夢占い

月の夢は【感情】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

月の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

月の夢をみたときの心理状況はあなたの中の「揺れ動く感情」を表しています。夜の空に見えるロマンティクで静かな月の光は、人間の心の深い感情を物語っているかのようです。
月の夢を見たときに印象に残っていることは、あなたの「精神面」と深く関係しています。
また、様々な物語でオオカミが月に向かって吠えているようなシーンが有名ですが、それだけ月が象徴するものが、動物の本能や感情を掻き立てる不思議な力が備わっていることを意味しています。普段は表に出てこないような出来事や、自分でも意識しづらい潜在的な気持ちとも関係しています。
このようなことから、月の夢は悪い面だけでなく、あなた自身が気づいていない「魅力」をも表しています。

月の夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

月の夢を見たときにあなたはどう感じていましたか?月を見て心が揺らいだり、不思議な感じがしたでしょうか?それとも、月を見ていて気味が悪かったり、怪しい感じや不穏な感じがしたでしょうか?月に対して良い印象や感情が残っているほど、あなた自身の心が取り乱すことなく冷静な判断ができる状態であることを意味します。しかし反対に、月に対して嫌な感じが強いほど、あなたの心が暴走気味で制御が難しい状態であることを暗示しています。

月の夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

月の夢をみたときに読み解くポイントとなるのは、月にまつわる行動や場面です。夢の中で月に向かってお願いごとをしていたり、月を手に入れていたりしましたか?月を身近に感じているかどうかでわかることは、あなたの魅力度を告げています。
月に手を伸ばしていたり、月を手に入れているような夢は、自分の魅力を最大限に活かしていけることを暗示しています。反対に月をただ眺めているだけであったり、遠い存在に感じている場合は、自分の魅力に気づかず自信を失っている状態を暗示しています。

月の夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

月の夢であなたの夢の中に誰が表れていたでしょうか?人ではなく動物であったり、現実世界ではありえないような人物だった人もいるかもしれませんね。
または、今思いを寄せている人が出てきた場合もあるかもしれません。月の夢で出てくる人物が、自分とはかけ離れている立場の人や動物であるほど、あなたが夢見がちで注意力が散漫になっていることを示しています。反対に、身近な人物であるほど、自分の立場をしっかりと理解し、アイディアが生まれやすい状態であることを暗示しています。

月が輝く夢の意味

月が輝く夢は、「満ち足りていく感情」を象徴しています。幸せな感情を抱きやすく、仕事、生活、恋愛が、順調に進んで行きます。周囲との関係も良好で、恋人との絆がますます深まっていくでしょう。月の輝きがはっきりとしているなら、運気が向上していき、絶好調の時期になるでしょう。月の輝きが弱かったのなら、思い描いていた将来の展開を期待できるでしょう。とても生命力にあふれていて、積極的に行動しやすい時期なので、やってみたかったことに挑戦してみると、良い結果を掴みやすくなります。迷ったときは、一人で決めず、相談をしましょう。

月が沈む夢の意味

月が沈む夢は、あなたの気持ちの落ち込み、落ち着きを表します。 あなたの感情やエネルギーが沈んでいくことを意味しますので、あなたが現在いまいち元気がなく、気持ちが落ち込みがちな場合、そういった状況から抜け出せないことの暗示です。 また逆に、苛立ちを感じて感情が高ぶっている場合、イライラが静まり、穏やかな気持ちになることを示しています。あなたの現在の感情により解釈が左右されますが、どちらにせよしばらくは静かな気持ちで過ごすことになります。集中して何かに取り組むのに適した時期と言えますので、趣味などにじっくり向き合うとよいでしょう。

好きな人と月を見ている夢の意味

好きな人と月を見ている夢は好きな人への愛情の深さを表します。月は感情を意味しています。夢に出て来るほど心の底から好きであることを意味しています。もし見ていた月が三日月ならば、片思いの相手と距離を縮めるチャンスが到来します。偶然に会ったり、話す機会が増えるかもしれません。積極的にアプローチしてみて下さい。更に見ていた月が半月なら、近々あなたの気持ちが相手に伝わりそうです。直接、言葉にしなくても気づかれてしまいます。気持ちに気付きながら相手が、どのように行動するのかを観察することで恋が実るかが分かるでしょう。

月が落ちてくる夢の意味

月が落ちてくる夢は、長く悩まされていた問題が解決に向かい平穏を取り戻すことの暗示です。 落ち着いた気持ちになることで、心に余裕が持て、新しいことにも挑戦できる環境が整うでしょう。今まで気が付かなかった新鮮な視点を持てるようにもなります。これからの人生についてゆっくりと考え、行動を起こしていける良い時期と言えます。 しかし、問題から解き放たれて安心を手にする分、気持ちが緩みがちになってしまうことも考えられます。のんびり過ごしすぎて時間を無駄にしたり、小さなミスでチャンスを失敗に終わらせてしまわないよう、気を引き締めておくことも必要です。

月が爆発する夢の意味

月が爆発する夢は心が不安定であることを表しています。月は感情を表しこの夢を見たときは怒りの感情が強く出ています。思い通りに行かなかったり、忙しいのに次の仕事を頼まれるなど、心に余裕がなく自分では感情のコントロールが上手くいかなくなっています。感情に任せて行動すると他人にきつく当たってしまうなど後になって後悔してしまうような出来事を起こしかねません。一度、気持ちを整理させるためにも一休みすることが大切です。更に友達に話を聞いてもらうなど今抱えている不満を外に出すことで気持ちが楽になります。少しでも精神的に安定するように対策をしてみて下さい。

月がとても大きい夢の意味

月がとても大きい夢は、叶えたいと長く願っていたことが成就することの吉夢です。運気はかなり良い状態であり、あらゆる面において大きな成果を手にできるでしょう。 絶好調な運気を活かすためにも、積極的にいろんなことに挑戦したり、足を運んでみましょう。 また、これからのあなたの人生に大きな影響を与える人物との出会いも期待できます。新しい価値観を与えてくれたり、あなたの生活を変える重要な出会いとなりますので、ひとつひとつの出会いを大切にしましょう。出会いの機会を求めて人が集まる場所に積極的に出かけるのも良いでしょう。

月に行く夢の意味

月に行く夢は未知のものへの好奇心を表しています。月は感情を意味していて、この夢の場合は好奇心の感情として表されています。実際には行ったことがない場所、特に月といった未知の世界への憧れが強いです。これから様々な場所で色々な経験をして、人として大きくなりたいと強い気持ちがあります。とても前向きで良い感情なので、頭の中で考えているだけではなく、実際に行動することが大切です。自分がやりたいことは出来るだけ経験してみて下さい。そこで新しい発見をしたり新しい出会いがあったり、刺激を貰えて人生の楽しみが増えるでしょう。

月が2つある夢の意味

月が二つある夢は、運気やあなたの気持ちがどっちつかずなことを現します。 曖昧な状況であり、あなた次第でプラスにもマイナスにもどちらにも働く状況です。 思いがけないチャンスに恵まれ、想像もしていなかった幸運を手にできることもありますし、また逆にトラブルやハプニングに見舞われることも考えられます。 どちらにせよ、落ち着いて行動することが鍵となります。今一体どのような状況にいるのか、しばらく静観し、周りの様子を見た上で行動していくことが良いでしょう。しっかり構えておけば、どのような場面に置かれても、最善の対応が出来ます。

月に雲がかかっている夢の意味

月に雲がかかっている夢は、あなたの気持ちが揺らぎがちになることの暗示です。 雲がかかっていても、その奥で煌々と美しく輝く月が見えるのなら、揺らぐ気持ちはしばらくすれば落ち着いていきます。 しかし、暗い雲に覆われていればいるほど、あなたの不安や迷いが大きくなることを意味します。 今は自分自身と深く向き合うことで、ざわつきは去り、運気は上昇へと転じます。 自分が何を考え、どう感じるのか、気持ちや思考の整理をしましょう。感性を研ぎ澄ませておくことで、問題解決の方法を閃いたり、状況を好転させる糸口を掴めるでしょう。

月が割れる夢の意味

月が割れる夢は、あなたを縛り付けていたものからの解放を意味します。 常識や、凝り固まった考え、窮屈な環境や対人関係など、あなたが息苦しく感じているものから解き放たれる時期が近づいています。 伸び伸びとした気持ちになり、何事にも前向きに取り組めるようになります。不思議とエネルギーが満ちてきて、今まで自身が持てなかったこと、不安に感じていたこともうまく行くようになるでしょう。良いイメージを持てば持つほど、その通りに物事が進んでいきます。 ただし、割れる月を見て不安を感じたならば要注意。しばらくはトラブルを避けるように落ち着いて行動してください。

湖に月が映っている夢の意味

湖に月が映っている夢は、愛情面をあらわす夢です。ただし男性がこの夢を見た時は仕事上でよいアイディアなどがうかびうまく進むことを示しています。湖に映ってるのはあなたの内面だともいえます。月が映っているのですから湖は穏やかな湖面をしているに違いありません。であればあなたの心は安定しています。月もまたあなたの内面を示しています。この夢みたら、穏やかな気持ちで自らの内面を見つめなおし、自分の立場、自分の考えをふりかえり見直すことが必要です。それによって相手とわかりあえ、愛情も育ち、成長させていくことができるでしょう。

公園で月を見ている夢の意味

公園で月を見ている夢は、切り替えが必要であることのメッセージです。 公園は緑に触れてリフレッシュしたり、エネルギーをチャージするもの。その公園で月を見ていることから、一度休むことが必要だ、と夢が報せてくれています。少々頭の中で考えるべきことが詰まっているようですから、新鮮な空気を吸い、ゆったり鎮める時間を作りましょう。頭が冴え、落ち着いて過ごせるようになります。 また、公園で見る月がとても美しく煌めいていた場合、対人運が上昇傾向になり、良い出会いがあることの暗示です。いつもよりもファッションに気を配るなど、チャンスに備えましょう。

月が燃える夢の意味

月が燃える夢は意欲の高まりを意味します。月は感情で燃える夢は欲求を表します。今、様々なことにやる気が湧いています。パワーがみなぎっている今こそ、新しいことに挑戦して、たくさんのことを修得してみて下さい。せっかく様々なことに興味が湧いているのに行動しないのは勿体ないので、やりたい事や思いついたことは実行して下さい。やる気のある時期は集中力が高まり、いつもより短い時間で自分のものに出来るでしょう。更に燃えている月が三日月だった場合は新たに目標が見つかります。その目標に向かって努力することで日々の充実感を味わえ、短時間で目標を達成することができます。

赤い月が見える夢の意味

赤い月が見える夢は、気持ちが高ぶり情熱的になることの暗示です。 赤は激しさや燃えるような情熱を意味する色です。気持ちが高揚することで、いつもよりもエネルギッシュに、アクティブに過ごせるようになります。 ただし、夢で見た赤い月を不気味に感じるような場合はやや注意が必要です。高ぶる感情が怒りに変わったり、衝動的な行動でミスや誰かとの衝突を生むことも考えられます。いつものあなたらしくいられないでしょう。 自分のテンションをしっかりコントロールすることが必要です。一人で暴走することが無いよう、しっかり周りの空気を伺うようにしましょう。

月食になっている夢の意味

月食になっている夢は、これまで順調に行っていたことに綻びが生まれたり、思わぬトラブルに行く手を阻まれることの暗示です。 特に対人面や恋愛面において、あらぬ誤解をされたり、自分の気持ちが伝わらずパートナーとすれ違うことが考えられます。 誤解や衝突を避けるために、大切な人とはいつも以上にコミュニケーションをしっかりとることを意識してください。会話を怠らないようにしましょう。 ただし、ずっとそばにいるよりは適度な距離を置くことも大切となります。近くにいればいるほど気持ちがぶつかりがちにもなりますので、お互いが心地良い距離感でいられることを意識しましょう。

月の出る日に妊娠する夢の意味

月の出る日に妊娠する夢は、あなたが大きな幸運を手にすることの暗示です。 実際に妊娠を希望している、もしくは妊娠中である場合、とても健やかで元気な赤ちゃんを迎えられると言えます。 心当たりが無くても、予期せぬ形で大きな幸せが手に入ったり、長年の願いが叶ったり、恋が実ることを期待できるでしょう。 また、恋愛する意欲が急激に高まり、ポジティブに過ごせます。理想の人と巡り合えたり、パートナーがいる場合は、いつも以上に良好な関係を築けるようになります。 対人面においても周りからの評価が上がるなど、あなたの心が大きな喜びで満たされる幸せを期待できますよ。

星空と月が出ている夢の意味

星空と月が出ている夢は、運気が高まることの暗示です。 その星空が美しく月が輝いていればいるほど、大きな幸運を期待できます。 今まで悩んできた問題にも解決の糸口が見え、澄み渡る星空のように気持ちもすっきりとします。目の前が一気にクリアになることで、ポジティブな気分で過ごせるでしょう。 これまでコツコツと積み重ねてきたことにも成果を期待できます。願望成就の時までもう少しですから、気を抜かず、あとひと踏ん張りしましょう。チャンスや変化は気が付かないほどに小さなところからやってきますので、与えられた機会を無駄にしないように過ごしてください。

神社で月を見ている夢の意味

神社で月を見ている夢は、運気が好転していくことの暗示です。古来より神に祈る神聖な場所とされてきた神社。そこで眺める月は偉大なエネルギーを持っており、あなたの人生における重要なものとの出会いを導いたり、今後の道しるべを与えてくれます。 眺めている月が美しく輝くものであればあるほど、あなたの内部でエネルギーが漲り、目標達成に向けて大きく前進できるでしょう。 ただし、神社で必死に祈るような気持ちで月を眺めていた場合は、進むべき道に迷いを感じている時。悩みがあるのなら、一人で考えるよりも、誰かの助言を求めましょう。信頼できる人、目上の人のアドバイスが有効です。

昼に月が出ている夢の意味

昼に月が出ている夢は、あなたのモチベーションが高く、チャレンジ精神が旺盛になっていることの現れです。 興味があること、以前から挑戦してみたいと感じていたことには思い切って一歩を踏み出してみましょう。あれこれ難しく考えすぎず、直感に従い思い立ったらすぐ行動する方が良い結果に繋がります。 ただ、昼間の月は、ひっそりと姿を現すもの。そんな風にあなたの意欲の高まりはまだ、周りの人に気が付かれず目立たないものです。あなたが成し遂げたいと考えていることが周りの協力が必要なものの場合、やや思い切った行動が必要です。躊躇せずに協力を仰ぎましょう。

湖に月が出ている夢の意味

湖に月が出ている夢を見た場合、あなたが今後の人生の方向性について見直すべき時にあることを報せています。 湖はあなたの生き様の象徴です。現在、あなたは転機と呼べる時期を迎えています。これから先のあなたの人生が大きく変わりやすい時にいますので、あなたの行動一つ一つが今後の未来を左右するのです。 これまでの人生を振り返りながら、今後どういう人生を送りたいか、一度真剣に考えてみるべきでしょう。湖が澄み渡っていればいるほど、落ち着いた気持ちと正しい思考で今後の見通しを立てられます。先々の計画を練る絶好の機会ですから、自分とまっすぐに向き合ってみましょう。

ベランダで月を見ている夢の意味

ベランダで月を見ている夢は、あなたが現在の生活を退屈に感じ、変化や新しい環境を求めていることを意味します。 ベランダでどのような気分で過ごしているかにもよりますが、切ない気持ちや後ろ向きな意味が強い場合、現状を窮屈に思う気持ちが強くなっています。 自分の本音を押し殺したり、我慢を重ねて過ごしているのなら、少しリフレッシュしましょう。あなたらしく自由に自分を表現できる趣味に打ち込んだり、親しい仲間たちと過ごす時間を作りましょう。 ゆったりと心地良い気持ちで見ている場合は、上昇志向の高まりを意味します。勉学に励んだり、新しい情報に触れたりと、自分を高めることを意識しましょう。

猫と月が出てくる夢の意味

猫と月が出てくる夢は、女性問題や対人に関するトラブルが起こることの暗示。 猫も月も夢占いにおいて女性を象徴するものですが、猫は妬みや恨みなどの女性が奥に隠し持っているネガティブな感情を意味します。 恋愛における女性トラブルであったり、男女関わらず誰かからの嫉妬を受けるなどが考えられますので注意が必要です。 トラブルを避けるために不用意な発言を避け、大人しく過ごした方が良いでしょう。 気を付けていても周りの人の後ろ向きな発言が気にかかることもあります。余計な感情を受けとらないように、一人でゆっくりする時間を優先しましょう。

月と太陽が出ている夢の意味

月と太陽が出ている夢は究極の二つの選択肢を選ばなくてはならず苦悩していることを意味します。月は感情を表し、この場合は悩んでいる感情を表します。月と太陽は人類にとってどちらも馴染み深く、無くてはならない存在です。月と太陽と同じくらい、あなたにとって大切な二つから一つを選ばなければないない場面に遭遇してしまいます。選ぶまで時間がかかり、決めた後も本当に良かったのかと悩むこともありますが、時間をかけて考えたことは無駄では無く、選んだことで必ずあなたを良い方向へと導いてくれます。人生においては選択の連続ですが特に今が人生において大切な時期なのでゆっくりと今後を考えながら選んでください。

月の光が凄い夢の意味

月の光が凄い夢は、あなたの対人運、恋愛運が急上昇することの暗示です。 素敵な幸運を期待できる吉夢です。特にあなたが秘めている魅力が輝く月のように急激に高まりますので、周りの人から好意的に思われたり、良い出会いを引き寄せたり、好きな人と良好な関係を築くことを期待できます。 良縁を結ぶ絶好の機会となりますから、いつもよりも積極的に行動しましょう。 あなた自身の魅力をより引き出すためにも、いつもと違うファッションに挑戦したり、髪形を変えてみたりと変化をつけるのも有効です。 内側から自信も漲ってきますので、いつもだったら恥ずかしい大胆なアプローチも自然とできそうですよ。

合わせて読みたい