりもよい仕事にありつきたい場合も同様です。
夢の面接の中で、圧迫感を感じたり、状況が芳しくない場合、現実で仕事に対して不満・不安が高まっていると読み解きができます。
反対に、面接がスムーズに行えたり、その場で合格を伝えられたのであれば、これから仕事面でよいことが起こる暗示になります。
まずは今できる最善を尽くすことが大切です。
不満を外部に発する前に、不満の原因を解明することから始めましょう。

上司を面接する夢の意味

今の立場が逆転するような出来事が起こる示唆です。
例えば、今の立場が低いのであれば、それが逆転するようになるでしょう。
反対に上の立場にいたのであれば、降格されることも起こると見ても悪くありません。
今すぐに、人との関わり方を改める必要がありそうです。
関わり方が良好な場合は問題ありません。
ですが関わりが不良であれば、それが明るみに出てしまうかもしれません。
そうなると罰せられる恐れもあるので、注意しながら生活をするようにしましょう。

面接で怒られる夢の意味

隠し事が明るみに出たり、立場が悪い状態に置かれることを教えてくれています。
実際に面接で怒られたように、実際に怒られることを教えてくれてもいます。
また面接で怒られた内容が、実際に自分の足を引っ張っているようです。
改善できるのであれば、すぐに取り組むと怒られることがなくなっていくでしょう。
ここで大切なのが、すぐに行動をする事です。
ネガティブになってしまうことが多くなりますが、それを乗り越えれば大きな成長が期待できます。

面接に行かない夢の意味

逃げ出したい現実が目の前にあることを教えてくれている夢です。
対応していることや、これから行わなければならないことに不安を感じているのでしょう。
それが強くなると、面接に行かない夢を見るようです。
何が原因となり、不安を感じているのか見つめ直す必要があります。
このままだと、何も手につかない状態になることも考えられるからです。
立ち向かう前に、自身のケアに努めましょう。
状態が整ってからでも遅くはないでしょう。

面接に受かる夢の意味

自信がつく出来事が起きたり、今よりも待遇が良くなっていくことを教えてくれている夢です。
全体的に良いことが起こる暗示夢です。
そのためにも、行っている活動や行動を止めないことが大切です。
綿密な計画の上の行動も、これからの評価に響くでしょう。
ですので、今以上に作戦をよく練って行動をするように心がけましょう。
また、力の発揮に適した好機も訪れるようです。
その好機ははっきりと目の前に現れるので、取りこぼしがないように努めましょう。

面接に遅刻する夢の意味

他者からの評価が悪くなったり、冷遇されるようになることを教えてくれています。
信頼を失うような出来事も起こるかもしれません。
言動に気をつけるだけではなく、時間にも気をつけるようにしましょう。
また何かに対して見下すようなことがあれば、それは控えた方が良さそうです。
ちょっとした行動が火種となり、立場が悪くなってしまうかねません。
夢で何が原因で遅刻したのかも、覚えておきましょう。
それが原因で現実でも失うものが発生する恐れがあります。

面接に落ちる夢の意味

面接に落ちて落ち込んでしまった場合、現実では良いことが起こる逆夢となります。
失ったものよりもさらに良いのものが手に入ったり、条件が良いものが訪れる暗示となります。
夢で落ち込んでしまっても、現実で落ち込むようなことは起こりにくいでしょう。
夢にとらわれず地に足をつけて、邁進することが大切です。
反対に夢で落ち込まなかった場合、実際に自信を失っていたり、自己承認欲求が高まっていることを教えてくれています。

面接の練習をする夢の意味

過去を乗り越えて新しい自分に出会う、好機の到来を教えてくれています。
何かを変えたいという気持ちが強まり、実際に変革を起こす行動に出るでしょう。
それがプラスとなり、今以上の活躍が期待できるようになります。
そのため、常に向上心を持って取り組み、新しいことにも着手するようにしましょう。
今までにない自分の力の発揮ができるので、全てが楽しくなっていきます。
羽目を外さないように気をつけながら、新しい自分を楽しんでいきましょう。

面接を辞退・断る夢の意味

このままで良いのかと生き方に疑問を抱いていることを教えてくれている夢です。
特に、今まで人の指示で動くことが多かったのならば、その意識は格段に強まっているでしょう。
人生はその人が作り上げていくものです。
必ず同じものがあるわけでもなく、他者が成功している生き方であっても、それが全ての人に当てはまる訳ではありません。
本当にやりたいことが何なのか、心から楽しめるものを模索すると良いでしょう。
輝きを持って生きる方法を選ぶと吉とでることが多くなります。

合わせて読みたい