夢占い

星の夢は【心身の充実】の象徴!?|3つのポイントで夢の意味を診断

星が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

星が印象に残っている夢は、心身の充実や「幸せ」がキーポイントとなります。あなた自身の心理状況がとても安定していて、心身共に健全であり、物事に対して希望を見いだせる状態である表れです。夜空にキラキラと輝く星は、あなたの希望がもうすぐ叶うことを暗示している吉夢となります。

星の夢を読み解く3つのポイント?:印象・感情

満点の星空や流れ星、天の川など、星の夢といってもたくさんありますが、夢の中であなたが感じていた気持ちを思い返してみましょう。星をみて祈るような思いをしていたり、なぜか雲に隠れて星が見えなくてモヤモヤしていたりしませんでしたか?夢の中で、純粋に気持ちが良い感情を抱いていれば、目標が達成されることの暗示です。
逆にモヤモヤとした気持ちを抱いていれば、願望が成就するには時間がかかることや、願望自体が叶いにくいことである表れです。

星の夢を読み解く3つのポイント?:行動・場面

星の夢で、あなたの行動はどうでしたか?星に手を伸ばして掴もうとしていたり、星をただ眺めていたり、星を食べていたという人もいるでしょう。星を手に入れる夢は、才能の開花を意味し、これから発揮していけることを暗示しています。逆に星を食べていたり、星を落としているような夢はせっかくの好機を逃してしまったり台無しにしてしまうことを警告しています。落ち着いて対処する必要があることの表れです。

星の夢を読み解く3つのポイント?:登場人物

星の夢だけでもロマンチックですが、星を誰かと見ていませんでしたか?プラネタリウムへ出かけている夢であったり、誰かと傍で鑑賞しているような夢は、その人との関係が今後ますます良い方向へと展開していけることへのお告げになります。
反対に、自分が星に変身しているような夢は、理想が現実離れしすぎていることの表れです。誰かが星になっている夢は、他力本願になっていることを意味しています。

星を食べる夢の意味

星を食べるとはあなたや身近な人に災いが起きる前触れです。 また”かけがえのない物を無くす”という暗示でもあります。 この時期は恋人との仲が壊れたり、仕事でミスをしたりとトラブルにも巻き込まれやすいので、慎重に進めなくてはいけません。 食べることはストレスの表れです。星を食べるとは、自らのストレスに耐えきれず、大きな転機を逃すことにもなりそうです。お金の使い方も荒くなり回避する余力が残らなくなります。 チャンスが来たら躊躇せず選ばなくてはいけません。星の夢は希望や目標です。あなたが消極的になりすぎると、チャンスまで逃すことになりますので、大事なところではポジティブに考える様に望んで行きましょう。

星が落ちてくる夢の意味

星が落ちてくる夢は、大きな望みが手に入る暗示です。それは、成功や名声かもしれません。ただ、その方向動き出し、自分では変えることはできない大きな流れとなって動きだします。明るく輝く星なら、素晴らしい結果に向かっています。 燃えながら落ちるくらい星ならば、望まぬ結果に向かっているのかもしれません。 少しの軌道修正で結果は変わる事もあります。今できることは何かを考えてみましょう。 落ちる場所にも意味があり、近くに落ちる場合は結果を受け入れ、遠くに落ちる場合は、納得がいかなかったり、半信半疑なのです。

夜空に満点の星がある夢の意味

満点の星とはあなたが目指しているものが達成するという暗示です。 両手につかみきれないほどの幸運が舞い込んできます。 今まで苦労して頑張ってきたことはありますか? 目標や夢に向かってやってきたことが、成果を出し近く報われそうです。 満点な星を見た時のあなたの感情はどうでしたか? 歓喜溢れる心になったでしょうか。綺麗という感動が大きければ大きいほど、あなたの未来が輝きます。 もし、一緒に満点の星を見ている人がいたのなら、その人はあなたを理解しサポートしてくれる最高のパートナーとなります。 相手が異性であれば、未来も共有する可能性がありそうです。

星が衝突する夢の意味

星が衝突する夢の意味は、近しい人との人間関係がうまくいかなくなることを意味しています。或いは、すでに悪化している状態にあるかもしれません。 家庭内や親しい友人、または友人同士のいざこざに注意が必要です。最初は小さなことでも、大きな衝突に発展する可能性が高まっています。更に、パートナーとの関係にも気を付けてください。自分の理想や願望を押し付けず、時には我慢が必要であると捉えましょう。 お互いに広い心で向き合い、些細なすれ違いを未然に防ぐことで人間関係がうまくいきます。これまでの自らの行いを振り返り、問題がないか見直すことが大事になるでしょう。

流星群を見る夢の意味

流星群を見る夢には、あなたのやりたいことや進む道が豊富にあると言う意味です。 しかし、あなたはの身体は一つであり、すべての目標に向かう事は難しいでしょう。 沢山の選択肢があることはあなたの魅力でありますが、希望の未来を掴むためには選ばなければいけないのです。 あれこれと悩み迷い続けていると、希望に満ちた未来は一瞬で消え逃してしまいますよ。朝が来れば星は見えなくなってしまうのと一緒です。 このチャンスを確実に掴むことが出来れば、将来が変わるはずです。自分の気持ちに問いかけ、あなたがなりたい自分を1つ探してみましょう。

星を拾う夢の意味

星には希望や目標を意味する言葉です。 そしてもうひとつ運命を表すこともできます。 拾うとは、あなたの思いや望みが叶うこと。つまり幸せの前兆が待ち受けているのです。 沢山の星を手のひら一杯に拾った場合は、希望に満ちた未来を表しますので、栄光や名誉といった輝かしい勲章を手にしたり、運命的な出会いにより玉の輿に乗れたりと人生の転機がおとずれるでしょう。 また拾うとは一度手放したものを再び手に入ったり、大切に想う秘めていた気持ちも表しますので、昔好きだった人への気持ちが最熱する兆しもでてきます。お互い独身の場合には成就するかもしれません。

大きな星を見る夢の意味

この大きな星を見る夢には自分自身が自信に満ちていてすべての人から”認められたい””大きく見られたい”という気持ちが溢れています。今さまざまな出来事に立ち向かっているようです。そのため物事に対し執着心が大きくなり、周りからは不評を与えられてしまいます。傲慢な態度には注意しましょう。 しかし、自信に満ちたやる気とはとても良いことですよね。職場の雰囲気はあなたに対して温和な感じですか。 居心地が悪いと感じるならばそれはあなたの態度を直さなければいけません。誇張している自分の気持ちを見つめ直し、周りとの調和をはかり進めて行けば、認めてもらえるでしょう。

星の写真を撮る夢の意味

星の写真には幸せに包まれているようなロマンがありますよね。この夢は吉夢です。写真を撮る行動は現状を把握したいと言う気持ちです。苦労をして乗り越える様を表しています。 では星の写真を撮るとはどんな意味になるのでしょうか。 この夢には”自身の手で未来をつかみ取る”とい意味になります。 星は未来や希望、成功の象徴ですので、今やりたいことが目の前にあるならば、自分の力を試すことが出来るはずです。 戸惑いを捨て、進んでみてはいかがでそうか。あなたが思い描いている将来がやってくるでしょう。 また、いまのあなたを認めてくれる人がいます。無理かと思う事柄でも我武者羅に歩めば信望を得ることができるでしょう。

神社で星空を見る夢の意味

星空には「目標を現実にする」「高い目標にチャレンジする」などの意味があります。星空から放つ輝きは、あなた明るく照らしている状況です。 神社には願い事や頼み事をかなえてくれる象徴ですよね。この2つが一緒に出てきている夢はかなりの強さを持っていると言えるでしょう。すなわち、将来を安心して過ごすことができる吉夢です。 まだ将来の目標や夢を決め兼ねていますか。 着実に良い方向へと成果が現れ、あなたの願いが叶う幸運な夢なのです。悩む事も多く立ち止まってばかりいるかもしれませんが、動かなくては何も始まりません。いまは不安の中をさまよっている状態ですが、近い未来は大成することでしょう。

星空に花火が打ちあがる夢の意味

星空に花火が打ち上がる夢は、心身の充実ぶりを特に強く感じていることを象徴しています。夢の中に出てくる星は心身の充実ぶりを表し、そこに花火や流れ星といったイベントが合わさることで、自身の幸せ具合をプラスした内容となるのです。花火はごく一般的な夏の風物詩として、身近な環境の中で心と身体が癒される認識の化身として。流れ星なら、ずっと抱いていた願いが叶ったことの喜びを表現するものとして、夢の中に出てきます。満天の星空なのか、または真っ暗な夜空にひとつふたつの星なのかで充実の程度は変わってきますが、星の夢を見る時は心身ともに癒されている状態と言えるでしょう。

ピンク色の星が見える夢の意味

星が出てくる夢は心身ともに充実した状態を意味します。ピンクは恋愛のイメージと結びつけて認識される色で、恋の力によって幸せを感じている時の夢に出やすくなります。最近恋人が出来た、恋をして毎日が楽しくなったなど、思い当たることがあるでしょう。白く輝くたくさんの星の中にピンク色の星を見た夢の場合、それは今まで恋愛の対象としていなかった相手にふとしたときめきを感じたことの暗示です。真っ暗闇にピンク色の星がひとつだけなら、運命的でドラマチックな出会いをしたことを意味します。大きいほどときめきの度合いが強く、より心弾むような恋をしていることの証となるのです。

プラネタリウムで星を見る夢の意味

プラネタリウムで星を見る夢は、心身が充実していて創造力にあふれている状態を暗示しています。あなたには今叶えたいと思っている事や憧れを抱くものがあるのかもしれません。それを叶えるために今まで日々努力を続けてきたはずです。それが実を結び花開く絶好の機会を迎えています。創造力があふれ次々と新しい発想がうまれてくるため、今持っている力以上の力を発揮する事が出来るでしょう。また、心身も充実していて、物事が上手くはかどります。好奇心や探求心も高まっているので、新しい事にもどんどん挑戦し好機を存分に活かしましょう。

星が異様に輝いている夢の意味

星が異様に輝いている夢は、あなたの中に大きな希望や望みがある印です。 自分で自覚している大きな望みはありませんか?アイドルを目指すや起業したいなど。人から見れば途方もない夢でも、あなたの中には星と輝いているのです。 素晴らしい目標に向かって進んでください。 星の輝きが、ただ明るいだけでなく、不穏な雰囲気を出している場合は要注意です。輝く夢や大志をもっているのですが、それに拘るあまり、押しつぶされそうになっているのです。耐えきれなく爆発してしまう前に、自分見直してみてください。

星に願い事をする夢の意味

「星」の夢には、心身の充実といった意味が込められています。即ち、星に願いごとをする夢を見たということは、ささやかな願い事を楽しめるほど貴方の心身が充実している状態を示しています。 例えば、今日は晴れてポカポカしている、道端に綺麗な花が咲いていた、そんな些細な出来事も今の貴方にとっては幸せと感じる一助となっています。そういう時は家の中に篭っているのが非常にもったいないので外に出て色々な刺激を受けましょう。外気を取り込むことでさらなる心身の充実が図れます。比較的叶う見込みの高そうな、ささやかな願い事を念じてみるのもよいでしょう。その願いが叶うことによって貴方の心身にさらなる好循環が生まれます。

望遠鏡で星を見る夢の意味

夢に出て来る星というものは、心身の充実を象徴しています。それを望遠鏡で見るのですから、あなたにとっては、まだ少し遠い部分があるのかもしれません。しかしながら、星というものは遠くから見るのが当たり前ですので、それほど悲観する必要はないでしょう。望遠鏡で時々見ながら、それに向かって、着実に、かつ丁寧に毎日を暮せば、それほどコースを踏み外さないのではないでしょうか。一人で星を見るのもいいですが、日々の暮らしについて、友人や知人にアドバイスを求めたりするのも大切です。よく知らないことについては、あまり遠慮せずに周囲の人にアドバイスを求めましょう。

合わせて読みたい