手相

影響線の見方|特徴別に解説するビジュアル手相占い

手相の中には主要線ではないのですが、影響線という名前の重要な線が存在しています。
主要線である生命線や運命線と密接に結びつき、恋愛ごとに非常に良い効果を及ぼします。
まずは線の見方などの初歩的な事項を解説し、次に線の形状、他の紋との組み合わせによる効果を解説します。
多くの人に現れるものから少し珍しいものまで、現れるパターンを説明しています。
手相に関しての用語から解説しますので、自身の手と見比べながら運気を確認するようにしてください。

影響線の見方|基本的な位置と意味

影響線には2種類が存在し、生命線に関連する線と運命線に関連する線があります。
生命線の影響線は生命線の内側(親指側)に並行してカーブを描く線です。
ただし、該当するのは生命線との距離が5mm以内のものです。それ以上離れているものは火星線です。
また、線が生命線と同程度に濃い場合には、その線は二重生命線の副線である可能性が高いです。
生命線の影響線が現れている場合には、異性に関わる運気が上昇している証です。
運命線の影響線は運命線に流れ込んでくる線のことを言います。
この線が現れると、人からの影響を強く受けて幸運になることを表します。
親指側(金星丘側)からの流れだと身内から、小指側(月丘側)からの流れだと身内以外から影響を強く受けると言われています。
親指側からの線を持つ人は、肉親や幼馴染などの身近な人が助けとなってくれる運命の持ち主です。
結婚についても身近なところからお相手が見つかることを意味する相です。
小指側からの線を持つ人は、友人、知人、先生、上司など様々な人のサポートを得られる幸運の人です。
結婚運も非常によく、友人などから紹介されるなどして最愛のパートナーを得られます。

短い線・長い線の意味

影響線の長さは一般的に、その手相が表す運気の強弱を示します。
長さが主に関係してくるのは、生命線の影響線です。
線の長さが長ければ長いほど関係が長続きしたり、強い愛で結ばれたりします。
仮に線が短い場合でも、途中で生命線に吸収されているなら心配はありません。
生命線に吸収される場合には、結果として結婚するなど強固な関係になることを意味しています。
また、生命線の影響線を左右の手で比較すると、パートナーとの間でどちらからの愛情が強いかがわかります。
右手の線のほうが長ければ相手から強く愛されていて、左手の線のほうが長ければ自分から強く愛していることがわかります。
相手から愛されているか、愛情の大きさはどうなのか、を知りたいときに有効な方法です。

影響線がない時の意味

どの種類の影響線もない時の意味としては、異性に関わる運気が高くないことを示しています。
周りからのサポートも普通程度であり、恋愛やその他の成功を引き寄せるには自分自身の努力が多分に必要であることを示します。
ただし、手相は数日〜数ヶ月で新しい線が生まれたりしますので、線がない人も諦める必要は全くありません。
ハンドマッサージなどをすれば新しい手相が生まれますので、幸運を掴み取る意味で試してみても良いでしょう。
なお、ここでは影響線のみに閉じた話をしていますので、その他の結婚に関わる吉相が現れているときは特に問題ありません。

濃い・薄い時の意味

まず生命線の影響線が濃い、薄いの意味を説明します。
線が濃い場合には、恋愛運の高まりを意味しています。新しい出会いなどが十分期待できます。
薄い場合には恋愛が発展途上の場合もありますが、濃い線から薄い線に変化している場合は注意が必要です。
今ある関係性が弱まっており、そのままだと現在のパートナーが離れていったり別れが訪れる可能性も否定できません。
手離したくない関係であるならば、繫ぎ止めるための努力が必要なことを意味しています。
次に運命線の影響線の濃い、薄いの意味を説明します。
金星丘側からの線が薄くなっている場合には、親族などの近しい人との別れを暗示しています。
死別や絶縁などの永遠の別れだけでなく、遠くに転居してしまうなどの一時的な別れの意味もあります。
月丘側からの線が濃くなっている場合には、新しい出会いの可能性を秘めています。
友人や知人に紹介をお願いするなど、運勢を高める行動を取ってみるのも良いでしょう。

複数ある影響線の意味

生命線の影響線が二本以上ある場合には、自分の生き方に影響を及ぼすほど大きな存在となる異性と出会う可能性があります。
ただしあまりにも線が多すぎる場合は、単純に自分自身が影響を受けやすい状態になっていることも考えられます。
月丘側からの運命線の影響線が該当している場合には、自分が非常に魅力に満ち溢れている状態を表します。
恋愛は好調で、色々な人からアプローチされます。
また、異性との関係だけに止まらず、幅広い人からの人気を得ることができます。
線の本数が多ければ多いほど、これらの運勢は強固なものになります。
誰からでも愛され、色々なサポートが受けられる順風満帆な人生となるでしょう。

枝分かれしている影響線の意味

運命線の影響線が途中で分岐している場合には、人と協力したり、人からの助力によって恋愛や結婚を引き寄せると言われます。
ただし、人からの協力を待っているだけでは何も起こることはなく、自分自身の努力も必要です。
自分の努力の上に人からの協力が重なって、最良のパートナーと出会うことができます。
協力してくれる相手は金星丘側の線であれば親などの身内、月丘側の線であればそれ以外の近しい人です。
生命線の影響線が分岐している場合には、特に大きな意味はありません。
主要線の分岐の場合と違って、深刻に考える必要はないでしょう。

スター(星)がある影響線の意味

スター(星)は三本線が重なって、アスタリスク(*)のような形に見える相のことです。
スターは後に説明するフィッシュやスクエアよりも運気が強いとされており、一番幸運を授けてくれる相です。
ただし、スターは大体の場合、期間限定で現れます。
基本的に永続的な幸運を与えてくれるものではないので注意が必要です。
運命線の影響線上にスターがある場合には、自身の魅力がさらにアップしていることを示しています。
大恋愛が成就して結婚に繋がり、しかもその結婚がさらなる幸福を呼ぶことを暗示しています。
また、結婚の相手も自分が理想としているタイプであったり、ずっと憧れを抱いていた人だったりと良縁がもたらされます。

クロス(十字)がある影響線の意味

クロス(十字)は先に説明したスターと似ていますが、二本線が重なっている部分が違います。
クロスは場所によってプラスの意味で現れることも、マイナスの意味で現れることもあります。
影響線上にクロスがある場合には、残念ながらマイナスの意味を表しています。
良運がクロスの位置でせき止められてしまい、本来の影響線の運気が発揮できない事態となります。
生命線の影響線については、本来あった長さよりも短い効果しか得られません。
運命線の影響線についてはもっと深刻で、他者からの影響力がクロスで止まり、運命線までたどり着けません。
人からサポートを受けられることも減ってしまうことでしょう。

フィッシュがある影響線の意味

フィッシュ(魚紋)は、魚の形をした紋です。島と少し形は似ていますが、魚の尾びれのように2本線が伸びているのが特徴です。
フィッシュは単独で現れる場合、他の線に接するように現れる場合と様々ですが、良い意味を表すことが多いです。
影響線にフィッシュは良い効果を及ぼします。
運命線の影響線上にフィッシュがある場合には、恋愛運・結婚運が上昇していることを意味します。
厳密には線上になくても、そばにあるだけでフィッシュは効果を発揮します。
異性からの人気が高まっていることを実感でき、実際に紹介やお見合い話などチャンスが到来します。
なお、月丘側からの線の場合には、月丘にもフィッシュがあるとさらに運気が上昇します。
逆に困ってしまうほど、チャンスが絶え間なくやってくることでしょう。

グリル(格子紋)がある影響線の意味

グリル(格子紋)は格子紋と呼ばれる名前の通り、複数の縦横の線が格子状の網目を形作っている模様です。
グリルが現れた際の一般的な解釈としては、吉相をかき消すマイナスの相です。
せっかくいい手相が現れていても、幸運をかき消してしまうということです。
生命線の影響線の異性との関係の運気の上昇も、運命線の影響線の他人からの良い効果もかき消されてしまいます。
しかも、グリルが現れている位置によっては他の効果も現れてしまいます。
影響線が現れそうな場所のグリルの一般的な効果も覚えておくと良いでしょう。
手のひらの中央(火星平原)の場合は「中年期の生活が不安定」、月丘の場合は「発想力・創造力が乏しい」などの効果です。

スクエア(四角紋)がある影響線の意味

スクエア(四角紋)は縦横二本ずつの線で#のような形をしている模様です。
二つ三つ四角が隣り合っている場合にも、スクエアに該当します。
もっと細かい四角が連なっている場合には、先に説明したグリルに該当しますのでそちらを見てください。
スクエアは出現する場所に応じては吉相となりますが、悪相となる場合もあります。
影響線上のスクエアには特別な意味は特にありません。
ですので、一般的なスクエアの解釈が逆転運であることから以下のように考えると良いでしょう。
生命線の影響線上のスクエアは、初めは上手くいかない状態ですが、それを乗り越えて強固な関係を築くことを意味します。
運命線の影響線上のスクエアも、当初は困難に見舞われ、そこから第三者の力を借りて幸せを手に入れる運命を暗示しています。

影響線が月丘に到達している時の意味

運命線の影響線が月丘に到達している場合、第三者からの影響が最高に高まっていることを意味しています。
運命線の影響線では通常、友人や知人などの日常生活で関わりがある人の影響によって恋愛に発展します。
しかし、月丘に影響線が到達している場合には、普段関わりのない他人の力も影響してくることがあります。
そのため、旅先や出張先など見知らぬ土地で出会い、恋愛や結婚に発展することも多い相です。
また、この相を持つ人はインターネットなどでの出会いによって結婚することもあります。
近年の恋愛事情にとって、適した効果を発揮してくれる吉相と言えるでしょう。

影響線と太陽線がくっついている時の意味

太陽線とは、太陽丘(薬指の付け根)に向かって伸びている線のことを指します。
太陽線は人気や名声、金運などの幸福が得られることを表す線です。
月丘側から運命線に合流する影響線があり、影響線と運命線の接点から太陽線が伸びている場合には、特別な意味を表します。
意味としては、人生に大きな影響を与える人との出会いの可能性があるということです。
そして、出会いから発展して結婚すると、結婚と同時に太陽線の運気が開運します。
結婚によって人気、名声や金運などを手に入れ、非常に幸福な人生を送ることができる吉相です。

影響線と運命線が交差している時の意味

影響線が運命線に合流しているときは、運気が運命線に流れ込んでいると解釈できます。
しかし、合流地点よりもさらに伸び、二本の線が交差するような相になっている場合は悪い意味を表します。
この場合の影響線は妨害線とも呼ばれ、運命線の運気をせき止めるマイナスの効果が出てしまいます。
運命線は仕事運や結婚運を表しますので、思ったように仕事が上手くいかない、運命の人と巡り会えないなどの苦難に遭遇します。
また、運命線の横切り方によって暗示する意味もあります。
運命線と直角に交差している場合には、仕事上のトラブルに悩まされることが多くなります。
運命線と斜めに交差している場合は、信用した人から裏切られる可能性があることを意味します。
また、運命線と交差している位置は年齢を表し、交差する点が手首に近付くにつれて、年齢を重ねてからトラブルが発生します。

まとめ

影響線の意味や、紋との組み合わせの意味についてお伝えしました。
基本的に影響線は長くて濃いほうが、良い運気を持っていると言えます。
また、スター、フィッシュ、スクエアなどの紋との組み合わせが、運気を最大限に発揮します。
逆にクロスやグリルなどのマイナスを示す紋は運気をかき消してしまいます。
ただし、良い相も悪い相も日頃の行いなどによって、数日〜数ヶ月で現れたり消えたりということが十分あります。
自分の最新の手相を把握するために、定期的にチェックを行なったほうが良いでしょう。
そして、良い相の出現時にはチャンスを掴むつもりで、悪い相の出現時にはどのように悪いのかを踏まえることが大事です。
手相の運気を上手く使えるかは、最終的に自分次第だということを念頭においておくと良いでしょう。

合わせて読みたい