夢占い

宝石の夢は【欲張り】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

宝石の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

宝石の夢を見たことによって、夢占いが意味するのは「欲張り」です。宝石というものは昔から権力者やお金持ちたちが身なりを着飾るために集めてきたもの。この資本主義においてお金をたくさん稼ぐ人たちは欲張りというイメージがありますよね。そのことから宝石の夢をみることは欲張りという意味を表すようになったのです。

また宝石は非常に価値の高いものでもあります。そこから夢占いにおいて「自分の大切なものの象徴」という意味を持つことに。宝石という高価で貴重な存在から、自分の大切なものという象徴になったのです。

他にも宝石の夢には「恋人」や「生活」といった意味も表しています。宝石というものは恋人へのプレゼントとしても好まれるもの。また日常生活においても身に着けることが多くあることから、恋人や生活といった意味を表すのです。

宝石の夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

ここまで夢占いにおいて宝石の夢が意味するキーワードを見てきました。しかし夢を見た時の印象だったり感情だったりによっては意味がまた異なってくるのです。

宝石の夢を見た時に綺麗であるといった印象を感じられるほど、現在あまり物欲がないことを表しています。すでに満たされていて欲しいものは手にいれてしまったのでしょう。

反対に宝石の夢を見た時に淀んでいる印象を感じられるほど、自身が欲張りになってしまっていることの表れです。強欲になりすぎて周りに対しての気遣いができていないこともあるので注意が必要です。

宝石の夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

宝石の夢を理解するためには、夢を見た時の行動や場面に注目してみることが必要となります。

夢の中に出てきた宝石の数が多ければ多いほど、自身の欲に対する気持ちが大きくなっていることを示しています。抑えられないような欲求が溜まってきているのかもしれません。欲深くなりすぎて周りを傷つけないようにこの時期は注意が必要です。

また宝石の夢を見た時に安定した感情であるほど、自分の欲求が安定していることを暗示しています。目標に向かって邁進できていますので、このままの状態を維持することがポイントです。

宝石の夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

宝石の夢を見た時に欲についての基本的な意味やそれが状況によっても変わることを見てきました。しかし夢の中で見た人物によっても、夢においては宝石の夢が変わっていくのです。どんな人が出てきていたのか深く思い出してみてください。

宝石の夢と一緒に知らない異性が登場した場合、それは運命のパートナーと呼べるような存在の現れを示唆しています。宝石には恋人という意味がありますので、将来のパートナーと呼べるような異性の存在が近づいてきていることを表しているのです。

また宝石の夢と一緒に登場した人物が同性であった場合、それは自身の人生をサポートしてくれるような重要な仲間の存在を意味しています。

黒い宝石がでてくる夢の意味

進めている案件によって、多くの利益が手に入る予兆です。
その利益は物質的なものの事もあれば、知識や叡智である事もあります。
予想していなかったところから、お声がかかったり、活躍の場が今よりも増えていく事もあるでしょう。
検討する時には、あまり怖がらずにいる事が重要です。
考えすぎる事も、取り越し苦労になってしまう場合もあるからです。
自分の直感を信じても良いでしょう。
良いイメージを抱ける方を選んでいきましょう。

紫の宝石がでてくる夢の意味

魅力が高まったり、恋愛対象を引き寄せる力が上昇していく予兆夢です。
この宝石が光り輝いていれば、それだけ魅力や引き寄せる力が強まっているという事になります。
想いを寄せる相手にアタックをしたり、アピールをすると効果的となる率も高まります。
ですが、宝石が濁っていたり、汚れていたら注意しましょう。
想いを寄せる相手やパートナーを狙う存在が現れる暗示となります。
予防策として、相手に干渉せず自分磨きに努める事が重要です。

星型の宝石がでてくる夢の意味

この夢は、星型の宝石を手にしたかどうかで読み解きに変化が起こります。
手にした、手に入れる事が出来たのならば、新しい才能が開花したり、憧れていたものが手に入る暗示となります。
反対に宝石を手に出来なかった、外側から見ているだけの場合、欲しいものが手に入らない劣等感がある暗示です。
手に入らないのが考えすぎだったり、卑屈になりすぎていて、そういった発想に行き着いている可能性が高いです。
まずは心を穏やかにする事から始めましょう。

青い宝石がでてくる夢の意味

公私ともに支えてくれる人物と出会う暗示です。
心から尊敬できたり、素敵だと感じる人物が到来する可能性があります。
近くにいてくれたら今までよりも充実感が得られるようになるでしょう。
それは相性だけではなく、相手の方の能力が高いから、今まで以上に何かできる範囲が広がっていくのです。
その相手は直感的に「良い」と感じる方なので、出会った時にすぐに分かるでしょう。
出会いに集中し過ぎると、がめついと感じられるので、あくまでも人との関わり合いを楽しむと良いでしょう。

白い宝石がでてくる夢の意味

創造力が高まり、芸術面での活躍が行えるようになっていけそうです。
能力を買ってくれている方から声がかかったり、仕事として依頼をしてくれる事も起こるでしょう。
この夢のあとは欲張りだと感じたとしても、誘われた案件ややりたい事をどんどん行っていった方が良さそうです。
理由はこの時期にしか得られない、良い条件の案件が舞い込む可能性が高いからです。
また、製作をする上では、創造力が高まっているので、我を通した方が良い事が多いです。

宝石に顔が映る夢の意味

独り善がりになりすぎている事の示唆です。
宝石は欲・大切な物の象徴です。
その象徴に自分の顔が映るという事で、今は自分がとても大切だという読み解きが行えます。
多少は自我を大切にする事は必要です。
ですが、度が過ぎてしまうと、他者に危害を加えかねません。
今一度、自我を大切にしている度合いを確認しましょう。
やり過ぎていると感じたら、行動を改めるようにしましょう。
自尊心を保ちつつ、他者との共存を目指した生き方を選ぶと、生きやすくなっていく事が多いです。

宝石が光る夢の意味

うまく能力が発揮される状態だという事を教えてくれています。
自覚がなくても、良い条件の下にいることの示唆でもあります。
この環境で居られるのならば、仕事上の作業効率も高まり、温和なコミュニケーションが取れるでしょう。
特出した仕事がなくても、新しい事に挑戦する事で、それが仕事として成り立つ可能性があります。
それと同時に自分が心から大切にしたい物が登場する示唆でもあります。
物である事もあれば、人である事もあり、その時々によって変化します。

宝石が降ってくる夢の意味

突然、喜ばしい出来事が起こる暗示です。
降り注ぐ宝石の数によって、喜ばしい出来事の数が変わります。
当然、数え切れないほどの宝石が降ってきていたら、嬉しい出来事が複数起こるでしょう。
もしくは、これ以上の喜びはないほどの、嬉しい事が起こる可能性があります。
この出来事は自分だけではなく、親しい仲間にも伝染していくようです。
同時に総合的に運気が底上げされるようなので、毎日を穏やかに過ごせるようになっていくでしょう。

宝石が砕ける夢の意味

砕けた時に、どのような気持ちになったかで読み解く内容が変わります。
宝石が砕けた時に、不吉な予感がした・嫌な感じがあった場合、所有物を失う暗示となります。
脆いと感じるものを失う可能性があるので、予め失うものに予測ができるなら、守るように尽力しましょう。
逆に、砕けた時に喜びを感じた、清々しい気持ちになった場合、良縁が引き寄せられたり、良い事が起こる予兆となります。
大切なのは、夢の中で感じた感情です。
全てが悪い方向に向かう訳ではない事を、忘れずにいましょう。

宝石をもらう夢の意味

恋愛や愛情の運気が上昇している予兆夢です。
宝石を渡してきた相手が知り合いだったら、その方がキーパーソンとなるでしょう。
直接的に良いパートナーになる事もあれば、良い相談役・愛のキューピットのような存在となる事もあります。
会った事がない人ならば、これからパートナーや相談役となる人が現れる可能性があります。
夢の中で出会ったその人に似ている人である事が大変多いです。
出会った方の特徴を忘れないようにしましょう。

宝石を壊す夢の意味

不満が爆発する予兆夢です。
積もりに積もった不満が表面化せず、奥底でふつふつと沸いているような状態です。
表面化していないのも、我慢があるからです。
もう我慢ならない状態まできていて、不満を表現せずにはいられないようです。
この表現が時に暴力となる可能性があるので、注意が必要です。
不満を害がない状態で発散できるように努めましょう。
人を巻き込むと、害に及んでしまうので、自分自身で処理できるのが理想です。
趣味に取り組んだり、不満から離れる取り組みが大切です。

宝石を食べる夢の意味

今よりも強くなりたい気持ちがある暗示です。
目の前に対処しなくてはならない問題があったり、自信を失っている時にも、宝石を食べる夢を見ます。
この場合では、人に助けを求めるよりも、努力をして自分を高めるようにすると良いでしょう。
この時期は、一種のスキルアップ・ステップアップの時期です。
乗り越えられるからこそ、目の前に問題やアクシデントが起こります。
自信をつけるためにも、何を得れば自信が付き、対処できるか改めて考えてみましょう。

宝石を探す夢の意味

失うものがある予兆夢です。
特に今まで大切にしてきたものを失う可能性があります。
今のままだと、失う未来を変える事は難しいでしょう。
ですので、喪失物を出さない為、これまでの生き方を振り返る必要があります。
生き方の中に、何かを失ってもおかしくないようなクセがあるはずです。
クセを改善できるのであれば、喪失物を出さないままで居られる可能性が高まります。
このままでは失うばかりになってしまうでしょう。
すぐに自らを振り返り、改善に努める事が先決です。

宝石を盗む夢の意味

他者から欲しいものが得られる予兆夢です。
愛情が欲しいと感じているなら、想いを寄せる相手からの愛情が手に入るでしょう。
誰かに認めて欲しいと感じるなら、他者から認められるような出来事が起こるでしょう。
この夢のあとは、自己実現もうまく行えるので、不満が少ない日々が過ごせそうです。
諦めていた事に着手しても、良い結果へと向かえる力が上昇しています。
想像できる事や、こうなったらいいなと思える事に出来る限り挑戦するようにしましょう。

合わせて読みたい