夢占い

駅の夢は【人生の転換期】の暗示!?|3つのポイントで夢の意味を診断

駅の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは?

駅が示す夢の意味は「人生の転換点」を意味しています。駅の夢をみたあなたは、現在転換期を迎えており、「どの道が自分にとって良い道なのか?」を見極めようとしていることを表わしています。
また、駅の夢が印象的だった人は今のあなたには「勇気」が必要であることもメッセージとして伝えています。

駅の夢を読み解く3つのポイント①:印象・感情

駅の夢の1つ目ポイントとなるキーワードは、駅に向かう時や駅にいる時の気持ちです。どこか焦っていたり、逆に落ち着きすぎていたり、立ち止まって考えていたりしませんでしたか?また、駅の建物自体が印象的だった人もいるでしょう。
駅の夢をみて、時間に追われているような感情が強いほど「今のままではいけない」と焦っていることを意味しています。

駅の夢を読み解く3つのポイント②:行動・場面

駅の夢を見た時にあなたは駅で何をしていたでしょうか?また、駅のどの部分にいたでしょうか?駅のホームや、駅のベンチ、駅の構内などです。または、全く知らない駅にいた人もいるのではないでしょうか?
そして、駅の階段を登っていたり、降りていたりする場面もあることでしょう。駅の夢での行動はあなた中にある勇気と関係していますので、活動的であればあるほど積極的な気持ちでいることを表し、駅で立ち止まっていることが印象的なほど消極的で臆病になっていることを表しています。

駅の夢を読み解く3つのポイント③:登場人物

駅の夢で、誰といたのか?また、駅での登場人物も深層心理を読み解く鍵となります。恋人や仲の良い友人と一緒に駅に向かっていたり、職場の人や友人と一緒だったりしませんでしたか?または、駅員さんが印象的だったということもあるでしょう。
駅での出会いや一緒にいた人物が印象的だった人は、今後のあなたが行く道へ向けて良いアドバイスをくれることを示しています。逆に一人でいる場合は、行く道に対してのアドバイスは得られず、自分自身で答えを出す必要があることを意味しています。

駅のホームにいる夢の意味

駅というと、どこかに行くために行くところですね。それが夢に出てくるのですから、あなたは人生で、これからどこかに行く、人生の転換点にいるのではないでしょうか。歩いていくのと、電車などに乗りどこかに行くのでは、一度に移動する距離が大きく違います。 そのような転換点にいるのならば、できるだけ良い方向に行くように、日ごろから物事に丁寧にかかわり、身近なことを大事にしましょう。そうすることでよい出発になるかもしれません。他人に雑に接する人には、誰も手を貸したり、手伝ったりしようとは思いませんので、他人には丁寧に関わりましょう。

駅に電車が停まっている夢の意味

自分の将来や未来の方向を暗示しています。もしその駅が単線で、ルートが一つしかない場合、あなたの進路も定まっているという証になります。また、問題が生じにくいということも見て取れる状態だと言えます。一方、その駅が巨大でルートが多いのであれば、想定される進路もまた多いことの暗示でもあります。駅が賑やかでルートが多いほど、不測の事態の発生や、問題の表面化の可能性が増えていきます。とは言え、それら全ては可能性であり、回避すべき種類のものではありません。あまり考え過ぎることなく、チャンスを活かすという前向きさを発揮した方が、運気も上昇していくでしょう。

友達と駅にいる夢の意味

人生の分岐点にいることを暗示しています。もしその友達が同性の、昔からの友達だった場合、人間関係に変化が生じる兆しと言えます。場合によっては、今後の人生を左右する変化になるとも見て取ることができます。一方、その友人が異性だった場合は、恋人などの暗示となります。もっとも、その友達が恋人になってくれるわけではなく、今後恋人が現れるかも知れないという形になります。様々な選択肢もあり、確定と言うにはかなり遠い状況ですが、もし意中の人がいるなら、思い切ってアプローチしてみるにも良いタイミングだと言えるでしょう。

家族で駅にいる夢の意味

生活環境や心理的な基盤を暗示しています。もし祖父母が出てきたなら、将来に関する助言や参考が得られます。また、今後に向けての展望がより明らかになっていく状況があるとも見て取ることができます。一方、兄弟や姉妹が出てきた時は、対峙するべきライバルの暗示となります。実際に兄弟や姉妹で揉めるというのではなく、兄弟の数が多いほどライバルも多いという形です。しかし、ライバルが多いほど挑戦の結果得るものは多くなり、実力もついていきます。助言の内容にもしっかりと耳を傾けつつ、難しい局面にチャレンジしていけば、きっと大きな成功が得られるでしょう。

学校のそばの駅にいる夢の意味

巣立ちや自立、独立を暗示しています。何か打ち込んでいたこと、所属していた組織から離れて、別の道を進んでいくという形です。また、一度卒業したからには、もう二度と戻ることはないとも見て取れる状態です。また、あなたの気持ちを奮い立たせ、後押しする暗示でもあります。煮え切らない自分に喝を入れるような状態を、作り出したいという心理の証とも見て取れます。過去にこだわり過ぎず、自分の糧とすることができれば、壁を乗り越えて新たな自分へと向かうことも可能でしょう。また、決意を込めて道を選んだことで、運気を上昇させることもできます。

駅の改札にいる夢の意味

駅の改札にいる夢を見た場合の意味は「人生の転換期」を意味しています。夢の中で、改札のどの場所でどんな行動を取っていたのかが、現実世界でこれから起こることのヒントになります。 改札の中と外のどちらかにいた場合、人生における重要な決断を示唆しています。重要な決断を下した後なら改札の中に、これから決断を下すのなら外にいます。迷っていることがあるなら、先々のことを考えてから決断したほうが賢明です。 改札から出ていく夢なら、人間関係の変化を表しますが、出口の様子がどのように変化するのかのヒントとなります。出口が明るければ人間関係は良好になりますが、暗ければ何か問題が起こるかもしれません。周りの人との接し方に慎重になりましょう。 改札を通過する夢なら何か新しいことが始まることを示唆していますが、通過できなかった場合は周りの人との時間を大切にするように警告されています。もしかしたら働きすぎて身近な人との時間が取れていないのかもしれません。健康についても警告されているので休息できる時間を作りましょう。

駅に迷子がいる夢の意味

迷いや葛藤の念が募っているという暗示です。今後の進路や職選びなどに際して、なかなか決着がつけられないことのあらわれです。ただ、その選択は、人生を左右するほど大きなものであるということも見て取れます。また、この先すぐに結論が出ることはないとも暗示されています。しかしながら、立ち止まっているわけでもなければ、後退してしまっているわけでもありません。決心がつき、条件が整いさえすれば、きっと結論が出せるはずです。また、迷い、考えてきた分だけ決心した時の爆発力は強く、ハイペースで成功に近付くことができるでしょう。

駅で恋人といる夢の意味

関係の変化の到来を暗示しています。もし同じホームにいたのであれば、問題がありながらも最終的には交際を続けられるという証です。また、この後も長く人生をともにできるはずと見て取ることもできます。一方、別々のホームに立っていたような場合は、別れの兆しを暗示しています。人生自体の進路が変わることもあり、今後の接点には期待できません。また、到来する電車が最終という場合は、ラストチャンスを示唆しています。いずれにせよ、人生の大きな転機とも言えるので、軽はずみな対応はせず、誠実かつ真摯に言動を選んでいくことが極めて重要です。

夜の駅にいる夢の意味

夜の駅にいる夢を見た場合の意味は「人生の転換点」を暗示しています。駅の夢は基本的に人生の転換点を表していますがあなたがいた駅が夜だった場合、それは「別れ」を意味しています。近いうちにあなたの周りで「別れ」が訪れる暗示になります。別れと言ったら少しネガティブなイメージがありますが、必ずしも悪い別れとも限りません。仲の悪かった知り合いや会社の上司が転勤、または引っ越しになるなど自分にとってプラスになる意味合いもあります。ただし、現在お付き合いされている方がいる場合は二人の間にわだかまりがある暗示になります。些細な相手の言動にも注意していくことが大切になるでしょう。

駅で喧嘩する夢の意味

今後の大きな変化の予兆を暗示しています。もし友達と喧嘩をした夢だった場合は、実際に喧嘩をする兆しと取れます。また、普段の口喧嘩やいさかいとは違い、今回の場合はかなり後を引くものと見て取ることができます。一方、その喧嘩相手が兄弟や恋人だった場合は、人間関係が向上する暗示となります。特に、恋人と喧嘩をしたというケースなら、その場限りの関係改善ではなく、後々の人生にまで影響を及ぼすような、確かな関係の構築が可能になってきます。いずれにせよ、思いをぶつける段階で誠実な態度が取れるかどうかがカギになってくるでしょう。

駅のエスカレーターに乗る夢の意味

対外的な様々なことに関する暗示です。もしそのエレベーターが上りだった場合、あなたの仕事運や学業、外向きの人間関係は順調という証です。普段と変わらない態度でも、大きな成果を得ることができると見て取れます。一方、そのエスカレーターが下りだった場合、運気が下降する暗示です。いつも通りの行動を心がけていても、成果は上がらず、それどころか下がってしまう状態と言えます。全力で頑張りを見せてみるのも良いですが、それよりも方向性や考え方を変えた方が効果的に課題をクリアできるでしょう。また、工夫をこらして問題を解決できれば、その実績は大いなる財産になってくれます。

乗り換え駅にで電車を待つ夢の意味

将来の進路を変更しようとしている暗示です。特に、仕事や進学など、今後の人生に大きく影響することの、方針転換をしようとしているようです。また、一度変えたら、進路の再変更が難しいことも見て取れます。また、楽しい気分で電車を待っていたら、期待度が大きいという暗示になります。既に潜在意識の中では、従来とは異なる将来設計プランが具体化している形です。とは言えそれは単なる願望であり、根拠のあるものではありません。人生を変えるチャンスではありますが、決して慎重さも忘れることなく、最善の決断を模索する姿勢が極めて重要です。

駅で人を待つ夢の意味

駅で人を待つ夢は、「人生の転換期におけるキーパーソンを探している」ことを暗示しています。 あなたは、人生の大切な時期を迎えようとしています。しかし、その準備が整っていない状態でもあります。それに関わる重要な人物を、心の中で探し求めているのです。 誰をどのような気持ちで待っていたのかに注目してください。その人は、あなたの人生に、大きな影響をもたらしてくれる人になるでしょう。また、その人を待っているときの気持ちがワクワクしたものであれば、運気は良い方向に向かっていることを示しています。反対に、待っても人が来ない場合は、運気が低下気味なので、自分が思い描いたような成果を出せないことの暗示でもあります。

元彼と駅にいる夢の意味

あなたの中にある未練の感情の暗示です。もしこの夢を見たら、まだ元彼に対して、何らかの思いや未練が残っている形になります。また、その姿がリアルであるほど、思いが明確で強いことも見て取ることができます。一方、人生の分かれ道に来ていることの暗示も含まれています。生きていく上の節目を前に、元彼を思い出しているという構図です。しかし、夢の中に出てくる元彼は、あくまで思い出のイメージでしかなく、実像ではありません。人生の選択をせねばならない状況もあるわけで、あまり過去にはこだわることなく冷静に判断を下した方が、より良い結論に到れるでしょう。

同僚と駅にいる夢の意味

現状を客観視しようとしている暗示です。もしその同僚が明るく朗らかな様子だったとしたら、あなたも人生の岐路を楽しみにしているという証です。あなたの運気が上昇しつつあることも、見て取ることができます。一方、その同僚が辛そうだったりした場合は、あなたの進路に迷いがある暗示です。冷静な自分がいる一方で、潜在意識では、別の選択肢があると気付いている形です。無理をして進路をねじ曲げる必要はありませんが、展望に明るいものがあるなら、積極的にチャレンジして見るのが良いでしょう。今までとはまた違うワクワクや成功が楽しめるでしょう。

駅で好きな人といる夢の意味

その人との関係性の変化を暗示しています。もし駅で楽しく会話ができていたのなら、以前よりもずっと仲良くなれる兆しです。また、今後も長きにわたって良い関係を築き続けることができるとも見て取れます。一方、その相手とギクシャクしてしまった場合は、縁遠くなる暗示です。どちらかが悪いというのではなく、ちょっとしたことが原因で疎遠になってしまうことが示されているとも言えます。もっとも、人生の変化などの重大事が迫っていることもあり、感情だけで動くのは難しいかも知れません。いかなる結果になろうと、前向きに努力していくことが重要です。

駅の切符売り場にいる夢の意味

戸惑いや迷いといった心理を暗示しています。様々な進路があると頭では分かっていても、なかなか決めかねている形です。また、費用や時間といったコスト的なことが前面に出て、判断を迷わせているとも見て取れます。一方、最終的な決断をするにはまだ間があるとの暗示でもあります。一応決断は迫っているものの、見直すためのチャンスや時間は少なくないようです。一挙に決断しても良いですが、ここはせっかくの時間を武器にすることによって、より納得がいき冷静な判断を下すことができるようになります。また、その確信の持ちようによって、運気もさらに上昇していくでしょう。

駅に急ぐ夢の意味

駅に急ぐ夢は、「人生の転換期に対する焦りや不安」を暗示しています。 今のあなたは、大きく人生が変わる大事な時期にいます。しかし、周りも自分自身も変化を迎える中で、変わることを恐れてしまう気持ちが強くなっているようです。 駅に向かう最中に時間を気にしているようなら、現実世界で計画が思うように進まなかったり、対人関係で何らかのトラブルに悩まされているという事を意味し、そのことについて早急に解決をしたいという願望の表れでもあります。また、理由もなくただ急いでいるのは、休む暇もなくなるほどの大変さを意味しています。自分の能力を超えた仕事などは、周りの人に助けを借りて、乗り越えるようにしましょう。

駅を掃除する夢の意味

駅を掃除する夢は、「人生の転換期を迎え、身を引き締めようという決意」を暗示しています。 掃除をする夢には、自分自身のリセットや浄化したいという気持ちが込められています。今までの人生の反省点を思い出し、気持ちを新たに心機一転したいという決意の表れでもあります。 乱雑とした空間は、あなたの心の中にある問題や人間関係のトラブルなどを示しています。もし、掃除をして駅が綺麗になる夢を見たのであれば、あなたが今抱えている悩みや問題は解決され、運気は好転していくでしょう。悩みがすっきりとなくなり、物事がスムーズに進んでいくという事を暗示しているのです。

駅で彼氏といる夢の意味

関係性が大きく変わる転機との暗示です。もしその彼氏と親しく会話できていたり、同じ電車に乗ることができた場合は、より親しく深い仲になれるという兆しです。今後の人生もともに暮らせるとも見て取れます。一方、その彼氏と満足に会話できなかったり、喧嘩してしまった場合は、不和の暗示となります。特に、乗る電車が違った場合などは、関係の終わりが近いと見ることもできます。恋人としては良くても、夫婦にはなれないという暗示でもあります。しかし、人生の岐路で全てをそのままにしておくことはできません。気に病むことはせず、前向きに日々を過ごしていきましょう。

駅を歩く夢の意味

人生における現状と未来を暗示しています。もしあなたが歩いているのが賑やかな駅なら、日常的な幸福が得られます。また、今後にわたっても、良い流れを享受できることを、しっかりと見て取ることができます。一方、その駅が寂れていた場合、運気が伸び悩み、低下する暗示です。その低迷は短期的なものではなく、ある程度の期間続くものということも見えます。慎重に人生の今後をどうするかを考え、行動を選択することが重要です。しかしながら、脅威が迫っているわけではないので、じっくりとベターな選択をチョイスことができますし、蓄えた運気を発揮することもできるでしょう。

駅で電車を見送っている夢の意味

今後の人生における展望を暗示しています。もしあなたが、余裕を持って電車を見送っているのなら、まだ人生の選択肢がしっかり残されていることも証です。様々な進路の中にあって、最善を探っているのを見て取れます。一方、乗るべき電車に乗らなかった場合は、消極性の暗示です。人間関係などがわずらわしくなり、進むべき道に行けない構図です。しかし、チャンスは無限ではなく、面倒がっているとふいにしてしまうこともあります。少々のわずらわしさなどものともせず、全力で進むべき道に挑んでいけば、今後、良い結果が得られるでしょう。

駅で人と待ち合わせをする夢の意味

対人関係の運勢の現状お暗示しています。もし、人通りの多い駅の中でもすぐに相手を見つけることができたのなら、対人運が向上している証と言えます。また、その運気上昇は今後も続いていくと見て取れます。一方、待ち人が見つからなかった場合は、対人運低下の暗示となります。また、今後の人生の流れも悪くなるという兆しでもあります。運気の傾向を正確に見通した上で、どうするべきかの行動を立てる必要があります。とは言え、あまり先走るのも良くありません。良い流れを掴むためには、時には慎重な行動が重要になってくるでしょう。

降りる駅を間違える夢の意味

人生の現状に対する警告を暗示しています。ついうっかりして、人生の進路を間違ってしまったり、あるいは前に進めなくなってしまっていることの証です。また、一度間違えた状況からの是正には時間が必要とも見て取れます。一方、この夢は、間違った方向に行く前に是正することが重要という暗示でもあります。また、あなた自身も軌道修正が必要と思っている心理もあらわれています。決断の末に進んだ道を変えることは簡単なことではありませんが、間違ったと思ったら退くのも重要です。適切な判断をしていけば、将来の展望もきっと開けていくでしょう。

田舎の駅にいる夢の意味

現在の運気の状態を暗示しています。もしその田舎の駅が、小さくて寂れていたら、運気が低下傾向にあるという証です。自分の力だけでは、なかなかどうにもならない状態で、しばらくはツキのない状態と見て取れます。一方、人は少なくとも自然が美しかったり、整っていたりした場合は、運気の好調さを暗示しています。また、今後未知の体験をするという兆しも読み取ることができます。人生の転機としては、ややドラマティックさに欠けると思われがちな状況ですが、着実な成功を得るきっかけとも言えるので、これだと思った道を迷わず突き進むのが重要です。

自転車で駅に向かう夢の意味

今後に向けての充実度のレベルの暗示です。もしあなたが知っている駅までの道を、自転車で快調に駆けているのであれば、生活や今後の進路に関して、かなり満足している証です。充実した状態で、人生の選択に臨めます。一方、良く知らない道を必死で駆けている場合は、焦りを暗示しています。今後の人生を決めていくにあたって、まだ足りないものがある、心もとないと思い込んでしまっている形です。しかし、実際は何が「必要」かなど分からないものです。過度に不安がることなく、自分の決意した道を全力で目指していけば、予想以上の結果を得ることもできるでしょう。

学校から駅に向かう夢の意味

状況の変化や発展傾向を暗示しています。もしこの夢を見たら、今まで蓄えてきた力を、新天地で試せる状況が近付いている証です。人生の選択に際して、頑張ってきたことが無駄ではなかったとも見て取れます。一方、その駅が家につながっている場合は、冒険の終わりを意味します。今まで習得してきたものを、自分のホームで改めて活かすという決心を読み取ることができます。とは言え、ネガティブな要素はなく、気持ちの上ではかなり前向きです。選んだ進路を後悔することなく、今まで学んだことを活かすようにすれば、他の人に先んじるだけの成果をあげることができるでしょう。

合わせて読みたい