数秘術

カバラ数秘術の運命数「6」|性格や相性・恋愛傾向・有名人一覧

[運命数]「6」の性格や特徴3つ[ソウルナンバー]

数秘術においての「6」は、「愛情」や「思いやり」を意味する数字であり、「5」によって壊された秩序を補います。人になにかをしてあげて喜んでもらえるのが大好きな正義感と親切心・奉仕の心に溢れた慈愛の人です。人の話をきいたり空気を読む力に長けていて、美しいものを愛しており美的なセンスも持ち合わせているため、人を癒す才能があります。責任感が強く人の心の中をよく理解できるが故に「お世話してあげること」に神経質になりすぎてしまいがちなので注意が必要です。
運命数「6」は「責任感や正義感が強い」という性格や特徴を持っています。何事にも率先して取り組む真面目な性格なので、周囲の人から信頼されているようです。また、他の人が気付かないような些細な問題にもよく気が付いて気配り上手なので、縁の下の力持ち的存在になっています。しかし、周囲のたくさんの人からの期待や信頼を背負っているため、責任を感じすぎて疲れてしまうこともあります。適度に気を抜いて人に頼ることも大切です。
運命数「6」の性格や特徴に、「頼まれると断れない」というものがあります。「6」は奉仕の精神にあふれ、「人のために役に立つこと」に生きがいを感じます。実際、強い責任感に基づいたその行動は、深い愛情に満ちており、周囲の人たちの信頼を集めるものです。しかし、断れない性格なので、自分の許容範囲以上のものを抱え込みすぎることがあります。その結果、「6」の助けを必要とする人への要求に応えることができなくなることもあるでしょう。本当に「6」の助けを求める人を見極めるべきでしょう。

[運命数]「6」の使命

運命数「6」の使命は、駆け引きをせず愛情を注ぐことです。身体を使って尽くしたり、相談に乗ったりと、人々に奉仕することが役割です。利他的な思いから仕事に取り組むことが、「6」の使命であり、喜びであり、同時に自分のステージを広げてくれることにもつながっています。調和を愛する博愛主義者でもある「6」ですが、真実と正義を貫こうとします。そのため、不正に関しては断固たる態度を取るので、波風が立つこともあるでしょう。また、人から頼み事をされると、どんなに無理なことでも断れない一面もあります。そのため、抱えきれないほどの仕事や、とんでもないお荷物まで抱え込むことにもなりそうです。責任感が強いのは長所ですが、安請け合いし過ぎず、本当に「6」の助けが必要なところに手を差し伸べましょう。

自分では気づきにくい「6」の才能や適職

数秘術の「6」は、生徒を献身的に支える先生です。周囲にいる人々を一段上から包み込む、母親のような雰囲気を持っています。「6」は、穏やかで愛情にあふれ、思慮深い空気を漂わせています。まるで生徒を支える先生のようなものです。周囲の人たちは、「6」といると心が安らぎ、頼ったり甘えたくなったりします。その結果、困っている人たちが一層集まってくるようになります。しかし、自分ですべてを抱え込むのは注意が必要です。多くのことを抱え込みすぎて、どうしようもなくなったりします。さらには、本当に助けが必要な人を、結果的に助けてあげれなかったりするのです。 困っている人の期待に応えるだけでなく、どこに手を差し伸べればいいのかをしっかりと考えるべきでしょう。「6」の人を選ばない思いやりあふれる姿勢は、誰もが見習わないといけません。

[運命数]「6」の恋愛傾向や特徴3つ

思いやりがあり愛情深い

2、3、5、6と相性がよく、笑顔がすてきな人、よく笑う人に惹かれるところがあるようです。自己を主張したり表現をすることはわりと苦手ですが、人の心に敏感で温厚な性格もあり、受け入れられたときのパートナーからの信頼はとても厚いです。自由奔放なパートナーにもつい甘やかして世話をやいてしまうため、相手をわがままにしてしまったり束縛的になってしまっていることがあるので、ある程度のラインまででお世話を止めることでうまくバランスがとれるでしょう。

尽くすことで自分も満たされる

運命数「6」の恋愛傾向や特徴に、「尽くすことで自分も満たされる」というものがあります。「6」は愛情豊かで奉仕の精神に満ちています。恋愛相手に対しては「守ってあげたい」「大切にしたい」という感情が強くあり、母性・父性的な恋愛になりがちです。そんな愛情をかけられて、相手は心から安心でき、「6」自身も相手に尽くすことで愛情が満たされます。しかし愛情が深くて相手が甘えすぎたり、相手を思うあまり、少し口うるさくなったりということもありそうです。

理性より感情のほうが優先になりやすい

[運命数]「6」の恋愛傾向や特徴としては「理性より感情のほうが優先になりやすい」ということがあります。頭ではこれ以上先に進んではいけないと分かってはいても、その時の感情を優先して行動をしてしまいがちです。これは後から後悔するという難点でもありますが、一気に意中の人との距離を詰めやすいというプラスに作用する事もあります。自分を上手くコントロールできるように自分自身をよく知る事で後悔するようなことは無くなっていくでしょう。

[運命数]「6」の相性≪恋愛・友情≫

「6」と「1」との相性

「6」と「1」の相性は抜群です。行動的で引っ張ってくれる「1」と、やさしく包み込む力を持つ「6」は役割分担ができる関係です。「6」は「1」の自信満々な姿勢を頼もしく思うでしょう。共有する目標があり、それぞれのやるべきことが出来れば、ふたりとも責任感があるので、うまくいく組み合わせです。ただし、プライベートではすれ違いがあるかもしれません。

「6」と「2」との相性

「6」と「2」は安定した相性でしょう。コツコツ頑張る「2」を、「6」が見守る関係になります。家庭的な「6」と、人間関係を大切にする「2」は、ふたりとも愛と信頼を重要視するので価値観はピッタリです。初対面では、お互いに「似ている」と感じますが、全く同質なわけではありません。また、慎重な「6」が「2」の意外な押しの強さに引きがちになることもありそうです。

「6」と「3」との相性

「6」と「3」は、安心感を感じる良い相性です。天真爛漫な「3」に、「6」は楽しませてもらえます。お互いの優しさもかみ合い、気配りしあえる組み合わせです。また、会話も弾み安心感を与え合う関係です。長い付き合いが出来るでしょう。ただし、「3」は意外とサバサバしているので、「6」が世話を焼きすぎると、煙たがられてしまうかもしれません。

「6」と「4」との相性

「6」と「4」の相性は、落ち着いた関係になります。コツコツ努力する「4」に「6」は好感を抱きます。「4」は少し頑固なところがありますが、「6」の前では素直になれるでしょう。心を許せる「4」に、「6」はいっそう優しくなれることでしょう。ただし、過度な親切心は拒絶されてしまうかもしれません。時間をかけるほど味が出る組み合わせでしょう。

「6」と「5」との相性

「6」と「5」は、「6」が自分の意見を伝えることが大事です。「5」は慣習に従わない自由さを持っているので、愛情豊で家庭的な「6」は少し寂しさを感じることがあります。「6」からすると、「5」は刺激的な相手です。近寄ろうとすると逃げられたり、黙っていると近づいてきたり…などつかみどころがない相手です。「5」はマイペースなので、少し放っておくぐらいがいいのかもしれません。

「6」と「6」との相性

「6」同士の相性は、共に愛情深い性格のため、良い相性となっています。 運命数「6」は、優しく献身的な、愛に満ち溢れた人物です。また、落ち着いた性格で細部にまでしっかりと目が届き、仲間をサポートすることが出来る気配りの心も持っています。 そういった性質の者同士、相手のことを思いやり大切にすることが出来るでしょう。

「6」と「7」との相性

「6」と「7」は、よく話し合うことが重要です。「7」は神秘的な雰囲気を持ち、仕事とプライベートを分けたいタイプです。「6」は愛情豊かで相手を第一に考えるので、寂しく感じることがあるでしょう。ふたりとも繊細な優しさを持っているので、一緒にいるときは楽しい時間を過ごせます。しかし、人生に対する考え方が全く異なるので、お互いの価値観の違いを認め合えるように話し合うことが大切なのです。

「6」と「8」との相性

「6」と「8」の相性はとても良いでしょう。「8」はパワフルな性格で引っ張っていってくれます。控えめな性格で、なかなか第一歩を踏み出せない「6」を導いてくれるでしょう。ふたりの感性はぴったりで、安心して過ごすことができます。しかし、無駄なところで意地を張りすぎて、らちが明かなくなることあります。「8」の考えや行動にはあまり口を出さず、包み込むような気持ちでいることが大切です。

「6」と「9」との相性

「6」と「9」は非常に相性が良い相手です。 「9」は、争いを好まない博愛主義の人物です。また、完璧主義でもあり一度受けた物事は最後までやり遂げる、意志の強さも持ち合わせています。調和を好み、責任感の強い「6」とは価値観が似ており、お互いの考え方も理解しあうことが出来ます。同じ思想のもとで助け合うことが出来るでしょう。

「6」と「11」との相性

「6」と「11」との相性は、互いに感受性が豊かなので互いの価値観を知ることでよい関係が築けるでしょう。時間を掛けて相手がどんなことに対して心が動かされるのかという事を自分なりに感じ取っていく事が大切です。相手を理解する事で信頼感から気を許せるようになりどんどん距離が縮まっていく事でしょう。まずは相手を理解してあげる事が何より大切です。

「6」と「22」との相性

「6」と「22」は、「22」が束縛を嫌うので適度な距離感を保つことが必要でしょう。「22」はその能力の高さから、自分で何でも進めていくタイプです。「6」は抜群のコミュニケーション能力で、「22」とも程よい距離で上手に付き合っていけるでしょう。もともと「6」は相手を包み込んでくれる愛情深い人です。「22」をしっかりと支えてくれるはずです。

「6」と「33」との相性

「6」と「33」は、相手の価値観を知ることが良い関係を築いていく第一歩となるでしょう。奉仕の精神を持つ「6」と心の交流を大切にする「33」は、ともに愛情あふれる性格ながら、個性と愛情がぶつかり合わないように気配りが必要です。真面目過ぎる「6」とマイペースな「33」では、どこか違和感を感じる組み合わせです。感覚を共有できれば良い関係が築けるでしょう。

運命数「6」のソウルメイトの特徴

運命数「6」のソウルメイトは「9」です。愛情豊かで奉仕の精神を持つ「6」とやさしく寛容な性格の「9」は、思いやり深いもの同士です。相手の気持ちを考えることができるでしょう。初対面からなぜか居心地が良く、フィーリングや考え方が似ていて相性抜群です。「9」も「6」と一緒にいることで、心から安心して過ごすことができるでしょう。

運命数「6」の有名人・芸能人一覧

数秘術6の有名人 職業 誕生日
TAKAHIRO 歌手、俳優 1984/12/8
石原 さとみ 女優 1986/12/24
いっこく堂 腹話術師 1963/5/27
柏木 由紀 タレント 1991/7/15
ケイン・コスギ 俳優 1974/10/11
戸田 恵梨香 女優 1988/8/17
久保 建英 サッカー 2001/6/4
倉科 カナ 女優 1987/12/23
堀北 真希 女優 1988/10/6
与沢 翼 経営者 1982/11/11
山口 百恵 歌手、女優 1959/1/17
小泉 孝太郎 俳優 1978/7/10
尾田 栄一郎 漫画家 1975/1/1
渡部 建 タレント 1972/9/23
アジャ・コング 格闘家/プロレス 1970/9/25
矢吹 健太朗 漫画家 1980/2/4
反町 隆史 俳優 1973/12/19
坂本 花織 フィギュアスケート 2000/4/9
山里 亮太 タレント 1977/4/14
森 且行 タレント→オートレース 1974/2/19
川平 慈英 俳優 1962/9/23
佐藤 健 俳優 1989/3/21
水谷 隼 卓球 1989/6/9
宮部 みゆき 作家 1960/12/23
綾辻 行人 推理小説作家 1960/12/23
堤下 敦 漫才師、タレント 1977/9/9
森山 未來 俳優 1984/8/20

[数秘術|デスティニーナンバー]「6」の性格や特徴

数秘術におけるデスティニーナンバー6の性格は、みんなに優しく温厚です。
バランス感覚に優れ、人とのコミュニケーションを大切にします。
その大らかな性格で多くの人に慕われますが、八方美人ととらえられ、一部から嫉妬を買うこともあります。
温厚な性格の為、争いごとは嫌いです。周りで争いが起きた時にはそれを鎮めるためのバランサーとして動くことができます。
自己主張が少ない分、恋愛に関しては奥手といえます。
デスティニーナンバー6は、人の和を大切にする穏やかな性格です。

[数秘術|パーソナルナンバー]「6」の性格や特徴

数秘術のパーソナルナンバー6の性格や特徴は、ギブ&テイクの平等主義者です。
パーソナルナンバー6は基本的に誰にでも平等を心がけます。その心が、人に愛され敵を作らないことに一役買っています。
もらった恩は返す性格で、その律義さが周囲には認められます。また、容量も良く仕事はいつの間にか終わらせていることが多いです。
しかし、自分の心を人に開くことは得意ではないので、周囲からは頼りにされているのに、自分自身はどこか寂しさを持ち続けています。
パーソナルナンバー6は平等な心で何事も判断できる公平な性格です。

合わせて読みたい