夢占い

葬式の夢は【一区切り】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

葬式が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

葬式の夢を見ると、何か不吉な事でもおきるのではないか?と気になりますよね。夢に出てくる葬式の様子はこれまでの物事の「一区切り」を意味しています。死者を弔う葬式は、その方の魂が安らかに逝去できるよう儀式を行いますよね。こうした、今世の人生を終える意味から、葬式の夢は今現在あなたが働きかけているものが、一旦終息を迎えることを意味しています。終わりを迎え、これからの新たな人生に目を向けていくことや、新しい視点で自分の人生を見直す時期にきていることを意味しています。また、葬式の夢はあなたの考え方が周囲の目を意識したものではなく、しっかりと「自立」したものになるという暗示でもあり、自身の考えを成熟させるときでもあります。

葬式の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

葬式の夢を見たときにあなた自身の心の状態はいかがでしたか?モヤモヤしたり、不吉な感じがしたりしたでしょうか?それとも、葬式の夢なのに何故か楽しかったり、安らかな気持ちがしたのではありませんか?
葬式の夢をみて、良い感情を抱いている場合はこれからの人生に対して積極的に働きかけ、前向きに変化を受け入れていけることを意味しています。しかし、嫌な感じが印象として残っている場合は、これから障害にぶつかりやすいことを意味しています。

葬式の夢であなたはどのような行動をとっていましたか?また、それはどのような場面でしたか?葬式のお手伝いをしていましたか?参列していましたか?それとも、何かを食べていたでしょうか?葬式の夢で見たあなたの言動からわかることは、あなたの「自立度」や「意志の強さ」です。葬式の夢でうろたえているほど「力不足」を意味し、冷静にテキパキと行動しているほど、やりたいことや決めたことを「成し遂げる力」が備わっていることを暗示しています。

葬式の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

葬式の夢を思い返してみて下さい。誰が出席していましたか?知人でしたか?全く知らない人でしたか?または、死者が知人だったりすることもあるかもしれません。
葬式の夢で出てくる登場人物は、その人物からの卒業を意味していたり、自然と離れていくことを暗示しています。知っている人物が登場した場合、その人物と疎遠になる可能性があることを意味しています。
反対に、知らない人物が多いほど、予期しなかった新たな環境に身を置くようになることを暗示しています。

合わせて読みたい