夢占い

枕の夢は【さみしい気持ち】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

枕が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

枕が印象に残る夢のキーワードは「さみしい気持ち」です。

枕は睡眠時、すなわちリラックスタイムに使うものです。旅行先でも普段使っている枕でないと眠れない、という人も多いでしょう。このことからも想像がつきますが、毎日使う「枕」は人に安心感を与えるアイテムです。

このイメージから、枕が出てくる夢は、普段の生活で何か満たされないものを感じている、あるいは心の空白を埋めてくれる存在を求めている心理状況が反映されていると捉えることができます。さみしい時に抱きしめたて安心できるような心の拠り所を求めている現状を示しているのです。

あるいは、心理面だけでなく物理的な意味でのコンディションの低下や、「なんだか調子が悪いな」といったもやもやを暗示する場合もあります。

枕の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

夢に出てきた枕に対してあなたが抱いた印象や、枕の夢を見てどんな気持ちになったかを思い出してみましょう。

枕が高すぎる、固すぎるなどあまり良くない印象が強く残ったならば、さみしい気持ちがどうしたら満たされるのか模索していて、葛藤している最中だという暗示です。

逆に、ふかふか・フィットするといった心地よさを感じた場合、さみしさが消えるイメージができていることを示します。良い相談相手になってくれる人と巡り会うなど、心満たされる出来事が起こる予兆です。

枕の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

枕が出てくる夢の中で、あなたがどんな行動をとっていたか、あるいはどんなシチュエーションだったかで夢の解釈が変わります。

枕の使い心地が良くぐっすり眠れていた、目覚めがすっきりしていた、などの場合は、現実においてもさみしさを埋める存在が現れ、満足できる予兆と捉えることができます。

逆に、よく眠れなかったり、枕に八つ当たりしていた、といったシチュエーションの夢だった場合、さみしい気持ちのやり場が見つからず苦しんでいる現状が反映されています。

枕の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

枕の夢に出てきた登場人物に注目してみると、夢の意味を深く理解できます。

自分自身が枕を使っていたならば、さみしい気持ちを自覚していることを示します。誰かに頼りたい、気にかけてほしいという自分の気持ちを認めつつも、どうすればいいかわからない、もしくは抑え込まなければならないと感じていることの暗示です。

別のパターンとして、枕を使っている他人が印象的だった場合は、その人に助けを求めている心理状態を反映していると読み取ることができます。友人や知人、家族など実際に交流のある人ならばその人物に、見知らぬ人であれば誰でもいいから心の隙間を埋めてほしいと強く感じている証拠です。

枕をもらう夢の意味

枕をもらう夢とは、あなたに安心感をくれる人との出会いを表しています。枕とはリラックスするときのアイテムですので、あなたの気持ちを包んでくれたり支えてくれる人との出会いが待っていることを表しています。 異性の相手から枕をもらう夢を見たのであれば、人生のパートナーとの出会いの可能性が高いです。未婚の人はこの時期には積極的に行動を起こすことで良縁の相手を得ることが出来るでしょう。 また、同性から枕をもらった夢を見たのであれば、親友との絆がより一層強くなったり、信頼できる相手との縁が深くなりますので、一緒に新しい事にチャレンジすると気持ちが豊かになるでしょう。

枕を洗う夢の意味

夢においての枕というのは、「さみしさ」を表しており、現実世界で愛情不足や喪失感を感じているということを意味しています。しかし、枕を洗うという行為はその「さみしさ」を洗い流す行動なので汚れを落とすことで心が浄化され、未来が明るくなっていく吉夢となります。さみしさを感じ気分が落ち込んでしまっていた現状が好転し、やる気や活力を手に入れ運気が上昇していくという暗示なのです。周囲の人間関係も恵まれ、今感じていた喪失感なども近い将来きれいに解決していきます。また、枕を洗うという夢を見た段階で、あなたは潜在意識の中で未来へと進んでいこうとしているのです。そのチャレンジを無駄にしないためにも前をむいて頑張っていくことが大切です。

枕を選ぶ夢の意味

枕を選んでいた夢は、あなたが「現実世界で寂しさを感じていること」を表しています。 選んだ枕が清潔感や安心感をいだかせる場合は、今後その寂しさは解消されるでしょう。 もしもその枕によい印象がなかった場合もこれからの行動で大きく運勢は変わることでしょう。 いまは休息をとったり趣味に熱中したりと、自分を大切にする行動が必要なのかもしれません。また、今の環境に満足していない人は新たな分野について勉強したり挑戦の準備を整えるのも良いでしょう。 そのためにもいま自分がなぜ寂しさや不安を感じてしまっているのか振り返ることがあなたをこれから大きく成長させるカギになるはずです。

枕を食べる夢の意味

枕の夢はさみしい気持ちを現します。さみしいと感じる出来事が最近あったのではないでしょうか?枕を食べる夢をみて不思議に思ったでしょうが、食べるという行為は無くすこと、かき消すことを現します。したがって、あなたはさみしい気持ちをかき消したいと思っているのです。気分転換に普段やらないことをしてみたり、自然の多いところや景色のいいところに出かけてみたらいかがでしょう?さみしい気持ちがすーっと消えて心を元気にすることが出来そうです。さみしい気持ちをなくすには時間がかかるかもしれませんが、少し行動してみることで心を元気づけ、心の負担を軽くしてあげましょう。

枕を投げる夢の意味

枕を投げる夢とは、心に残っているわだかまりや寂しさを捨てたいという願望の現れです。 あなた自身がいま「変わりたい」と強く思う出来事があるのではないでしょうか。枕とは寂しさの象徴ですが、それを投げる行為には障害にも打ち勝つパワーを持ち合わせていることを伝えています。この夢を見たのであれば躊躇することなく、前に向かって進んでみましょう。行動に移すことで心が次第に安定してくるでしょう。 また、投げたものがより一層遠く、そして高く飛んで行く夢であったのならば、大きな幸せが近付いてきていることを示唆しています。

枕が汚い夢の意味

枕が汚れている夢とは寂しさが募りやすく気持ちに余裕がない状態を表しています。 枕が不潔であったり、ボロボロになっていることは、心の乱れにつながりやすいので体調管理には十分に気を付けましょう。このような時期は自分の気持ちを素直に話せる人を見つけることが気持ちの変化に繋がりやすいです。あなたの事を理解してくれる家族や親友に相談をしてみましょう。 また仕事などにおいて「これくらいなら・・」と自分勝手な判断をする人がいますので、どんな仕事にも手を抜かずに取り組みましょう。 一方、枕が清潔でふかふかの良い状態の時には、寂しい気持ちを浄化させたり、気持ちにゆとりを持てることを暗示ています。

枕を探す夢の意味

枕を探す夢を見た場合、さみしいという気持ちをどうにかしたい、というあなたの思いを暗示しています。過去のことに対して執着していることはありませんか?もし頻繁にこの夢をみることがあるようなら、過去から抜け出せず堂々巡りになっていることがあなたのさみしさにつながっていることを教えてくれています。八方ふさがりになる前に、日々の暮らしの中でちょっとした新しい習慣を取り入れる、行ってみたかった場所に言っている、やってみたかったことに挑戦する等、何か新しいアクションを起こしてみることをおススメします。そうすることで日々に新しい変化が生まれることでしょう。

枕を買う夢の意味

夢においての枕というのは「さみしい」という気持ちを表しますが、枕を買う夢は、喪失感などがなくなりさみしさが満たされるという吉夢なのです。そのなかでも特に、恋愛運が上昇することを暗示しています。独身で恋人がいる方ならば婚期が近づいているという証です。フリーの方であれば、とても素敵な異性と巡り合えます。そして、フカフカで質のいい枕であればあるほどより素晴らしい異性との未来が訪れることを表しています。このチャンスを逃さずつかみ取るために、友人などからの誘いには積極的に参加し、自ら行動を起こして出会いの場を広げていくことが大切です。

清潔な枕が出てくる夢の意味

清潔な枕が出てくる夢を見た場合の意味は「さみしい気持ちが解決する」ことを意味しています。枕はあなたのさみしい気持ちを表し、その枕が清潔になっているというのは吉夢です。現実世界においてあなたが「さみしいと思っていること」がきれいになくなる、もしくは気にならなくなるような良い出来事が起こり気持ちよくその気持ちが解消されるでしょう。今の暗い気持ちに引っ込み思案にならず、良い出来事に出会えるようポジティブな視点で周囲を見まわすようにしましょう。もし、その枕が清潔になった理由が洗濯やクリーニングで自分から清潔にしようとしてなった夢であれば、自らの力で気分の改善できる意味ですので自分から積極的に気分転換を探してみるといいでしょう。

枕を贈る夢の意味

枕を贈る夢は、精神的にさみしさを感じている事を暗示しています。特に本人はさみしい気持ちを持ちながらも、それをきちんと認めておらず放っている際にこういった夢を見る事が多いです。本人が自覚出来ていなくても実際はさみしい気持ちにより、かなり精神的に参っているケースが多かったりします。さみしさによる精神的な不安定さが疲れとなり、いよいよ体調にも悪影響を及ぼしそうになりつつあるタイミングでこういった夢を見る事が多いです。だからこそこの様な夢を見た場合には、さみしい気持ちをきちんと認めてあげた上で、ゆっくり休養する等して何らかの方法できちんと気分転換をはかる事をおすすめします。

濡れた枕の夢の意味

この様な夢は、さみしい気持ちを強く抱えている事を暗示しています。さみしい気持ちを抱えているものの、本人が意地になって認めていなかったり、その気持ちときちんと向き合っていない場合に見る事が多い夢です。その結果、さみしい気持ちが余計に酷くなり、健康状態の悪化という形で表面に出ようとする際の警告と取る事も出来ます。だからこそ濡れた枕の夢を見た場合にはまず、きちんと自分と向き合ってさみしい気持ちを自覚する事が大事です。さみしさを自覚した上で、体調不良を起こしてしまう前に何らかの方法で心身のリフレッシュを行う必要があります。

枕がなくなる夢の意味

枕がなくなる夢は「さみしい気持ちがなくなる」ことを暗示しています。あなたのこころが今、引っかかっていることよりも、別の新しい興味がわいたり、新たな人間関係が構築できたりすることで、「さみしい気持ち」がなくなるでしょう。あたらしい出会いを受け取るべく、いつもよりもアンテナを張ってみましょう。しかし、夢の中でその「枕」を大切に思っていたりして、その枕をなくしたことが悲しかった場合は悪い意味の夢になります。さみしい気持ちに心を占められたあまりに、友達やパートナーとケンカ別れしてしまい、さみしいと思う気持ちはなくなるけれども別の感情を抱いてしまうトラブルの発生を暗示しています。自分の感情だけでなく相手の状況なども考えてみて思いやりに気をつけて見ましょう。

枕が燃える夢の意味

枕はさみしい気持ちの象徴です。枕が燃える夢はさみしい気持ちが燃えてなくなることを現わしています。あなたが長い間感じていたさみしい気持ちがもうすぐ燃えて消えていくでしょう。さみしい気持ちを消してくれる人が現れます。具体的には、今後あなたの人生においても大切なキーパーソンとなるような存在です。話しやすい人や一緒にいて居心地がいい人、波長が合う人です。無理せず一緒にいることができ、あなたのさみしい気持ちを消し去ってくれます。心が軽くなったら新しい趣味や旅行など楽しんでみてはいかがでしょう?新たな発見をすることができそうです。

枕が壊れる夢の意味

夢において、枕という物は「さみしい」という気持ちの象徴なのです。そして枕が壊れる夢は、人間関係の運が低下していることを表しており大切な恋人や親友と疎遠になってしまう不安があることを意味しています。それにより寂しさや喪失感を感じてしまうという暗示でもあります。この現状を打破するためにはあなた自身が行動を起こさなければなりません。心が限界を迎えてしまわないように、自ら積極的に連絡を取るようにしたりたまには直接会って会話をするということが大切です。そうすれば、不安を解消することができ心身ともに良い状態へと向かっていきます。

枕が体に合わない夢の意味

枕が体に合わない夢を見た場合の意味は「さみしい気持ちに耐えている」ことを暗示しています。さみしい思いを抱えつつ、懸命に日々耐え忍んでいる状態です。体調もすぐれず、精神的に滅入るようなことも多く、気分も晴れません。また、夢の中の枕がどのように体に合わなかったのかを思い出してみてください。高さが合わないのであれば、身近な人との気持ちにギャップが存在します。枕の素材が不快だったなら、相手が生理的に合わないと感じ始めています。一方で、さみしい気持ちは精神的なものですが、長引くと体調にも支障をきたします。さみしい気持ちを溜め込む前に、気分がリフレッシュするようなイベントを、日常の中に組み込むよう心がけましょう。

枕に草が生えている夢の意味

夢占いにおいて枕は「さみしい気持ち」を表しています。 また、草というのは、これから伸びていく「成長」を象徴しています。 ですから、枕に草が生えている夢を見た場合には、「これからさみしい気持ちがつのっていく」ということを暗示しています。 逆に言えば、その寂しい気持ちを解決すれば、問題の解決の糸口がみつかるということも示しています。 まずは孤独にならずに、友人や家族、同僚などの身近な人と会って、今あなたが抱えている悩みを率直に話してみましょう。 ひとりで問題を抱え込んでいるとマイナス思考に陥りがちです。 あなたの周りには頼れる人が大勢いるということを忘れないでください。

枕を抱える夢の意味

枕を抱える夢を見た場合の意味は「さみしい気持ちを持て余している」ことを暗示しています。周囲の人たちとコミュニケーションを取りたくても、なかなかなじめず、積極的になれない状態です。身近な人との間に考え方のギャップがあり、孤独で、日々さみしい気持ちを抱いています。また、親友や恋人と呼べる人が身近にいても、さみしい気持ちをもつことがあります。連絡の頻度が少なく、もっと頻繁に連絡を取り合いたいと心の底で感じています。さみしい気持ちは放っておいても解消しません。コミュニケーションを高めたい相手に、正直に希望を伝えてみましょう。あなたの気持ちに寄り添う形で、相談に応じてもらえば、さみしい気持ちが解消されることでしょう。

合わせて読みたい