夢占い

木の夢は【恋の発展】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断


木の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

夢占いにおいて木の夢が意味するシンボルとは「恋の発展」です。木というものは成長して大きくなり、ときには実をつけ、ときには枯れてしまったりする存在。

恋も似たようなものです。始めは小さな想いが徐々に成長して大きくなり実を結ぶことも、上手くいかないこともあります。そこから木の夢が恋の発展を表しているのです。

また木の夢には「人生」を意味しています。木も人も同じ成長する生き物。木が大きくなって枯れていく一生が、人間が成長して終える人生の一生と同じ様子であることから由来しています。

他にも木の夢には「生命力」を象徴しています。ご神木などと呼ばれる木があるように、昔から立派に成長した木には力強い生命力が宿ると信じられてきました。そのため木はエネルギーの象徴になったのです。

木の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

木の夢をより深く理解するために、まず夢を見た時に抱いた印象や感情を思い出してみてください。

木の夢を見た時に気分が明るくなったのなら、今恋愛をしている人は恋がうれしい結果に発展することを表しています。また今恋をしていない人に関しては、これから素敵な恋の始まりを暗示しているのです。

反対に気分が暗くなったのなら、恋の発展に陰りが見え始めていることの暗示となります。恋人と喧嘩をしている人は素直に謝ることが必要です。また好きな異性がいる人は準備不足であることの暗示になるので、少し時間を置くことがポイントに。

木の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

次に木の夢をより深く理解するために必要なポイントが行動や場面です。夢を見た時に遭遇した場面について思い出してみてください。

夢の中で出てきた木が大きければ大きいほど、自信を大きく持てていることを示唆しています。木というものは生命力の証。その木が大きいということは、自身が持っているエネルギーも大きいことを表しているのです。

反対に夢の中に出てきた気が小さければ小さいほど、自信を失ってしまっていることの暗示です。何か失敗をしてしまったのではないでしょうか。今は一度立ち止まって、再出発するために必要な準備を整える期間になります。

木の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

最後に気の夢を読み解くために必要なポイントが夢の中の登場人物に注目してみることです。

木の夢と一緒に知らない異性が出てきたのなら、今後運命のパートナーと呼べるような人との出会いを暗示しています。どこで運命の出会いが待っているか分かりませんので、日頃から意識して過ごしてみることが大切です。

また木の夢と一緒に登場した人物が大きいほど、人生を変えるような大きな力になってくれる人との出会いを示唆しています。どんな人との出会いでも一期一会の気持ちを忘れずに、誠実に教えを受けるようにすることが大切です。

合わせて読みたい