夢占い

食べる夢は【エネルギーの不足】の暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

食べる夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

食べる夢が意味するのは「欲求が強くなっている」「何か新しいことを取得したい気持ちになっている」「エネルギーの不足」がキーワードになってきます。

食べることは人間の三大欲求の一つです。食べる夢を見た人は、食欲だけでなく、性欲や愛情、経済的な欲求など、あなたのありとあらゆる欲求が強くなっていることを表します。

また食べるという行為は、身体の中に栄養を運ぶための行為なので、何か新しいことを勉強して、自分を成長させたい気持ちが強くなっている表れかもしれません。また夢の中で食べているということは、エネルギーが足りていないというサインの可能性もあります。

では食べる夢を読み解いていきましょう。

食べる夢を読み解く 3 つのポイント①:印象・感情

食べる夢を見たとき、夢の印象はどうだったでしょうか?夢の中食事をして満足した気持ちになっていれば、あなたの高まっていた欲求が満たされつつあります。仕事が上手くいっており、経済的な余裕が出てきたり、恋人と上手くいっていて、性的な欲求が満たされているのかもしれません。

反対にいくら食べても満足できず、もっともっと食べてしまう夢は、あなたは今何か満たされていないことがあるようです。仕事が行き詰まっていたり、パートナーと喧嘩が多くなってきたりしていませんか?

食べる夢を読み解く 3 つのポイント②:行動・場面

食べる夢を見たとき、あなたはどのような行動をとっていたでしょうか?

手づかみで食事をしていたり、座らずに急いで食べていたら、人間関係のトラブルが起こりそうな予感。焦って間違ったことを連絡してしまったり、確認不足で取引先と揉めることがあるかもしれません。

食べる夢を見たときに、あなたは美味しい物を楽しく食べていたならば、これから運気が上がっていくサインです。あなたのポジティブな行いが、プラスの方向に導いてくれるでしょう。

食べる夢を読み解く 3 つのポイント③:登場人物

食べる夢を見たときに、自分以外の登場人物はいたでしょうか?

夢の中で一人で食べていた場合は、人間関係がうまくいっていないことを表しています。同僚や友達と些細なことですれ違ってしまいそう。もしくはあなたが自分勝手になっている暗示の可能性も。

食べる夢を見たとき、たくさんの人達と楽しく食事をしていたならば、周囲の人と良いコミュニケーションが取れていることを表します。その中に知らない異性もいたならば、もうすぐ素敵な出会いがありそうです。

合わせて読みたい