夢占い

映画の夢は【人生】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

映画の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

夢占いにおいて、映画は「人生」を示すものとされています。
夢にあらわれた映画は、あなたの人生の象徴。あなたのこれまでの経験・出会い・培った経験、すべてが含まれています。おぼえのない内容だった場合は、この先の人生に待ちうけているそれらが、予告として夢の中で先行上映されたのかもしれません。
また、映画は「関心」を示すものともされています。
特定の物事や人物など、関心を抱く対象が存在しているとき、その心境が映画というシンボルと化して夢にあらわれることがあります。それらの理解を深めたいと思っている・理解を深めようとしている、あなたの知的欲求の象徴といえます。

映画の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

夢にあらわれた映画に対する印象や感情はどのようなものだったでしょうか?
楽しいと感じる映画の夢は、人生の謳歌・充実を示しています。現在の暮らしが良好ならばその状態が維持される暗示、険悪な状態であってもその事態が好転する暗示です。
つまらないと感じる映画の夢は、停滞を示しています。あなたの人生に対する不満をあらわしていたり、懸念や悪い予感があればそれらが的中してしまう暗示です。

映画の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

夢の舞台が映画館だった場合、館内の様子に注目です。広くて綺麗な映画館は順風満帆な展開を、狭くて汚い映画館は波乱万丈な展開を示しています。テレビに映し出された映画を見ている場合も同様です。テレビが置かれている部屋の状態・どのような部屋で映画を見ていたかが、夢を読み解くポイントになります。
映画が止まる・途中で終わるなどの異変が起きた場合は、どのような場面で異変が起きたかに注目です。あなたの人生のターニングポイントを示しているかもしれません。

映画の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

ひとりで映画を見ていた場合、あなたは人生に孤独を感じているのかもしれません。誰かと一緒に見ていたなら、あなたのこれまでの人生にその人物が深く関与している、あるいはこの先の人生に深く関与する可能性があることを示唆しています。
あなた自身が映画の主人公を演じており、友人や恋人がその他のキャストとして出演していた場合も同様の意味合いです。どのような役柄だったか、配役を思い返してみてください。

映画の予告を見ている夢の意味

人生の今後の流れを暗示しています。もしこの夢を見たら、あなたの人生は、映画の予告編のように、様々なことが起こり得るという兆しになります。それも、短期間に多くのメリハリが生じることが見て取れる状況です。一方では、その結末が分からないという暗示でもあります。良い方に向かうのか悪い方に転んでしまうのか、まだ見通せない構図があります。多くのチャンスをものにするためにも、まずは冷静に行動し、一つ一つステップアップしていきましょう。浮き足立つことなく頑張り通すことができれば、個人的に納得できるだけでなく、多くの人からの評価も得ることになるでしょう。

映画の撮影をしている夢の意味

映画に関する夢にも色々あるでしょうが、自らが映画を撮影している夢を見る事はないでしょうか?
この映画撮影をしている夢は、その人が人生において大切な局面を迎えており、それに果敢に立ち向かい、充実した人生を切り開いていく姿を示しています。
受け身ではなく、自ら切り開く自信が、映画撮影・映画作成に現れていると言えます。従って、重大な局面であっても否定的な意味ではなく、希望に満ちた重大局面で、それを克服している自信を抱いていると考えられます。
そうした意味で、比較的幸福な人生を送っており、充実した人生から来る自信がこうした夢を見る結果となっているのです。

殺される映画を見ている夢の意味

「殺される映画を見ている」夢は、充実した人生を送れるように生まれ変わりたい願望を象徴しています。そこで重要なのは自分が具体的にどのように充実した人生を送りたいのかをしっかり分析することです。今のあなたの現状に対する不満にそのヒントは隠れています。人生の不満は理想とする人生の裏返しなので、その不満をいかに解消していくかを考えていくことから始めましょう。また不満の根源を掘り下げて考えることで、それまで思いもしなかった自分の本音が見つかるかもしれません。いずれの場合でも今の自分をを良く分析することによって、あなたの人生は豊かになる暗示です。

映画の主役になる夢の意味

映画の主役になる夢は映画そのものがあなたの人生を表しています。映画は充実した人生を意味します。映画で主役になっているのは映画のストーリーがあなたの人生だからです。今、映画のような理想通りの生活を送っていて満足しています。主役のように周りから注目され、ストーリー性のある成長を遂げられています。映画の内容がハッピーエンドならば近い未来、とてもよい結果が得られたりあなたにとって嬉しい出来事が起きるでしょう。映画の内容を詳しく覚えているならば、そのストーリーをヒントに生活してみて下さい。きっと幸運へと導いてくれるはずです。

映画に出演している夢の意味

映画に出演する夢を見た場合の意味は、「充実した人生を送りたい」という気持ちを、暗示しています。どのようなかたちで、映画に出演していたかは、自分の人生に対する取り組みや、現在どのように人生を送っているのかを知る上で、ヒントになります。 主役として出演していたのなら、人生に対して真面目に向き合っていて、更に人からも一目置かれ、充実した生活を送っていることを表しています。もしも、脇役として、出演していたのなら、努力はしているけれど、人からは見られていないことを表しています。しかし、だからといって、がっかりする必要はなく、いつか必ず、自分にスポットが当たる日が来るでしょう。エキストラだった場合は、自分に自信がなく、人生に対しても積極的に向き合えていないことを、表しています。少し、自分を過小評価している傾向があります。自分の長所を見つけ出し、それを伸ばしていくように、努力をすると良いでしょう。

映画に誘われる夢の意味

映画に誘われる夢は人間関係の運気が上がっていることを意味します。映画は充実した人生を意味しています。あなたの人生に興味を持ち、距離を縮めてくる相手が現れます。誘われた相手が異性ならば恋愛運が上昇します。素敵な異性と出会ったり、急に告白されたり、恋人やパートナーとの距離感がグッと縮まったり嬉しいことが起きるでしょう。もし相手が同性だった場合はあなたをとても慕ってくれる相手が現れたり、あなたの人生をより良くする人脈を手に入れるなど人間関係で良いことが起きます。更に人に優しく接したり、人助けをすると運気が更に上昇します。意識的に周りに気を配ってみて下さい。自分がどんな人間かを知ってもらうと人脈も広がりやすくなるので積極的にコミニュケーションを取り、自分がどんな人間かプレゼンテーションしてみて下さい。

ホラー映画の夢を見る夢の意味

ホラー映画の夢を見る夢は何かに恐怖を感じていることを意味します。夢占いで映画は充実した人生を意味しますが、内容がホラーの場合は人生において現在、何かしらに恐怖を感じています。最近、嫌なことがあったり落ち込む出来事があり消極的になっています。特に人間関係で悩みがあり、その相手に恐怖を抱いています。気持ちを切り替えるためにも信頼できる友達に相談したり、気分転換に出かけるなどポジティブ思考に変えられるように努めて下さい。もし映画の中で自分自身か他人が殺されたら再生を意味し吉夢となります。今抱えている恐怖から解放されることを予知しています。

映画の世界に入る夢の意味

今までにない出来事が起こる暗示です。もしこの夢を見たら、唐突に刺激的なことが連続して起こる兆しと言えます。しかも、出来事の密度は濃密であり、良くも悪くも慣れることができない状態と見て取れます。さらに、それが楽しい映画であれば運気の上昇を暗示してもいます。ワクワクやドキドキに満ちた経験を思う存分満喫できる構図が期待できます。ただ、入った映画の内容が怖いものでも、必ず終わりが来るものであり、自分だけでなく皆で分かち合えますから恐れることはありません。自分の役割をきっちりこなし、ハツラツと毎日を過ごしていくうちに、得がたい経験ができることはもちろん、人とのつながりも得ていけるようになるでしょう。

映画に間に合わない夢の意味

映画に間に合わない夢は何かに焦っていることを意味します。夢占いで映画は充実した人生を象徴しています。目標が達成できていなかったり、理想の自分になれていないなど思い描いていた人生計画と違い焦っています。しかし、焦ったところで解決はしません。思い描いていた時期にズレが生じているのは事実ですが目標があるならコツコツと努力して達成できるように努力することが大切です。スピードではなく結果が大切です。あまりネガティブになるなではなく、必ず理想の自分になるぞと強い心を持ちながら生活するといつの間にか達成しているでしょう。

映画館でデートをする夢の意味

刺激や充実感を求めている暗示です。この夢を見たら、普段のデートが少々マンネリ気味だったりして、退屈を感じている証となります。より充実感のある内容のデートや人生を求めていると見て取ることができます。ただ、実際の映画館デートを暗示しているわけではありません。特に、映画に引き込まれる様子があるなら、実際に映画の登場人物になったような経験を求めているという形になります。もちろん、波乱万丈な人生は浮き沈みが激しく負担も大きいものですが、日常生活の中でも常に面白いことを探していく姿勢が重要になってきます。そうすれば、退屈な雰囲気は払拭され、人生的にもワクワクするような展開を見出すことができるでしょう。

映画監督になっている夢の意味

映画監督になっている夢は人生を理想通りに生きたい欲求が高まっていることを表します。映画は充実した人生を意味しています。映画の監督つまり人生の主導権を握って思い通りに動かしたいと思っていることを表している夢です。この欲求が高まっているときはその目標に向かって努力する力が備わっています。頭の中に思い描いている理想の人生に向かって今何をするべきかを明確にして、その目標に向かってコツコツ努力して下さい。そうすることで思い通りの人生に近づけられるでしょう。もし夢の中で映画監督を楽しめていたならば早めに目標を達成させられそうです。

映画のチケットがでてくる夢の意味

新たな気付きを体幹できる暗示となります。もしこの夢を見たら、これまでまったく思ってもいなかった考え方や、斬新な観点に巡り会える証です。しかもそのことは、一人の胸に秘めておくことでもないと見て取れます。また、その新たな考え方を広めることで、周りの人たちと価値観を共有できるとの暗示でもあります。もちろん現実離れし過ぎていては意味を薄れさせてしまいますが、固定観念に縛られることなく、自由な発想を発展させ、さらに独創的な世界を作り上げていきましょう。そうすれば、多くの協力者や同調者が得られることはもちろん、意外なほどの成功にも近付いていけるはずです。

映画のスターになっている夢の意味

華やかな立場に対する思いの暗示です。もしこの夢を見たら、他の人に注目される人生を欲しているという証です。特にあなたがハツラツと演技をしていたのなら、極めて強い憧れの感情があると見て取ることができます。一方、スターを演じるのが辛かったという夢なら、本音を出したいとの暗示と言えます。責任ある立場である夢の重圧が表に出てきた構図です。とは言え、そうした苦しみもスターならではの宿命であり、逃れることよりもそれをプラスに転換する方法を模索した方が良いでしょう。明確なビジョンを持って突き進んでいけば、素晴らしい充実感とともに成功を手にすることができるはずです。

友達が映画に出る夢の意味

幸運や人生の転機が訪れるという暗示です。もしこの夢を見たら、これまでの人生とはまったく次元が違うような刺激的な日常が待っているとの証です。しかもその日々は充実感に満ちていると見て取れる状況です。一方、その映画がシビアな内容だった場合、良いことだけが迫っているわけではないとの暗示となります。波乱万丈の構図と見ることができます。とは言え、全体の運気としては悪いものではありませんから、かなり積極的に頑張っていくことができるでしょう。少々のことが起こっても気にすることなく、当初の目標を目指して力を尽くしていけば、自然と成功に近付いていけるはずです。

合わせて読みたい