手相

運命線の見方|特徴別に解説するビジュアル手相占い

手相のうち運命線は、仕事運や結婚運など人生に関わる大きな出来事を暗示している相だと言われています。
現在の状況や未来を運命線を見ることで分かるため、注意時期の予測や、運気の悪い時が来た時に備え対策を立てることに使えます。
太く真っすぐとした運命線が良いと言われていますが、単純にそれだけでは読みとれないのが運命線です。
濃く太い線を持つ者、薄い線の者、運命線が無い者など様々ことを伝える運命線が示す意味や見方を見ていきましょう。

Contents

運命線の基本の位置と意味|見るべきポイントを解説

運命線は、手のひらの真ん中辺りにあり、中指の根元に向けて伸びた位置にある線のことを指して言います。
手首辺りから中指に向かってまっすぐ伸びた長い運命線もあれば、1センチにも満たない短い運命線もあり、個人差が大きいのが特徴です。
短くても線の延長上が中指の方向に向かうように刻まれた線を探せば、運命線を見つけられるでしょう。
運命線を読み解く時のポイントは、線の濃さ、長さ、有無が関り、それぞれの条件に意味がありますので詳しく見ていきましょう。

線の位置と一般的な形状・長さ

一般的な運命線の形は、中指の付け根の土星丘に向けて伸びた、手のひらにある線のことを指して言います。
土星丘付近まで線が達していない場合でも、このまま伸ばせばそこに達するであろうと考えられる線であれば運命線と読みとります。
起点は、手首辺りの地丘から始まるものが基本ですが、金星丘や月丘が出発点である線もあれば、中央辺りに短く存在する線も運命線です。
地丘を起点に真っすぐ運命線が直進していれば、先祖の恩恵を受けやすく運の強い傾向にあると言われています。
また、運命線の中には、運命線全体が短く途切れたものが並んで線状を表していたり、途中で切れたような運命線もあり形状は様々です。
運命線全体が短く途切れた形状の手相の人は、飽きっぽく変化の多い人生を送りやすい傾向を示し、途中で切れた手相は転機を示すと考えます。
しかし、運命線は変化をしやすい相のため、転職や結婚などの環境の変化が手相に表れ変化します。

線の見方|長い場合・短い場合

運命線を読み解く時は、線の長さに注目するのもポイントとなり、線が短いと運が悪いわけではありません。
手首から中指付け根にかけて伸びた長い運命線は、子供時代からしっかりし、注目を集めたり、精神も運が強い人が多い傾向にあります。
自分で決めないと気が済まない一面がありますが、自分で切り開いていけるタイプが多いです。
女性が長い運命線を持っているなら、結婚しても仕事を続けられる環境にした方が運勢が良くなります。
反対に、短い運命線はその線がどこにあるかで運勢が変わってくるのが特徴です。
手のひらの真ん中から伸びている場合は、中年以降に運勢が良くなることを表し、土星丘に近い位置に短くある場合は、大器晩成型の運勢を表しています。
なお、手首に近い位置に短くある場合は、若い頃に運気が良いことを示すなど、短い場合は位置で大きく意味が違うのが特徴です。

線の見方|線が濃い場合・薄い場合・ない場合

運命線はその線の濃さにも注目する必要があり、運命線は手相のうちでも主要な線のため、線の濃さは意味に大きく関わります。
運命線が感情線や生命線と同じぐらいに、濃くしっかりと出ている人は、自分が中心となり努力をして目的を達成したいタイプです。
目的を達成するために周りを巻き込んで力強く突き進み、人を引っ張っていくリーダータイプの素質を持っています。
しかし、自分で全て背負い込む傾向にあるので、苦労する人が多い傾向にあります。
反対に感情線の薄い人は、周りとの関係を大切に協調していき、控え目な性格ですが人を補助する側に回る事が多いです。
人間関係を上手に立ち回れる人が多いので周囲に認められることも多いですが、自分がリーダーになるとその人の持ち味が薄れてしまう傾向にあります。
また、運命線が無い人は、自分のペースで突き進むのんびりした性格の人が多いでしょう。
その時その時で対応する生き方をしますが、素直な人が多いためチームのムードメーカーになっている人が多いのが特徴です。

線の見方|右手と左手の違い

手相において、右手と左手のどちらで見るのが正しいのか悩むことがあるかもしれません。
利き手で見たほうがいいなど諸説あるようですが、手相を見るのであれば両方を見た方がいいでしょう。
基本的に左手は生まれ持った資質や精神面、人生の前半を表しており、右手は自分の経験したことや人生の後半を表しています。
運命線を見る時は、先に左の手相を見て、持っている素質などを確認し、右手の運命線を見て、今後どのように活かせばいいのかを判断していきます。
運命線は現在の状況や今後の運勢の展開などが分かる手相ですので、右手と左手の意味を理解して読みとるようにしましょう。
そうすることで、良い未来へと繋がる方法や気をつけなければならないことなどの判断をしやすくなるはずです。

運命線と年齢の関係|流年法の見方を解説

運命線は何歳の頃に何が起きるだろうという事が予測できる「流年法」で、運勢を読み解くことができます。
人により運命線は長さや始まる位置が違うため、正確に分かるようになるには経験が必要になってきます。
目安として、手首を0歳、中指の付け根を100歳と考え、真ん中は30歳頃、運命線と知能線が重なる辺りが35歳頃、運命線と感情線が重なる位置が55歳頃と読みます。
運命線が短い時は手のひらを4分の1に分けて考え、手首の位置が0歳、4分の1の辺りが21歳、真ん中が30歳、4分の3辺りが52歳として読みとります。
この方法を使えば、運命線が短くても、例えば運命線が4分の3辺りから始まっていれば、晩年に運気が上がって来ると読みとることができます。

スター(星・アスタリスク)が運命線上にある時の意味

スターは短い3本の線が重なり「*」の形になる紋のことで、幸運を呼ぶラッキーなサインだといわれています。
運命線上に出る場合は、運命線以外の短い線が3本揃っていないと、スターとは言えず、運命線上に出るスターはとても珍しいのです。
運命線にスターが出ると、運命線の意味する、仕事運や結婚運のアップや、人生においてチャンスなどの幸運が訪れます。
仕事で評価される、結婚が決まるなど思いがけない素敵な出来事が起こるかもしれないのが、スターの意味です。
しかし、スターが現れても運が良くなったと思わなかったり、仕事や人生がうまく行っていないと感じることもあるでしょう。
それでも、スターが出ているのであれば、進んでいる道に間違いがないと紋は教えてくれています。

トライアングル(三角紋)が運命線上にある時の意味

トライアングルは基本的に、幸運の訪れを教えてくれる紋ですが、運命線に出る場合、良い運勢になる場合と悪い運勢になる場合とに別れます。
運命線にトライアングルが現れた場合は、どのようにトライアングルがそこに出ているかを確認しましょう。
良い運勢になるトライアングルは、紋の端が運命線に引っ付いているようにできた紋の場合です。
運命線の意味する仕事を頑張ればその努力が認められることを教えており、運気が好転するようなラッキーな事が起こるかもしれません。
ですが、トライアングルが運命線と重なって現れた場合は悪い意味になり、思いがけない不運な事が起きるかもしれません。
仕事運や人生などの社会生活を送るうえで影響のある運命線にトライアングルが出ている間は、自分の行動には気をつけましょう。

十字紋(×印・クロス)が運命線上にある時の意味

十字紋は基本的に悪い意味を表す紋で、2本の線がクロスに重なり、大きさは1センチぐらいのものを言います。
仕事運や人生を左右する運命線に十字紋が出るのは、仕事で何か面倒なことが起こるなどの不運が起きると教えています。
十字紋は一時的な不運やもめ事などを示していることが多く、厄介な出来事が起きても、解決できることが多いです。
運命線上の十字紋の線が深くしっかりとしている場合は、もめ事や厄介ごとはなかなか収まらないかもしれません。
また、十字紋の位置が運命線の中指の付け根側の一番端にあった場合は注意が必要です。
今のまま仕事や人生などを進めていては、最終的に厄介な出来事に巻き込まれる可能性があるというサインになります。
十字紋が現れたら人生を見つめ直すいい機会だと考え、自分の行いに問題がないかなど、よく確認する必要があるでしょう。

途中で切れている運命線の意味

運命線が途中で切れ、運命線と運命線の間が大きく空いている手相の場合にも意味があります。
人生の流れを運命線が表していると考えると、この途切れて間が空いている時期は、人生の休息を取る時期だと考えるといいでしょう。
流年法で運命線を見れば、おおよその休む時期は何歳頃になるのかを知ることができます。
悪い意味ではありませんが、途切れている時期は運気が下がっていることを意味しますので、無理をせず休養することが大切です。
次の運命線が始まっているところから新しいステップに入ることを意味しているので、英気を養う時期だと思うといいでしょう。
また、女性の場合は、結婚や出産を期に会社を休む期間が運命線の空白になって出てくることもあるようです。

二股に分かれている運命線の意味

運命線の途中で二股に別れる相が出ることがあり、二股に運命線は別れる意味は良いことが起こるという意味になります。
二股に別れている時期が人生のターニングポイントとなり、流年法で運命線を見ると、その時期をおおよそ掴むことができます。
運命線は仕事運や結婚運など人生に起こる運勢を見る手相なので、結婚を示していたり、独立をする時期を示しています。
その時期に行動をすれば、いい方向に進むので、チャレンジしたかった夢があるのなら、それに挑戦するのも一つの方法でしょう。
また、二股に別れている先がどの丘に伸びているのかでも、手相の吉凶を見ることができます。
運命線が木星丘に向かって分岐している場合は、努力次第で目標を達成できる意味があります。
太陽丘に向かって分岐している場合は、成功しやすい運勢という意味になり、水星丘の場合は人間関係が良くなる事を意味しています。

二本・三本ある運命線の意味

二本、三本と複数の運命線がある手相もあり、この手相の人は忙しくとても活動的な行動をする人が多いです。
運命線が重なっている時期は、仕事を複数掛け持ちしたり、多趣味だったり、ボランティア活動したりなどとにかく多忙です。
この時期は、多くの活動をこなしたりすることで、人生を楽しく、自分らしく生きることができ、行動で運気も上がる相になります。
また、感情線を超えた辺り、流年法で運命線を見ると55歳辺りから運命線の数が増えている手相の人もいます。
こういった手相の人は、晩年に定年退職後に自分の好きな事を始めて人生を楽しんだりしている高齢者に多く見られる手相です。
趣味だけでなく、これまでの経験を生かして生涯現役で活動するなど精力的な人生を晩年送ることができる相になります。

支線が伸びている運命線の意味

運命線から上に向かって細い支線が伸びる相が現れる事がありますが、その長さによって判断をします。
伸びている支線が短い場合は、悪い手相なのではなく、まだ目標に達成していないことを示しているのです。
成功や幸運といったものは感じられないかもしれませんが、運気が上がってきていることを暗示していると考えられます。
特に不幸な体質だった人が支線が出ることで、悪いことが起こりにくくなったなど小さな変化を感じる人もいます。
今は幸福だと感じられなくても運気が良くなることを示しているので、具体的な目標を立てるといいでしょう。
なお、支線が長く伸び、木星丘や太陽丘、水星丘に向かっているのであれば、それぞれの丘の意味する幸運が訪れることを示しています。

始点・終点が枝分かれしている運命線の意味

運命線の始点と終点が枝分かれしている運命線の場合、手首側である始点か、中指側である終点かでその意味は全く変わってきます。
まず、手首側である始点が枝分かれしている運命線は、土台線のある運命線だと読みとることができます。
家などを建てる時に土台が重要な様に、土台をしっかりと固め、そこから運命を切り開いていく人に多い手相です。
そのため、若いうちから人生の目標や夢などをしっかりと持っており、それに向かって進み、その道の専門家になる人が多い実力派です。
若いうちから脚光を浴びることはありませんが、地道な努力と経験を積み重ねて大成することができる手相です。
反対に、中指側である終点が枝分かれしている運命線は、これまでの努力が報われる晩年運の相になります。

途中にフィッシュ(魚紋)がある運命線の意味

フィッシュは魚の形をした紋でとても珍しく、フィッシュが出ると幸運がやって来ることを示しています。
運命線上に現れると仕事運や運勢がとても良く、仕事が評価されたりなど思わぬチャンスがやってくるでしょう。
フィッシュは突然表れることもあれば、少ないですが元々持っているという人もいます。
元々持っている人は運命線の持つ意味を強くしたり、幸運が比較的起こりやすい相です。
突然現れた場合は、近い将来運勢が良くなったり、良いことが起ること教えていると言えます。
運命線とフィッシュが接するところが、流年法で見るとその時期に幸運が訪れやすくなるので注意して手相を見ましょう。
また、フィッシュはせっかく表れても努力を続けないと消えてしまうため、前向きに努力する姿勢を忘れないことが大切です。

途中に島がある運命線の意味

運命線の途中に円形の相が表れることがあり、この相は島と呼ばれ、線の持つ意味合いを弱めたり悪いことが起きることを意味します。
この相が運命線の途中に出たら、仕事や人間関係などの悩み事が大きくなり、まさにスランプだと感じるでしょう。
流年法で運命線を見ると島の表れている年齢辺りで、トラブルが起こりやすくなるので、その時期は注意して行動をしましょう。
しかし、島の示す試練を乗り越えると、人間的に成長できる可能性が大いにあり、人の痛みが分かる人格者となる場合が多いです。
人生や仕事運、人間関係に大きくかかわる運命線ですから、島の期間を乗り越えることで人から信頼される人生を歩めるでしょう。
なお、運命線を見る時に、島とフィッシュはとても形が似ているため、見間違えないように注意する必要があります。

伸びてきた・短くなった運命線の意味

運命線の場合、伸びたり、短くなったりすることは比較的少ないですが、手相が変わり運命線が増えることがあります。
運命線が伸びてきた場合は、仕事など何かしら社会に貢献したり、努力をしたことが要因となって、伸びたと考えられます。
例えば、独立しようと努力をしたり、仕事で成果を上げようと頑張った結果、運命線が伸びることもあるようです。
伸びた運命線を流年法で読み解くと、その運勢が始まる時期などが変わってくるので、もう一度手相を見るといいでしょう。
また、反対に運命線が短くなることもありますが、短くなったからといって運気が悪くなる意味ではないようです。
仕事を辞めたりなどして社会との関りが薄くなったりなど、環境が変わることで短くなることがあるようです。

濃くなった・薄くなった運命線の意味

手相は変化していくものですので、運命線が濃くなったり、薄くなったりの変化をすることもあります。
運命線が濃くなったという事は、何かを努力したりバイタリティに溢れていることを手相が示しています。
今まで以上に仕事が捗るようになったり、仕事でプロジェクトのリーダーを任され、それを頑張っているうちに濃くなることもあるようです。
また、今まで運命線が薄かった人が濃くなった場合、夢や目標が明確になったり、自信がついたことがその要因だと考えられるでしょう。
反対に、運命線が薄くなった場合は、目標がなくなったり、自信を失ってしまうことで起きることがあります。
しかし、結婚や転職などで環境が変わったことで運命線が薄くなることもあるので、薄くなったからと深刻に悩む必要はないと言えるでしょう。

運命線と関係が深い線

運命線から伸びたり横切ったりする、運命線と関わる線があることで、また違う運勢を呼び込む場合があります。
人間関係や社会と大きな関係のある運命線と関わることから、人間関係や仕事について教えてくれたり、人生に深く関わったりします。
運命線と関係が深い線の中から、「モテ線」「障害線」「影響線」「人気線」「二重運命線」「覇王線」を見ていきます。
特別な意味の場合もあるので、自分の手相にないか確認してみるといいでしょう。

モテ線|運命線の下あたりから右斜めに流れる線

運命線の下の辺りから右斜め下に向けて流れる線が出ることがあり、このモテ線が出ると老若男女問わず人気が出てモテます。
人気アイドルや、お店で人気のキャバ嬢などに多くある手相と言われ、異性には抜群にモテます。
そのため恋のお誘いも多く、恋愛を楽しめる反面、八方美人に思われる傾向にあり、思わせぶりな行動はしないなど注意する必要があるでしょう。
この線がある人は、客商売を仕事にするとうまく行きやすく、接客業、営業職などを選ぶと、出世しやすくなります。
1人でいるよりも誰かと一緒に居る事を好む傾向にあり、運気も誰かと一緒に居た方が良くなる傾向にあります。
もし、モテ線がなくても、自分から多くの人に関わったり、美意識を高く持っておしゃれに挑戦しているうちに出ることもあります。

障害線|運命線から斜めに走る線

運命線を切るように線が入る相を障害線と言い、この線がある時期は体の不調やトラブルなど、精神的に辛いことが起こると暗示しています。
障害線を手相で見る時は、その線の太さや濃さに注目してみるといいでしょう。
線が細く薄い障害線であれば、数が多くあってもあまり気にする必要はなく、問題があっても解決すれば自然と消えるでしょう。
仕事などで問題が生じたり、心労がある時に現れやすく、一時的なものの場合が多いです。
問題も解決できますので、落ち着いて行動したり、または距離を少し置いてやり過ごすことで解決するかもしれません。
ですが、太く濃い障害線の場合は、解決が難しい困難な問題に遭遇する恐れがあることを意味しています。
仕事で裏切られたり、信用を失うなど大変な事が起きるかもしれません。
問題が起こる時期は流年法を使用して、いつ頃の時期になるか分かりますので、予め調べて備えることで最小限の被害に止められるでしょう。
なお、二本の運命線が交わる手相があり、運命線同士でも交差している時期は障害線と同じ読み方になるので注意しましょう。

影響線|月丘から運命線に向かって斜め上向きに伸びる長い線

月丘から運命線に向かって斜め上方向に向かって伸びている線は影響線と言います。
影響線は文字通り運命線の意味する人生に影響を与える線で、恋愛相手やパートナーなど人生を影響する出会いを意味しています。
月丘から運命線に長く伸び、運命線に達している線は、自ら築いた人間関係の中から運命の相手と出会う事を意味しています。
影響線を見る時に注意したいのは、運命線を通り過ぎていないことを確認しましょう。
運命線を切るように通り過ぎてしまう線は障害線と変わり、影響線とは意味が全く違ってきますので注意する必要があります。
なお、月丘からではなく反対の金星丘から影響線が伸びている場合の意味は、身内からの援助があるという意味になります。

人気線|月丘から運命線に向かって斜め上向きに伸びる短い線

月丘から運命線に向かって上向きに伸びるような短い線が手のひらに出ることがあります。
この手相は人気線と呼ばれ、なんとも言えない魅力的な人が多く、いろんな人に好かれ、かわいがられる運を持つ意味になります。
性格も明るく、人を楽しませる存在になれるタイプで、人が自然に集まり、笑顔が集まるでしょう。
人が周りに集まるので、影響線やモテ線と同じくモテる人が多い傾向にあります。
また、人に助けてもらうことが多い運を持っており、困ったときに誰かが手を差し伸べてくれるラッキーな一面もあります。
モテる人が多いのですが、モテすぎるため特定の恋人ができにくいという悩みのある人もいます。
そういった人は誰かに紹介してもらうことで、恋愛がうまく行くでしょう。
人と接したり、人前に出ることが好きな人が多く、そういったことに喜びを感じる傾向にあります。

二重運命線|運命線が2本ある・複数ある場合の意味

二重運命線とは太くくっきりとした運命線が、二本並んでいる手相のことを示します。
二重運命線のある人は、本業をしつつ副業をするといった、二つの全く違う職業をこなす傾向にあります。
二足の草鞋という言葉がありますが、まさに両方の仕事をうまくこなし、両方で利益を出すことができる人が多いです。
運命線が二本ある間は、仕事をどちらか一方に絞らず両方をうまく進めることができる運勢なので、選ぶ必要はないでしょう。
なお、複数運命線がある場合、三本までは職業を増やしたり、活動を増やしても問題はないようです。
しかし、四本以上運命線が並んでいる人は、事業を増やしすぎることは、注意したほうがいいでしょう。
複数運命線がある人は、色々な事業をこなしている人もいますが、増やすなら目標をきちんと定めて計画的に行う必要があります。

覇王線|運命線・太陽線・財運線が一本になる線

覇王線はとても珍しい線で、運命線と太陽線と財運線が重なり、運命線を中心とした扇状のようになった手相のことを言います。
この相は、太陽丘まで伸びている太陽線と、水星丘にまでしっかり伸びている財運線の意味が大きく影響します。
太陽丘の意味する信頼や財運、地位と、水星丘の意味する財運や商才といった運が運命線に影響を与え、運気が強くなる意味を持ちます。
人間関係の信頼と地位と財運が揃った運勢となり、大きな成功を収める人が多い、まさに覇王の運勢を持ちます。
手相の中でも大きな開運を意味する相で、一代で成功して巨万の富を得た人もいます。
また、この覇王線がある人は運の良さもありますが、人の何倍も努力をして成功を収める人も多いです。
努力をする姿勢が人を魅了し、実績を得て、財を築いていくという意味もあると言われています。

まとめ

運命線について見ていきましたが、運命線はその名前の通り、仕事運や結婚運、人間関係など、人生において大切な事を示している相です。
濃く長い方が良いとされていますが、運命線が細い人や無い人はサポートに回る運勢となりどちらの運勢が良いかは人によって違うでしょう。
運命線は比較的変わりやすい相なので、自分で運勢を変えたいと強く願い努力をすることで濃い線に変わることもあります。
「運命」という名が付いているように自分が努力や行動をすることで、この運命線の持つ運勢を変えることは不可能ではありません。
運勢を変えていきたいのであれば、どんどん行動することで、より良い運勢を掴む事もできるでしょう。
反対に運命線が細い人や運命線が無い人は自分で切り開くのが苦手な一面があります。
しかし、そういう性質だという事を知っていれば、仲間を大切にし、助け助けられるといった自分に合う生き方を選ぶことができます。
運命線を知り、正しく活用することで、自分に合った生きやすい人生を送ることができるでしょう。

合わせて読みたい