夢占い

鏡の夢は【自分の内面】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

鏡が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

鏡の夢を見た時のキーワードとして、「自分の内面」「変わりたいという気持ち」「無意識の自分」の3つがあげられます。

鏡が自分をうつすものであることは、夢も現実も同じです。ですが、夢占いにおいての鏡は、現実以上に多くのものをうつしています。

まずは、自分の内面です。自分が何を考え、そして何を思っているかを示してくれます。そしてそれは過去、現在、未来のあらゆる場面においての内面をうつし出しているので、改めて気づかされることもあるでしょう。

また、変わりたいと思う気持ちも示しています。そもそも鏡にうつる自分は、外面の自分です。それを見つめて、変わらなければならないと決意しているということです。

そして、自分の内面と似ていますが、無意識的なものも示しています。このように、現実の鏡よりも沢山の情報をもたらす鏡は、非常に役に立つ夢かもしれません。

鏡の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

夢に出てきた鏡に対して、どんな気持ちを抱いていたかによって解釈は変わっていきます。

プラスなイメージであった場合は、自分自身におおよそ満足しているということです。しして、自身の内面にも応えることができており、充実しているといえます。

特に何も思わなかった場合や、少しのプラスorマイナスであった場合は、自分が一体どう見られているのか、そしてどの立ち位置にいるのかを知ることができます。

そして、マイナスであった場合。この場合は自分自身の不足を示しています。最も注意すべきパターンはこの場合です。自分のことをよく考えるようにしましょう。

鏡の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

どんなシチュエーションの中で鏡が登場していたかによって、自分自身や対人運がどのように動いていくかが理解できます。

和やかな場面、良い場面であれば、自分自身もそうなりたいという願望であることが多いです。そんな理想的な状態に憧れを持っているということに気づけたということ。理想に向かって進んでいくスタートです。

緊迫した場面や、悪い場面であった場合は、精神状態がそのまま反映されているということです。荒れに荒れていたならば、自身の心の中も荒廃しているということです。

鏡の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

どんな人が鏡の夢に登場してきたかによってわかることは、登場人物への感情です。

この場合、相手が自分自身に対してどう思っているのかがわかることもあります。自分の持つ相手への感情と異なる場合は、もちろん無意識にそう思っていた、ということもあり得ますが、相手からの感情も疑いましょう。

基本的には、登場人物にどう思われているかを知りたがっています。その答えは、その時の場面や心理状態となって表れます。

合わせて読みたい