スピリチュアル

1回1~2分で絶大な効果。ディクシャの大きなメリットとデメリット

宇宙の波動を伝える波動を伝える力、ディクシャ。

インドが発祥のものですが、ディクシャは気功にも似ているとされることがあるため、気功をイメージすると何となく雰囲気も掴みやすいかもしれません。

ディクシャはディクシャギバーと呼ばれるヒーラーが行う行為で、ディクシャを受けると悩みから解放されるといわれていますが、本当のところはどうなのでしょうか。

また、ディクシャを受ける前に、メリットの他にデメリットがあるとすれば、予め知っておきたいものですよね。

ディクシャとは宇宙の波動を伝える方法

ディクシャはインド生まれの宇宙のパワーの伝え方です。ギバーを養成するセミナーを開いている団体では、ワンネスディクシャと呼ばれています。

ギバーがパワーを送ることで、ヒーリングを受ける方は悟りや覚醒といった、意識を高めることができます。

この点も気功とよく似ている部分ですが、気功は気功師の気を送ることで、癒しや心身の治療を行うことに対し、ワンネスディクシャはギバーを通して大きなパワーの波動を受けるという違いがあります。苦痛や悩みからの解放という点では共通していることも多いですね。

ディクシャは宇宙のパワーとつながる行為

ディクシャギバーは、宇宙のパワーを中継する役割を持つヒーラー。宇宙とワンネスディクシャを受ける方の中継地点と考えれば分かりやすいでしょう。

しかし、宇宙のパワーといわれたところで話が壮大すぎて荒唐無稽にも思える方が多いはず。仮に宇宙のパワーをもらっているから私は幸せなんだと力説されても、反応に困る方が多いでしょう。

実はワンネスディクシャに限ったことではなく、宇宙のパワーを糧にしているという方はそう珍しくはありません。宇宙と交信できるという方もいれば、宇宙からパワーを得ているから食事をとらなくて済むという方も世の中にはいます。

人間も宇宙の一部と考えれば、まったく影響を受けていないことはないでしょうし、宇宙の大きなパワーを感じることで悩みを払拭し、悟りや魂の覚醒を促すことがワンネスディクシャです。

日本のディクシャギバーの数は1000人を超える

ギバーはインド人限定ではなく、世界各国にいますし日本にも数多くのギバーがいます。日本のギバーは大まかに1000人を超えるといいますから、決して少ない数字ではありませんよね。

また、ギバーは誰でも「私はディクシャギバーです」と名乗れるわけではありません。ギバーになるためには21日間の養成セミナーに参加することが条件ですし、年齢も21歳以上と決まっています。

ギバーになるためのセミナー参加費用は80万円ともいわれ、思い付きでギバーになろうと思ってなれるものでもないのが現実なのです。

私たちがワンネスディクシャを受けようと考えるとき、果たして本物のギバーだろうか?と疑心暗鬼にならずに済むのはメリットです。セミナーに参加していない21歳未満のディクシャギバーは存在しないということは目安のひとつになると思います。

ディクシャを受けるとどうなるのか

では、実際にワンネスディクシャを受けるとどのような変化があるのでしょうか?

ワンネスディクシャを受ける側は数分間横になっているだけでよく、ワンネスディクシャそのものは1~2分ほどで終了します。その後10分程度横になったまま休むという、少々実感の薄いものです。

直接ディクシャギバーと接触しない、いわば遠隔ディクシャも存在するだけに初めてワンネスディクシャを受ける方にとっては怪しさを感じることも否めないでしょう。

具体的な変化を感じやすい方も感じにくい方もいますので、受ける側の個人差も大きいかもしれません。

ディクシャを受けると感覚が研ぎ澄まされる

ワンネスディクシャを受けるとどんなことが変わるのかということですが、最大の変化は心の平穏を感じたり幸福感が増すこと。ネガティブな思考から解放されるといったことです。

ギバーから送られる宇宙のパワーを受けることで、様々な感覚が研ぎ澄まされて敏感になるということあります。ディクシャはインドの聖人が人々を苦痛から解放するために始めたものですので、ギバーを介して悟りに近い状態に高めることが可能です。

悟りの概念はすべてを受け入れ理解することで、苦痛や悩みから解放されること。宗教によって悟りの意味合いは少しずつ変わってきますが、大枠で捉えるなら迷いからの脱却ということになります。

そのためにギバーを通じて宇宙のパワーを受けるのがワンネスディクシャです。

ディクシャには主に三つの方法がある

ディクシャには主に3種類の方法があります。

  • ギバーが頭頂に手で触れるスパルシャディクシャ。
  • ギバーと目と目を合わせるナヤナディクシャ。
  • ギバーがそばにいなくても行えるイメージによるスマラナディクシャ。

体に触れるものから視線を合わせるだけのもの。そして場所を限定することなく行える遠隔法ともいえるディクシャ。

ディクシャギバーはもちろんのこと、ワンネスディクシャを受ける方の都合や条件が整わない場合もありますから、いくつかの方法でワンネスディクシャを受けることは可能です。方法は違ってもワンネスディクシャの効果に大きな違いがあるわけではないため、例えば体が悪くてワンネスディクシャを行う場所まで出向けないといった方でも、自宅にいならがワンネスディクシャを受けることはできます。

ディクシャを受けると体調が悪化する?

ワンネスディクシャについて掘り下げてみると、必ずといっていいほど好転反応や体調が悪くなるという体験談が語られています。

ワンネスディクシャを受けた後は体調を崩す方が多く、大半は好転反応といわれていますね。しかし、せっかくより良い状態を目指しててワンネスディクシャを受けようと考えているのに、体調が悪くなるのであればワンネスディクシャを受けるのを躊躇ってしまう方もいるのではないでしょうか?

この好転反応という体調不良にはどんな意味があるのでしょう?

ディクシャの好転反応はデメリットではない

一般的にワンネスディクシャを受けると一時的に体調を崩す方が多いです。

吐き気や発熱、頭痛といった症状に数日悩まされることがある方が少ないですね。

好転反応自体はワンネスディクシャ独自のものではなく、病気の治療などでもよく見られる現象ですし良く使用される言葉です。

アトピー性皮膚炎を例に挙げますが、薬に頼らなければ日常生活もままならない方を、海水浴させるという治療法があります。もちろんアトピーの体には辛いものですし、一時的に炎症が悪化することもあります。

しかし、海水に浸かることを繰り返しているうちに徐々に炎症が収まり、アトピーの症状も軽減されるというものがありました。

一時的に炎症が悪化し、それから快方に向かうというものが好転反応と呼ばれるもの。免疫機能や治癒能力を高める。デトックスとしての効果も期待できるものですので、好転反応はデメリットではなくメリットです。

ワンネスディクシャにおける一時的な体調不良もこういった好転反応といえます。

好転反応の辛さは人によって変わる

ワンネスディクシャを受けても好転反応がないという方もいますし、仮にあっても気づかない程度のごく軽いものということもあります。しかし、何日も寝込んでしまって起きられないという好転反応と分かっていてもキツい体調不良に悩まされる人もいるのです。

ワンネスディクシャの好転反応は心身の悪いところが一気に悪化して噴出することが珍しくないため、元々健康不安があったり悩みを多く抱えている方は好転反応の症状もひどいことがあります。

ワンネスディクシャを受けることに年齢制限はないものの、気力や体力が弱っている方には不向きな面もあるかもしれません。自ら希望してワンネスディクシャを受けた方でも、好転反応が辛すぎてワンネスディクシャを受けられなくなってしまった方も少なくはないです。

個人差はありますが、何日も発熱や嘔吐が続いたり、持病が悪化することを考えれば、ワンネスディクシャを受けることが怖くなってしまう方も、残念ながらいると思います。

ディクシャは本当に怪しくないのか

記憶に残っている方もそうでない方もいると思いますが、インド発祥のヒーリングや悟り宇宙のパワーといった言葉に拒否反応を示す方も決して珍しくはないですよね。それはそういった団体が起こした時間が少なからず存在しているからです。

個人的に考えてみても、まったく前情報を持たずに「こういうヒーリングがあるんだけど」と誘われたなら、まず間違いなく怪しい集団と決めてしまい100%誘いは断ります。

一番先に頭をよぎるのは、宗教勧誘やインチキ啓発セミナーといったもの。

本物のワンネスディクシャは養成セミナーを受けたギバーしか行うことができませんが、ワンネスディクシャを知らない方にとってはそれがどれほどの価値があるかは分からないものです。

誰かをワンネスディクシャに誘う場合、怪しいか怪しくないかと問われたら、怪しくない理由説明をすることがまず第一歩でしょう。

信じるか信じないかは自分次第だということ

ワンネスディクシャからは少し離れますが、心霊を信じている方といない方がいるとします。どちらの方にも同じように心霊現象があると説明するのはとても難しいことではないでしょうか?
最初からそんなものはあるわけがない。と思いこんでしまっている方にはどんなに力説しても信じてはもらえないでしょう。反対に心霊を信じている方には「こんなことがあって」と霊体験を話すのも、心霊現象はあるものとして真剣に聞いてくれますよね。

もっと身近なところでいえば、ベジタリアンの方に肉や魚を食べることの重要性をいくら説いたところで、ほとんど意味をなさないものだと思います。

ワンネスディクシャもこれらと同じで、少しでも信じる気持ちがある方と最初からインチキと思い込んでいる方とでは全く違います。暗示や催眠にかかりやすい方とそうでない方がいますが、ギバーから宇宙のパワーを送ってもらっても何の効果も感じない方もいますし、びりびりと強く感じる方もいるでしょう。

信じる信じないは個人の自由ですし、自分が信用するかどうかもその方次第ですが、特に他人に勧める場合は絶対に強要しないように注意が必要です。

まとめ

ワンネスディクシャのように、目に見えないことや超自然的な事柄は人への説明が困難ですし、個人差があるため答えがひとつではありません。ここまでワンネスディクシャについて書いてきても、結局のところどんなことになるの?と思う方は多いでしょう。

曖昧と片付けてしまえば簡単なのですが、宇宙のパワーといわれてもピンとこず、宇宙のパワーを得るとはどんなこと?と思ってしまう方が大半だと思います。もっとも分かりやすいのは実際に体験することだと思いますが、いくばくかの怪しさも手伝って足を踏み入れ入れにくい世界であることも確かですね。

しかし、ワンネスディクシャはきちんと学んだ専門のギバーが行うものですので、しっかりセミナーを受講したディクシャギバーを選べば安心だと思いますよ。

合わせて読みたい