夢占い

建物の夢は【自己評価】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

建物の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

建物の夢が意味するものは、「自己評価」などを現状における自分を象徴しています。
また、「自己評価」は今現在の自分のばかりでなく未来の自分も象徴しているので、「高い目標」ということも出来ます。
そのため、場合によっては「仕事」や「勉強」などを象徴すると良い変えることも出来ます。
その他にも、古墳や神殿などの建造物もそうですが、建物が大きければを見上げる状態になり人に威圧感や圧迫感を与えるので、「権力」の象徴としても古くから認識されています。
いずれにしても、建物の大小の差はあれど「力」を象徴していると言えるので、基本的には大きいほうが良い夢と言うことが出来るでしょう。
それでは、建物の夢が示唆するものを判別するためのポイントを紹介していこうと思います。

建物の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

建物の夢を見た時に抱いた印象・感情から読み解くと、今の心理状態を表していると言えます。
例えば、高層ビルのような高い建物の場合、その大きさに対して畏怖や恐ればかりでなく同時に力に対しての憧れを抱いている状態だと言えます。
仕事に対するものもありますが、恋愛である場合もあるでしょう。
また、建物に対して何らかの寂しさや郷愁を感じた場合は、過去の環境や人間関係と現状とを比べて落ち込んでいる状態を意味しています。
いずれにしても、建物は良い意味でも悪い身でも「自己評価」を表しているので、それを見て抱いた感情は自分の現状の心理を表しています。

建物の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

建物は目標の象徴でもあるので、建設したり階段で登っている場合は目標に向かって邁進している状態だと言えますが、その状況が困難であれば目標達成も困難さを伴っていることを表しています。
また、建物の倒壊や爆発などの状況などは、それらの目標が失われる事を示唆しています。
ただ、いずれの場面や行動であってもそれらに「終わり」があるのであれば良い予兆と言えますが、倒壊や爆破などと言った自分の力が及ばない場合は大半が悪い予兆と言えます。
ただし、建物が火災になった様な状況は、自分の力が及ばないものの運気の上昇を意味する事があるので、状況によってしっかりと判断する必要が欠かせません。

建物の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

建物は、一面で過去などの記憶も象徴しています。そのため、建物の夢と共に登場人物が現れた場合も読み解き方が異なります。
例えば、親しい人が建物の夢と共に現れた場合、過去の郷愁を懐かしんだり侘しさを感じたりしますが、これは現状の自分に「こんなはずではなかった」などの不満や不安を感じている事が考えられます。また、上司や同僚であれば仕事上での不平や不満かも知れません。
どちらにしても、人間は社会性のある動物なので建物と共に登場人物が夢に現れることは自然な事なので、その中での快・不快が重要になるでしょう。
ただし、誰も登場人物が現れない場合は、心理的な孤独感を抱いている証です。

合わせて読みたい