夢占い

犬の夢は【対人関係】の暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

犬が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

犬は遥か昔より人間とともに生きてきた動物です。
犬は人間と最も近い距離に生きてきた動物と言っても良いでしょう。そんな犬は夢占いの世界で、対人関係や友情を表すシンボルとされています。
夢に出てきた犬が獲物を追うような狩猟犬だった場合は、目標を達成しようとする自分自身を反映している場合もあります。
犬の夢を理解するには、夢に出てきた犬から感じる犬の感情が重要になってきます。
それでは3つのポイントから犬の夢を紐解いていきましょう。

犬の夢を読み解く3つのポイント:印象・感情

夢の中に出てきた犬を見た時の自分が抱いた印象や感情から犬の夢の意味を紐解いていきましょう。
夢の中の犬に可愛いや愛おしいといった感情が浮かんできた場合、新たな人間関係を望んでいるときかもしれません。
新たな環境に身を投じてみて、新しい自分を発見するのに適している時期と言えるでしょう。

犬の夢を読み解く3つのポイント:行動・場面

つづいては夢で犬が出てきた時の、犬の行動や登場した場面から夢の意味を読み解いていきましょう。
夢に出てきた犬が自分に懐いており、穏やかな様子だった場合は、良好な友人関係や職場や学校での人間感がスムーズにいっていることを暗示しています。
夢に出てきた犬が、吠えて噛みついてきそうな場合は、自分自身の人間関係での不満や葛藤を表しており、もしかすると最近人間関係で苦労しているのではないでしょうか?
感情が荒ぶっている犬の夢を見た時は、焦らずに徐々に人間関係を改善していくことを考えると好転していくことでしょう。

犬の夢を読み解く3つのポイント:登場人物

最後に犬の夢に犬とともに出てきた登場人物から、犬の夢の意味をよみといていきましょう。
自分が飼っている犬が、見知らぬ他人と散歩をしている夢は、人間関係が新たな局面を迎えていることを暗示しており、大きな変化が訪れていることを暗示しております。
家族や恋人といった身近な人と犬が一緒に出てくる夢は、良好な人間関係を暗示しており、今ある良好な人間関係がつづいていくことを暗示しています。
老人と犬が一緒に現れた場合は、知恵を象徴しており、新しい勉強をはじめるのには良い時期でしょう。

合わせて読みたい