夢占い

ビルの夢は【日常】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

ビルの夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

ビルの夢が意味するものは「日常の象徴」になります。普段私たちが日常生活の中で特に強く意識することはないけれど、そこに存在しているビル。ビルはもはや私たちの日常の風景に切っても切りはなせない不可欠なものとなっています。そのためビルというのは日常を表す象徴的な存在になったのです。

またビルの夢にはその大きな高さから「課題の象徴」としての意味も持ち合わせています。なかなか解決することができない課題のことを大きな壁と表すことがあります。ビルを超えるというのは非常に困難なことから、今回ビルがその大きな壁としての役割を担っているのです。

他にも「社会への不満」という意味もビルの夢にはあります。ビルは資本主義によって効率を求めた結果生まれた社会の産物です。そのためビルに対して思う気持ちがそのまま社会への不満となって表れているのです。

ビルの夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

ビルの夢を深く知るためにも、夢に対して何を思ったのか思い出してみてください。

ビルの夢に対してポジティブな気持ちを抱くことができたのなら、それは自身が普段の日常生活に対して問題なく過ごせていることを意味しています。特に問題がないことからビルの夢を見てもネガティブな気持ちを感じることがないのです。

しかし反対に暗い感情をビルの夢を見て感じたのなら、それは現在おかれている日常に対して不満を持っていることを教えてくれています。何か変えたいと思っている心の状況をビルの夢に表したのです。

ビルの夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

夢の中で自身が遭遇した場面や起こした行動に注目してみること、ビルの夢を読み解くために必要な要素です。

夢の中のビルが多ければ多いほど、乗り越えなければならない課題の多さを表しています。

またビルの高さが高ければ高いほど、乗り越えなければならない課題が困難であることの暗示となります。

他にもビルの色が暗ければ暗く見えるほど、社会に対する不満があることを表しています。

そして反対にビルの色が明るければ明るいほど、現状の社会に対してポジティブな印象を持っていることの表れになるのです。

ビルの夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

ビルの夢に人は登場したでしょうか?もしビル以外にも人物がいたのなら、その人に注目してみることが夢占いにおいての必須ポイントといえます。

ビルと一緒に目上の人が夢の中で出てきたのなら、それはその人よりも上を目指したいという気持ちの表れです。ビルの夢は課題の象徴でもあるので、早く一人前と認められたいという気持ちが夢に表れたのです。

またビルと知らない人が夢で登場したのなら、それは日常生活に変化が欲しいことの暗示となります。日常というビルに知らない人を登場させ何か変化を起こさせたい気持ちが夢に出てきたのです。

合わせて読みたい