手相

エロ線(金星帯)の見方|特徴別に解説するビジュアル手相占い

あなたの周りには目立つほどの美女・美男というわけではないのに、なぜかすごくモテる。ふと目があった時や何気ない動作で人をドキッとさせる。そんな人はいませんか?もしかしたら「エロ線(金星帯)」と呼ばれる手相が現れている人かもしれません。

この手相の持ち主は、周りの人の目を惹きつける特有の雰囲気があり、異性に対して官能的な魅力を感じさせる色気を持っている人物です。この記事では、そんなエロ線の基本的な意味や見方のポイントをご紹介していきます。

エロ線(金星帯)の見方|基本的な位置と意味

エロ線の基本的な形は人差し指と中指の間を起点とし、薬指と小指の間で終わる線で、たっぷりとした緩やかな湾曲を描いています。一本の綺麗な線で繋がっている形は珍しく、そのほとんどは複数の細かな線が寄り集まった切れ切れの線として現れています。

エロ線が現れている人は美意識が高く、流行にはとても敏感です。いつも自分磨きを自然とできているので、その魅力は異性を惹きつけてやまないでしょう。

コミュニケーションを取るのも上手で、人から人へ人脈を繋げていく能力にも長けています。また、美的センスがかなり優れているため、芸術家やデザイナー、ミュージシャンなどの仕事につくと、その才能を開花させられるでしょう。

くっきり見える時の意味

エロ線が濃くはっきりと現れているのは大変稀です。このような形状は、エロ線が表す愛情深さをさらに強調しています。人とのコミュニケーションを大切にし、心を許せるといえるほどの人間関係を、広く構築できる人です。

美意識も人一倍強く、自分を魅力的に見せることに長けています。流行りのものには敏感に反応しファッション・アクセサリー・香りなどに気を遣っているので、周りからちゃんとした人と見られやすく、異性からもモテやすいという特徴があります。

感受性が豊かなので美しい絵画や音楽を鑑賞することも好きなようです。くっきりしたエロ線がある人は自分が美しいと思うものを形にできる仕事をすると、その才能を評価され成功できるでしょう。

右手・左手・両手にある時の意味|どちらを見るべき?

手相では、利き手が現在とこれからの運勢を表し、利き手ではない方が過去の運勢や生まれ持った資質を表しています。エロ線を読み取る際もその違いは関係しており、利き手に現れた時は現時点で実感がなくとも、近い将来でその才能が開花することを意味しています。

利き手ではない方に現れている場合は、生まれ持った才能として、美的センスや周りから見て魅力的に映る素質を持っていることを表しています。

そして両手にエロ線が現れている場合は大変珍しく、生涯においてエロ線の効力を授かれることを意味します。周囲の人から愛され、受け取った愛はそれ以上にお返しができる人徳のある人といえます。

枝分かれしているエロ線(金星帯)の意味

枝分かれしている線は、手相において運気アップを象徴するといわれています。エロ線が二股に分かれている場合も、その特徴である能力により得られる成果や結果が大きくなりやすい状況であることが読み取れます。

運気自体が良くなる傾向にあるため、恋愛において良い関係を作れそうな異性に出会えたり、芸術的な分野での才能が評価され、大きな成功を得られる可能性も高まっている状態といえます。

異性に関する興味も強くなる傾向があり、セクシャリティーな衝動にも積極的です。異性の本能をくすぐる色気も倍増され、さらにモテるようになるでしょう。

三又に分かれているエロ線(金星帯)の意味

三叉の手相は、線が二又に分かれている手相よりもさらに良い運気を持っていることを意味し、より大きな幸福を手に入れるためのチャンスを呼び込んでくれる吉相です。

この手相の形状になっている間は、自分の思いに正直に行動しても良い運気が付いて回るため、滅多に失敗するようなことはないでしょう。

ですが、手相はあなたの行動がそのまま形となって現れるため、調子に乗り、思いやりのない行動ばかりしていると、運気のよくなる手相は消えてしまい、悪い状況を示す手相が増えることもあります。自分の思いに正直な行動には、人に対する思いやりが欠けていないかを常に意識して行動しましょう。

スター(星)があるエロ線(金星帯)の意味

手相におけるスターは良い出来事の前触れを表す吉相として知られています。これが手相の線に重なる、もしくは接する位置に現れた場合は、その線の力を強める意味合いがあります。

もしエロ線上に現れたなら、持ち前の色気や美的感覚が増大し、より周りの視線を惹きつけやすくなっているということになります。芸術や芸能の仕事をしている人は、その冴え渡る美的センスで素晴らしい功績を納められる可能性が高まっています。

このスターはある日突然現れることがあります。それは言わばモテ期の到来を意味しているため、恋愛において積極的に行動すると良い結果に恵まれるでしょう。

クロスがあるエロ線(金星帯)の意味

クロスは、手相において凶相の一つとして知られています。この紋が手相の線に重なる場合は「妨害線」と呼ばれ、線の能力によりトラブルや困難を招く恐れがあります。

エロ線上にクロスが出た場合、その人の魅力やスター性に嫉妬した人物から足を引っ張られたり、モテ過ぎるが故に異性関係において大失敗を犯してしまったりすることを予兆します。

クロスを見つけた際には派手な行動は避け、トラブルが起こることを前提として慎重に行動することを心がけましょう。そうすることで苦難への道は閉ざされ、いつの間にかクロスが消えていることもあります。

フィッシュがあるエロ線(金星帯)の意味

フィッシュは掌のどこに現れても吉相となるため、手相を見る上でラッキーなマークとして有名です。線に接して現れている場合はその線の効力により成功や幸運をつかむことを意味しています。

エロ線上のフィッシュは、今現在が人を虜にするほどの魅力に溢れており、それに魅せられた人から高い評価を受け、大成功を収められたり、思わぬ幸運が巡ってきたりするという可能性が高まっていることを意味します。

また、研ぎ澄まされた感性により、人の本心を読み取る力も強まる傾向にあります。聞き上手な相談相手として頼られることが多くなったり、会話が噛み合うスムーズなコミュニケーションから恋心を抱かれやすくなったりするでしょう。

グリル(格子紋)があるエロ線の意味

手相に現れるグリルは、あまり良い意味を持ちません。ある特定の場所に現れた時に吉相と読み取ることもありますが、そのほとんどはマイナスの意味を表すものとして凶暗示となります。

エロ線に接する場合も線の意味合いを弱めることになり、悪い状況を引き起こしやすくなります。備わっているはずの魅力や色気は薄れ、表面上にその効果が出にくくなってしまうという状況です。

エロ線が現れている以上その能力は消えていないと読み取れるため、美的センスと自分磨きを日頃から行うことを意識し、努力をし続けることでグリルが消えることもあります。手相は自分の行動次第でどんどん良い相に変化させることができるのです。

スクエア(四角紋)があるエロ線の意味

スクエアは、「復活の相」「一発逆転の相」として知られており、今の状況からより良い環境へ移り変わる時期の訪れを意味します。ですが、現状がトラブルの渦中であるという意味も併せ持つため、一概に吉相とは言えないのです。

スクエアがエロ線に接して現れた場合、エロ線の表す色気や魅力にまつわる問題が起こることを意味しますが、それを乗り越えるための強運とパワーが備わっているため、より良い状況へ転換できることを表しています。

また、苦しい状況でも今まで懇意にしてきた周囲の人々からの助けがあるかもしれません。普段から人との繋がりを大切にし、もらったものは倍にして返すホスピタリティーを常に意識したいものです。

切れ切れになっているエロ線(金星帯)の意味

エロ線のパターンとして1番多い現れ方がこの形状です。切れ切れになっているエロ線は、本能的な部分を刺激するただならぬ色気というよりも、いつもさりげないオシャレさを演出し、ふとした時の魅力が輝く人物です。高い美意識から流行には敏感ですが、個性に少し欠けるところがあります。

異性からもかなりモテますが、少し飽きっぽいという特徴があり、その時々の感情に流されて相手に冷たい態度をとってしまうことがあるようです。そのため彼女ができても長続きせず、すぐに新しい恋に向かって走るという連鎖を繰り返している人に多くみられます。

直線になっているエロ線(金星帯)の意味

直線になっているエロ線は、「気づき線」と呼ばれる手相の可能性があります。この手相を持っている人は、人の深層心理を読み取ることに長けており、霊的な力を思わせるほどの感性の鋭さを持っています。

中には霊視や透視能力など科学では説明できないような力を持っている人もおり、長い線を持っている人ほどスピリチュアル的な能力が強いといわれています。

周囲の人に不思議な癒しの力を感じさせるため、悩み事を相談されたり、助言を求めてくる人が集まりやすいでしょう。その才能を活かして人のためになる行いをし続けると、より強い力と運を授かることができます。

エロ線(金星帯)が二重になっている時の意味

線が二重になっているエロ線は、その意味も2倍に強まることを意味しています。ひときわ強いフェロモンは、意識せずとも異性に魅力的な印象を与えるため、複数の異性から言い寄られるなど、普通ではありえないようなモテ方をするようです。

また、性的欲求も強くなるため、恋愛において積極的にアタックしていく肉食系の人が多い傾向にあります。自分から言いよる場合も魅力が格段に上昇しているため、失敗する可能性も低いでしょう。

ただ、あまりにもモテすぎることから、人間関係にヒビが入ることもあります。例えば、友人の好きな人を知らず知らずのうちに奪ってしまったり、浮気に走ってしまったりなど、有頂天になっていると大切な人を傷つけてしまうことになりかねません。

エロ線(金星帯)に縦線が入っている時の意味

エロ線の線上に縦線が入っている場合、線の意味を弱めたり、災いを予兆する障害線となります。異性を魅了する色気やフェロモンが減退し、美的感覚も鈍ってしまうでしょう。もし美的センスを活かすような仕事をしている人にとって、この期間はスランプに陥っているような状況といえます。

この形状の時は、特徴である独特の色気や芸術的センスを磨いたとしてもマイナスの方向に働く可能性が高く、トラブルを招きやすいため、派手な行動は禁物です。異性から好意を持たれたとしても、簡単に受け入れるのではなく、その関係性の先には何があるかをよく考えてから関係を築きましょう。

エロ線(金星帯)に横線が入っている時の意味

エロ線に沿うような形で、線の上下のどちらかに横線が現れている時があります。このような形状は、快楽に従順で今を楽しむために生きているという享楽的な考えになっている状態を意味します。異性を刺激する色気も強く漂い、その官能的な魅力でメロメロにさせてしまうでしょう。

何気ない動作で異性を魅了し、万人に支持されるようなファッションを好む傾向があるため、様々なタイプの異性から好意を寄せられそうです。自由気ままな性格で周りの人を振り回すことがあるようですが、それすらも魅力と感じさせてしまいます。「不思議と憎めない」という印象を持たれやすい人物といえるでしょう。

エロ線(金星帯)に島がある時の意味

手相に現れる島は、不吉の印として読み取ることが多いです。それはエロ線においても同じで、その特徴が災いし困難やトラブルに巻き込まれやすくなっていることを予兆しています。

無意識に異性を惹きつける力があるために同性から妬みを買いやすく、因縁をつけられたり、過度な好意を持たれた異性からストーカー行為の被害にあったりなど、人間関係に問題が起きやすくなります。

もしこの形状が現れた時は、現状が良くても問題に発展する「種」が周囲にばら撒かれている状態です。トラブルが生じてもすぐに対応できるように、あらかじめ心の準備をしておき、用心深い行動を心がけましょう。

感情線とエロ線(金星帯)がつながっている時の意味

感情線とエロ線がつながっている時は、エロ線がたっぷりとした長くたわむ湾曲線であることが多いです。このような形状の場合は、もともと備わっている感受性がさらに豊かになり、より人を愛する感情が強くなっています。

何か行動を起こそうとする時は、直感や感情で動くため後先を考えず、自分の思いが先行する方向へ突き進んでしまうこともあるようです。時には客観的に自分を見つめ、冷静な判断がいつでもできるように意識しておくことが大切です。

手相の見方の基本として、読み取る線が「長い」「濃い」という特徴がある時は、線の意味がより強く現れやすい人物であることを示すといわれています。

まとめ

昨今、エロ線を読み取る時のポイントとして重視されやすいのは、その人の性的な欲求の強さやモテやすさなどの「異性関係」における観点です。もちろん、それらを表している線でもあるのですが、他にもたくさんの良い意味を含んでいる線であることを忘れないでください。

周りの人を思いやる愛情深い心と、優れた美的センスはエロ線を持つ人の最大の特徴です。それらが結果的に周囲の人を惹き付ける要因となっているといえます。現れた際には、ぜひその才能を伸ばす努力をしてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい